2015年12月11日

再び荒川でスカウト活動

オフィスジロジロ所属の流木タレントのマリリンちゃんとヒザ伸兵士クン。
売り込みが功を奏し、モデルデビューが決まったのは良いのですが、やはりこの二人だけではちょっともの足りません。
そこで、折を見ては、荒川に出向いてスカウトを続けているのですが、これはと思えるような個性の持ち主にはなかなか巡り会うことはできません。
ところが先日、ひょんなことから、意外に個性的なタレント候補を見つけたのでご紹介しようと思います。

偶然にもこの日は、前回のスカウトの日と同じく、月と金星が接近しているのが見えたのでした。
001.jpg
この数日後、金星探査機あかつきが金星の周回軌道に乗るのに成功したんですよね。

こちらはいつもの荒川を周回軌道でグルグル。

この日の荒川は霜が降りていました。
002.jpg

川霧も発生
003.jpg

例のキツネがいたら化かされて温泉と思って入ってしまいそう。
004.jpg

その霧をむさぼり喰う奇妙なヤツを発見
005.jpg

イテテテ、手までかみつきやがった
006.jpg

お前はずっと前から砂地に落ちていたあのヤツか?
いままでは違う方が上になっていたので、気にも留めなかったけど、反対側は意外と個性的な顔つきなんだなあ。今日、蹴飛ばしてみて初めて分かったよ。

よし、採用決定!

バウ、バウ、うれしいバウ
007.jpg

翌日、外に置いておいたら霜で真っ白に
008-1.jpg

白塗りでバカ殿みたいですが、メイちゃんに紹介してやりました。
CIMG3652.jpg

はじめはジッと見てましたが、横を向いたと思ったら
009.jpg

ヘッドバット炸裂!
010.jpg

どうやらお気に召さなかったようです。

もうちょっと良い子はいないのかしら
CIMG3684.jpg

人間のアホは相変わらずですが、野菜のアホはデリケートなのか、この霜でしおれそうになってしまいました。
CIMG3659.jpg
posted by tomochan at 18:20| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

荒川でスカウト活動

ウチの事務所の所属タレント、マリリンちゃんとヒザ伸さんに何やら仕事が舞い込みそうな気配がしてきたので、タレントをもっと増やそうと、今日はちょこっとだけ、荒川の河原にスカウトに行ってみました。

と、その前に今朝見た明け方の空の様子
CIMG2450.jpg
月と明るい星が二つ縦に並んでいました。カラスも一匹。
調べて見たら、一番明るい星は金星で、その下に火星と木星が見えるのだそうですが、見えたのは金星ともう一つだけ。火星よりも木星の方が明るくみえるということなので、私が見たのは木星かも。
明日は、火星も見えるか確かめてみましょう。
皆さんも、早朝の天体ショーはいかがでしょうか。
朝の5時に起きれば見られますよ。^^

では、本題に入ります。(そんな大袈裟な)
今日の活動場所は、前回の場所よりも数百メートルほど下流。
近くには橋があって、橋の上から見ると丸見えなので、変なことはできません。
CIMG2453.jpg

河原には同好の士が拾ったのか流木が集められていました。
CIMG2458.jpg

どれもこれも、こちらの眼鏡にはかなうものはなかったので、見ただけ。
この切り株は良いと思ったのですが、手にかけてもピクリともしなかったのでパス。
CIMG2460.jpg
裾が広がっていて、テーブルなどに良いかなと思ったのですが。

結局十分間くらいで、拾ったのは中央に窪みのある木と手のような木だけ。
CIMG2464.jpg

鉢として山野草でも植えたらどうかなと思って拾ってきたのですが、家に帰って芝生の上に置いたら何だか野球のグローブのようにも見えてきました。
CIMG2474.jpg
大きさもちょうど良いです。

ナイスキャッチ!
CIMG2469.jpg
posted by tomochan at 19:34| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

とにかく明るいマリリンちゃん

先日ご紹介した当ジロジロ事務所所属タレントのマリリンちゃん。
新境地を開いたので見て欲しいとのことなので、見てやって下さい。

とにかく明るいマリリンちゃん
CIMG2446.jpg
安心して下さい。はいてませんから。

はいてたら逆におかしいので、マリリンちゃんははいてないのです。^^

以上、マリリンちゃんの一発ギャグでした。

これでまた、ウチの事務所忙しくなるかな。^^
posted by tomochan at 19:39| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

荒川で秘密の撮影会

当ブログの写真はというと、だいたいが野山に咲く花や、遠くの山、はたまた最近では送電線の鉄塔であったりと、どうも地味な被写体ばかりです。

今回も近所で咲いていたツリフネソウの写真から。
CIMG2015.jpg

先ほど見た葉原峠の夕日
CIMG2394.jpg
写真を撮っていたら件のキツネがジロジロファームの方に走っていきました。
物置をねぐらにしているのでしょうか。


こんな写真ばかりではなく、たまには違った趣向の写真でも撮りたいものだと思っていたところ、先日、良いモデルさんと出会うことができたので、荒川の河原で秘密の撮影会と洒落込んでみたのでした。

そこは、周囲を夏草で覆われた、ほとんど人が訪れない、まるでプライベートビーチのようなところ。
河原だからプライベートリバーかな?
とにかく、雨上がりのその日も河原にある足跡は、自分のものと動物のものだけ。
CIMG1773.jpg
ここなら他人の目を気にせず、思いっきり撮れるというものです。

この日のモデルはしなやかな体が魅力のマリリンちゃん。
m001.jpg

マリリンちゃんは、この、まるで渋谷のスクランブル交差点のような雑踏の中から発掘したのです。
CIMG1992.jpg
おそらく秩父あたりで生まれて後、何の理由か、ある日突然、奔流に身をまかせ、流れに翻弄され、浮き沈みを繰り返しながら、寄居にまで流れ着き、この雑踏に紛れ込んでいたのでしょう。
何も言わないけど、人に言えない苦労をしてきているのですよ、きっと。
それにしても、結構、スカウトの腕が良いというか、目が良いというか、このカオスのようなところから良く見つかったなあと自分でも感心します。

それでは、まず岸辺で横たわってもらいましょう。
m002.jpg

いいよ、いいよ。

今度は雌豹のポーズね。
m003.jpg

よし、決まったー。
m004.jpg

これ以上やるとGORO(懐かしい!)の篠山紀信になってしまいそうなので、激写風はこの辺にして、ちょっと違った方向の写真を撮ることに。

「成蹊」
a003.jpg
(桃李ではないようですが)

「原始心母」
a002.jpg
(なんのこっちゃ)

「縄文のこころ」
a004.jpg
(土偶っぽい)

「平穏」
a001.jpg
実にいい加減なタイトルばっかりです。^^

ここまでは、新しいモデルさんでしたが、せっかくの機会なので、もう何年も我が家でポーズをとってくれている別のモデルさんにも登場願ったのでした。
m005.jpg
このモデルさんの同じ場所でスカウトしたので、きっと秩父の方で生まれたのでしょう。
ちなみに、お立ち台も荒川で見つけた木片ですが、柿渋を塗ってみたら結構立派に見えるようになりました。

ボーリングをしている女の人に見えるので、ミカンのボールを持たせてみました。
m006.jpg
お笑い芸人でひざが伸びきった「ひざ伸」さんがいましたが、このモデルさんも「ひざ伸」さんですね。

ところが、このひざ伸さん、意外と芸達者でこんなこともできるのです。

「壁ドン」
kabe.jpg
その後、マリリンの回し蹴りが炸裂?

下らない、実に下らない!
そんな声が聞こえてきます。

では社会派の作品を。
「Help!」
help.jpg

マリリンと一緒に
「自由への脱出」
free.jpg

最後です。

「崩れ落ちる兵士」
CIMG2319-2.jpg
どこかで聞いたことのあるタイトルと見覚えのある構図。

さっきまで幸せそうにボーリングをしていたと思ったら、裏面は大変なことに。
幸と不幸は表裏一体ということですかね。

禍福は糾える縄の如し

久しぶりに良く締められました。
ではまた。
posted by tomochan at 18:52| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

かまど猫

我が家の台所に猫が住み着いていたなんてまったく知らなかった。

家内が怪我をしてから、代わりに私が台所に立つようになって初めて知ったのだ。

内緒で猫を飼い始めたのがバレるとまずいので、亭主が滅多に足を踏み入れないキッチンにかくまっていたのだろうか。

猫は好きだけど飼うとなるとまた別の話。
家内に問いただしてみたところ、まったく身に覚えがないというか、猫に覚えがないという。

ちょっとくたびれた炊飯器でお恥ずかしいが、猫はこの中にいたのです。
001.jpg

じゃあ、ジャーのフタを開けます。

002.jpg
いや、いや、これは冗談。
この子は以前我が家で飼っていたチビという猫なのです。
壊れた炊飯器の釜で昼寝をするのが大好きだったのです。

ちなみにチビは飛び猫でもあったのです。
003-2.jpg


話を現在に戻します。

猫はここにいたのです。
005.jpg
フタを開けるボタンの中。

ずっと昔、家にもかまどがまだあった子供の頃、火が消えた後のかまどに潜り込んで灰だらけになりながらも温々と気持ちよさそうにしていた猫を見たことがあります。
そういう猫を竈猫といって、俳句の季語にもなっているそうです。
今はかまどなんて見かけなくなりましたから、さしずめこれは現代版竈猫といったところでしょうか。

更にアップ
006.jpg
けっこう目つきが鋭いです。
「何度も押すにゃー!」
ボタンが押しづらいのでダイエットの役に立つかもしれません。


続いて文学猫

ジロジロファームの近くの麦畑でくつろぐ猫を発見
RIMG1671.jpg

そーっと近づいて行って写真を撮ろうとすると、ぷいと背を向けて向こうに行ってしまいました。
RIMG1673.jpg
「そっちに行くと山羊がいて怖いよー」
追いかけて行ってつかまえようかとも思いましたが、農林61号の畑ではなんともサマにならないのでやめておきました。
かくして猫は去リンジャー。
なんちゃって。
posted by tomochan at 18:55| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

カンツリーロード

車である道を走っていた時のこと。
道路脇に何かが並べられているのを発見。

 
それは等間隔に規則正しく並べられた空き缶なのでした。
01.jpg

02.jpg

置かれていた空き缶を観察してみるとほとんどがコーヒー。
panelimg.jpg

自販機ではほとんどお目にかからないマイナーなメーカーの缶があったことから、コーヒー好きの人が自宅で飲んだ空き缶を持ってきたのだろうか。

コーヒー好きだけど、時々和のテイストも味わいたいこともある。
panelimg2.jpg

トマトジュースの缶も一本だけあったので、時には健康にも気をつける場合もある60代男性。
余計なお世話だけど、そんな事を考えてしまいました。^^

20mほど離れた場所にはこんな看板もありました。
005.jpg

1本、2本を置いただけではゴミが捨てられていると思われるかもしれませんが、これだけの量を、しかもきれいに並べられると、もはやゴミには見えなくなるから不思議です。
もし、ここでゴミ拾いをすることになっても、拾えないですね。
でも、ゴミとそうでなくなる場合の境目はどれくらいなのだろう?

缶と木の道
006.jpg
カンツリーロード
なんちゃって。
ちなみに私はジョンデンバーのコンサートには2回行ってまして、カン激したのを覚えています。
posted by tomochan at 20:08| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

夢のような貯金箱

このような自動販売機があるのを初めて知りました。
その名も「夢の貯金箱」
yume1.jpg

yume2.jpg

yume3.jpg

飲み物の売り上げ1本につき10円が寄付されるので、飲むと喉と心が潤います。


これを見て、私も一台欲しくなった。
ただし、飲み物は最初から入れておかないので、お金を入れても飲み物は出て来ないの。
だって貯金箱だから。
なんにもしないのに通りがかりの人がお金を入れてってくれる。
まさしく「夢のような貯金箱」
どこに置こうかな?^^

イヌサフラン
04.jpg
posted by tomochan at 19:11| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

自転車で行きたいところ

ここのところ全くと言っていいほど自転車でどこにも出かけてませんが、自転車で来たらいいなあと思えるところには行っています。

先日も行田市のことを書きましたが、ここのところまた行田に通っています。

前回は下須戸と言うところでしたが、今回は和田という場所。

遅刻することはあっても、約束の時間より早く着くなんてことはめったにない私なのですが、この日に限っては早く着きそうだったので、熊谷から先を初めて通る細い道を通って行ってみることにしました。(早く着いて待つと言うことはしないのです)

いい具合にくねってますねえ。
1001.jpg

ここまで来ると日光白根山がよく見えます。
1002.jpg

八ヶ岳の赤岳もクッキリ。
1003.jpg

川沿いの細い道を辿って下流に向かっていたら古い橋のたもとにでました
1004.jpg
奥に見える橋ですよ。手前は流木ですから。

前々から訪れてみたいと思っていた馬見塚橋でした。
1005.jpg

欄干が王様の王冠のように見えてかわいいと思いましたが、吊り橋を模したものとのことです。
1006.jpg

そういえば欄干の高くなっている部分は柱のように見える細工が
1007.jpg
ゼンマイみたいな模様がロープ?

ともあれ、すてきな橋で菜の花が咲く頃に今度は自転車でまた来てみたいと思える橋でした。

近くにはカワセミのねぐら?
1009.jpg

キタミソウの自生地もあるし
1008.jpg

この橋を渡ると行田市和田。
さて、和田で仕事を終えた後、せっかくここまできたのだから日本橋でも行ってみようと思い立ちました。
日本橋と行っても以前買った横田酒造の酒の「日本橋」ではなく、本物の橋です。

行田市の和田から日本橋までというと、市内の桜町交差点で一旦国道125号に出て、そこから加須インターに向かい一直線と思ったら、一つ目の交差点にそれはありました。

行田市の日本橋(にっぽんばし)であります。
1011.jpg

本家と同じようにここの日本橋も上を道が。
1012.jpg
ただしこちらは歩道橋。

その歩道橋の上から見る日本橋。
1013.jpg
欄干がアスファルトでだいぶ埋まってしまった様子。
川にはゴミが浮いているし。

まさかあの銘酒「日本橋」はこの橋の名を冠したものではないのでしょうね。
今度また、横田酒造に行った時に聞いてみましょう。


日本橋の近くには勝鬨橋もありました。
1015.jpg

行田市の勝鬨橋はこんな感じ。
1016.jpg
この勝鬨橋ではさすがの両津勘吉も上げられませんね。

昼飯は小見の丸信ラーメンで。
1010.jpg
何店も知っているわけではないですが、個人的には行田のラーメン屋の中では一番好きなので良く寄ります。
佐野ラーメン風の麺ととろけるようなチャーシューが特徴でしょうか。
でも値段設定がちょっと高めな気がしますが、昼時はほぼ満席。人気店のようです。

帰り道、篭原駅の手前のあたりで寝台特急北斗星を牽引する機関車が。
1017.jpg
こういうのに乗ってあちこち旅をしてみたいものです。
もちろん自転車を持って。
posted by tomochan at 19:00| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

北北西に進路を取れ

今日は節分。

いつの頃からか恵方巻きというものがはやりだし、今や食品業界にはなくてはならないイベントになりつつあるようです。(明日からはあの忌まわしいイベント一色に染まるのですが)
SKMBT_C20312020309570.jpg

ところで誰が決めたのかわかりませんが、上のパンフにも書いてあるように今年の恵方は北北西なのだそうです。

「北北西ってどっちなん?」
「西北西とちゃうの?」
「いんじゃね、どっちでも」
なんて、各地で混乱が起きているのではないでしょうか。

東西南北の四方で一つの角が90度。
北西とか南西とかの八方で45度。
北北西とかの十六方になるとそのまた半分の22.5度。
つまり北から西方向に22.5度回転した方角が北北西と言うこと。(ですよね?)

でも実際、方位磁石を使って北北西に向く場合、磁北と真北のずれが6度ちょっとあるのでその辺も考慮に入れないといけないのだろうか?
うーん、わからない。^^
鬼に聞いてみようかしら。

ところで我が家から見て北北西とはどちらの方向になるのか。
0301.jpg
地図上で見ると我が家から見た北北西は本庄市の方でした。(コンパスは花園橋の位置に置いただけで、我が家は橋の下ではありません)

なるほどこっちが北北西なのか。
では北北西にはいったい何があるのか?

と言うことで、いざジロジロに「北北西に進路を取れ」

本庄にはこちらから見えるランドマークがないので実際に行く場合は、その先の渋川の子持山(写真中央)を目指して進めばいいのです。
0302.jpg

まずは深谷市武蔵野の旧鎌倉街道と深谷県道が交わる辻。
道標がありそれには「右川越 大山 小川三里」とあります。
0303.jpg

別の面には「左妻沼 日光 深谷三里」とあります。
0304.jpg
ここから大山や日光は遠いなあ。

そこから県道を本庄方面に進むと寄居町の用土地区に入ります。

八高線の踏切。
鎌倉街道踏切と言うのか、良い名前だ。
RIMG1707.jpg

おっと、写真を間違えた。こちらでした。
0305.jpg

深谷市後榛沢と言うところでは趣のある塔を見つけました。
0306.jpg

道路改修記念塔だそうです。
0307.jpg
現在の感覚ですと車が二台やっとすれ違えるくらいの道幅じゃないかと思いますが、当時としては画期的な出来事であったのでしょうね。

なおも北北西に行くと本庄市内に。

お昼は大勝軒にしましょうかね。
panelimg.jpg
ここの盛りそば(つけ麺)はおいしいのですが、オヤジにはちときついかなという感じ。

続いて本庄駅の北口に行ってインターロッキングで舗装された狭い通りに入ってみました。
0308.jpg

鉢形山?
0309.jpg


城立寺?
0310.jpg

鉢形山城立寺?
このような場所で鉢形の文字を目にするとは。
鉢形城と何か関係でもあるのでしょうか。

鉢形城の絵図が掲示されてありましたからにはあの鉢形城と関わりがあるのでしょうね。
0311.jpg
縁起のようなものを書いた説明板は全くなかったのでよくわかりませんでしたが、地元民としては気になります。

本庄の街を抜けるとあの子持山が大きく見えました。
0312.jpg

さらに北北西に進むと都島と言うところで川の土手に突き当たりました。

土手の下には椿の古木と石仏が。
0313.jpg
椿が咲いたらまた来てみましょう。

さて、この先はすぐに利根川なので自転車でも車でもこれ以上は進めません。

本庄児玉インターチェンジの近くまで来た時には夕暮れ間近に。
それでも傍らの小高い丘が気になったので登ってみると
0314.jpg
鷺山古墳という史跡でした。

鷺⇒詐欺?でふと我に返り、もうこれ以上皆さんを欺けないと思い白状します。
皆さんも薄々と気付いていたかも知れませんが、これは妄想サイクリング第2弾だったのです。(でも走ったとは書いてないでしょ)

本当は明日あたり実際に行ってみようかと思ったのですが、あいにく土日とも仕事が入ってしまったので、実際のポタはあきらめて過去の画像を引っ張り出してでっちあげたつなぎ合わせたというわけなのです。^^

最後に本物の撮りたてスクープ写真。
DCF00001.jpg

今日、赤鬼が白昼堂々、金棒を担いで街中を歩いているのを見てしまったのです。
カメラがなくてケータイのカメラだったのが残念でしたが、赤鬼はアパートに入っていきました。

最近の鬼はアパートに住んでいるのですね。
タグ:節分 恵方
posted by tomochan at 17:13| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

砂丘探検

今日は仕事で砂丘の近くに行ったので初めて見学をしてきました。

砂丘に作られた階段。
01.jpg

階段を上り終えるとそこは神社の境内地になっていました。
02.jpg

03.jpg

tourou .jpg
銀輪乗士様風にパチリ。

邪鬼を踏みつけた形の青面金剛(しょうめんこんごう)がありました。
05.jpg
鬼の悲鳴が聞こえてきそう。
青面金剛のしょうめんをアルファベット2文字で略したくなるような図であります。
しかもお顔にはポッと頬を染めたようにべんがらを塗られた跡がありました。

ここを登った所がこのあたりの最高標高地点のようです。下の道路が標高16mなのでそこから5〜6mほど登ったでしょうから21、22mというところでしょうか。
04.jpg
「木花咲耶姫命」が祀られていました。

社の後ろに回ってみました。
06.jpg
赤松の林になっています。

なるほど砂丘だけに地面は砂そのものです。
07.jpg

なおも歩いて行くと民家が現れて砂丘も途切れてしまいました。
08.jpg
砂丘を取り除いて住宅を建築したのでしょうね。

一旦途切れてここからまた続いていました。
09.jpg
最初の場所より標高は半分くらいしかありませんが、中学校の敷地なので保存状態は良さそうでした。

ぐるっと一周歩いてみましたが砂丘を示す説明板のようなものは先ほどのものしかありませんでした。
10.jpg

帰って来て調べたらこのあたりの砂丘は河畔砂丘と言われるもので、ここの北を流れる「会の川」の砂が赤城おろしにより吹き飛ばされ自然堤防上に堆積したものだそうです。
赤城おろしと言えば、この秋早めに吹くことがあれば砂ではなく他のものの山ができたりして。(^^)

なお、ここよりも西の「むさしの村」の近くに「志多見砂丘」というもっと規模の大きい砂丘があるとのことでした。下見をしなかったから気が付きませんでした。
そこにある三角点は標高26.8mとありました。もしかしたら加須市の最高地点かもしれませんね。今度行ってみよう。

さて、砂を噛むようなお話の後は食事といたしましょう。

手打ちうどん専門店「清水や」さんです。
udonn.jpg
近くに有名なラーメン屋さんもあるのですが、初めてだったのでここにしました。
冷や汁(ひやしる)うどんは細いけれどとてもコシがあって美味しかった。
混む前に入店できて良かったけど、次から次にお客さんがやって来たところを見るとかなり有名なお店なのでしょうね。

手打ちうどん専門店「清水や」  羽生市下新郷711 月曜定休






タグ:河畔砂丘
posted by tomochan at 19:36| 埼玉 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする