2016年12月12日

モルゲンロートと冬支度

自宅の温度計がマイナス3℃を記録した先日。
早朝の散歩をしていると西の方の空がピンク色に染まってきました。
写真を撮ろうとポケットをまさぐったところカメラがありません。
いつもはポケットにコンパクトカメラを忍ばせているのですが、この日に限って忘れていたのでした。
カメラを取りに急いで自宅に帰り、走って戻って、ピークは過ぎていましたが、何とか間に合いました。

モルゲンロート
IMGP1808.jpg

西上州の御荷鉾山
RIMG2740.jpg
それぞれ違うカメラで撮ったので、色がだいぶ違います。

鐘撞堂山など近くの山は紅葉がまだ残っているのでいっそう赤く見えました。
IMGP1811.jpg

陽のあたらない砂利道
004.jpg
このあたりは荒川の河岸段丘の下なので、山の方が明るく陽に照らされても、なかなか明るくならないのです。

そのせいで寒いのか、ここのところ毎日のように氷が張ります。
005.jpg

本格的な冬の到来にそなえて冬の支度を始めました。

まずは食料。
006.jpg
25kgのルーサンを2パック購うことに。
これだけあれば新鮮な野菜が手に入る春まで持つかな?

ルーサン
007.jpg
ルーサンとはメイちゃんが食べる牧草の種類。
他にもイタリアンライグラスとかチモシーとかあるのですが、これが一番好きみたいです。
ちなみにカナダ産です。

これをほぐしたあと細かく裁断して与えるとバケツいっぱいくらい食べちゃいます。
008.jpg
ウメー?

冬になって毛も伸びてきました。
009.jpg
どういう分けか顔黒にも(恥ずかしいから写真はNGとのこと)

先日の雪であっけなく枯れてしまった皇帝ダリア
010.jpg
根元から切って、来年また芽が出るように切り株に寒さ対策の藁を敷いておきました。

011.jpg
さっそくスズメのお宿になってましたが。

切りとった幹は輪切りにして保管します。
012.jpg
しばらく乾燥させた後、水苔でくるんで保存すると、来年の春には芽が出て、株分けができるのだそうです。
それにしても、こんなに株分けしてどうしようというのでしょう。
来年は、皇帝ダリアのジャングルが出現しそうです。

冬用タイヤに交換しました。
013.jpg
いつもの年は雪が降る前日とかにあわてて交換したものですが、今年の冬は寒そうなので珍しく早めに交換しました。
でも、こういうときに限って雪は降らないものなんですよね。
ということで、今年は雪は降りませんから、ご安心を。
posted by tomochan at 20:01| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

命の山で雲海を見た

6月最後の日曜日の朝のこと。
この日は早朝にすべき用事があったので5時に起きるつもりでいたのですが、4時半頃に目が覚めてしまいました。それも目覚まし時計も使わずに。
子供の頃は、楽しいことなどあるときは自然に早起きできたものですが、最近は特に楽しいこともないというのに早起きできるようになりました。喜んで良いのやら、悲しいのやら良くわかりません。

それはともかく、4時半に目が覚めたものの、予定の時間にはまだ早いので布団にもぐったままラジオを聴くことにしました。我々の年代の者にはありがたいNHKのラジオ深夜便です。^^

朝の4時台は「明日へのことば」といって各分野で活躍しているゲストに話を聞くというコーナーで、いろいろな分野の人の含蓄のある話が聴けるので特に好きなのです。

この日は途中から聴いたのですが、漢字研究者らしき人が漢字について滔滔と語っていたのでした。
そして、終わり近くになって、こんなことをを話し出しました。
「東武東上線の男衾駅のホームで電車を待つ間、秩父の山を眺めていたとき、一瞬秩父の山と『命』と言う漢字が重なったのです」云々
なんだ、ゴルゴか。^^

ここの話に至るまでは、少年院で行う漢字を交えた講演の内容などをよどみなく話すので、本当に漢字の研究者かと思っていたのです。
ゴルゴ松本さんは隣町の出身なのでこれまでも親しみを感じていたのですが、この放送を聴いて彼のことを見直してしまいました。

朝からちょっといい話が聞けたので、5時には気持ち良く起きられました。
ところが、用事のある場所に車で行ってみると、予定していた用事が急にキャンセルに。
今さら帰って寝る気にもなれないので、早朝のドライブに行くことにしました。

「命の山」の方に霧が出ているので、そちらの方に行ってみることに。
001.jpg

「命の山」の直下に着きました。
002.jpg
雲海に覆われた秩父盆地の向こうに雲取山が見えました。

武甲山
010.jpg

「命の山」の直下は立木が多く南側の眺めくらいしか見えないので、ちょっと下がって日本水入り口の駐車場へ移動。
ここは西側の眺めがよいのです。

003.jpg

006.jpg

両神山
004.jpg

浅間山
005.jpg

長瀞町
007.jpg

皆野町
008.jpg

皆野町から秩父市にかけて荒川に沿うように霧が晴れていきます。
009.jpg

たっぷり山岳展望を楽しんでから、中間平らを経て帰ることに。

中間平から栃木方向を望む
011.jpg

下界に降りてから、ゴルゴ松本さんが「命の山」を見たという東上線の男衾駅に行ってみることに。
「命の山」については以前新聞か何かで読んだ際に、このブログの記事にもしたことがありますが、改めて行ってみました。
014.jpg
たぶん、あれが「命の山」、登谷山。

近くには釜伏山もありますが、上が丸いので「命」には見えないですね。
015.jpg


帰ってから、コスモスの摘心をしてみました。
013.jpg

勘違いコスモスがどんどん咲き出して、この分では秋まで保たないと思ったのです。
012.jpg
posted by tomochan at 21:17| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

初霜に初谷川岳

今日は11月22日でいい夫婦の日なのだそうです。
それを知ってか知らずか、当地では朝方ぐーんと冷えて初霜が降りました。
ずいぶん遅い初霜だなと思って自分のブログの過去の記事を見たら2009年は11月4日でした。
ちなみに昨年はと言うとネタが豊富だったのか初霜の記事はありませんでした。^^

01.jpg

02.jpg

冷え込んだ朝のミカちゃん(御荷鉾山:ミカボヤマ:では長いし難しいのでこう呼ぶことにします)の様子はどうかなと見に行くと
13.jpg
いつもと変わらずツンとすましてたたずんでいました。

日中になると朝方は雲で見えなかった上越国境の山々がクッキリ見えるようになりました。
04.jpg

今シーズン初めての雪をかぶった谷川連峰の眺めです。
05.jpg

デジタルズームはやはりちょっと画像が荒いですね。
06.jpg

日光の白根山も真っ白
07.jpg

この後は仕事で本庄の利根川の堤防の近くまで行きました。

利根川の土手(利根川サイクリングロード)を散策するご老人。
08.jpg
すでに老ディーの私も老爺になる日もそう先のことでもない。自転車に乗れなくなったらこのようにサイクリングロードを散歩するのも悪くないと思った。出来れば写真のお方のようにお供を2人連れて。^^

では土手に登ってみましょう。

その前においしそう?な菜っ葉が。
09.jpg
右側は栽培しているブロッコリーですから採ってはダメです。

以前もここは来たことありますが、何度来ても絶景ですな。
10.jpg

ここまで来ると谷川岳も近くに見えてトマの耳なども見えます。
11.jpg

絶景を楽しんでいると携帯電話のコールが。
いけない、約束の時間が・・・

そんなこんなで本庄〜上里で仕事をしての帰り道

ミカちゃんの本当の姿。
12.jpg
ミカちゃんは本当は双子の山なのでした。

でもやっぱり見慣れている地元から見るミカちゃんの方が好きかな。
posted by tomochan at 19:45| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

登谷山から八ヶ岳

今日は投稿お休みしようと思ってましたが、ちょっと時間ができたのでとりあえずアップしておきます。最近はすぐ忘れてしまいますからね。

日の出を見に行った日のことです。
中間平は関東平野が望める東側の斜面にあるのですが、せっかくここまで来たのだから西側の景色も見たくなり釜伏峠に登ってみることにしました。(車です。早朝で危険なので、と言い訳を言わせてください)

日本水(現在の日本水の水汲み場よりもっとずっと高いところ)の駐車場の東屋から両神山の方を見ると両神山の右奥に白い峰々が見えました。
RIMG1156.jpg

もっと良く見たくなってもっと高いところに行って見ました。
yatu01.jpg

こうなると何かと同じでどんどん高くに登りたくなります。

だんだん見えてきました。
yatu02.jpg

もうこれ以上は車では登れないと言うところまで来たので少し歩いて登ってみました。
yatu03.jpg
八ヶ岳の赤岳・横岳でした。
釜伏や登谷山あたりからでも八ヶ岳が見えるんですよね。
手前に見える両神の天理岳?もすごい山です。

こちらはカシミールによるシミレーション画像
赤岳初冬.jpg
字が小さくて分かり難いですが、ね、本当でしょう?

こちらは今日の日光男体山
na01.jpg
鴻巣市大芦の荒川堤防にて

深谷と寄居の境あたりで
na02.jpg

タグ:八ヶ岳遠望
posted by tomochan at 19:18| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

御荷鉾山の初冠雪








昨夜の雨は西上州の御荷鉾山では雪だったようです。
01.jpg
300ミリで撮りました。と言ってもコンパクトカメラです。(´_`。)グスン

アップ
02.jpg
こちらはデジタルズームですから画像が荒いです。本物の望遠がほしいなあ。

我が家のモクレンの木も冬支度
03.jpg
「すっかり葉っぱを落として 厳しい冬の寒さに備えてるように見えるけど 一方ではちゃんと春に咲く花の準備もしているんだねー」(立松和平風)

庭の片隅では自然に生えた実生のモミジの一年生が一丁前に紅葉してました。
04.jpg

ハゼの木に実がたくさんなりました。
05.jpg
実を搾って、ロウソクにしたり石けんやポマードにも出来るそうです。やってみようかな?

ナンテン
06.jpg

今日はネーチャー写真を撮ってみました。
ネーチャーもいいですが、たまにはオネーチャンの写真も撮ってみたいものです。


それから下手ですがテッチャン風の写真も撮れました。
07.jpg

08.jpg
最近八高線でこの列車をよく見かけます。
DD51と書かれた気動車が前後2両で客車を挟んで走っています。
今日は午後二時過ぎに寄居駅で見かけました。(下り)


追記
先日のパワースポットの山の記事ですが、「根山」「根山」と何度も書きましたが正しくは「根山」でした。
お詫びして訂正いたします。(アー恥ずかしい)
posted by tomochan at 17:43| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

今日の上越国境







今日の朝の散歩は上越国境がクッキリと見えてなかなかのものでした。
1901.jpg

谷川岳
1902.jpg

デジタルズームで撮ってみると
1903.jpg
画像が荒いですが、トマノ耳とオキノ耳が見える、ような気がします。

こちらは谷川岳の絶好の展望台の白毛門と朝日岳
1904.jpg
手前は赤城山の裾野です。

もうちょっと早起きすれば、ピンクに染まる谷川連峰が見られたのに残念です。

ピンクと言えばピンクのマユミちゃん。ちゃんは要らないですね。
1905.jpg
里山に自生しているマユミです。


この間三日月だと思っていたら、いつの間にか満月に近くなってました。
1906.jpg
真ん中の白い丸が月です。(言われんでもわかるわ!)

月日がたつのは早いもので、仕事とかでも「今年中に何とか」と言うような言葉を聞くような時期になってしまいました。
別に来年でもいいとは思うのですがねー。そんなことは言えませんが。
そんなことのせいで、当方は明日もあさっても仕事です。トホホ。



posted by tomochan at 19:52| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

赤城山初冠雪







きのうの午後から冬型の気圧配置になった関東地方ですが、夜には木枯らし1号も吹きました。

今朝はこの秋一番の寒さの中、新雪を抱いた山々が見えるかも知れないのでいつものビューポイントへ行ってみました。
「夫婦げんかと北風は夜には収まる」などと申しますが、昨日からの北風は朝になってもまったく収まる気配もなく赤城山より奥の上越国境の山々は雪雲でまったく見えませんでした。

唯一見えた赤城山。
RIMG0093.jpg
最高峰の黒檜山も頂上は雲の中ですが雲の下の方はうっすらと雪化粧しているみたいです。

この辺りは木枯らし1号が雪ではなくドングリをたくさん降らせました。
RIMG0091.jpg
拾って森の奥の熊に持って行ってあげたいです。(実際やられている方もいるみたいですね)

今朝は遅くまで月が残っていました。
RIMG0084.jpg
ソバ畑にて。

今日はウィンドブレーカーを羽織ってきたのですが、寒くて寒くて、小径車で必死こいて30kmのスピードで走っても暖かくなりませんでした。

家へ帰って外の温度計を見たら納得。
RIMG0107.jpg
6.5度でーす。
寒かったわけだ。


posted by tomochan at 20:05| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

御荷鉾山・赤城山遠望





昨日は晴れ間も見えたり、小雨も降ったりと目まぐるしく天気の変わる一日でした。
秋の桜が咲いている場所があるというのっぽさんの情報で仕事先のすぐそばだったので行って見ました。
RIMG0037.jpg
桜は見つかりませんでしたがツツジが咲いていました。

八高線もちょうどよく通りかかったのでパチリ。
RIMG0032.jpg


さて今日の荒川上流は朝からどんよりと曇っていましたが、稲刈りの終わった田んぼの先にピラミッドのような西上州の御荷鉾山が見えてました。
RIMG0073.jpg
この山も早いとこリベンジしなくては。いろいろとリベンジ先が多いので大変です。

こちらはリベンジどころか行ったことない山。赤城山。
RIMG0061.jpg
正確に言うと車を麓にデポして登ったことはありますが、自転車で自走はまだありません。
麓からだけでも青息吐息だったのに埼玉から自走となると・・・今後もないかも知れません。

RIMG0068.jpg


この後、夕方近くになったら天気予報通り北風が強くなり気温もぐっと低くなりました。
この分だと山は雪かも。
明日は冠雪した上越の山々が見えるかも知れないので早起きして散歩に行ってみることにします。





posted by tomochan at 19:54| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

いつかは行きたい赤城山



今日の朝はすがすがしかったですね。




RIMG3048.jpg

木立の向こうに日光の白根山が見えました。
RIMG3041.jpg
日光白根山は標高2500m以上の山でもっとも東と北にある山です。
つまりこの山より高い山は、東北、北海道にもないってことです。
知ってました?

赤城山の堂々とした姿。
RIMG3043.jpg
葛のツルはご愛敬。
しかし、遙か遠くに見えるこの山へ自転車で行って登って帰って来る方がいらっしゃると言うから驚きです。詳しくはこちら
私は当分の間は眺めて見るだけです。

日中、所用のため寄居の市街地へ。
タチアオイの咲く路地。
RIMG3095.jpg

タチアオイの咲くレトロなお宅
RIMG3077.jpg

今日は暑かったけど、空気が乾燥していて意外に過ごしやすかったです。
posted by tomochan at 18:04| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

寄居にスカイツリーを作ったら

先日、コメント欄に寄居からでも深田久弥の100名山のうち8座ほど見えると書きましたが、不安になって以前自分で調べたリストを見たら計算上は18くらいは見えるということになってました。

そのうち自分の目で確認できたのは、数年がかり(毎日見えるものでもないので)で観測した結果、今のところ15座程度ですが。

ただ富士山だけは、いくら逆立ちしても(余計見えない)寄居町内からは、見ることは不可能です。
やはり、熊谷か東松山くらいまで行かないと見えませんね。

そこで、先日、東京タワーを抜いて話題になった、東京スカイツリーがもし寄居町に出来たら、富士山が見えるかというアホらしいシミレーションをやってみました。

結果。見えません。
もし寄居役場の横に建てたとしても、そこの標高約100mにスカイツリーの高さ634m、先端に展望台があるとしても合計734m。
これでは、秩父や奥多摩の方の山々にさえぎられててっぺんさえ見えません。


じゃあ標高500mほどの釜伏峠に建てたらどうか。
寄居役場1000m.jpg
なんとか半分くらい見えました。


ええーい、めんどくさい。スカイツリー2本つなぎでどうだ。
寄居役場2000m.jpg
おー見事な富士山が。
これだったら客が呼べます。町長さん作ってー。

posted by tomochan at 20:23| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする