2017年03月04日

ウグイス鳴いてサクラ咲く

今日はウグイスの初鳴きを聞きました。
といっても、まだ「ホーホケキョ」と鳴けずに「ケキョ」くらい。
口笛でお手本を示しておいたので、すぐに上手にさえずることができるようになるでしょう。^^

この藪の中のどこからか聞こえてくるのですが、姿はわかりません。
001.jpg
当地ではまだ薄氷が張っているというのに、動物や植物は敏感ですね。

このまま、河原に散歩に行っても、いつもの500m圏内になってしまうので、今日はその圏内を脱出すべく、赤浜の昌国寺まで足を伸ばしてみました。

不許葷酒入山門
002.jpg
この石碑、禅寺等でよく見かけますね。
葷、つまりニンニクやネギのなどの香りの強い野菜を食べたり、酒を飲んでいる者は修行の場にふさわしくないので山門に入ることを許さないといった意味のようです。
でも、中には「葷を許さず、酒、山門より入れ」、さらには「許さざれども、葷酒、山門に入る」と読んで戒めを破る不届き者もいたらしいです。
私の場合は、昨日の晩に飲んだ飲み物は酒ではなくて「般若湯」だったから堂々と入ってもいいのです。

コンクリート製の古い滑り台
003.jpg
幼少のころ、遊んだかすかな記憶が。

椿の大木
004.jpg

近寄ってみると樹皮にたくさんのしわが
005.jpg
形がビミョーなのと一部縛られているのが気になります。
「お○○のしわとしわを合わせてなーむ」
この罰当たり者めが!

こんなものを見にわざわざ来たのではないのです。
実は、ここのお寺の桜は早く咲くので様子を見に来たのです。
006.jpg
若木の河津桜らしき桜は満開で、何という種類かわかりませんが老木の桜もすでに咲き始めていました。

早朝で、まだ光が十分でないので、桜の撮影はほどほどにして次に向かいます。

昌国寺は水野石見守長勝という江戸初期の武士の陣屋跡だったため、当時の土塁が良く保存されているとのこと。

お寺の周りにぐるっと巡らされている掘り
007.jpg
初めは竹藪が隣の畑に進出しないように、掘りを掘ったのかと思っていましたが、土塁だったのですね。

そう考えるとけっこう立派なものでした。
008.jpg

掘りの中のアオキの実
009.jpg
何だかコーヒーの実のようです。

谷川岳が見える場所に行ってみました。
010.jpg
一月の初め、ここで山を眺めたときにはなかったのですが、いつの間に大きな建物が出来ているのでびっくり。(茶色いビル)
そして、いつの間にかカメラにゴミのようなものが付いてしまったようでがっかり。

数十分の散歩(徘徊?)の後、やっとジロジロファームに到着。
ズボンを見るとお土産がたっぷり。
011.jpg
やっぱり散歩じゃなくて徘徊だ。

お土産の正体
012.jpg
どこかで払って落としたいのだけど、やたらのところで落とすと、また生えてくるので、種を捨てるところにも気を遣います。

その後、自宅に帰って庭の様子を見てみました。

クリスマスローズが開花
013.jpg

先日のモヤシっ子のフクジュソウが本来の姿に戻ったので一安心。
014.jpg

スノードロップも一輪だけ開花。
015.jpg

クリスマスローズもそうですが、地面近くで下に向かって咲く花を下から見上げるように撮るのは難しいのです。
ノーファインダーで適当に何枚もパチパチ撮った中の一枚になるわけですが、今日は良い方法を考えました。
016.jpg
地面に鏡を置いて、鏡に写ったモニターを見て撮る方法。
自宅の庭で行う分には差し支えないですが、町中でこのようなことをしていたら怪しまれますので、注意必要ですが。

陽が高くなってから、桜を撮りに再度、昌国寺へ。
017.jpg

ブンブンとミツバチの羽音がにぎやかでした。
018.jpg

019.jpg
桜花だけにミツバチも春を謳歌しているのでしょう。
posted by tomochan at 19:31| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

気になる木

半径500メートル。

秒速5センチメートルが桜の花びらの落ちる速度に対して、半径500メートルは桜びらが舞い広がる範囲。

いやいや、そんなには広がらないでしょう。
半径500メートルとは、このブログにおける最近の話題の範囲です。

そういうことで、今日も半径500メートル、秒速40センチメートルのお散歩です。

サギ
000.jpg
サギは警戒心が強いので人の姿を見るとすぐに逃げてしまいます。
ちなみにサギに写っているお山は葉原峠。しばらく行ってないなあ。

ハクチョウ
001.jpg
ここのハクチョウも相変わらず警戒心が強くて、サギほどでもないけど、近づくとスーッと遠くへ泳いで行ってしまいます。

ハクチョウは可愛いけど、ちいーと愛想がないのが難点。
以前記事にしたマリリンちゃんのように、じっと動かず写真を撮らせてくれるステキな流木モデルにまた巡り会いたいと探しているのですが、これがなかなか。
ところで、東京の事務所に移籍していったマリリンちゃん、今頃どうしているかなあ?
いつか、メジャーデビューできるのだろうか?

そんなことを考えながら木陰に隠れてハクチョウを観察していると、なんと目の前にじっと動かずにおもしろい表情を見せてくれる、被写体があるではありませんか。
panelimg1.jpg

それもたくさん
panelimg2.jpg

panelimg4.jpg

panelimg3.jpg
いろいろな表情があって、おもしろいなあ。

こちらはさらに可愛い感じ
008.jpg

でも、大きくなるとまるでトーテムポール
007.jpg

この子たちの顔、一本に36もありました。
なので、帰り道は慈光坂に寄り道してパチリ。
009.jpg
慈光坂36
なんちゃって。

慈光坂の途中から見た御荷鉾山
010.jpg

10本ほどあるジロジロファームの梅の木もだいぶ咲いてきました。
011.jpg
今日の作業(といっても1時間ほど)は梅の香りに包まれて最高でした。
posted by tomochan at 19:25| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

2月の仕事

『2月の園芸家の仕事は、「春のいちばん初めのきざしを嗅ぎ出すことだ」』
16日の読売新聞のコラムにテェコの作家、カレル・チャペックが「園芸家12ヶ月」に書いていることばとして紹介されていました。
さらに
「スノードロップスがもう咲いている。黄いろい星状の毛をはやしたマンサクも咲いている。クリスマスローズには大きな蕾ができている」(小松太郎訳)とも。

ある蕎麦屋で、ざる蕎麦とミニ天丼セットを待つ間にこれを読んで、我が家でも去年の春にクリスマスローズを4株ほど庭の広葉樹の下に植えたのを思い出したので、帰ってからさっそく様子を見てみることにしました。

いつもは株の上からさっと眺めるだけで、蕾ができているかは確認したことはないのです。
001.jpg

あった、あった。クリスマスローズの蕾
002.jpg
庭の落ち葉をあまりきれいに掃いてはかわいそうだと思い、わざわざ残しておいた落ち葉が、暖かい布団の役目をしたのでしょうか。

クリスマスローズと呼ばれながら、クリスマスではなく春先に咲くのはどうしてだろうと思っていましたが、同コラムによると、イギリスでは多くの種類がある中で、12月に咲く1種だけをクリスマスローズと呼ぶのだとか。
納得。

そういえば、あちこちで福寿草の開花の便りを聞くようになりましたが、我が家にも毎年咲く福寿草があったことを思い出しました。
咲く場所を思い出しながら、咲きそうな場所を探しても見つかりません。

落ち葉を積んだ山があったので、それをどかしてみると
003.jpg

モヤシのような植物が
004.jpg

得体の知れないキノコのような姿になってしまいましたが、福寿草に間違いありません。
005.jpg

どうやら布団が厚すぎたようでした。
いきなり布団を引きはがされてかわいそうですが、このまま布団をかけ続けていたら、本当に永遠の眠りについてしまいますから、仕方がありません。
早く青々とした姿に戻ってもらいたいものです。

サクラソウの一種
007.jpg

ヒガンバナの葉
008.jpg
この時期は青々としていますが、いつの間にか姿が消えてしまうのです。

我が家のスノードロップスはまだまだ芽が出たところですが、スイセンは咲いています。
009-1.jpg

道端に咲くホトケノザ
009-2.jpg

動物たちも春のきざしを嗅ぎつけたようです。
010.jpg
池の底の奥に隠れていたメダカが、暖かい日には水面近くまで上がってくるようになりました。

メイちゃんも春のきざしを嗅ぎつけたのか良くわかりませんが、このごろ立木にツノをガシガシとぶつけるようになりました。
011.jpg
立木がないところでは、人間にもやってくるので、要注意です。
もっとも、やられても痛くはないのですが、びっくりするので、ゴルゴ13のように背中を見せないようにはしています。

日も長くなりました。
013.jpg
5時になってもこの通り。

さて、園芸家ではない私の2月の仕事といえば・・・
2月末日までにやらなければならない仕事が3件。
いずれも、2月初めからとりかかって、まだ6分程度。
もしかすると、これから駆け込みでもう1件増えるかもなんて話も。
2月を逃すと、依頼主に数ヶ月ほど待ってもらうことになってしまうので、何としても今月中に終わらせたいのです。
3月の最初の仕事が、依頼主の怒りのきざしを嗅ぎつけることにならないように。
posted by tomochan at 20:12| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

秒速40センチメートル

秒速40センチメートル。

「君の名は。」(我が家のパソコンでは-君の縄-と変換される)で話題の、あの新海誠監督が2007公開のアニメーション映画「秒速5センチメートル」の続編を作った?

当たり前ですが、違います。

ちなみに「秒速5センチメートル」は桜の花びらが舞い落ちる速度とのことです。
では、秒速40センチメートルって何?
牡丹雪?
それだったらきれいでけっこうなのですが、そうではないのです。

もったいぶらずに検証をすることにしましょう。

この日も新規開拓したルートで朝の散歩。
001.jpg

ほんのり赤く染まった御荷鉾山
002.jpg

波ひとつなくまるで鏡のような荒川
003.jpg

ここから先は、水際までびっしり生えている竹藪を約100メートルほど突っ切っていかなければなりません。
004.jpg

最初の関門は倒木越え
005.jpg

そこを過ぎると、竹と竹の間を縫って、比較的スイスイ行けます。
006.jpg

竹藪を抜けると今度は長さ50mほどのヨシ原を突っ切ります。
007.jpg
ヨシは大水の時の水流で下流方向に倒れていますから良いものの、逆に進もうとしたら剣呑です。

途中には小さな支流が流れ込むところがあり、クレソンやセリが生えています。
009.jpg

ヨシ原を抜けると岩床帯。

昇ってきた朝日を浴びる獅子岩(勝手に命名)
010.jpg

獅子岩の裏面はどこか愛嬌のある顔
011.jpg

泥岩地帯
012.jpg

恐竜の足跡や化石がないかと探すことにします。

やや、恐竜の卵がこんなに?
013.jpg
そんな感単に見つかるはずありません。
泥に石が埋まって、その後岩になったのでしょうか。

岩場を抜けると石ころの河原です。

014.jpg
以前深谷の利根川の石を見たことがありますが、黒っぽい石ばかりだったような気がします。
その点、荒川の石は色とりどりできれいです。
歩きながらも何か珍しい石はないかとつい探してしまいます。

探すといえば、このような場所には流木が多くひっかかっていることが多いので、そちらもチェック
017.jpg
いつか機会があったら紹介しますが、この日は実際、けっこうな掘り出し物(本当に砂の間から掘り出した)を見つけました。

白鳥のいる河原にたどり着く前に、この日も白鳥が上流に向けて飛び立って行くのが見えました。
015.jpg
やはり、この時間は出勤時間だったようです。

出勤しない白鳥
016.jpg

白鳥を見たあと、河原から出ることにします。

河原の際でヤドリギを発見。
019.jpg
幸せになりたいカップルに教えてあげたい。
ここだったら誰もいないからいいんじゃない?

立岩の上の祠に朝日が当たる
018.jpg
あの祠は空っぽなので、以前ここで拾ったごもっとも様みたいな流木を奉納するつもりだったのを忘れていました。

太陽が嫌いなソーラーパネル
021.jpg
ここのソーラー発電所のパネルは時間になると太陽のある角度に動くのですが、ギコギコと音を立てながら動くのを見ていると、いつも太陽と反対の角度に動くのです。
日焼けを気にしている?
それとも反抗期?
規模が大きいだけに、だいぶ発電量をロスしているのでは。
人ごとながら心配してしまいます。

この後はジロジロファームに到着して散歩は終了。

では、また。


あ、そうだ、「秒速40センチメートル」を忘れるところでした。

もう、お分かりかもしれませんが、「秒速40センチメートル」とは私の散歩の速度なのです。
ルートラボで調べたら、この日の歩いた距離は1100m。
かかった時間は45分だったので、秒速に換算すると40cmになるのです。

もっとも、いつもこんなに遅い速度で歩くわけではないことはいうまでもありません。
だいたい、秒速80cm以下で歩く人は、認知症に要注意なのだそうですから。

でも、あんまり遅いと家族が心配するかもしれないので、これからは気をつけないと。
散歩ではなくて徘徊と間違われてもおかしくない年になってきたもので。
posted by tomochan at 20:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日



この道は、これから歩いてゆく道であろうか、それともこれまで辿ってきた道であろうか。
001.jpg
希望と絶望が織り交じった道。


クロスロード
002.jpg
出会い、愛し合い、憎み合い、そしてまた、それぞれの方向に分かれゆく。
人生の交差点。

唐突にスミマセン。
柄にもなくこのようなことを書いてしまって、きっとキツネに騙されたのかもしれません。

実は、この道ジロジロファームの周りに生息しているキツネなどの野生動物が作った獣道なのです。
004.jpg
キツネの足で作った道なのでコン足道路?

野生動物たちは何をしにやって来るかというと、
ダイコンを横からガブリ
005.jpg

更に芯までガブリ
006.jpg

もうこうなると、道と言うより、トンネルを掘ってしまうかの勢いです。
008.jpg

寒い日にはベッドを借りに来ることも。
007.jpg
メイちゃんの部屋の横に藁を積んでおいたら、ある朝キツネが寝てました。
メイちゃんが騙されないか心配ですが、それよりも病気を移されないか心配なので、すぐに藁は焼却処分にしましたが。
こうやってジロジロファームに向かう道が着々と造られています。

「山羊もの言わざれども下自ずから蹊を成す」


このような足で作られる道はイヤだ。
009.jpg
イノシシらしき足跡です。
ファームの50m近くまでやって来たようですが、それ以上はまだ近づいてはないようです。


このように田舎においては動物たちの道は増えつつあるようですが、逆に人間が歩く道は失われつつあるようです。

荒川へ続く道
010.jpg

先日、白鳥たちを見に行くために、ひさびさに通った道です。
荒川に下りる坂道になると、かつてははっきりしていた道筋も、ほとんど道も消えかけていました。
011.jpg

荒川の河原に降りると、全く道は消え失せて、一面の竹藪になってしまっていました。
012.jpg
荒川で魚釣りをする人もいなくなった今、誰も通らなくなったので、当然の帰結でしょうか。
真竹だけど河川敷だから春になったらタケノコ掘りに来ようっと。

竹藪をくぐり抜けたら、思いがけず良い景色が待っていました。
013.jpg
荒川の川面に映る御荷鉾山。
利根川水系の御荷鉾山があたかも荒川の上流の山のように見えます。
posted by tomochan at 20:40| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

危険を察知する能力




メイちゃんに与えようと外に置いておいた水。
RIMG3151.jpg

その日の外気温はマイナス4℃。
それまで水だったのにフタを取って容器に移そうとしたところ、あっという間にシャーベットのようになってしまいました。
RIMG3152.jpg
何とか絞り出すように水飲みの容器に移し、他の諸々の世話をしてから、いつものように荒川の白鳥の様子を見に行ってみました。

この日は、藪こぎがちょっと大変でしたが、白鳥に気づかれないうちにすぐ横に出て白鳥を強襲する観察するルートを開拓しました。
狙い通り、白鳥から50m近くまで接近できました。
しかも、白鳥との間にはヨシの茂みがあり、こちらの姿には気づいてない模様。

ところが、やっぱり
001.jpg

逃げられました。
002.jpg

何と敏感な白鳥たちだこと。
危険を察知する能力が高いのね。

というか、もしかしたら、この時間は餌を求めてどこかへ移動する時間なのかな。
白鳥の出勤時間。
現に逃げずに残っているグループもいるし。
003.jpg
こちらは遅番なのかな。

危険を察知する能力といえば、先日は我が家の上空でこんな飛行機を見かけました。
004.jpg

今時珍しいプロペラ機。
005.jpg

自衛隊の輸送機でしたらプロペラ機も時々見かけますが、どうも輸送機っぽくありません。
ネットで調べたら、どうやらあの懐かしいYS11を改装した電子飛行測定機YS−11EBという日本に4機しかない航空自衛隊の航空機らしいことがわかりました。(自信はないけど)
各国の電波を収集して、危機管理に役立てるのだとか。

もしまた来たときは、こちらも危機を感じて、口をあんぐり開けて見とれたりしないようにしなければ。
何しろ電子飛行測定器ですから、きっと地上の様子なども手に取るようにわかって、アホ面下げてたりすると乗員に笑われてしまうでしょうから。
posted by tomochan at 18:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

春の香漂う雨のあと

今朝の当地は雨でした。
6時を過ぎると雨もやんできたので、いつものように散歩に。

中間平より高い場所は雪景色でしたので、当然御荷鉾山も真っ白。
RIMG3136.jpg

寒い寒いといっても、セリも出てるし
RIMG3129.jpg

梅も咲くはで
RIMG3132.jpg
この時期の雨は、どことなく春のにおいが感じられます。
梅の香りではないと思うのですが、この時期に雨が降ったあとは本当にいい香りがするのは気のせいでしょうか。

今年になってから雨がほとんど降ってないので、ポピーにとっても恵みの雨だったことでしょう。
RIMG3141.jpg

秋に種まきをしたあと、順調に育っているようですが、ポピーに混じって、自然に生えたホトケノザも同じくらい順調に育っています。
RIMG3146.jpg

ポピーが負けないかちょっと心配。
RIMG3148 (2).jpg

雨が降る前によく我が家の庭に水を飲みに来ていたオナガ。
IMGP2424.jpg
野鳥にとって冬の乾燥した時期は、水を飲む場所を見つけることが、餌を見つけるよりも難しい場合があるのだとか。
それを聞いてから、冬の時期はなるべく雨水も捨てないようにしています。
ただ、面倒なだけとも言えますけど。
posted by tomochan at 20:34| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

マイブーム縛りの次は炙りかな

昨年末(どういわけかクリスマスイブでした)に、それまでずっとあこがれていた念願の縛りを初体験することができました。
いつかは自分でもやってみたいものだと思っていましたが、縛るのはなかなか難しそうなので後々の楽しみに取っておくことにして、先日は誰でもできそうな炙りにチャレンジしてみました。

火を噴くバーナー
CIMG2507.jpg

上のヤツだと燃え尽きてしまうどころか、火事になってしまうので小型のにしておきます。
いきなり火をつけたら怒られると思うので、実行に移す前に妻の了解は得ておきました。
CIMG7843.jpg

ボー!
RIMG2948.jpg
スーパーで買ってきたパックの寿司とはいえ、この日の夕食です。
失敗したら夕食は抜きですから慎重にね。

サーモン
RIMG2954.jpg

ヒラメ?
RIMG2956.jpg


RIMG2951.jpg


RIMG2955.jpg

以前タモリクラブでやっていたネタなんですが、とりあえず魚卵系以外はみんな炙ってみました。
テレビでも出演者が言っていたとおり、どれも脂がにじみ出てきてとても旨かったです。

マイブーム縛りの次は炙りかな
CIMG7426.jpg
posted by tomochan at 19:36| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

今週の出来事

オッサンの周りに何が起きても誰も関心がないとは思いますが、日記代わりに書いておきます。

高蔵寺のヤドリギはシンメトリー
ここのところ所用で高蔵寺というお寺に良くいきます。
高蔵寺はかつては宿場町であった寄居町今市のほぼ真ん中あたりにあるお寺です。
P7290940.jpg

その高蔵寺ではヤドリギまでもお寺を中心にシンメトリーに生えているのでした。
CIMG7774.jpg

「八」のうどん初体験
CIMG7811.jpg
鉢形駅前の「八」のうどんを初めて食べました。
麺は讃岐うどんのようなコシがあり、汁は醤油ベースの関東風でうまかったのですが、なによりもそれを我が家の食卓で味わうことができたのが驚きでした。


一月往ぬる二月逃げる
この言葉どおり、二月に入った途端、白鳥が逃げました。
IMGP2396.jpg

IMGP2401.jpg
朝の散歩のときに見に行く白鳥たちですが、川岸までもう少しあるからと、そっと近づいていったところ、飛んでいってしまいました。
一月中は、こちらが近づくと、すーっと泳いで遠くに行く程度だったのですが、この日は一斉に飛び立ってしまいました。
人間の心情も理解する白鳥たちなのでしょうか。
ちなみに、翌日行くと、みんな戻って来ていました。

白鳥堂々、緊縛
IMGP2409.jpg
白鳥ではなくて白昼か。
なんて冗談を言っている場合ではないのです。
川本の飛来地に、新聞で報道されていた、首に釣り糸が絡まってしまった白鳥がいました。
このブログでは、いろいろアホらしい縛られ写真をアップしてきましたが、これはシャレになりません。
命に別条はないとのことですが、なんとか解いてやりたいものです。

白昼堂々と餌やりをする人
CIMG7827-2.jpg
どうりで白鳥がみんな人慣れしていると思いました。
そうでなければ、おそらく人が来たら逃げるでしょう。
自分だけ白鳥に嫌われているのではないとわかって少し安心。

深谷地方の砂嵐
今週は北風が強い日が多かったですね。
そんな時は深谷市あたりはすごいです。
CIMG7819.jpg
まるで砂嵐。

林家たい平師匠の後援会に入会
林家たい平さんの講演会の役を20年以上されている方とお近づきになりました。
CIMG7812.jpg
以前からたい平さんのファンだったので、夫婦で後援会に入会することにしました。
今年の春の総会は、新築なった秩父宮記念市民会館でのこけら落とし公演だそうで、今から楽しみです。

以上、今週の出来事でした。
posted by tomochan at 18:30| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

焼いて、煮て、食った

こんにゃくパークのある甘楽町から少し先の下仁田町までやって来ました。

下仁田駅の近くにある常磐館という割烹旅館。
007.jpg
こんにゃくパークのこんにゃくバイキングでお茶を濁すわけにもいかないので、予約をしておいたのです。

店の床においてあった直径30cmはあろうかという大きなこんにゃく玉。
CIMG7681.jpg
隣の軽井沢町へ持って行けば、カーリングに使えそうです。

良く磨き込まれた年期の入った廊下を抜けて小さな個室に通されました。
008.jpg

店先の暖簾には大きく「こんにゃく料理」と書かれていたのでこんにゃく料理が得意なのかもしれませんが、今回は、今が旬の下仁田ねぎを味わいたくて、すき焼きにしたのです。
010.jpg

CIMG7675.jpg
AだかBだかCだか、いつも何ランクの肉を食べているのかわかりませんが、ともかくA5ランクの牛肉なんてほとんど食べた記憶がありません。

下仁田ねぎは当然ですが、シラタキ、シイタケなどほかの材料もすべて下仁田産だとか。
009.jpg

「たまにはうんといい肉でぜいたくなことをやってみないと、ほんとうのすき焼きのおいしさとか、肉のうま味というのが味わえない」
「いい肉を使うか、安い肉を使うかで、すき焼きの作り方は違ってくる」

などと、池波正太郎の「男の作法」から得たにわか知識をひけらかしたまでは良かったのですが、始めに世話をしてくれた仲居さんがいなくなった途端、池波先生がダメだしをしていた「ゴッタ煮」のようになってしまったのです。
011.jpg
「すき焼きなんてものはねえ、焼いた、煮た、食った。これでいいんですよ」
などとは一言もおっしゃってなかったはずだったと思いますが、結局、先生が書いたような粋な食べ方はできませんでした。
まあ、そこは素材の力で最後までおいしく食べることができましたが。

食後は付近のレトロな商店街を散歩。

愛想がない看板猫のいるお店。
012-2.jpg

撞球場の跡
CIMG7683.jpg

今日の目的地でなかったから良かったものの、また休みの日に当たった東陽軒。
012-1.jpg
このほか、カツ丼、コロッケ、こんにゃくパンなどB級グルメには事欠かない商店街ですね、ここは。

家族が日本酒が買いたいと言うので商店街にある酒屋さんに入ってみました。
CIMG7698.jpg

店主にお勧めを尋ねたところ、全部お勧めだから試飲して決めてくれとのこと。
CIMG7696.jpg
私は運転手だったので試飲できませんでしたが、家族の試飲の結果、純米酒よりも「妙義山」という本醸造の酒がうまいという意見が多く、怪しいもんだと思いましたが、結局それを購入。
本醸造よりも純米酒がうまいと決まっているわけではないですからね。

その後は、帰り道に富岡製糸場を見学。
CIMG7705.jpg
帰るとき、駐車場を借りた店でホルモン揚げという食べ物をサービスにもらいました。
家族は食べていましたが、私は先ほどのすき焼きを食べ過ぎて、パス。
やっぱり普通のすき焼きで良かったかな。^^

帰宅後、下仁田で買った「妙義山」をグイ。
CIMG7771.jpg

驚いたことに、こんにゃくパーク内のセブンイレブンで売っていた「大盃」もグイ。
コピー (1) 〜 CIMG7767.jpg
高崎の倉渕地区にある群馬県で最古の酒蔵の酒で、群馬県内でも、蔵元に管理ができると認められた限られた店にしか置いてないと聞いていたので、こんなところで買えるとは思いもよりませんでした。

どちらとも同じようにうまかったです。
どのようにうまいかというと、実は私も他の家族と同様、良くわからないのです。
posted by tomochan at 20:40| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする