2012年10月20日

ササヤでささやかなリベンジ




先日、加須市の騎西に行く機会があったので騎西総合庁舎近くの「ササヤ」でリベンジを果たしてきました。
001.jpg
リベンジなどと言うと大げさですが、要は前回食べられなかったお総菜をいただいたというだけのことなのですが。

この店の特徴は何と言っても自由に取って食べられるお総菜や飲み物なのです。
しかも、ファミレスのサラダバーやドリンクバーなどと違って無料。
005.jpg
前回は初めてで良くわからなかったのと遠慮もあったのでお総菜には手を付けなかったので今回はそのリベンジというわけ。

400円の並うどんでもお総菜は無料なのでしょうが(常連さんの中にはそういう方もいた)この日はちょっとお腹が空いていたので650円のランチを注文。

うどんが出来る間にお総菜をいただきましょう。
002.jpg
盛り方が雑ですが、この日のお総菜は昆布の煮もの、ひじきの煮物、椎茸の煮物。
どれもおいしかったが、特に椎茸は身が厚くて特別おいしかった。

さらにカツ煮もあった。
004.jpg
カツ煮があると知っていれば天丼セットなんて頼まなかったのですが。
天ぷらとカツを両方食べてはカロリーオーバーだろうとカツ煮はやむなく我慢することに。
見ていると皆さんだいたい二きれくらいずつ持って行かれました。^^

ランチの天丼セット
003.jpg
相変わらず透き通りようなツルツルのうどんでコシが強く(ちょっと長い)うまかったのです。

次に来る時はお総菜を良く見てから注文することにしよう。^^

うどんでお腹がいっぱいになった後は、行田に移動して腹ごなしに埼玉古墳群を散策。

「のぼうの城」の影響か、平日でもけっこうな人出。
011.jpg

映画の封切りも間近なので石田三成が陣を張ったといわれる丸墓山古墳に登ってみることに。
007.jpg

この古墳には何度か登ったことがありましたが、そこに通じるこの道が石田堤の一部だったとは知りませんでした。
006.jpg

RIMG4347.jpg

古墳の上からは赤城山や両神山がよく見えます。009.jpg

008.jpg

しかしなんと言ってもここから見るべきものと言ったら忍城でしょう。
010.jpg

RIMG4363.jpg

映画は楽しみですが、封切り直後は混むかもしれませんから少したってから見に行こうと思っています。

嫌われ者のセイタカアワダチソウもこういう場所にあるときれいにも見えてくるから不思議です。
012.jpg


posted by tomochan at 19:25| 埼玉 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

初物は初物でも




休日の夕方、家でビールを飲んでいるとそっとキノコの料理が出て来ました。
kinoko2.jpg
いつもの方から初物だと言うキノコをいただいたので塩コショウしてオリーブオイルで炒めたのだとか。
自分は後回しで亭主に先に初物を食べてもらおうなんて、泣かせる話ではありませんか。
写真で見る限りあまりおいしくなさそうですが、サクサクとした食感で天然のキノコらしい味わいが何とも言えずおいしかったです。

まだ半量残っていたので観察。
黄色が鮮やかなキノコです。
kinoko1.jpg

名前は何だろうと思ったら、持ってきてくれた方はコガネタケ(黄金茸)とおっしゃってたとのこと。
さらに、初めて採ったキノコだから旨いかどうかはわからないともおっしゃっていたとか。
え、初物って初めて採ったと言う意味だったの?

こうして1時間後、家族は安心してコガネタケを食べることができたのでした。


こちらも初物。
003.jpg
ランチパックのご当地グルメタイプ「行田ゼリーフライ風」
こちらはコンビニで買ったので安心して食べられるのです。

食パンの中にゼリーフライが
004.jpg
焼きそばパン、コロッケパンなどと同様、パンの中にさらに炭水化物を挟むなんて認めないと思いつつも、食べるとおいしいので、つい食べてしまうのです。
posted by tomochan at 19:27| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

栗が笑んでる




先日、栗が「笑んでる」という言葉をラジオで聞いて懐かしくなりました。
kuri1.jpg
栗の実が熟してイガがわれそうな様子を当地方では昔から「えんでる」と言います。
方言かと思っていたらそうではなかったのですね。
「笑んでる」なんていい表現だなあ。
そういえば笑んでるイガを両足で挟んで良く剥いたものでした。

一月くらい前にいただいてそのまま冷蔵庫に入れておいた栗があったのを思い出して、栗ごはんにしてもらいました。
kuri2.jpg
色が黒っぽくなってしまいましたが、味はかえって良くなったみたい。
冷蔵保存した栗が普通の栗よりも高い値段で売られているくらいだから、同じ効果が生まれたのだろうか。
無精もたまには良い結果を生むようで、家族がみんな笑んでます。^^

話は変わって先日、中間平や風布の方で怪しげなキノコを見たと書きましたが、今度は正真正銘のキノコ。
またいつもの方からの差し入れです。
kinoko1.jpg
名前がわからないので書いてもらいました。
アミタケ、イッポンシメジ、クリフーセンタケ。
右上のアミタケというキノコは初めてでしたが、味噌汁に入れるとサクッと柔らかい食感で美味しかった。

また話は変わって、最近我が家で良く見かけるあんこ入り食パン。
pan2.jpg

太っちょではないけどあの方がおっしゃりそうなセリフ。^^
pan1.jpg
「あんこはもうたくさん!」
ニヤリ
posted by tomochan at 20:14| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

サクラシメジと新米




先日また天然のキノコをいただきました。
kinoko01.jpg

きれいな紫色をしているのでムラサキシメジかと思ったらサクラシメジとのこと。
調べて見たらサクラシメジはタニワタリ、アカナバ、ドヒョウモタセとも呼ばれ、大量に採れたりするのだとか。

落ち葉や枯れ枝がくっついているので、夜なべ仕事にひとつひとつ、丁寧に歯ブラシで取り除くのです。
kinoko02.jpg
水洗いした方が早かったかも。

茹でて食べてみたところ、ネットの情報通り少し苦みがあったので塩漬けにすることに。
kinoko3.jpg

二日もしたら苦みも抜けてとても美味しくいただけました。
(だから何だと言われそう^^)

吉見産「コシヒカリ」の新米もいただきました。
RIMG3863.jpg

ここのところいただき物で暮らしているようです。^^
でも、ごはんの上に乗っている物体だけは自家製。
自分で漬けたシソの実漬け。
他におかずがないわけではないのですが、これだけでごはん1杯はいけます。


話は変わって、ここかしこでキンモクセイの香りがするようになりました。

キンモクセイの花は小さいので少しアップで撮ってみました。
RIMG3844.jpg

ちょっとデカすぎたかな?

RIMG3846.jpg

古い一眼のレンズを逆さにして遊んでみました。

これが普通のCX5のデジタルマクロ
RIMG3839.jpg

アダプターなど特別なものはなくても手持ちでけっこう遊べました。
posted by tomochan at 20:02| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

熊谷で味わう虹鱒となまず 佐谷田「八丁屋」


ここのところ仕事の関係で熊谷市の佐谷田というところに良く行きます。
佐谷田といっても久下との境で荒川にも近いところ。
そこで車を置かせてもらう駐車場の裏手に「八丁屋」という小さな店があるのが、最初に行った時から気になっていました。
店名は、お店の人に聞いたわけではないですが、その昔ここのあたりは佐谷田八丁と呼ばれていたようなのでそこからとったのでしょう。

裏から入って行くとこんな看板が掲げられています。
hattyou04.jpg
でも、今回は肉ではないのです。

正面
hattyou01.jpg

この店、店が開けられているのをあまり見たことがない。
ガラス窓に貼ってある複雑なスケジュールを良く見て、開店しているわずかな時間を見計らって来なければならないのです。
hattyou02.jpg
ちなみに写真は9月の予定です。

複雑なスケジュールと言いましたが、下の紙に書いてあるとおり要は基本的に平日のお昼前後の時間と夕方4時半から6時半位までが営業時間のようです。
hattyou 03.jpg
店内に食べるスペースはなさそうなので、料理は基本的に持ち帰りだと思われます。

最初の訪問の時、運良く営業時間だったのでニジマスの塩焼きを頼もうとしたら
「これから魚をとりに行くので時間がかかりますよ」と女主人。
え?魚を「とり」に行く?
「取り」に行く?
まさか「捕り」に行くではないよね、いくら荒川が近いからといっても。
その辺は確かめませんでしたが、たまたまこの時は時間がなかったので、あきらめてまた来ることにしたのです。

そして先日の夕方、どこへ「とり」に行ってもらっても良いように時間をたっぷり用意して再度訪問したのでした。

虹鱒の塩焼きとなまずの天ぷらを注文して、できあがるまでの間に用事を済ませようと旧大里村に向かうため店を出て、交差点で信号待ちしていると、車のバックミラーに彼の女主人らしき人が道路を渡って荒川の方に歩いて行くが写ったのでした。
釣り竿か網を持っているかまでは確認できませんでしたが。^^

その後、所用を済ませ30分ほどして店に戻ると注文の品はできあがっていました。
こんがり焼けた虹鱒の塩焼きと熱々のなまずの天ぷら。

大急ぎで帰ってなまずの天ぷらでビールをグイッ。
ウメーッ!
hattyou05.jpg
川魚特有の匂いやクセが全くなくて、あっさりして、柔らかい。
食感はキスに似ているけど、味はそれ以上かもしれない。
なまずの天ぷらなんて料亭のようなところでしか食べられないのかと思いましたが、この店では手軽に食べられるので最高です。
写真は1パック分なのでこれで500円。かなり安いのではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

虹鱒の塩焼きは釣り堀で釣るような大きな魚ではなく中くらいの程良い大きさ。
外はカリっと、中はしっとりと、塩味も良く効いてとても美味しかった。
それで1匹250円、しかも焼いてもらって。
たまらないですね。
夢中で食べたので写真はなし。^^


後日談
その後、また八丁屋さんの近くのお宅に伺う用事ができ、お邪魔したところ、庭先に魚の養殖池が広がっているお宅でした。
hattyou06.jpg

お話を伺ったところ、八丁屋さんを経営されているのは身内の方なのだとか。
なあーんだ、荒川に捕りに行ったんじゃないのか。
当たり前ですね。^^

それにしても熊谷駅から直線距離で1kmほどしか離れてないところ(ちなみに市街化区域です)で、このようなことが行われているなんて。
さすがに大都会熊谷は奥が深いですね。^^
posted by tomochan at 18:53| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

私はこれで夏を乗り切りました

梅雨が明けてからというもの、連日の猛暑日で異常とも思える暑さだった今年の夏。
それも今日までで、明日からは秋の空気に変わりグッと涼しくなるとの予報。
そこで、なんとか乗り切れることができた今年の夏を振り返ってみました。
ただし、食べ物に限定。

まずは梅干し
umebosi.jpg
これをネ、新聞に目を通しつつ、ズズーッとお茶をすすりながら、毎朝一個食べるのですよ。
お茶は、急須で入れた熱いお茶でなくてはなりません。
ペットボトルの冷たいお茶なんてもってのほか。
典型的な朝のオヤジ(もしくはジイさん)の図でありますが、これはどうしても欠かせないのです。

今年は特に友人の奥方が漬けた中間平産の南高梅の梅干し(写真)をいただいたのでなおさらだったのです。
完熟梅のせいか、中はジューシー、塩分も低めで美味しく安心していただくことができました。
ただし、大きさがゴルフボールほどもあるので、この南高梅の梅干しにかぎっては2日に分けて食べたたのです。^^

次にゴーヤ
goya.jpg
緑のカーテンとして栽培したのですが、最初はほとんど実がならずに心配してしまいました。
でも、夏も盛りになると少しずつ実をつけるようになり、以前記事にもしましたが、うっかりすると取りわすれて完熟させてしまうことも。
それでも、毎日ゴーヤ責めで苦しむほどはならなかったので、ちょうど良かった。

キュウリ
kyuuri.jpg
こちらはほぼ毎日。^^
浅漬けをはじめ、最近流行の塩麹漬け。
市販のめんつゆと酢を混ぜ合わせた液に漬けておくだけというのも美味しかった。
ただし、家庭の事情でぬか漬けだけは食べられなかったのがちょっと残念。

うどんもよく食べたなあ
udon.jpg
これは旧大里村の農産物直売所の食堂のうどん。
ここのうどんは「農林61号」か「あやひかり」かどちらかわかりませんが、とにかく間違いなく地粉ですね。
食べ物の味に鈍感な私も、子どもの頃から食べ続けてきた地粉特有の味と香りだけはわかります。

前回の記事で甘楽町の秋畑那須地区の女性は「蕎麦が打てないとお嫁にいけないと」書きました。
埼玉の県北では「うどんが打てないと嫁にいけない」と言われたかどうかは知りませんが、とにかく昔からよくうどんは食べられたようです。

そして今年も元気に夏場を乗りきる事に成功した最大の功労者はこれ。
beer.jpg
功労者という割りにゴミになった姿はかわいそうですが、ビールなのです。

正確にはビールのような飲み物。
我が女房はゴミの出し方にも気をつかっているのか、写真にはエビスビールや一番搾りが写っていますが、だいたいは発泡酒であったり、チラッと写っている第三のビールなのであります。
これを風呂上がりの後で一日一本、グイっとやるのが私にとっての夏場を乗りきる秘訣だったのです。
若い時は夏ヤセや夏バテという事も経験しましたが、ビールを飲むようになってからは皆無。^^
まさに百薬の長なのであります。

キュウリやゴーヤばかりを食べていてはと心配したのか、知人がこんなものを届けてくれたこともありました。
キノコ
kinoko1.jpg
ネズミタケと聞いたのですが、初めて見るキノコだったのでネットで調べてみると一般的にはホウキタケと呼ばれているキノコのようでした。

バター炒めや煮物に良いとあったのでナスと一緒に煮物に。
kinoko2.jpg

見た目は良くないキノコですが、食感はマイタケのような感じでとても美味しかった。

明日から涼しくなるとのことですが、涼しくなったらすぐに冬。
そしたらまたすぐに夏の暑さが恋しくなるのでしょうね。
posted by tomochan at 17:41| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

今時のサンマ

サンマと言えば我が家では尾頭付きで食べられる数少ない魚のひとつ。
001-1.jpg

ところが最近はそうでもなくなってきたのです。
001.jpg
頭がないのです。

開いて見たら、あれ?内蔵もないぞ。
002.jpg

江戸っ子は五月の鯉の吹き流し 口先だけで腑はなし
などといいますから、このサンマ江戸っ子?

でも、このサンマはらわたどころか頭もない。

今時のサンマは千切れた鯉のぼり 腑ばかりか口先もなし 
ですね。^^

まあ、食べやすくて助かりますが。
003.jpg
posted by tomochan at 20:39| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

なめた?

なめた?
001.jpg

002.jpg

ああ、なめましたよ。何か?

ダノンヨーグルトの蓋の裏。
舐めたら出て来たこんな文字。
すっかり見透かされちゃって、思わずニヤリとさせられました。^^

でも舐めてニヤリとした姿を誰にも見られなくて良かった。
「ケチ」と言われたら身も蓋もないですからね。^^
posted by tomochan at 17:36| 埼玉 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ワイルドにタケノコの竹林焼

土曜日のこと。
この日は朝から妻の実家に兄妹とその家族が集まって賑やかにタケノコ掘り。
本当は5月の3日に予定していたのですが、雨のためこの日に延期になったのです。
その間、タケノコは延びに延びて屋根より高くなる始末。
001.jpg
このまま放っておくと竹がどんどん増えて自分の家はおろか、隣家まにまで迷惑をかけてしまう恐れもあるのでみんな掘ってしまうのです。
このくらいに大きくなると掘ると言うよりも根本から切り倒すと言った方が良いみたいですが。

それでもまだタケノコらしい姿のものも有るので、そういうヤツは掘ってその場で茹でるのです。
002.jpg

掘っては茹で、掘っては茹で、まるで筍工船。

その甲斐あってか夕方には大量の茹でタケノコが。
010.jpg

きつい労働の合間にはこんな楽しみも。

まず、タケノコノ根を切り、ドライバーで穴をあけるんだぜぇ
003.jpg

穴から醤油と日本酒を適当に注ぎ込み、穴に大根で栓をするんだぜぇ。
004.jpg

それをそのまま直火にくべるんだぜぇ。
005.jpg

ワイルドだろう?


これはもちろん私のオリジナルではなくて、先日、何かのきっかけで本棚の奥から引っ張り出してきた「壇流クッキング」(檀一雄著:中公文庫)に紹介されていた檀氏ご推奨のタケノコノ食べ方なのです。
000.jpg

出来上がり。
006.jpg
香ばしい醤油の香りが食欲をそそります。
掘りたてなのでタケノコ特有のエグみもほとんどなく、美味しくいただけました。
でもやはりちょっと大人の味かな。

壇一雄曰く「タケノコと、トウモロコシだけは、掘ッタ、食ッタ、・・・・・・、モイダ、食ッタ、・・・・・・、でなくては、たちまちガタガタ落ちの味になる」

掘りたてのタケノコを現場のたき火で焼いて食らう。
田舎でしか味わえない贅沢な味、タケノコの竹林焼でした。

なんだこれ?
007.jpg

タケノコの皮で遊んでみました。^^
008.jpg
posted by tomochan at 14:26| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

長男坊、「次男坊」に行く

先日、東行田駅近くのホームセンター「セキチュー」で買い物をして駐車場から出たところ気になる看板を見つけたので行ってみました。
それは行田県土整備事務所から東に約200mほど行った住宅街にありました。

「うどん・そば次男坊」
ZINAN01.jpg
ちょうど昼時だったので食べて行くことにします。

「次男坊」というだけでは気になるというほどのことでもないのですが、実は深谷に「三男坊」といううどん屋があるからなのです。
訪問した時の記事はこちら。

三男坊はなかなか良いお店でありましたが、こちらの次男坊の方はどのようなお店なのでしょうか。

店の造りは次男だけあって三男坊よりは歴史がありそうです。
ZINAN02.jpg

店内は4人掛けのテーブルが2つの他は全て座敷なので座敷の方が広い。
昼時だったのですが、先客はテーブル席に一人と座敷に5、6名といったところ。
でも、その後常連客のようなグループが2、3組来たので賑やかになりました。

750円のイカ天セット
ZINAN03.jpg
ソバはいかにも街の蕎麦屋さんという感じの普通の蕎麦。
私は蕎麦通でもないので、味に不満はないのですが丼に盛られているのがどうもイマイチ。
水が残って最後に汁が薄くなってしまわないかと思うのです。
こういうお店のセットものは暖かい蕎麦が良いのかもしれませんね。
今度からそうしようっと。
いかの天ぷらは、すごく美味かった。
もちろん揚げたてで、肉がすごく軟らかく、甘辛のタレもバランスがちょうど良かった。
蕎麦も、天丼も普通サイズなので自転車にでも乗ってない時に食べると、食べ過ぎた感じがして自責の念にかられたりする。もちろんお店が悪いわけではありませんが。^^

私は長男坊。
「三男坊」、「次男坊」と来たので、今度は「長男坊」を見つけて共食いだ。
どこかにありませんかね。


当地方もリンゴの花が咲きました。(1週間くらい前からですが)
RIMG1587.jpg
一青窈の「リンゴ追分」聞いてみたいなあ。

posted by tomochan at 19:33| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。