2017年02月04日

今週の出来事

オッサンの周りに何が起きても誰も関心がないとは思いますが、日記代わりに書いておきます。

高蔵寺のヤドリギはシンメトリー
ここのところ所用で高蔵寺というお寺に良くいきます。
高蔵寺はかつては宿場町であった寄居町今市のほぼ真ん中あたりにあるお寺です。
P7290940.jpg

その高蔵寺ではヤドリギまでもお寺を中心にシンメトリーに生えているのでした。
CIMG7774.jpg

「八」のうどん初体験
CIMG7811.jpg
鉢形駅前の「八」のうどんを初めて食べました。
麺は讃岐うどんのようなコシがあり、汁は醤油ベースの関東風でうまかったのですが、なによりもそれを我が家の食卓で味わうことができたのが驚きでした。


一月往ぬる二月逃げる
この言葉どおり、二月に入った途端、白鳥が逃げました。
IMGP2396.jpg

IMGP2401.jpg
朝の散歩のときに見に行く白鳥たちですが、川岸までもう少しあるからと、そっと近づいていったところ、飛んでいってしまいました。
一月中は、こちらが近づくと、すーっと泳いで遠くに行く程度だったのですが、この日は一斉に飛び立ってしまいました。
人間の心情も理解する白鳥たちなのでしょうか。
ちなみに、翌日行くと、みんな戻って来ていました。

白鳥堂々、緊縛
IMGP2409.jpg
白鳥ではなくて白昼か。
なんて冗談を言っている場合ではないのです。
川本の飛来地に、新聞で報道されていた、首に釣り糸が絡まってしまった白鳥がいました。
このブログでは、いろいろアホらしい縛られ写真をアップしてきましたが、これはシャレになりません。
命に別条はないとのことですが、なんとか解いてやりたいものです。

白昼堂々と餌やりをする人
CIMG7827-2.jpg
どうりで白鳥がみんな人慣れしていると思いました。
そうでなければ、おそらく人が来たら逃げるでしょう。
自分だけ白鳥に嫌われているのではないとわかって少し安心。

深谷地方の砂嵐
今週は北風が強い日が多かったですね。
そんな時は深谷市あたりはすごいです。
CIMG7819.jpg
まるで砂嵐。

林家たい平師匠の後援会に入会
林家たい平さんの講演会の役を20年以上されている方とお近づきになりました。
CIMG7812.jpg
以前からたい平さんのファンだったので、夫婦で後援会に入会することにしました。
今年の春の総会は、新築なった秩父宮記念市民会館でのこけら落とし公演だそうで、今から楽しみです。

以上、今週の出来事でした。
posted by tomochan at 18:30| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

焼いて、煮て、食った

こんにゃくパークのある甘楽町から少し先の下仁田町までやって来ました。

下仁田駅の近くにある常磐館という割烹旅館。
007.jpg
こんにゃくパークのこんにゃくバイキングでお茶を濁すわけにもいかないので、予約をしておいたのです。

店の床においてあった直径30cmはあろうかという大きなこんにゃく玉。
CIMG7681.jpg
隣の軽井沢町へ持って行けば、カーリングに使えそうです。

良く磨き込まれた年期の入った廊下を抜けて小さな個室に通されました。
008.jpg

店先の暖簾には大きく「こんにゃく料理」と書かれていたのでこんにゃく料理が得意なのかもしれませんが、今回は、今が旬の下仁田ねぎを味わいたくて、すき焼きにしたのです。
010.jpg

CIMG7675.jpg
AだかBだかCだか、いつも何ランクの肉を食べているのかわかりませんが、ともかくA5ランクの牛肉なんてほとんど食べた記憶がありません。

下仁田ねぎは当然ですが、シラタキ、シイタケなどほかの材料もすべて下仁田産だとか。
009.jpg

「たまにはうんといい肉でぜいたくなことをやってみないと、ほんとうのすき焼きのおいしさとか、肉のうま味というのが味わえない」
「いい肉を使うか、安い肉を使うかで、すき焼きの作り方は違ってくる」

などと、池波正太郎の「男の作法」から得たにわか知識をひけらかしたまでは良かったのですが、始めに世話をしてくれた仲居さんがいなくなった途端、池波先生がダメだしをしていた「ゴッタ煮」のようになってしまったのです。
011.jpg
「すき焼きなんてものはねえ、焼いた、煮た、食った。これでいいんですよ」
などとは一言もおっしゃってなかったはずだったと思いますが、結局、先生が書いたような粋な食べ方はできませんでした。
まあ、そこは素材の力で最後までおいしく食べることができましたが。

食後は付近のレトロな商店街を散歩。

愛想がない看板猫のいるお店。
012-2.jpg

撞球場の跡
CIMG7683.jpg

今日の目的地でなかったから良かったものの、また休みの日に当たった東陽軒。
012-1.jpg
このほか、カツ丼、コロッケ、こんにゃくパンなどB級グルメには事欠かない商店街ですね、ここは。

