2013年06月11日

不純な動機で稚児岩をジロジロ その2




稚児岩への道
RIMG9859.jpg
広い道は左に曲がったところで川に当たってすぐに消滅。
どうやら正面に見える細い山道を直進するしかないようです。

山道の入り口ではマムシ草がお出迎え
RIMG9856.jpg
本物のマムシのことを思うとハーフパンツなのでちょっと心配。
長い棒を拾って地面をパシパシしながら歩きました。^^

すぐに分岐点が現れました。
RIMG9860.jpg
川のそばと聞いていたので左側の道を選択。

しばらく行くとうっそうと茂る森の中で一箇所だけ木が少なく、明るく開けた場所が見えたので近づいてみたところ、そこが稚児岩でした。
RIMG9861.jpg
自転車を置いたところからはほんの2〜3百メートルでした。

稚児岩は直径50m、高さ15m位の(いずれも勘です)ピラミッドのような形をした小山の先端にある岩場のことのようでした。
RIMG9879.jpg

さっそく登って見ることに
RIMG9871.jpg
手がかりも豊富でしっかりした岩なので簡単に登れます。
何もこんなところから登らなくても裏を廻れば子供でも登れるのですが、つい癖で。

頂上の様子
panelimg.jpg
角張った大きな岩が組み合わされているようで、赤城やその奥の安蘇の山などでよく見かける光景に思えなくもない。
あるいは北八ヶ岳の高見石のミニチュア版と言ったところでしょうか。
いずれにしても寄居辺りでは珍しい地形で伝説に登場するのもうなずけます。

ところで、ここまで逃げてきた銀太夫と錦の二人が潜んだ場所というのはどこでしょう。
尖った岩ばかりで体を休めるような岩はないのですが。
それらしき岩といえばこの岩くらい?
RIMG9862.jpg
岩は平らではありませんが、家の屋根のような形をしてます。
しかも、岩の下にはちょっとした窪みもあるし。
でもちょっと狭いかなあ?
でも純粋な愛を貫く二人にはちょうど良かったのかな。

あ、そうだ。
純粋(異論もあるかもしれませんが)な二人のことばかりかまけてないで不純な目的も達成しなくては。
本来そっちの方がメインだったのに、いつの間にか純粋の方に深入りしてしまった。

実はこの山、ヒスイが採れるのです。
当地でヒスイが産出するということは、数年前に本で読んで知ったのですが、ただその書物には西ノ入という大字名だけで詳しい場所は書かれてなかったのです。当然ネットでも検索しましたが、当時は手がかりはつかめませんでした。
それ以来、どこだろうとずっと気にかけていたのですが、それがつい最近稚児岩だということがわかったのです。
ヒスイといえば、新潟の糸魚川上流の小滝川のヒスイ峡(天然記念物のため採集禁止)にも行ったし、河口の青海海岸にも拾いに行ったことがある私。
そのヒスイが地元でゲットできるかもとあっては、もう行くしかないのであります。
なんでも鑑定団で若い女の子が青海の海岸で拾ったというヒスイに200万円の値がついたことがあったっけなあなどと妄想は膨らむばかりなのでありました。

これがヒスイの原石か?
RIMG9876.jpg
つい最近割られたような岩がありました。

道具をもたない私は、他人が割ったかけらを拾うだけなのでありました。

いくつか拾ってきたヒスイ輝石らしき石のかけら
RIMG9963.jpg
これが本当にヒスイなのかいな?
西ノ入のヒスイは純度が高い糸魚川のヒスイなどと違って純度50%と低く宝石にはならないそうなのです。
本当はわかってはいたのですが、実物を見るとやはりがっかりです。

ところで、稚児岩の数カ所で真新しく割られた跡が見受けられました。
どうせ宝石にはならないのだから、稚児岩をハンマーでたたき割るのはやめてもらいたいですね。
同じ岩なら下の川にたくさんあるので、そちらでやってもらいたいものです。

「稚児岩に傷つけると銀太夫と錦のたたりがある」
新しい伝説、流行らせようかな。^^

西ノ入産のヒスイ、宝飾品にはならないけどコースターとかには使えるかも。
欲しい人には無料で差し上げますよ。
加工賃3万円ですけど。^^


posted by tomochan at 20:52| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

朝霧の功罪


この時期、荒川上流の秩父盆地では朝霧が良く見られると言うのは以前にも書きました。

この日も盛大に朝霧が発生していました。
kiri01.jpg
左の御荷鉾山から右の陣見山まで霧で真っ白。(カメラのホワイトバランスが蛍光灯になっていたのか色が変です)

あの下で活動している方々にとってはまったく迷惑なことなのでしょうが、遠くから眺めている分にはきれいなものです。

盆地からあふれ出した霧が外秩父の山を乗り越えてこちら関東平野側まで押し寄せて来ることも。
kiri02.jpg

このような事は年に何度も起こることではありません。

普段はこのように平板に見える山も
kiri03.jpg

ひとたび秩父から霧が押し寄せて来ると違う表情を見せるのです。
kiri04.jpg

一年に何度も見える山ではないので霧が晴れる前に良く見ておかなくては。
折原のおっぱい山に勝るとも劣らない見事な形。^^
この山は、風布の葉原峠に向かう時に峠の手前で見える山ではないかと思うのですが、名前は知りません。

小鹿野と群馬県の神流町との境に父不見山(ててみず・ててみえじ・ててめえじ)という山があります。
山名の由来の一つに平将門が戦死したとき、その庶子福田太郎丸が「もう父を見ることができない」と嘆き悲しんだという伝説があると言う。

「朝霧が晴れるともう乳を見ることができない」
とりあえず乳不見山とでもしておきましょうかね。^^
posted by tomochan at 20:12| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

もうほうずきは食べない

桃井かおり風に(清水ミチコじゃダメ)

昨日さあ、NHKのラジオでね、藤井アナがほおずきってとてもおいしいって言ってたわけよ。
001.jpg

それでさ、たまたまウチの庭にあったから、アタシもとって食べてみたってわけよ。
002.jpg

003.jpg
一口かじったら、酸っぱくて、全然おいしいなんちゅうもんじゃなかったわよ、お兄ちゃん。

ところで、なんで突然桃井かおりなのか良くわからない方がほとんどでしょうね。
わかる方は相当なお歳?^^

かわってこちらはヤマボウシの実
005.jpg

いつかhayazouさんに甘いと聞いた事がありますが、食べるにはちょっと勇気が要る外見。
006.jpg

意を決してガブリ!
というか恐る恐るカジカジ。
007.jpg
甘い!
確かにとても甘くて、柔らかい柿のような味でした。
でも、積極的には食べたくない。
山に行って空腹で動けなくなった時なんかに思い出せば役に立つかも。^^


空気が冷えてきて御荷鉾山の方も霧の季節になりました。
008.jpg

雨上がりで彼岸花もやっとチラホラ。
009.jpg

やはり先日のニュースでジャンボ機が機体の上にスペースシャトルを載せて運んでいるのを見ましたが、同じようなこと?
010.jpg
posted by tomochan at 19:45| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

青岩が埼玉県の天然記念物に

今日、何気なくネットを見ていたら青岩が埼玉県の天然記念物に指定されたと言うことを知りました。
http://www.pref.saitama.lg.jp/news/page/news120301-02.html
http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00359.html
http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00326.html
青岩と言っても地元の人くらいしか分からないと思いますので、川越(かわごし)岩と言った方が通りが良いかもしれませんね。
寄居町赤浜の旧鎌倉街道の荒川徒渉地点にある大きな岩のことです。
上のHPには「発見」とありますが、少なくとも鎌倉時代には人々に知られていたのでは。^^

当ブログにも事あるごと(ネタ切れのたび)に登場し、何かを持っている岩だとは思っていたのですが、まさか天然記念物に指定されるとは。
天然記念物に指定されたとあっては、今後は気楽に登ることも出来なくなると思って夕方登ってきました。

場所は花園橋から500mほど下流に行った荒川右岸。
2901.jpg

道路から高さ5mほどの大きい岩が二つ見えます。

2902.jpg
以前水がない時に岩の割れ目のところから登ったこともありましたが、最近はいつも水があってこちらからはとりつくことも出来ません。

なので北側に回り込みます。
2903.jpg
こちら側は大水の際に流れてきたビニール袋とかが木に絡まってお世辞にもきれいとは言えません。
良く天然記念物に指定されたなあという感じ。

ここから登ります。
2904.jpg

頂上に立って下流側を見たところ。
2905.jpg
橋は関越高速の橋です。

頂上から見ると気になることが。
2906.jpg
いくつかの岩のてっぺんが割れているのです。
大水の時に流れて来た岩がぶつかって自然に割れたのかとも思いましたが、それにしてはけっこう高い位置なので、おそらく誰か心ない人の仕業に違いありません。残念なことです。

北側の岩
2907.jpg
今登っている岩よりも小さいのですが、北側に散らばっている岩の方が青くてきれいな礫岩なのです。
2908.jpg
雨に濡れた時などは更にきれいに見えます。

このほか中洲にも岩があってそれも今回天然記念物に指定されたとありました。

そこには長靴でないと行けないので前回行った時の記事でよろしかったらどうぞ。
http://arazyouseikatu.seesaa.net/article/237338406.html

この坂をママチャリで足を着かずに登ると良い運動になります。
2909.jpg

荒川の土手に咲いていた菜の花をメイちゃんのお土産に帰ります。
2910.jpg

平成24年5月9日 追記
寄居町の広報誌の裏表紙で青岩が紹介されていました。
写真を見ると右岸の岩ではなくて、どうやら中洲の岩の方。
改めて上記荒川上流河川事務所のHPを見ると県の天然記念物に指定されたのは中洲の岩のようです。
でも、国土地理院の地形図や寄居町発行の都市計画図を見ると中洲の岩は対岸の深谷市分にあることになっているのですが、寄居町で良いのですね。
posted by tomochan at 19:46| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

河貝子

いつのことだったか「河貝子」と書かれた名刺をいただいたことがあります。
河貝子さん?
河に棲む貝の子だからシジミさん?
四角い名刺だったので源氏名ではないのです。(源氏にはちょっと関係しますが)
その時初めて知りましたがカワニナと読むのだそうです。

そのカワニナですが最近、こんなものを見かけました。
用水路の上に金網が張られているのです。
1301.jpg

聞くところによるとこの水路にはカワニナが生息しているのだとか。
カワニナが棲みついていればそれを餌にする源氏ボタルもいるわけで、その両方を保護しようとするものだそうです。
何から保護するのかと言うと、人間。
心ない人がごっそり持ってしまうのだとか。

とるのは写真だけと言うことで、写真を撮ろうと見つけてみました。
ピンぼけですが、これかな。
1303.jpg
実はタニシとカワニナの違いが良くわからないのです。
いずれにしてもこれは空っぽでしたが。

これもピンぼけで良くわかりませんが、生きているように見えました。
1304.jpg

水源地。
1305.jpg

これで今年の夏の楽しみがまたひとつできました。

「たにして変わんにーな」てなことにならなければいいのですが。^^

1306.jpg
posted by tomochan at 18:49| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

だまされてしまいました。









じゃいもの花が咲いていたのでパチリ
po01.jpg

あれ、赤いじゃがいもの花?
po02.jpg

キジにだまされてしまいました。
kizi2.jpg

以前、近くの水路でシジミをとってしばらく飼っていたのですが、やはり死んでしまいました。
ところが、一匹だけ生き残って動いていました。
d03.jpg
一瞬あれと思いましたが、よく考えたら巻き貝がいるはずありません。カタツムリでした。
まただまされてしまいました。

ペパーミントに花が咲いている、と思いましたがまたまただまされてしまいました。
d01.jpg
ミントの上で咲いているサラサドウダンの木の花が落ちていたのでした。

そこで花が落ちる瞬間を高速シャッターで捉えてみることにしました。

ヒュー、パチリ。
d02.jpg
大成功。

良く見ると蜘蛛の糸が見えます。

今度は皆さんをだましてしまいました。
posted by tomochan at 19:50| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

山笑う、山羊も笑う






このところ急に暖かくなったというか、当地ではむしろ暑いくらいの日が続いています。

近くの里山でもヤマザクラが咲き、木々も芽吹き始めて萌黄色に染り、いよいよ「山笑う」季節となってきました。
s01.jpgs06.jpg
s04.jpgs05.jpg
s03.jpgs02.jpg

山笑い、山羊も笑う
mei.jpg

おいしいうどんにオヤジも笑う
sakuraya2.jpg

桜の季節らしく江南の「さくら屋」で
sakuraya1.jpg
店の前には麦畑

一週間前見た時には御荷鉾山の南に沈んでいた夕日がいつの間にか北側に
yuyake.jpg
うっかりしてダイヤモンド御荷鉾山を見逃しました。

ヤマザクラです。s08.jpg
こうして夕方写真を撮っていても寒くなくなりました。
良い季節になって参りましたね。


posted by tomochan at 18:13| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

3月9日の雑記

今日は3月9日でレミオロメンの日であります。
いや、そうではないか。レミオロメン の曲に「3月9日」と言う曲があり、今日はその日なんですね。
もともと結婚の祝福の歌だったのが今では卒業式で歌われているとか。
我々の頃の卒業式と言えば「仰げば尊し」だったのですがね。結婚式の定番ソングは「乾杯」だったかな。(高砂や〜ではありません)

卒業式のシーズンになるとこの子たちも旅立ちの時期を迎えます。
RIMG4614.jpg

旅立ちを目前に最後のシンクロ、ではなく餌取り。
RIMG4607.jpg

RIMG4608.jpg

梅の花ももうそろそろおしまいですね。
RIMG4593.jpg
登谷山に雪がうっすら積もったようです。

大霧山や秩父高原牧場はスキー場みたいです。
RIMG4594.jpg
RIMG4595.jpg

里山の木には小さな花が咲きました。
RIMG4529.jpg
何という木かわかりませんが、確か小さなグミみたいな美がなる木だったような。

あれ、目を付けていたフキノトウが・・・
RIMG4517.jpg

妻にあのフキノトウはどうなったか尋ねたところ、この前食べたのがそうだとの仰せでありました。
先日今年初めてのフキ味噌を作ってもらったのですが、写真をとる前に食べ始めてしまったのでブログにアップしなかったやつです。あのときのフキ味噌だったのですね。
RIMG4374.jpg
電子レンジでチンして味噌を混ぜただけの手抜きフキ味噌で見栄えも悪いですが、味は最高でした。

良く見たらあちこちに沢山フキノトウが出てきてました。
しばらくはフキ味噌、天ぷら、お浸しとフキ攻めになりそうです。
posted by tomochan at 19:25| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

用水路をジロジロ

このような事を言うといかに遅い速度で自転車を走らせているのかがわかりますが、最近近所をポタしていると田んぼの脇の用水路で小さな二枚貝の貝殻を見かけることが良くあります。
初めは誰か不届きものが貝殻でも捨てたのかなと思っていましたが、それにしては広範囲にわたっているので気になり良く見てみたらどうやらシジミの貝殻のようです。
そこで、もしかして水路にシジミがいるのではと思い探ってみることにしました。

両側はコンクリートですが底は自然のままの用水路です。
01.jpg

源泉は涌き水のため池ですが家庭の雑排水は一切流れ込んではいません。
RIMG4245.jpg

最近ではどこでも見かけますが、クレソンなども自生してます。
03.jpg

水中を見ると小石に混じっていました、いました、シジミが。
02.jpg

以前は比企の方や、神川の方でシジミを採っている人を見かけましたが我が家の近くにもいるのでびっくりです。

生きているのか死んでいるのかわかりませんが、とりあえず何枚(シジミの数え方は辞書で調べたら枚だそうです)か採ってきて鉢に入れてみました。
06.jpg

翌日見てみるとほとんど動いた形跡がありませんが、それでもいくつかは砂に潜ったり、ベロ?を出しているのがいました。
05.jpg
ああ、生きていたんだとうれしかったのですが、それで、これからこのシジミをどうしましょう?
ペットとして飼い続けるか、それとも・・・

調べて見ると、このシジミはどうやらタイワンシジミと言って日本に昔からいる在来種ではなく、最近中国や台湾などからやって来た外来種のようです。
繁殖力が旺盛で、日本のシジミを駆逐する勢いみたいです。

シジミの世界でも日本勢は形見が狭くなっているようだなあとシミジミ思うのでありました。

RIMG4280.jpg





posted by tomochan at 20:06| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

赤い山、赤い鳥、赤い木





この冬一番の冷え込みの中、少しだけ早朝散歩をしてみました。

赤い山
RIMG2784.jpg
おなじみの御荷鉾山と赤久縄山

鐘撞堂山も赤く染まっています。
RIMG2786.jpg
左は陣見山です。

赤城山の向こうに壁のような雪雲。
RIMG2795.jpg
あちらでは麓の方まで雪が積もったようです。

赤い鳥
RIMG2799.jpg
自転車にまたがっての撮影で、思い切り体をひねって撮ったのですが、木の枝が入ってしまいました。横着はいけませんね。

トンビかなんかでしょうが、北風に悠然と舞っていました。
RIMG2806.jpg

赤い木
RIMG2813.jpg
ミズキなのですが、読売新聞によると、以前、愛知県の知多半島の方では花のない今の季節に花の代わりにミズキの赤い枝を墓前に供えたとのことです。
当地方では、確か繭玉を刺した木でもあったような気がします。

その後、仕事で玉淀に行ったのですが荒川の水がとても良い色をしていました。
RIMG2816.jpg





posted by tomochan at 20:35| 埼玉 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 自然をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。