2011年06月23日

砂丘探検

今日は仕事で砂丘の近くに行ったので初めて見学をしてきました。

砂丘に作られた階段。
01.jpg

階段を上り終えるとそこは神社の境内地になっていました。
02.jpg

03.jpg

tourou .jpg
銀輪乗士様風にパチリ。

邪鬼を踏みつけた形の青面金剛(しょうめんこんごう)がありました。
05.jpg
鬼の悲鳴が聞こえてきそう。
青面金剛のしょうめんをアルファベット2文字で略したくなるような図であります。
しかもお顔にはポッと頬を染めたようにべんがらを塗られた跡がありました。

ここを登った所がこのあたりの最高標高地点のようです。下の道路が標高16mなのでそこから5〜6mほど登ったでしょうから21、22mというところでしょうか。
04.jpg
「木花咲耶姫命」が祀られていました。

社の後ろに回ってみました。
06.jpg
赤松の林になっています。

なるほど砂丘だけに地面は砂そのものです。
07.jpg

なおも歩いて行くと民家が現れて砂丘も途切れてしまいました。
08.jpg
砂丘を取り除いて住宅を建築したのでしょうね。

一旦途切れてここからまた続いていました。
09.jpg
最初の場所より標高は半分くらいしかありませんが、中学校の敷地なので保存状態は良さそうでした。

ぐるっと一周歩いてみましたが砂丘を示す説明板のようなものは先ほどのものしかありませんでした。
10.jpg

帰って来て調べたらこのあたりの砂丘は河畔砂丘と言われるもので、ここの北を流れる「会の川」の砂が赤城おろしにより吹き飛ばされ自然堤防上に堆積したものだそうです。
赤城おろしと言えば、この秋早めに吹くことがあれば砂ではなく他のものの山ができたりして。(^^)

なお、ここよりも西の「むさしの村」の近くに「志多見砂丘」というもっと規模の大きい砂丘があるとのことでした。下見をしなかったから気が付きませんでした。
そこにある三角点は標高26.8mとありました。もしかしたら加須市の最高地点かもしれませんね。今度行ってみよう。

さて、砂を噛むようなお話の後は食事といたしましょう。

手打ちうどん専門店「清水や」さんです。
udonn.jpg
近くに有名なラーメン屋さんもあるのですが、初めてだったのでここにしました。
冷や汁(ひやしる)うどんは細いけれどとてもコシがあって美味しかった。
混む前に入店できて良かったけど、次から次にお客さんがやって来たところを見るとかなり有名なお店なのでしょうね。

手打ちうどん専門店「清水や」  羽生市下新郷711 月曜定休








ラベル:河畔砂丘
posted by tomochan at 19:36| 埼玉 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

緑色の研究


先日銀輪乗士さんのブログに御稜威ヶ原工業団地の「随縁」と書かれた緑色のコンクリートの標石みたいなもののことが取り上げられていました。
仕事にまるで関係なくもない物件かも知れないと言う大義名分のもと、仕事がてら確かめに行ってみることに。

ゴルフ練習場の近くで第1「随縁」発見
z02.jpg

すぐにまた第2「随縁」発見
z04.jpg
道路と民有地の境界線あたりにあります。
「随縁」の縁には「ふち」とか「ヘリ」の意味もあるからやはり境界を示すものでしょうか。

でも境界とは全然関係ない奥まったところにもあったりします。
z06.jpg

「随縁」とは仏語で「縁に従うこと。縁に従って種々の相を生じること」の意とのこと。
では仏教に関係するありがたいものなのでしょうか。
それとも沖縄の石敢當みたいに魔除けかな。

ありがたいモノにしては箒なんかを立てられたりとぞんざいな扱いを受けてたりします。
z03.jpg

では近くでよく観察してみましょう。
z01.jpg
上に四角い穴が開いています。

側面はなんと持ち易いようにか取っ手に加工されています。
z08.jpg
持ち運べるようならば境界の標識ではありませんね。境界が移動していたら大変ですもの。

近くの人に聞けば良かったのですが、何しろの平日の工業団地の中、ぶらぶらしている人なんていません。

その後も幾つかあった「随縁」を見て行くうちに置かれている状況にある共通点があることに気づきました。
z07.jpg

z05.jpg
おわかりですか?

「随縁」の置かれてある建物(倉庫が多い)はシャッターであったり、門扉であったり、ドアであったりと必ずどこか一部分が緑色に塗られているのでした。
我ながらスルドイと思ってしまいました。シャーロックホームズが「緋色の研究」ならばこちらは「緑色の研究」です。

もう地元の方ならおわかりかもしれませんが緑色がイメージカラーの倉庫と言えばこちらですね。
z09.jpg
この看板の下にもしっかり「随縁」が。しかもでっかい矢印付き。

きっとこの会社の社長さんの座右の銘かなにかで、たくさん作って各事業所、テナントに配ったのでしょうね。
これでスッキリしましたが、それでも何に使うものかという謎は残りますが。

今日もなんの役にも立たないお話でした。






posted by tomochan at 20:18| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

女房の髪の変化もわからない?


あれ、君、髪形変えたね。
g2.jpg

前はこんなだったけど
g1.jpg
ショートカットもお似合いだよ。
ウチのカミさんの髪形が変わったってわからないけど、君のことはすぐわかるのさ。


キジのカップルを見かけました。
kizi.jpg

モミジの種も何となくハートに見えてきました。
momizi.jpg

反省したので家に帰ったら変化がないか良く見てみます。(^^)
posted by tomochan at 19:37| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

おじさんには分からない

先日栃木県の益子に行った時に畑の真ん中に「えっ」とだけ書いてある看板を見かけました。
その時は同乗者がいたので見ただけで通り過ごしてしまい残念な思いをしました。自分ひとりだったらUターンしてでも撮ったのに。

それがYouTubeにありました。


今日似たようなものを熊谷市内で見かけました。
nippon.jpg
「がんばろう日本 ぶっ!ぶっ!ぶっ!・・・」
どういうこと? おじさんには分かりません。


またもや熊谷市内で
fuji02.jpg
「どなたか赤富士を書いて下さい」とあります。

fuji01.jpg
どの角度から見てもこのオブジェは富士山に見えません。八ヶ岳?あるいは身近なところで赤城山なのかもしれませんね。他人に頼むよりご本人が描いた方が良いものができそうな気がします。

この後市内を回って帰る途中の郊外で見つけた看板。
ikidomari.jpg
「車は左折して下さい 直進すると命の保障はございません」とあります。
何が待ち構えているのか興味津々でしたが、ジロジロよりも命が大切なので素直に左折しました。
「車は」と書いてあるので車でなければ直進しても良かったのかな。歩いて行ってみれば良かった。










posted by tomochan at 19:52| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

仕事の合間にジロジロ





最近はなんやかんやで忙しくてブログの更新もままならないような状態。

そこで、たまには息抜きと言うことで行って来ました。
05.jpg
四国霊場三十一番「竹林寺」

んなわけないですね。はい、県北の皆様ならよくご存じの美里町木部の「真東寺」です。
すぐ近くに仕事で来ているので初めて寄ってみました。
四国八十八カ所の霊場が山の斜面に点在し、ここをまわれば四国八十八カ所をまわったのと同じ御利益があると言う、時短巡礼コースなのです。

全て住職さん手作りと言うから驚きです。
06.jpg

いろいろと突っ込みを入れたくなるところですが、そこは霊場なので押さえて押さえて。

紅梅が咲いていました。
07.jpg
ど真ん中の日の丸写真になってしまいましたが、構図なんて考える余裕もないほど寒くて寒くて仕方がなかったのです。
埼玉の四国は赤城おろしが強烈なのです。

坂の上の雲
01.jpg
を目指して進むと

坂の上の蕎麦屋
02.jpg
があります。

国道254号沿いの丘の上の蕎麦屋「萬屋」です。先ほどの真東寺の山の反対側です。

蕎麦屋の横はブルーベリー畑です。
04.jpg

ブルーベリー蕎麦
03.jpg
があるのかと期待したのですが普通の蕎麦でがっかりしました。
ミニ消防車がなかったのでもっとがっかりしました。
間違ってざるそばを頼んでしまいました。海苔はいらなかったのに。
最近、高カロリーな食事をする機会が多かったので蕎麦にしたのに、サービスでシメジの天ぷらが付いてきました。せっかくなのでいただきましたが、やっぱり口の中がしばらく油っぽかった。

さて、食事の後は、本庄市の方に移動。

八高線の松久駅の前に来ました。
09.jpg

以前は駅舎の面積の半分をトイレが占めていて、駅舎なのかトイレなのかわからないような状態でしたが、今は駅舎から晴れて独立して立派なトイレ棟(左側)になりました。
08.jpg
独立した後も駅舎と同じくらいの面積なので、トイレの神様も大満足?

松久の駅前には「痛車」というのですか、このような車が多いのです。
11.jpg

15.jpg

なぜかなあと思っていたら、どうやらこちらで製造されているようです。
RIMG2670.jpg

ちなみに「痛チャリ」はありませんでした。
これから「タイガーマスク」も現れるかもしれませんね。(^^)

さてさてこんなところで油を売ってないで本庄に向かいます。
本庄早稲田駅の近くの新しい道を通って本庄駅の方に向かいます。
橋を渡ったところで妻からの指令を思い出しました。
12.jpg
「《久》の手作り餃子を4パック(36個)買ってくること」
そんなに買ってどうするんだろうと思いましたが、言われたとおり買って帰りました。
帰りの車の中が餃子臭かったのは言うまでもありません。

今度は市役所方面に移動。
いつも通りながら気になる木があるのですが、たまたま今日は交通量が少ないのでパチリとしてみました。
13.jpg
古いまんじゅう屋さんのプラタナスの木ですが、仁王像みたいに見えなくもないです。
せっかっくだからパチリのついでに麹まんじゅうでも買おうと思ったらお休みでした。

今日は忙しかったけれど良い仕事をしたので(本当かよ)充実した日が過ごせました。

14.jpg
西上州の稲含山も黄昏れてきました。

しばらくは餃子で一杯だな。








posted by tomochan at 20:36| 埼玉 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

ザ・ベスト・オブ緊縛写真

年の瀬に来て、テレビではドラマやバラエティなどの総集編が盛んですね。
私もそれにならい、今年撮った写真を見ながら一年を振り返って一人反省会をしてみることにします。

初日のテーマは「緊縛写真」

実は今年の春、「緊縛写真」というタイトルの記事を書いたところ各方面?から思わぬ反響をいただき、それまでの一日のアクセス数の記録を更新したのでした。
アクセス解析を見るといまだにこの言葉が検索ワードではトップにつけています。
それに味をしめて今日は今年最大のアクセス数の獲得を狙おうとの魂胆です。(^^)

ふざけた写真のオンパレードですから、間違って来てしまわれた真面目な緊縛写真ファンの方や気分を害された方には大変申し訳ありませんが、どうぞスルーしていってくださいませ。

では始めるといたしましょう。

縛られたツタンカーメン?
01.jpg
前橋のタキザワへ自転車で行った時の伊勢崎のパチンコ屋さん。
目がかわいいです。

「のび太」もちょっと縛られていました。
02.jpg
縛られているのは後でわかったので縛り方が中途半端です。

日本100名山の両神山と工場が一緒に縛られて
05.jpg
「萌え〜」

日本200名山の「武甲山」だって
03.jpg

同じく日本200名山の「妙義山」
04.jpg

勝利の3本線。アディダス社がドイツのニュルンベルクに所有しているというアディダス山です。
06.jpg
良く見たら寄居のシンボル「釜伏山」でした。

本当に縛られている子もいましたね。
07.jpg
かわいかったなあ。

我が家のワンコも縛ってみました。
08.jpg
縛った瞬間から、凍ったように固まって動かなくなります。そして、いくら引っ張っても、名前を呼んでも知らんぷりしてあらぬ方を見つめています。
縛られるのと散歩がきらいなワンコです。

縛る道具です。
10.jpg
この夏、娘達が女子だけで河原でバーベキューをした時に風が強い日だったので、タープが飛ばされないようにとロープを貸してあげたところこのようにきれいに縛られて返ってきました。
S嬢ではありません。何でもガールスカウトの経験者がいたのだそうです。
今は山ガールだそうです。

絶対に縛られたくない電線もありました。
09.jpg
鳥除けの有刺電線でしょうか。よくわかりませんが痛そうです。

最後にきれいなヤツをひとつ。
11.jpg
つい先日、東秩父で見た月。

反省会と言う割には全然反省してないので、明日こそ反省したいと思います。









posted by tomochan at 15:58| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

荒川中流をちょこっとジロジロ

今日は、ここまで来てみました。
RIMG1479.jpg
荒川右岸の熊谷市小泉あたり堤防です。

といっても車で旧吹上の大芦へ向かう途中に寄っただけですが。
今日も仕事です。トホホ。
こうやって写真を撮っている間にも何人かのローディが、強い北風の中を上流に向かって走って行きました。
今日は向かい風が強くて大変だと、ひとりニヤリ。

さて、大芦橋の近くの仕事先で一仕事を終え、次の仕事の約束の時間まで二時間ほど間があるので車の後ろに積んできた小径車で近所をジロジロすることにします。

乗り出してすぐ、荒川の堤防越しに怪しげな飛行物体?発見!
02.jpg

良く見ると、あの山はまさしく寄居の山。

これは大変、寄居がUFOに襲われると思い、堤防に駆け上がって見て一安心。
03.jpg
水門の屋根ですね。慌てていたためピントが無限大になったままでした。

ほっとしたところで右岸に移動。

やや、今度は恐竜の襲来!
04.jpg
堤防や赤城山よりも大きな恐竜でした。

荒川中流は物騒なところなのだ。

でも、こういうほっとするものも。
05.jpg
大芦橋近くの県道の転落防止柵。
遊び心のわかるお役人もいらっしゃるんですね。

さてさて、腹が減ったのでめしを食うのだ。
と言うことでこちらのお店にやって来ました。
06.jpg
県道行田・東松山線(R66でかっこいいのだ)沿いの「どんまいじゃん」

このすぐ近くで仕事してます。店主さんとも立ち話はしたことはあるのですが、入店するのは初めてです。

靴を脱いで上がるのですが、テーブルは掘りごたつみたいになっていて足が楽です。驚いたことに足下はホットカーペットで本当のこたつみたいでした。

もっと驚いたことに、このお店はJリーグ京都パープルサンガの鈴木慎吾選手のご実家だったのです。どうりで鈴木選手の写真とかが飾られていると思いました。
08.jpg
鈴木慎吾選手と言えば昔、レッズにも在籍したことがあり、最近何かで話題にもなったと記憶しているので、私も知ってました。

以前、佐野に行った時も元ライオンズの小関竜也さんのご実家(佐野でも有数の有名店:万里)のラーメンも食べたことがあり、偶然にもまたスポーツ選手の実家で食事をしてしまいました。

さて、肝心の食事です。
いろいろなサイドメニューもありましたが、今日は夕方から忘年会がひかえているので軽目にしておきます。

十割蕎麦
07.jpg
十割蕎麦は初めてです。
はじめは何もつけずに食べます。
通ぶってみたところでわかるはずもないので、やっぱりつゆをつけます。
江戸っ子が死ぬ前に一度たっぷりと蕎麦をつゆにつけてたべたかったという落語がありますが、私は江戸っ子ではないので、どっぷりと。
どっぷりはオーバーですが、少し多めにつけても全然しょっぱくなくとてもいい味でした。
肝心の蕎麦ですが、十割なので少しぼそぼそするのかと思ってましたがまったくそんなことはなく、少し短く切れ気味ですが、反対に食べやすくて大変おいしくいただけました。

ちなみに店名の「どんまいじゃん」は「どえりゃーうまい」を三河弁で言うとこうなるそうです。

さて、この後は4時から忘年会だナウ。
忘年会と言っても今回は地味な忘年会です。
マルイ食堂のモツ煮がまた食べられるかな。

「どんまいじゃん」
鴻巣市大芦4529−9






















posted by tomochan at 15:27| 埼玉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

アナアキストの告白

実は私、密かにアナアキストだったんです。

といっても無政府主義者のアナキストでもなく、革ジャンにピアス、鎖ジャラジャラで「アナーキー」を聴いているパンクオヤジでもなく(パンクはたまにしますが)、ブロック塀で使われているいろいろな穴あきブロックを見つけて喜んでいる「穴あきスト」だったのです。

この方面ではイラストレーターで文筆家の林丈二さんのコレクションが有名で、林さんは100種類以上集めたと言うことです。

私も1年ほど前から、県北地方を中心にサイクリングの途中や、仕事で移動中とかに見つけるとパチパチとしていたのですが、1年かけても15種類くらいしか集められませんでした。(普通の空洞ブロックに限っています)

適当に撮ったので写真が見苦しくて申し訳ありません。
01寄居町岩崎.jpg02寄居.jpg
03熊谷登記所.jpg04寄居町岩崎.jpg
05寄居町.jpg06丹荘駅.jpg
07kamikawa.jpg08鉢形.jpg
09hanazono.jpg010赤浜の家.jpg
011saku.jpg012honnzyou.jpg
013ogano.jpg014寄居小.jpg
015.jpg

ところが今日、仕事で行った上里町の勅使河原と言うところで、一挙に4種類も採集してしまったのです。それも200mくらいの通りの中で。

その1。ラーメンのどんぶり風。
016kamisato.jpg

その2。Vサイン。
017kamisato.jpg

その3。ジープのフロントグリルみたい。
018kamisato.jpg

その4。小さくてスミマセン。
019kamisato.jpg

「ウチは隣と違うものを」と皆さんが競い合った結果なのでしょうか。
興味がない方にはしょうもない、どうでもいいことですが、穴あきストとしてはとてもおもしろい地区でした。

こんなステキなお宅もありました。
RIMG1572.jpg

良く見るとエンゼルが彫られてます。
RIMG1570.jpg

こんなところにも匠の技が。
RIMG1569.jpg

そうだ、8時からテレ東で「雲じい」が荒川上流に来るんだ。ウチが映るかなー?
posted by tomochan at 18:37| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

コラボ広告?





仕事で熊谷市内に向かう道(県道熊谷・寄居線)で見かける看板。

RIMG0415.jpg
こうゆう所を利用する人は金への態度も改めなくてはなりませんな。

RIMG0520.jpg
借金地獄という言葉もありますからね。

RIMG0522.jpg


熊谷までに3カ所ほどあるのですが、どれもセットのように一緒に貼ってあります。

どちらが先に貼ったのか気になります。



posted by tomochan at 17:21| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

剛毛の電線






仕事の帰り道、関越道の側道を走っていたところ毛むくじゃらの電線を見かけました。

RIMG3360.jpg

アップ
RIMG3361.jpg

なぜこれほどまでに毛を生やさなければならないのでしょうか?。

鳥が留まらないように?でも鳥が留まっても別に問題もなさそうですが。

近くにはこんな信号もあります。
RIMG3364.jpg
軽ワゴンの屋根と同じくらいの高さしかありません。

信号の上に送電線が走っているので、誤作動しないためなのでしょうか。

そうすると先ほどの電線も近くに送電線が走っているので、電磁波?とかの影響を避けるためなのでしょうか。


剛毛の電線を見て、そろそろスネ毛の処理をしないといけないかなと思い出してしまいました。
ロード乗りでも剃らないっていう方もいらっしゃいますが、私も最初はそうでしたが、最近は剃るようにしてます。(たまにですが)
でも、スネ毛を剃るってむずかしいんですよね。シェーバーだとすぐ刃に詰まってしまうし、かといってカミソリは使ったことないので危ないし。
皆さんはどうやっているんでしょうね。


posted by tomochan at 17:05| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。