家族が日本酒が買いたいと言うので商店街にある酒屋さんに入ってみました。
CIMG7698.jpg

店主にお勧めを尋ねたところ、全部お勧めだから試飲して決めてくれとのこと。
CIMG7696.jpg
私は運転手だったので試飲できませんでしたが、家族の試飲の結果、純米酒よりも「妙義山」という本醸造の酒がうまいという意見が多く、怪しいもんだと思いましたが、結局それを購入。
本醸造よりも純米酒がうまいと決まっているわけではないですからね。

その後は、帰り道に富岡製糸場を見学。
CIMG7705.jpg
帰るとき、駐車場を借りた店でホルモン揚げという食べ物をサービスにもらいました。
家族は食べていましたが、私は先ほどのすき焼きを食べ過ぎて、パス。
やっぱり普通のすき焼きで良かったかな。^^

帰宅後、下仁田で買った「妙義山」をグイ。
CIMG7771.jpg

驚いたことに、こんにゃくパーク内のセブンイレブンで売っていた「大盃」もグイ。
コピー (1) 〜 CIMG7767.jpg
高崎の倉渕地区にある群馬県で最古の酒蔵の酒で、群馬県内でも、蔵元に管理ができると認められた限られた店にしか置いてないと聞いていたので、こんなところで買えるとは思いもよりませんでした。

どちらとも同じようにうまかったです。
どのようにうまいかというと、実は私も他の家族と同様、良くわからないのです。
posted by tomochan at 20:40| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

接待はこんにゃくパークで?

昨年の夏、家族にさいたま市の二木屋という、国の登録有形文化財でもある料理屋に招待してもらいました。
CIMG6445.jpg

先日は、そのお返しとして何かをごちそうするために家族を群馬県の西毛地区に連れて行きました。

向かったのは、甘楽町にあるこんにゃくパーク。
001.jpg

初めて来てみましたが、これがこんにゃく工場?と思えるほどの明るくポップな感じ。
002.jpg

panelimg3.jpg

まずは工場見学。
003-1.jpg
寄居の大黒屋さんのバタ練りとはちがって、こちらは撹拌して練るようです。

糸こんにゃくとシラタキを製造中の機械。
003-2.jpg
こんにゃくを糸状に切ったのが糸こんにゃく。最初から糸のように成形してできたのがシラタキ。
と、このように思っていましたが、現在は同じ製造工程なんだそうです。
「じゃあ、どっちがどっちだかわからないのでは?」と家族の間で問題になりかけましたが、みんな的外れなことを言うばかり。
これが本当の蒟蒻問答。
なんちゃって。

工場見学の後は、待望の試食コーナーへ。
004.jpg

ショッピングモールのフードコートのようになっていて、20種類近くあるいろいろなこんにゃく料理をバイキング形式で自由に取って食べられるのです
005.jpg
「好きなものを食べなさい」
と言ってみたものの、遠慮がちな家族を尻目に、私だけがパクパク食べていました。
初めて食べたこんにゃく焼きそばは特に美味でした。

外にはリゾート地風の足湯もあるし
006.jpg

「だいぶ楽しんだから、もう帰ろうか」

私一人なら、本当にそうしたかもしれませんが、そんな事を言ったら、お土産のこんにゃくを投げつけられてしまうかもしれませんので、心にとどめて次の目的地に向かったのでした。

つづく
posted by tomochan at 19:57| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

埼玉でエアレース?




今日の夕方、高空をジェット機が2機、前後して並んで飛んでいました。
001.jpg

2機と思ったら、あとから追いかけるように更にもう1機
002.jpg

拡大してみると旅客機のように見えましたが、民間機がこんなエアレースのようなことはしないですよね。
春節で大忙しのLCCだったりして。
飛行機雲がピンク色ならばピーチなんだけどね。
参考写真↓
007.jpg
冗談です。^^

それにしても、真ん中の飛行機、エンジン調子悪くないかい?
003.jpg
轟音を響かせていたから大丈夫ですね。


今日は八高線と男体山や上越の山が一緒に見えるところにしばらくいたので、八高線が通るたびにパチリ。
004.jpg

パチリ
005.jpg
やるべきこともあまりはかどりませんでした。
ま、こんな日があってもいいか。
posted by tomochan at 18:39| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

白鳥は飛び立った

冒険小説の傑作にジャック・ヒギンズの「鷲は舞い降りた」という作品があります。
使命達成に命をかけたドイツ軍落下傘部隊隊員たちの物語ですが、とても良かったのを覚えています。
その後、しばらくして今度は「鷲は飛び立った」という続編が著されて「オイ、オイ、続編かよ。しかも安直なタイトルだなあ」と思ったものでした。
さっそく読んでみましたが、今では内容を全くといって良いほど覚えていないので、第一作目を超えることのない、それなりの作品だったのでしょう。

何が言いたいのかと申しますと、今日の朝、ここのところ毎日のように通っている白鳥の河原に向かっていたときに、白鳥が飛び立つのを見たのです。
白鳥は飛び立ってしまったし、白鳥の記事も2回目だし、つまり、内容に期待が持てないということなのです。
何を言っているのかわからなくなりましたので、とりあえず写真を。
001.jpg

朝日を受けて赤く染まる鐘撞堂山をバックに上流の方へ飛んで行ってしまいました。
002.jpg

もういないのかもしれないと思いながらも河原に行ってみると、何羽かまだ残っていました。
003.jpg
こちらのグループはまだ朝が早いのか、あまり動きがありません。


先日見た白鳥の家族のようです。
004.jpg
こちらのグループは羽の繕いなどして、すでに活動を開始していました。

005.jpg

006.jpg
羽を広げてサービスをしてくれたのは良いのですが、みんな後ろ向き。
顔なじみになれば、こちらを向いてくれるのでしょうか。

赤浜の氷柱
RIMG3097.jpg
朝の気温はマイナス4.5℃でした。
posted by tomochan at 20:04| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

大局的見地に立つ

遠くの山を眺めるのが好きなので、常に遠くの方の見え具合を気にしています。
IMGP2100.jpg

今朝は、空気が澄んでいそうだったので、筑波山が見えるところまで散歩に行きました。
IMGP2296.jpg

このように風景を見るときだけは遠くに目をやることができるのですが、仕事や日々の生活においては、目先のことばかりで、なかなか大局的な見地に立って物事をとらえることができません。

そこで、身近なところから改めようと思って、まずはカーナビの設定を変えてみました。

n.jpg

IMGP2118.jpg
今まで気にもしていませんでしたが、近所のコンビニや郵便局の先は秋田や神戸に通じていたのですね。

また、30分くらい走ったのでは、ほとんど絵が変わらず、まるでモンゴルあたりの大平原を走っているかのような気分?

三宅島や佐渡島まで登場して、不思議な気分に浸れます。
IMGP2110.jpg

CIMG7623.jpg

日が暮れると一段ときれい。
CIMG7634.jpg

これに慣れてきたら局部、もとい、局所的なことでちまちましていることがばからしくなってきたかどうかはわかりませんが、カーナビに頼らなくなったことだけは確かです。
posted by tomochan at 20:27| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

バサー、バサーと白鳥初飛来



毎年今頃になると近くの荒川にやって来る白鳥が、今年も数日前から姿を見せるようになりました。
003.jpg

ちなみに去年の初飛来は1月28日。
001.jpg

真ん中の2羽は色が灰色っぽいので幼鳥なのでしょうか。
002.jpg

もっと近づいて観察したいところですが、これ以上近づくと下流の方へ泳いでいってしまうので、これが限界です。

ヨシの茂みにしゃがんだところ(身を隠すためです)目の前に変わった形の流木が、半分砂に埋まったままの状態であるのを発見。
砂をグリグリしてみると、けっこういい感じ
004.jpg

以前から所有しているのを含めて、ドリルの羽が大中小とこれで3本そろいました。
007.jpg
これでブラジルまでたどり着けるかな?

よく見るとツチノコか山椒魚のようにも見えますけど。
RIMG3078.jpg


夕方、もう一度河原に行ってみると、白鳥はカメラでは捕らえられないほどずっと下流の方に移動してしまっていました。
白鳥がいないので川の流れの中程までいってみました。
008.jpg
このまま対岸まで歩いて行けそう。

所々、河床の苔がはがれて、白っぽくなっているところがありました。
009.jpg
白鳥が餌をついばんだ跡なのでしょうか?

行きは下流に向かって歩いたから大丈夫でしたが、上流に向かう帰りは、水の抵抗が大きいので、何回か長靴が水を被ってしまいました。
子供のころ、氷の張った田んぼで遊んでいて、氷が割れて落ちて惨めな思いになったことを久しぶりに味わいました。


ところで白鳥が飛来したこの河原。
去年の5月にも大きな鳥が羽ばたいたのを思い出しました。
映画「花の兄」の一シーンで熊谷真実さんが、扇のように広がった流木を拾い上げ、「バサー、バサー」と鳥になった気分で羽ばたいたのです。
もちろん流木はこちらが用意したもので、それをあちこちにばらまいておいたのですが、熊谷さんがあの流木をアドリブで鳥の羽に見立てるとは思いもつきませんでした。
白鳥が来る河原だとはご存じないと思うので、奇妙な偶然を感じました

その「花の兄」、日曜日の寄居での上映会は盛況のうちに終了しました。
010.jpg

次は2月24日、彩の国さいたま芸術劇場です。
  ↓
http://www.saf.or.jp/arthall/stages/calendar/2017/2
posted by tomochan at 20:49| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

散歩写真




昨日の朝の月
002.jpg

陣見山のあたりにゆっくりと沈んでいきました。
001.jpg
もう少し南(写真の左)の御荷鉾山の方角に沈んでくれると良いのですが、なかなか思った通りにはいかないものです。

梅の花はまだ堅いつぼみをつけたまま
012.jpg

でも、地面には気の早い梅の花が
panelimg.jpg

道路の陥没箇所を発見
009.jpg

やはりこれも、地下のトンネル工事の影響でしょうか
010.jpg


そして、今朝の西の空。
003.jpg

朝はこのように晴れていましたが、お昼前から急に北風が強くなり、空が雪雲ですっかり覆われてしまいました。
005.jpg

西の方から降り始めた雪が、こちらにも押し寄せてきて、あっという間に道路が白くなってしまいました。
006.jpg

雪の中を走るロードバイク。
007.jpg
無事にやり過ごせたでしょうか。
すぐにおさまったから大丈夫だったでしょうが、あわてたでしょうね。

こんな寒い日は、たき火で暖まるに限ります。
008.jpg
「火をおこして焼き肉?ジンギスカン鍋って羊だよね?」

ちょっと不安そうな顔のメイちゃんでした。
posted by tomochan at 19:52| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

七草粥


赤城や榛名、さらにはその向こうの上越国境の白い峰々を見ながらおこなう早朝のラジオ体操は気持ちがいいなあ。
RIMG2895.jpg


東の空にバラ色に染まり水平に広がる雲のようなものが見えました。
良く見える場所まで移動しているうちにバラ色はかすんで色が霞んでしまいました。
RIMG2915.jpg

今日のバラ色の雲の発生装置はセメント会社の煙突?
RIMG2912.jpg


数キロにもわたって煙がたなびいていました。
RIMG2913.jpg

今日は七草粥の日なのでメイちゃんも七草サラダ?
RIMG2885.jpg

野菜はベラドゥーラで出されるサラダと同じだよ。
RIMG2887.jpg
ただし、賞味期限切れだけど。

今朝の気温は七時を過ぎてもマイナス3.5度でした。
RIMG2916.jpg

さて、こっちも帰って七草粥でもいただくか。
と思って帰宅してみると、七草はパックに入ったまま。
RIMG2917.jpg

作るのを忘れて普通のご飯を炊いちゃったのだとか。

おかげで七草をよく観察することができました。
RIMG2918.jpg

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すじしろ

順番に並べたつもりですが、せりとずずな、すずしろ以外は良くわかりません。

何だかよくわからないけど、これから夕ご飯でいただくことにします。
これが本当の七草が夕
なんちゃって。
posted by tomochan at 19:02| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

天と地であたふた

昨年末、植木屋さんが来てくれて庭の手入れをしてくれました。
我が家の庭の植木なんて、ろくでもないものばかりですから、自分でやっても良いのですが、なかなか時間がとれないため、お願いしたのです。

「バサバサ切ってもらってかまいませんよ」と仕事の前に伝えておいた結果
RIMG2873.jpg
ど、どうしよう、ロウバイが垣根の高さに合わせてバッサリ!
と、おろおろ。

バサバサ切っても良いと言ったとはいえ、まさか開花寸前の蕾がたくさん付いている枝までバッサリと切るとは思いませんでした。
正直な植木屋さんに脱帽です。

この切られてしまったロウバイ。
もったいないから、咲いたらどこかに飾ろうと、しばらく室内で保管していました。
正月になり、ふと、利用方法を思い出したので実行してみました。

IMGP2011.jpg
館長さんの許可を得て、深谷シネマの玄関にしばらく飾らせていただくことにしました。

IMGP2018.jpg
梅が他の花に先駆けて咲くことから「花の兄」とよばれるなら、もっと早く咲くロウバイは何と呼んだら良いのでしょう?
やっぱりロウバ?

アホらしいことを言っていないで空でも見上げてみましょう。

前の日は金星とランデヴーしていたはずの三日月が、次の日は火星と大接近
RIMG2879.jpg
コンデジの手持ち撮影のうえに、撮影者のアルコール摂取の影響か、上手く写ってませんが、月のすぐ右横に点のように見えるのが火星で、ずっと下の星が金星のようです。

「あら、なんてことなの!昨日はあんなに親しくしていただいたのに、三日月さんたら、今日はマーズちゃんとデートだなんて」
遠くの方で、ヴィーナスの慌てふためいた声が聞こえそうなのであります。^^

それにしても、三日月はモテモテですね。
今更どうなることでもないけど、ちょっと羨ましいのです。
posted by tomochan at 19:27| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする