2018年01月30日

身も蓋もある話

先日、所用で寄居町役場に行ったときのこと。
エレベーターの脇のホールに3種類のマンホールの蓋が展示されてありました。
CIMG1277.jpg

戦国時代の北条氏にゆかりのある小田原市、八王子市、寄居町の二市一町が、全国初の試みとしてそれぞれのマンホールの蓋を交換しあったのだそうです。

「大切な税金をそんな事ことに使うよりも他に使い道があるだろう」

そう言ってしまっては身も蓋もないわけで、ここは素直に二市一町の交流を見守ろうと思うのです。

北条氏本家小田原市
CIMG1274.jpg

八王子城の八王子市
CIMG1275.jpg

そしてご当地、鉢形城の寄居町
CIMG1276.jpg

マンホールの蓋というと今から30年ほど前、赤瀬川原平さんの著書で林丈二さんというマンホールの蓋の写真の超人的コレクターのことを知って以来、気にはなりつつも、のめり込むということはありませんでした。
路上観察好きの私がいったいどうしてそうだったのでしょう。
今思うと当時の田舎にはマンホールというものがほとんどなかったからかもしれませんね。^^

マンホールの蓋にははまりませんでしたが、最近ではこのような蓋を収集したことがあります。

コンビニコーヒーの蓋
_IGP2635.jpg

蓋をはずした身
IMGP2618.jpg
今はなつかしいセーブオン(北関東の人しかわからないかも)のコーヒーです。

なぜこのようなものを集めたのかというと、今はどこのコンビニの蓋も同じような形状をしているようですが、コンビニコーヒーが流行りだした頃はいろいろな種類があっておもしろかったからなのです。

唇が当たる部分がぼってりと厚く、ちょっとなまめかしい感じの蓋があったかと思えば、穴が小さすぎて危うく舌を火傷しそうになった蓋など、それぞれ結構個性的でした。

それらが今は淘汰されてほとんど同じようになってしまったようです。
おそらく製造メーカーも1社か2社なのではないでしょうか。

そんなコンビニコーヒーの蓋の中で一番のお気に入りは、こちらのローソンのチョコレート付きの蓋
CIMG7787.jpg
カップのコーヒーを注文すると店員さんが蓋の上にチョコレートを一粒乗せて渡してくれるのです。
たったこれだけのことですが、ちょっとした気遣いがうれしいのです。
ただし、ローソン全店のサービスではないようで、私の知るかぎりでは東武東上線の鉢形駅前のローソンだけです。

別の意味で実のある話も出来たかな。^^
posted by tomochan at 19:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

スッキリしました

先日たまたまネットで観た動画に、煽り運転や信号無視などやりたい放題で、さんざん他人に迷惑をかけた挙げ句、ついにパトカーに発見されご用になるといった内容のものがありました。
「メシウマ動画」とか「すっきり動画」とか言うらしいですが、観た後、飯はうまくならないまでも、確かにスッキリしたような気にはなれました。

実は私も自動車の運転にかかわることで、先日はスッキリした気分に浸ることができました。

ある自動車免許の技能試験に合格したのです。
doc01933120180128110509_001.jpg
ずっと気にかけていた試験で、当日はドキドキ、ヒヤヒヤの連続でしたが、一発合格(二回目の受験はまた一からやり直し)で超スッキリ


それは今から遡ること2ヶ月半前。

合格目指してここの門をくぐったのです。
CIMG0648.jpg
自動車教習所ではなく熊谷市にある埼玉県農業大学校。

昨年の11月から週に1回こちらに通い、大型特殊自動車(大特)の免許取得を目指していたわけです。


でも、なぜ農業大学校で大特免許が取れるの?

それは、大特免許と言っても農業用だからなのです。

座学の教科書
CIMG0649.jpg

農業用の大型特殊自動車というと代表的なのがトラクター。

今まで知りませんでしたが、道路交通法上では農業用のトラクターでも最高速度が時速15kmを超える車両は大型特殊自動車に該当するのだというのです。

今時のトラクターで時速15kmを超えないものなんてあり得ないと思いますから、自分も含めて知らないで無免許で公道を走っている人が多いんでしょうね。

知らなかったこととは言え、何かのきっかけでお巡りさんのお世話になって、それこそ私が皆さんをスッキリさせるところでした。

それにしてもなぜ大特免許をというと、別に私は農業を専業にしているわけではなく、むしろ農業についてはジロジロファームで自家用野菜を栽培する以外はほとんど関わり合いがなかったのですが、ここへ来て集落農業のオペレーター等を頼まれるようになり(そこでは若手なので^^)無免許ではまずいだろうと言うことで、このたびの免許の取得に至ったわけなのです。

試験合格でスッキリした翌日。
気分も軽やかに早朝の中間平へ。

スッキリした筑波山の姿。
20180126-_IGP5066.jpg
古河市のタワーマンションまで良ーく見えました。

当日、マイナス9.8度を記録したさいたま市方面
20180126-_IGP5068.jpg
こちらから見ると、何やら靄のようなものに覆われていたように見えましたが、どうだったのでしょう。
いずれにしても記録的な寒さで、あちらにお住まいの方は頭もスッキリだったのでは。
posted by tomochan at 17:48| 埼玉 ☔| Comment(2) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

4シーズンタイヤの実力テェック

去年の秋の記事で、中古で買ったスズキのエブリーに冬用タイヤとしてスタッドレスのスノータイヤではなく、グッドイヤーのベクターというオールシーズンタイヤ(メーカーの呼称は4シーズンタイヤ)を履かせてみたと書きました。

自分としては珍しく秋のうちに早々に履き替を済ませて、冬の到来を待ちかまえていたわけですが、先日の積雪により、ようやく雪道での性能を試す機会が訪れたのでした。
20180123-_IGP4932.jpg

20180123-_IGP4937.jpg

独特のパターンをしています
20180123-_IGP4931.jpg


まずは勾配が12%(国土地理院の地形図による計測)程度の舗装された坂道にアタック
(あたりが真っ暗ですが、何もこんなことをするためにわざわざ早起きしたのではなく、ちゃんとした用事があったのだと言うことは申しあげておきます)
_IGP4906.jpg

坂道の途中で停止してからの再発進。

坂道の名前はわかりませんが、我が家に来た車は、雪が降ると必ず受けなければならない洗礼です。

私にとってエブリーは9台目の4WD車ですが、今までこのチャレンジに失敗した車はありません。

ということで、エブリーも難なくクリア。
もっとも夏用タイヤで登れた車もありましたからね。

続いて地元でニケッ坂(ツァカ)と呼ばれる坂にチャレンジ。
20180123-_IGP4934.jpg
平均勾配が14%程度のこの坂は、未舗装路なのでマウンテンバイクでも後輪がスリップして登るのに少々テクニックが必要というような坂です。

坂の途中からスタートした1回目のチャレンジでは坂の後半の急になる部分(20%くらいか)でストップ。
20180123-_IGP4936.jpg


やむを得ずいったん坂の下の方までバックで下がってそこから再スタート。
20180123-_IGP4939.jpg
少し路面を削ってしまったので後で直しておきました。(自分もほぼ毎日利用しますので)

2回目の挑戦で最後まで何とか登り切ることができました。
20180123-_IGP4940.jpg

登り切った後は「雪の進軍」状態
20180123-_IGP4977.jpg
右側の土手の下には小さな堀があるのですが、本当に「どこが川やら道さえ知れず」

結論
4シーズンタイヤは登坂の際は結構使えると思います。(4駆車以外はわかりませんが)
もっとも登坂能力よりも大切なのは制動の性能の方かもしれませんが、そちらの方はあまり試せないうちに雪が溶けてしまったのでお預け。

それから、燃費ですが純正タイヤより径と太さがそれぞれアップしたせいか、1割ほど悪くなってしまいました。
ハンドリングについてはほとんど変わらずと言うか、純正タイヤがチープだったせいか、かえって良くなったような。

ということで普通の道を普通に走っている限りは4シーズンタイヤというのもひとつの選択なのではと思った次第。
以上、いい加減な個人の感想でした。
posted by tomochan at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

雪星

先日のこと。
近所で飲み会があって、その帰り道、おぼつかない足取りで家路をたどっていると、南東の空に青白くひときわ明るく輝く星が目に入りました。
家に着き、ただの酔っぱらいから酔いどれカメラマンに変身してパチリ。
001.jpg

カメラを持っているだけ、ただの酔っぱらいよりも始末が悪い?
002.jpg

不審者に間違われないよう早々に切り上げて、何という星かネットで調べてみたところ、どうやらシリウスらしいということが分かりました。
天体に詳しくない私ですが、シリウスという名前だけは聞いたことがあります。

更にシリウスの和名を調べて行くうちに、秩父の吉田地方では「雪星」と呼ぶということも知りました。

11月の終わりの頃は、夜の10時くらいにやっと見え始めるシリウスですが、年の瀬にもなると夜の8時くらいには東南東の空に昇ってくるので、多くに人の目につきやすくなるのだそうです。
つまり、シリウスは関東地方に雪が降る季節の到来を告げる雪星というわけなのでしょう。
ちょっとシリウスな話になってしまいましたが、まあそういうことです。

その雪星を見た数日後、本当に雪が降るとは。
20180123-_IGP4911.jpg

20180123-_IGP4925.jpg

ジロジロファームに先客の足跡あり
20180123-_IGP4969.jpg

20180123-_IGP5001.jpg

20180123-_IGP5014.jpg

赤い電車
20180123-_IGP5035.jpg

青い電車
20180123-_IGP5023.jpg

今日は久しぶりの雪で年甲斐もなくテンション高くなってしまいましたが、メイちゃんも外には出なかったものの小屋の中で興奮して走り回っていました。
posted by tomochan at 20:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

Y+Y=LOVE

荒川に散歩に行ったときなど、Yの形をした流木を見つけたりするとつい拾ってしまいます。
CIMG0576.jpg

CIMG0577.jpg

c02.jpg


江南のある神社前では、そのようなY字型をした木を多数陳列しているようです。
_IGP4324.jpg
拡大写真
_IGP4325.jpg

ワタクシのばあいはそのような宗教的な意義?を流木に求めて陳列したりするということはなく、ただ実利のために集めているというところが本当のところですが。
いや、一度だけ展示したことがありましたか。

さて、そのジツリとしての流木ですが、今回はこのような利用をしてみました。

まず、Y字形をした流木を2本、適当な大きさにカットして、掘った穴に埋めます
IMG_20180121_160412.jpg

木の股の部分に石を乗せて
IMG_20180121_161524.jpg
Y+Yでラブチェアーのできあがり。

まずはこちらのカップルに座ってもらいましょうか
CIMG8035.jpg

ドリンクホルダーも付いてます
IMG_20180121_160844.jpg

IMG_20180121_160917.jpg
この石はジロジロファームで半分埋もれていたのを数年前に私が掘り出したものです。
おそらく先祖の誰かが阿川で拾った石かと思われますが、自然に窪んだカーブが気に入ったのでベンチにしてみました。

ちあきなおみもびっくり?のアホらしいタイトルで失礼しました。
posted by tomochan at 19:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

雉初めて鳴く

今朝ラジオを聞いていて知ったことですが、小寒の末候に当たる今の時期は、七十二候でいうと「雉初めて鳴く」だそうです。
雄の雉が牝を求めて「ケーン、ケーン」と鳴き始める季節なんだそうです。
そういえば私も昨日、今年初めて雉の声を聞いたところだったので、妙に納得してしまいました。

ジロジロファームの緑肥と風よけのために植えたソルゴーの茂みから雉が飛び出して行ったのです。
002.jpg
ただ、今思うと「ケーン、ケーン」という鳴き声ではなくて「ギャッ」というような驚きの鳴き声だったような。
ということは「雉初めて鳴かす」だったのでしょうか。

そんなジロジロファームですが、今日はそこの野菜が悲惨なことになっていました。
CIMG1249.jpg
ホウレンソウの葉っぱの部分が何者かに食べられて全滅です。

ブロッコリーも葉っぱが食べられてしまってこんな有様に
CIMG1250.jpg
こんな食べ方をするのはおそらく鳥でしょう。
鳥の糞も落ちていたし。

ファームでは防犯や動物除けのためにいつもラジオを流しっぱなしにしているのですが、まさか雉も七十二候についての同じ放送を聞いてこの行為に及んだとか。
「雉初めて菜食う」

でもやっぱり雉ではなくてヒヨドリかな。

葉っぱがすっかりなくなってしまったホウレンソウ(手前のさく)
CIMG1254.jpg
野菜の値段が高騰している折にがっかりです。
「爺初めて泣く」

メイちゃんの食べる分もなくなったんだからな。
「山羊初めて鳴く」

いいもん、菜の花があるから
CIMG1252.jpg
菜の花が咲き出しましたが、まだこれは食べさせるわけにはいかないのだよ。

家に帰ろうとすると大きな鳥がやって来て近くの木に留まりました。
白っぽかったので初めはシラサギとも思いましたが、動きが機敏だし、背中が白くないので別の鳥とわかりました。
CIMG1268.jpg

鳥だけにトリミングしてみました。
CIMG1268-2.jpg
オオタカかなあ

この後、ヒヨドリくらいの大きさの鳥を追い回していました。
最近よくファームの近辺で野鳥の羽が大量に落ちているのを見かけるのですが、この鳥の仕業だったのかな。

野菜を食べるヒヨドリを鷹が食べるという図式ですが、と言うことは野菜を作る自分は食物連鎖の底辺にいるってこと?
やれやれ。
posted by tomochan at 20:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ミツバチ働く


今朝は久しぶりの雨で空気もしっとり。
寒くもなく、春の訪れを感じさせるようなとても気持ちの良い朝でした。

20180118-_IGP4810.jpg
特に出かける予定もありませんが、見たところ秩父の山にも雪は降らなかったようでなによりです。

ジロジロファームの梅も開花しました。
20180118-_IGP4806.jpg

といっても10本ほどの梅の木の中のたった一輪。
20180118-_IGP4828.jpg

水仙は昨年末から早くも咲き始めています。
20180118-_IGP4872.jpg

ロウバイに近づいてみたらこんな時期にもミツバチの姿が。
20180118-_IGP4886.jpg

20180118-_IGP4888.jpg

先日ミツバチの巣箱を見たときは、全く姿を見ませんでしたが、ちょっと暖かい日などはやはり巣から出てくるんですね。

大寒もまだだというのに、ミツバチが毎日見られる日が早くやってこないかなと願う今日この頃です。
posted by tomochan at 20:08| 埼玉 ☔| Comment(2) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

月に代わって餅つきよ!




月に代わってお仕置きよ!
20180102-_IGP4729.jpg
月野うさぎが見得をきったものの縛られてしまった月

正月早々失礼しました。
つい、スーパームーンとセーラームーンがごっちゃになってしまって。

スーパームーン
20180102-_IGP4713.jpg
冬場のジロジロファームからは日の出こそ拝めませんが、月が昇るところはよく見えるのです。


正月と言えば餅がつきものですが、月に電力が供給されるようになると餅つきも電化されたりして
20180102-_IGP4732.jpg

月に代わって餅つきよ!
CIMG1166.jpg
我が家は既に電動です。

この日は餅で膨れたお腹をへこませようと、久しぶりに荒川の河原を歩いてみました。

茂みで小鳥の巣(空き家)を発見
CIMG1170.jpg

流木にもつい目がいってしまい、何点か集めてしまいました。

CIMG1172.jpg

セーラームーンはいませんでしたが、おばけのQちゃんがいましたよ^^
CIMG1171.jpg
posted by tomochan at 14:14| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

メイちゃんへの贈り物



メイちゃんが贈り物をいただいた。
CIMG0967.jpg

映画の出演依頼に訪れた映画関係者がお土産に持ってきてくれたビワの葉っぱだ。

ちなみにチョコレートボックスの次回作の映画は「おくれ咲き」だそうだ。

メイちゃんはビワの葉が大好きなので大喜びで食べていた。
CIMG1013.jpg

メイちゃんは喜んだかもしれないが、飼い主としては出演料が葉っぱだけとはちょっとがっかりした。

そんなある日の朝、いつものように小屋に行くと、メイちゃんのベッド(箱)からに狐が一匹飛び出してきた。
そういえば、最近寒い日が続いているのに、メイちゃんは自分の寝床で寝ないで、外で寝ていてたっけ。
どうしてなんだろうといぶかしく思っていたのだが、狐に寝床を占領されていたというわけか。

狐が寝ていた跡
CIMG0962.jpg

逃げて行く途中振り返ってこちらを見る狐
CIMG0959.jpg

待てよ。
メイちゃんは寝床を狐に占領されていたわけではなく、もしかして自分から譲っていたのかも知れない。

どういうことかというと、飼い主が出演料が葉っぱだけということに落胆しているのを見て気の毒に思い、狐に親切にしてやり、その恩返しにあの葉っぱを袋いっぱいのお札に変えてもらおうという目論みだったのかも知れない。
そういうことだったら残念なことをしてしまった。

でも、逃げられてしまっては仕方がない。
こうなれば袋いっぱいの札は自分の力で手に入れるしかない。

CIMG1158.jpg
袋いっぱいのお札になっているかどうかは大みそかまで待たねばならない。

その前の運試し。
有馬記念。

キター!
CIMG1132.jpg
まーつりだ 祭だ 祭だ

と、おおげさに騒ぐほどのことはない。
枠連が的中しただけ。

鉱塩5kg
CIMG1045.jpg

干し草のルーサン60kg
CIMG1124.jpg

このふたつをメイちゃんに買ってやってお仕舞いだった。

こうなったら葉っぱが入っていた袋をとっておいて、映画が成功したら本物のお札をいっぱいに詰め込んでもらうことにしよう。

CIMG1048.jpg
posted by tomochan at 20:05| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

秩父おちこち その3

これは、仕事にかこつけて秩父をあちらこちらとジロジロした記録のです。
もう3回目ということで、読む方も書く方もお互いに飽きてきたころか思うのでこれで最終回にします。

なお、前回と前々回の記事につきまして、複数の方がコメントが書き込めないと言う不具合に遭遇しておおられるとのことです。
何についてのコメントだったのかわかりませんが、このブログにふさわしくないような語句だったりすると、自動的にブロックされることもあるかもしれませんのでお気を付け下さいませ。

さて、今回は上田野界隈からスタートします。

元禄のスーパーマン即道さん
上田野というの旧荒川村の上田野地区。現在の地名は秩父市荒川上田野で場所的には秩父鉄道の武州中川駅の近辺です。(よけいわからない?)

仕事先はアルフィーの桜井さんのご実家である桜井商店のすぐ裏と聞いてきたのですが、久しぶりに来てみたら、駅前あたりの秩父往還(国道140号)沿線は、道路の拡幅工事の影響でだいぶ様変わりしていて、はじめは桜井商店がわからず通り過ぎてしまいました。
k01.jpg

半縄という地名のところでの仕事が終わった後、付近をジロジロしてみることに。

即道神社
k02.jpg

元禄の頃、ここ上田野に奇人の誉れ高い即道という方が居ったそうな。
k03.jpg

格子の隙間から撮ったのでよく写せませんでしたが、この石が即道さんが富士山から袂に入れて持ち帰ったといわれている爪彫石でしょうか?
k04.jpg
それにしてはでかい。70cmほどはありそうです。

秩父往還の旧道などを訪ねたあと、武州中川駅前に戻り、蕎麦処あらかわ亭で昼食を摂ることに。
k05.jpg

ここの蕎麦は以前食べた店の北海道の秩父別産とは違って地元の秩父産でした。
k06.jpg

運良く1日限定20食のセットに間に合いました。
k07.jpg
これで880円とはお得。即道さんのお導き?


祭りの後の秩父市内
別の日、昼食を摂るため、夜祭りが終わって数日経った秩父市内を訪れました。

パリー食堂
t01.jpg
やってない。

マイルストーン
t02.jpg
やってない。

番場町から買継商通りに歩いて移動。

入船
t03.jpg
ここもやってない。

どうなってんだよ、秩父は。
祭りが終わったとたん、いきなりやる気がなくなったのかい?

よく考えてみたら、この日は水曜日で、このあたりの商店街の定休日だったようでした。

ランチをあきらめて付近の散策に変更。

文化財の歯医者さん
t04.jpg

いくつかの細い露地を抜けて行くと
t05.jpg

あら、駄菓子屋たいへいの店の前に出てしまいました。
t06.jpg

たい平さんが、「ウチのお袋は知らない人でも誰にでも挨拶をする」と、いつか話してましたが、通り過ぎようとしただけなのに本当にお母様から挨拶をされてしまいました。
先客がいらしたので店には寄らず、写真だけ撮らせていただきました。

昼食の店を探しながら帰宅することにしました。

秩父橋の手前まで来たとき、見晴亭のことを思い出し、寄ってみると営業中。
t07.jpg

水曜日はふだん650円の支那そば500円!
t08.jpg
思いがけないところで得をしたのでありました。

出牛(じゅうし)でジューシ
この日の訪問先は皆野町国神の花屋さん。
シクラメンも何百鉢も集まると、香りがするのでしょうか?
温室の中はとても良い香りでした。

帰りは出牛〜長瀞という道順で行くことにして、まず出牛に向かいました。

明治の頃は絹の道として栄えたという出牛宿
de01.jpg

浄瑠璃人形収蔵庫
de03.jpg
いつかここの人形浄瑠璃を見てみたいものです。

ある伝説のあるお寺
de02.jpg
見学しようと山門に近づいたところ、境内から大型犬が警戒して吠える声がするので入るのをやめました。
守護役がセコムというお寺もあれば、犬というお寺も。
お寺もいろいろですね。

ここでもう、出牛で行くところがなくなってしまいました。
さあ、どうしよう。

ジューシでも飲んで考えよう。
de002.jpg

隣の地区にある販売機コーナーモテギ
de001.jpg
ジュースの他にも購入意欲をそそられるものが売られていましたが、飲み物だけにしておきました。

ここのベンチで一休みの後、この先の小山川の上流の方はもう何十年と行ったことがないので、訪れてみることにしました。

途中、北限のエドヒガンと言われている桜の木がありました。
20171211-_IGP4602.jpg
どこの北限か良くわかりませんが、地図で確認すると確かに鉢形城のエドヒガンより700mほど北にありましたが。

浦山地区の手前まで来ると、小山川も谷川のようになります。
de04.jpg
この水は秩父地方には珍しく、荒川ではなく利根川に注がれるのです。

千本桂と呼ばれる木
de05.jpg

この木の奥にすごい石段が見えました。

天満宮への石段
de06.jpg

こういうところは登らずにはいられません。

踏み面が靴の半分くらいしかない!
de07.jpg
現在の建築基準法ではアウトでしょう。

足を滑らせたら本当に天に行ってしまうかも。
掴まる手すりもなくて結構スリルがありました。

山の集落を走る路線バス
de09.jpg
こういうバスを利用してのハイキング、ウォーキングもやってみたいなあ。

お土産のたい平カレー
t06-1.jpg
posted by tomochan at 20:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする