2012年07月08日

寄居夏祭りポタ



午前中は地元の奉仕作業(肉体労働)をして天気が回復した午後からのんびりと出撃。
今日は寄居の夏祭りなので行ってみることに。
001.jpg

もしかしたら各地のお祭りなどの民俗行事の研究に熱心なあの方も来られているかも。

やはり愛機のこゆきちゃんとともにいらっしゃっていました。^^
002.jpg
熱心に見学されているようですが、今回の研究テーマは何なのでしょう。

写真もパチパチ盛んに撮られているご様子。
003.jpg

今回の研究テーマは寄居名物?女みこしでしょうか。
004.jpg

でもこちらの女みこしには興味がないのか、タダぽかんと見ているだけのようでした。^^
005.jpg

研究者のすることは良くわかりません。^^

その後、研究熱心な方は「次は深谷の七夕だ」とかおっしゃられて深谷に向かわれたのでした。
浴衣祭りも開催されるとのことですので、そちらの研究でもされるのでしょうか。^^

私の方はお祭りの会場を後にして、一人でぶらぶらすることに。

キキョウの咲く鉢形城址を抜け
006.jpg

ここに行ってみることに
007.jpg
あきやま苑ではなく中間平です。^^

久々の好天で寄居の市街地が手に取るよう。
008.jpg

エキナセア(和名ムラサキバレンギク)も咲きそろってきました。
009.jpg

馬簾といえばさっきお祭りで見たなあ。
010.jpg

この後は、林道大平線経由で帰宅。
011.jpg

23km


posted by tomochan at 20:14| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

夕方ポタ、北部方面に進出

月曜日はこのところの夕方ポタで初めて北方向へと向かいました。
我が家から見て北というと深谷市にあたります。

田んぼの中の跳ね馬。
001.jpg

田んぼの中だからと言っても種馬ではなく本物の跳ね馬なのです。^^
(そういえばロッキーはイタリアの種馬と呼ばれていたなあ)
002.jpg
奥の方にはフェラーリかな、赤い自転車もありました。

ここら辺の人は外車が好きなのか農業機械も外車です。
003.jpg

ジャグァだぜ。
004.jpg

植栽も南国風。
005.jpg

夕方は特にトロピカルなムードが倍増。
006.jpg

植木の里だけあって和のテイストも忘れません。
008.jpg

ちょっと走っただけでいろんなものが楽しめました。
17km

水曜日。
出かける頃は6時を回ってしまいましたので、近くにと言うことでとりあえず「川博」に。
009.jpg

職員の方が4人、輪になって道路のまん中で何かをしていたので何だろうと見に行くと、死んだヘビを袋に入れているところでした。4人がかりでやりたい気持がわかります。^^

荒川沿いにフラフラして行くと河原に下りる道がありました。
010.jpg

下りたところは行き止まりでちょっとした公園のようになっていました。
水澄(すいちょう)橋
011.jpg
そういえば子どもの頃「すいっちょ」とか呼んでいたのは、このことだったのかとやっとわかりました。
ここには確か洞窟があるはずなのですが、こちらからは崖に阻まれてとても近づけそうもありませんでした。

荒川の絶景にしばし見とれる。
012.jpg

013.jpg

見とれているうちに薄暗くなってきてしまいました。
小学校の前の森を観察し(トラノオがかなり出ていた)帰宅。
10km

posted by tomochan at 20:56| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

竹沢の林道探索ポタ

いつものように夕方ポタのお話。
今回は小川〜東秩父〜かやの湯坂経由でぐるっと一周回って来ようと5時半頃家を出てみました。
小川に入り竹沢の八高線の下をくぐったあたりで何だか急に面倒臭くなり、急遽竹沢あたりの林道探索に変更。
001.jpg

国道254から右に曲がって初めて通る小道に。
002.jpg
このあたりも昔は秩父郡だったのですね。

さらに行くと見覚えのある場所に出たので、山の方に向かって行ってみることに。
この先の道路は、一度くらいは行ったことがあると思うのですが、どうなっていたのか忘れてしまったので確認です。
きれいな石垣のあるところで舗装は終わり。
003.jpg

谷川沿いの道になるのですが砂利道が続きそうなのでUターン。
004.jpg

途中の道端に珍しいものが置いてありました。
005.jpg
足踏み式の脱穀機ですが、麦畑の近くに置いてあったのでどうやらまだ現役のようです。

イパンキではなくキンパイ。^^
006.jpg

子どもの頃、近所の家に同じように古い脱穀機で、とてもここでは書けないような名前が堂々と書かれたものがあったなあ。
もちろん右から読めば何でもなかったのだけど。^^
ものは試しとググってみたら、その会社、なんと同じ名前でまだ存続してました。おどろいたなあ。^^
リンク先はこちら


(リンクは嘘です。でも会社はホント^^)

分かれ道まで戻って今度は別の道に入ってみると、まだ新しそうな道の入口に出たので登ってみることに。
007.jpg

勾配はきつめで10%以上はあるでしょうか。
008.jpg

それでも200m程でピークに到達して一安心。
009.jpg
景色のきれいなところでした。

ピークから下ったところには谷筋に沿って小さな集落がありました。
010.jpg

はじめて来たところですが、谷川に沿って道が山の方に向かって続いていたので行ってみることに。
トラノオが咲いていました。
P6260442.jpg

集落が終わったところにどこにつながっているのか林道の入口がありました。
たまたま居合わせたお年寄りに尋ねたら、隣の集落に抜けられるとのことなので行ってみることに。

エメラルドグリーンの水を湛えた砂防ダムやマタタビが生い茂る森。
011.jpg

012.jpg
家から何キロも離れてない所で深山の趣を味わえるとは意外でした。
真夏の暑い日に涼みにまた来てみましょう。

結局、距離約4km、高低差120m程を登り下りして、先ほどの新しい道の入口に戻ってきました。
先ほどの集落の入口がどこかわからなかったので、もう一度新しい道の登って先ほどの集落に下り、今度は山と反対の方に行って確かめることに。
014.jpg
なるほどここが集落の入口だったのか。全然わからなかった。

この時6時45分。
ここまできたら梨子ノ木線を回って帰ることにします。
015.jpg
先ほどの林道のおかげで梨子ノ木線がずいぶん緩やかに感じました。

21km
posted by tomochan at 20:22| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

業務ポタIN小川町

夕方のポタを初めて3日目。
この日はこれまでのように自転車でただ徘徊するだけではなく、きちんとしたある目的が有って行くポタなのでした。
翌日の仕事で使う写真を撮りに小川町まで行くのです。
自転車で行けばエコにもなるしね。

ここのところ毎日毎日、夕方自転車に乗っていると近所の人とかに「暇なんだなあ」と思われてしまわないかと多少後ろめたいところもあったのですが、この日は大義名分があるので堂々と乗れるのです。
知り合いにあったら「仕事でちょっと」とか言おうと準備していたのに、誰にも会わずに寄居のはずれまで。
001.jpg
まだ新しそうなスニーカーが。
あの方の通勤ルートらしいのですが、きれい好きな方の車に乗り換えて・・・違いますよね。^^

目的地は市街地の西の八幡神社のある丘の上なのです。
002.jpg

3年前に一度来た場所なので覚えているつもりで地図も何も持たずに来たらこんなところに出てしまいました。
003.jpg

記憶を頼りに細い道をくねくねして見覚えのある場所にやっと到着。
004.jpg

写真を3枚(^^)撮って業務終了。

丘の上にある大塚の忠霊塔の横から下に向かって小道が続いているで行ってみることに。
005.jpg

中央の山は都幾山でしょうか、美しい山容が印象的。
006.jpg

途中で振り返ると西の空に太陽が二つ。
007.jpg

県道11号線に出るのですね。
008.jpg

小川らしいなかなか風情がある小道でした。
009.jpg

晴雲の前の角地が更地になって雰囲気が一変。
010.jpg

槻川にかかる日の出橋
011.jpg

この橋から上流に向かって槻川沿いにきれいな散歩道があるのを初めて知りました。
012.jpg

013.jpg

014.jpg
桜の時期まで覚えていたらまた来ましょう。^^

田中橋のあるはずのところまで来ました。
015.jpg

折からの大雨で冠水してしまい、渡るどころかどこにあるのかさえまったくわからず。
016.jpg
この冬、人間だけは渡りましたが、自転車同伴はまたおあずけ。

そうこうしているうちに6時半を過ぎに。
急いで帰らねば。

寄居に入り牟礼の双体道祖神だけはパチリ。
017.jpg

がんばって帰ったら25分で着いちゃった。
意外と近いのね、小川町。

写真3枚のためにわざわざ車で行くのもエコじゃないなと思い、自転車で出かけてみたわけですが、はたしてCO2の削減になったのでしょうか。

寄居と小川の間の坂道でヒーハーして排出した分と帰ってからのビールのゲップ(失礼)の分で帳消しになっってしまったのではないかと心配です。^^

posted by tomochan at 19:50| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

愛とコイの熊谷ポタ


中間平に行った次の日、この日は朝から抜けるような青空。
RIMG2790.jpg
上越国境の仙ノ倉山がよく見えました。

夕方になっても天気が良かったので5時過ぎてから自転車活動。
前日の中間平で山の魅力は十分?に味わったのでこの日は平地オンリー。

川越岩近くの89.2キロポストからいつもの荒川右岸沿いの道を行きます。
001.jpg

なるべくケイデンス90以上をキープして熊谷の荒川大橋に。
この道は多少クネクネしてますが、信号が一つもないので気持が良いのです。
002.jpg

この橋を渡ったところで蝶がみられるという噂。
003.jpg

市内まで行くか行かないか決めぬまま、とりあえず橋の中程まで進むことに。
しばらくするとなにやらコイの予感が。

下を覗くと60cm以上はあろうかという大きな鯉でした。
004.jpg
2匹がピッタリと寄り添うように泳いでいるところを見るとカップルなのでしょうか。

橋を渡っているうちに日も暮れそうに。
005.jpg

黄昏時の川辺にひとりたたずむ人。
006.jpg
誰(た)そ彼?
黄昏ってここからきたのだとか。^^

昆虫網も虫かごも忘れてきてしまったので、蝶はあきらめてこの辺で帰ることにしましょう。

帰り道、道祖神に愛を見た。
007.jpg
「白日下の愛情表現」と説明書きに書かれてしまい、気恥ずかしい思いをしたであろう押切の双体道祖神にも間もなく二人だけの時間が訪れるでしょう。

旧川本高校の近くはマムシに注意であります。
008.jpg
しかし、マムシとは怖いですね。
Mのムシなら心あたりはあるのですが。^^

行きは35分、帰りはどういう訳か1時間以上。
話にオチはないけれど日だけはすっかり落ちてしまいました。
009.jpg

32km
posted by tomochan at 13:12| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

魔境と理想郷発見ポタ


赤城周遊のポタから1週間、ほとんど運動らしい運動もしないで過ごしてしまいました。
せっかく天気が回復した日曜日も、仕事、梅取り、ジャガイモ掘り、飲み会で終わってしまったのでした。
0001.jpg


このままでいると、この子のようになってしまうと思ったので、8日目にしてついに自転車で出かけることにしたのです。
001.jpg
「何か言ったー?」
「いいや、メイちゃん見ていたら何となく山を思い出したのさ」

とは言え平日のこと、仕事を終えた夕方からの出動です。

手軽にあの感覚が味わえる道、と言うことでここにやってきました。
002.jpg
折原橋近くの上郷公会堂脇から中間平に至る道です。

近くには上のおデブな子の生まれた家があったりします。
003.jpg
お母さんかな?

短い急坂を登ると気持ちの良い高台の耕地に出ます。
004.jpg
一面に咲き誇るエキナセアの畑を期待してきたのですが、全くなし。
2年前に来た時はきれいだったんだけどなあ。
今はただ雑草が生えているだけなのでした。

気持良いのはここまで。
前方にはM境魔境が門を開いて待ち構えているのです。
005.jpg
ここから中間平まで約2kmと距離は短いのですが、高低差は200mと夕方の散輪には十分すぎるほど。
しかも北側斜面のため昼でも暗いのに夕方とあっては、まさに魔境のような道なのです。

006.jpg

6-2.jpg

ハアハア、ゼイゼイという自分の息づかいと野鳥の声以外一切聞こえない薄暗い道を進みます。
そういえば長瀞に熊が出たなんて言う話を思い出し、出た場合の逃げ方なんか考えたりして。^^

中間平展望台下のヘアピンカーブのところで釜伏への道に合流して終わり。
007.jpg
上りでさえ2度ほどズルッと滑ったのですから、下りは更に滑って危険。
秋山からの上りでは物足らない方にはピッタリなんだけどなあ。^^
まあ乾燥するまではしばらく近づかない方が無難でしょう。

中間平展望台でちょっと休憩。
008.jpg
誰もいないのもまたつまらないのですぐに撤収。

前回のポタの折、利根川CRで出会った初老のローディに倣って、私もここらあたりを根城に遠来のサイクリストをもてなすといのも悪くないなと思いながら、坂道を下っているとカーブの先にその拠点にふさわしい施設を発見した。
009.jpg

ここだったら中間平のすぐ下なので、毎日のように中間平に通えるではないですか。
まさに自転車乗りの理想郷。

ただし、入所した時はローディーでもなく、老ディーでもなく、漏ディーなんだって。
ひどいこと言うな、Refreshさんも。^^

17km
posted by tomochan at 17:39| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

夏の元気なご挨拶ポタ





先日、某百貨店からお中元の案内が送られてきました。
001.jpg

早いなあ、もうお中元の時期か。
また憂鬱な季節の到来です。
私はお中元やお歳暮に何を贈るか選ぶのが、とにかく大嫌いなのであります。
もらうのは大好きなのですが。^^

商品を決めるでもなく、とりあえずカタログをパラパラと眺めているうちに夕方に。
今週は晴れている日は夕方5時過ぎから1時間半程度軽く自転車に乗っているので、この日も乗り出すことに。
2回続けて東の方に行っているので、この日は西に向かうことにします。

中元のことを考えていたらいつのまにやら釜伏山参道に。
002.jpg

ここを登って行くと・・・
この辺の地理に詳しい方ならもうお分かりですね。
はい、中間平(ちゅうげんだいら)です。^^
004.jpg
「中間にMの心を開拓し」
1ヶ月ぶりの山道なので心肺に負担をかけないようゆっくりと登ってきたつもりですが、それでもゼイハアゼイハアしてしまいます。でも久しぶりの山道、気持が良いです。
このままMと呼ばれるような人にならないか心配です。^^

005.jpg
展望台には先客のカップルがいたので写真を1枚撮ってさっさと撤収。

中間平は自転車でも40分ちょっとで来れるというのに、秋山の方から登ったのは今年初めて。^^
お中元の時期だけに♪夏の元気なご挨拶♪と言ったところでしょうか。
とすると、次に来るのは「暮れの元気なご挨拶」?^^

中間平ではエキナセアが咲き出したようでした。
006.jpg

20km
posted by tomochan at 18:37| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

M練二日目

懲りずにまたM練に励んで参りました。
と言っても今度は別のMなコース。

その前にチューブレスタイヤにシーラントを注入するための道具が手に入ったので入れてからにします。
道具と言ってもダイソーで買ったシリマーという化粧品を瓶に入れるための注射器みたいな物ですが。
001.jpg

ハッチンソンのプロテクトエアーがちょうど40cc残っていたので全部注入しました。

早く乗りたいからって、あせりは禁物。
ほら、こぼしちゃった。
002.jpg

シーラントも入ったことだしこれで安心して乗れます。

さて、今日のM練は県道69号と81号が交わる深谷市本田の本畠駐在所脇の交差点からのスタートです。
003.jpg

まずは69号で荒川に架かる植松橋を渡ります。
004.jpg
渡りきった後の写真です。

その後も69号を北上し、国道140号の旧道、バイパスを横断し人見の交差点まで。

人見の交差点を右折して69号から県道75号に入ります。
005.jpg
ここからは向かい風になってちょっぴりMな気分を味わうことに。

この後、県道75号は花植木街道を通り越し、御稜威ヶ原の工業団地の一角で直角に曲がります。
006_edited-1.jpg
赤い線は少し極端ですが、このように曲がるのです。

この後は工業団地の中を抜け県道47号の交差点を右折。
007.jpg
ここを曲がればMになったようなもの。
自然と笑みがこぼれてきます。(嘘です)

そのまま県道47号を南下し、またR140号のバイパスを横断します。
008.jpg

押切橋で荒川を渡り
009.jpg

県道47号と81号が交わる押切橋交差点がゴール。
010.jpg

距離13.7km
標高差22m
獲得標高 上り4m、下り12m
以上、Mなコースでした。

上りより下りの獲得標高が多いコースのどこがMなコースですって?

文章では説明し難いので地図をどうぞ。


このMなコース、難点は自動車の交通量が多いのと、私の場合知り合いに遭遇しやすいことなのです。
実際、植松橋の写真を撮っていたところ、車で通過中の知り合いに声をかけられ、気分が盛りあがりかけていたところなのにすっかり現実に戻ってしまいました。^^
それから、三ヶ尻あたりで道が直線でなく、少しはらんでしまっているのが玉にきずでしょうか。
それともここは泥ディーになってでも直線にこだわるべきだったでしょうか。^^

他にもMなコースご存じでしたら教えて下さーい。^^

Mなコース13.7km
ノーマルな道17km
合計30.7km
posted by tomochan at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

M練はキビシイ

タイヤ交換をした後、夕方から皮むきを兼ねてタイヤの調子を見に出かけることに。
ニュータイヤにはまだシーラントを入れてないので今までより約40g軽いはずなのに、まったく違いがわからず。^^

しばらく来ない間に川越岩(青岩)のところに「荒川右岸89.2km」の標識が設置されていました。
001.jpg
国土交通省荒川上流河川事務所が設置したもので河口から89.2kmを示すキロ標とのことです。
でも90kmでなく89.2kmと半端なのはなぜなのでしょう。^^
いずれにしてもここから数百m上流の花園橋までが国の管理なので、荒川上流河川事務所が立てたキロ標としてはこれが荒川右岸の最上流にあるキロ標となるのかもしれません。

海まで89.2kmか。
海までは夕方から走るにはちょっと遠いので、日暮れまでの1時間、近場を走ることに。

今度の週末はMの方々と行く赤城周遊ツーリングなのに、ここ2週間ほど全くと言って良いほど自転車に乗ってないのです。少しは同行者の皆さんに近づいておかないと。
と言うことでMを目指して走ることに。^^

向かい風の中、Mのようにクルクルペダルを回し続け、下流へ下流へと向かうのです。

ドリンクを忘れたので途中の自販機で買います。
miuの桃^^
002.jpg

ムギ畑を幾つも通り
003.jpg

muddyな道路でおニューのタイヤも真っ白に。
004.jpg
タイヤの皮むきの後は泥むきをしないと。^^

田んぼで寝転ぶmuddy志望のネコ。
005.jpg

関越、重忠橋、植松橋、押切橋を過ぎ熊谷大橋あたりで30分経過。

M字のようにお座りになってるお方を拝見したらすぐに引き返すのです。
006.jpg

残り30分。
帰りは多少追い風でも登り勾配と相殺されて来た時以上にペースダウン。
結局、1時間では戻れないとあきらめてからはのんびりペースで寄り道を。

意外とキビシかったM練。
やはり、2週間のブランクは大きいようです。
こんなちょっとの坂を登っただけで写真を撮りたくなってしまうのですから^^
007.jpg

寄居町商工会のブログで紹介されていた「古典屋」さん寄ってみたけど時間が遅かったのかやってなかった。008.jpg


Mを目指して走り、1時間で帰ってくるというこのM練。
この日は失敗に終わったけど、練習に練習を重ねていつの日か必ず成功させるのだ。
と思いましたが「毎日夕方になるとお堂を覗きに来る変な人がいる」と噂になっても困るので、この日で終わりにすることにしたのでした。^^

29.72km

posted by tomochan at 17:57| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

五の坪をポタってみる




ようやく陽が射し出した午後、所用のため林道梨子ノ木線の登り口の集落、寄居町五の坪に行った。

001.jpg
「五の坪に 雨乞い祈る 山の神」か。
「ポタの日に 雨乞い祈る 山の神」
ということにならないよう普段からヤマノカミは大切にしなければと思った。

折原歴史かるたがまたあった。
「はしか橋 くぐればなおる 言い伝え」
002.jpg

今は橋ではなくボックスカルバートになってしまって、くぐってもどうも治りそうもない。
003.jpg

今は山ツツジが満開である。
005.jpg
こんなきれいな花が、そこかしこに普通に自生しているのだから田舎は良いなあと思う時期でもある。

遠くにツツジの群落が見えたので行ってみた。

近くに行ってみると個人のお宅だった。
007.jpg

家の方がいらっしゃったので見学させていただいた。
006.jpg
家の前がツツジ山とは何とも贅沢な環境。
憧れてしまう。これに小さな沢でも通っていれば最高なのだが。

八高線は今日も行く。
008.jpg
この時期の里山と同じカラーだ。

「岩松売り松」
009.jpg
このセンス、ご同輩か。
親近感を覚えるのだ。

明日のポタの足慣らしと思ったがまったくならなかった。
posted by tomochan at 17:57| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。