2012年09月22日

ジェントス閃を付けてみた

ちょっと前のこと。
あるホームセンターに行ったらたまたま、改装のための在庫一掃セールをやってました。
もう何日も前からやっているようで、ほとんどのモノは売り切れていましたが、売れ残りの中から安そうなモノを何点かゲット。
002.jpg
室内用にカシオの電波置時計、庭で使おうと普通の壁掛けの時計、一台付いてないPCがあったのでPC用スピーカー、遠くを見るためのケンコーの7倍単眼鏡、これらはすべて500円前後。

そして右下に写っている「ジェントス閃」SG−320。
一個だけ残っていたのでラッキーと思って手に取ってみると、さすがに500円というわけにはいかずに通常価格の2割引の1980円でした。
2割引きなら安いのではと思い即購入。
良い買い物をしたとのぬか喜びも束の間、amazonで送料無料で1634円で売られているのを発見してガッカリ。しかも、同じ位の値段でもっと明るい自転車用なんかもあるみたいで更にガックリ。
それから自宅にもう一つ「閃」があるので、帰って比べてみたらまったく同じ物だったので、またまたガッカリ。^^
まあ、今回は地元の経済にささやかな貢献をしたということであきらめることにしましょう。

閃を取り付けるためのホルダーは別売りなのでamazonで買いました。
003.jpg
ゴムのパッドにベロクロのテープを組み合わせたこんなものが500円もする。

フレッタに取り付けてみました。
004.jpg
2本のベルトでギュッと締って、がっちり固定できて意外と良いかも。

外に持ち出し点灯してみると、今まで持っていた自転車用のライトとは比べものにならない明るさで、ちょっと感激。
005.jpg

001.jpg

これで田んぼに落ちる心配もなくなります。
006.jpg

本当は夏の暑い晩にこそ使いたかったのですが、日が短くなるこれからの時期も重宝しそうです。
これで夜のポタも楽しくなりそうですが、一緒に買った単眼鏡は持って行かない方が良さそうですね。^^
posted by tomochan at 13:01| 埼玉 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

所持品検査



「あー、そこの人。ジロジロ、キョロキョロしているそこのキミだよ。持っているモノを全部出しなさい」
「はあ、これで全部ですが」
cy03.jpg

「そんなことないだろう?」
「財布とカメラと携帯電話もあります。」
「何?カメラ、これは怪しい。そのふくらんだ背中のポケットの中身は?」
「自分で持ってきたウインドブレーカーですよ。」
「広げてみなさい」
cy06.jpg
「派手な色だから何か他のものかと思ったのだ。他には?」
「補給食があります。」
cy09.jpg
「梅の実入りの『すっぱまん梅キャンディ』と中にとろーりとした蜂蜜が入った『はちみつ』という飴。それから「かし原の塩羊かんです。今流行のスポーツ羊羹ではないですが美味しいですよ。お巡りさんも羊羹いかがですか?」
「なにー、ホンカンにヨウカンだと?贈賄容疑でタイホだ!」バキューン、バキューン。

しようもない出だしで失礼しましたが、実はこれ、私が普段自転車活動の時に持って行くモノなのです。

チューブレスタイヤなのにパンクした時のためにチューブを持って行きます。
それでも心配なのでチューブレスタイヤの修理キットも持っていきます。^^
ちなみに千円札は、以前一人で群馬の山に行った時に財布を落とし往生したことがあったので、それからは心配なので財布と別に何枚か持ち歩くことにしているのです。

CO2ボンベがあるのに心配なので携帯ポンプも持っていきます。
CY08.jpg

にわか自転車乗りの上に心配性なので、ついつい持ち物が多くなってしまうのです。^^

持ち物が多いのに今までは格好つけて480mlという小さいサドルバッグにしていました。
cy01.jpg

収納出来るのはチューブ1本とミニツールとほかにちょっとした小物。
タイヤレバーさえ入りません。

入りきらないものはツール缶。
冬はそれでも良いですが、ツーボトルの夏場は別にバッグを持つ必要が有りました。
でもバッグ類をハンドルや体につけると、やはりシビアなライディングの邪魔になるので( ̄m ̄* プー)大きめのサドルバッグを調達してみたのでした。
cy02.jpg

cy04.jpg
見本で見たクラッシクな細身のスチールバイクには似合っていたのですが、パナチタンにはなんかビミョウ。
でも、防水と言うことなので雨の多いAKVポタ仕様と割り切ればいいか。^^

それから安ーいジャージも見つけたので購入。
cy05.jpg
どこぞの球団みたいな色遣いですが、日本のメーカーのモノで値段の割りに良く作られていて、海外の有名ブランド製とあまり違わない感じ。ただし裾の滑り止めのテープはなかったな。

それからホンカンさんに怪しまれたウインドブレーカーも新調しました。
cy07.jpg
夏のダウンヒルなどにも使える薄いコンパクトなヤツです。メッシュの袋付き。
背中はメッシュでなくてスリットで換気をするタイプなので蒸れないかちょっと心配。
サドルバッグ同様、雨の時のAKVポタには役に立ちそうです。^^
ないよりマシ程度かもしれませんが。


今年は雪国のように庭の花が一気に咲いたような感じです。
panelimg.jpg
とりあえずピンクや青い花ばかり。
posted by tomochan at 19:40| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

チューブレスタイヤ交換(R18)









当地方もやっと初氷が張り、いよいよ本格的冬の到来です。
07.jpg
以前、メダカが窒息しないか心配された方がいらっしゃいましたが大丈夫ですよ。
氷は割っておきましたから。(^^)

ホトケノザにも霜が降りて砂糖をまぶしたようです。
08.jpg
ちょっと美味しそうに見えますが、食べてもきっと旨くないでしょう。

さて、ここからは昨晩の話です。(つかみはオッケーかな?)


また週末がちかづいてきたので、ちょっとくらいはロードに乗りたいものだと思い、重い腰を上げてタイヤの交換をしてみることにしました。
そうです。群馬の太田市でパンクして以来3週間になろうとするのにチューブレスタイヤにチューブが入ったままになっていたのです。
このままでも乗れないことはないのですが、縦ふれがひどく気持ちが悪いので交換することにして、wiggleに注文したタイヤも10日前くらいには届いていたんですけど。

タイヤ交換くらいすぐやればとお思いでしょうが、なかなかこれがチューブレスタイヤの交換ともなると、気力、体力、供に充実している時でないと実行に移す気が起きないのであります。

幸い、体力だけはここ何日かは特に運動らしい運動もしてないので充実してますので、今がチャンス。
と、その前にお風呂に入って体を清めます。(家族にに早く入れと言われただけです)

さて、wiggleからの今回の来日メンバー。
01.jpg
ヤバ、注射器が写っちゃった。


RIMG1522.jpg
この間買った白い粉を、水で溶いて・・・

嘘です、嘘です。
これは注射器ではなくてシリマーと言って化粧品などを容器に入れるスポイトです。
今回はタイヤに「プロテクトエアー」というシーラントを注入してみようと思ってダイソーで買ったのです。
04.jpg
これでパンクのリスクは大幅に減るはずと目論んでいますが、効果のほどはいかがなものでしょうか。

更に、こんなものも。
02.jpg
チューブレスタイヤリペアキット

中身
03.jpg
たいしたものが入ってないのでがっかり。
要は、薄いゴムのシートを切ってパンクの穴に詰めて接着剤で固めるというもの。

これでパンクに対する備えは万全になりましたが、この前のように忘れていったら何もなりませんね。

さて、いよいよタイヤの取り付けです。
前回は初めてだったので30分ほど格闘するハメになりましたが、さて今回は何分かかるでしょうか。

何ごとにも言えることですが、力ずくで入れようとしてもまず無理です。
まず、ホイールとタイヤに石けん水をたっぷりと塗りしっとりとさせてから、優しく揉んだりさするようにしてタイヤのビードをリムの底に落とし、少しずつタイヤをはめていき、力を入れるのは最後の一瞬だけです。

このやり方で、今回は何と5分で取り付けができました。
(興味のある方はIRCの動画をご覧下さい)

さっそく空気を入れてみて、空気漏れをチェックすると、全くなし。
最後に白いシーラント液をドックン、ドックンいや、チューチューと注入して終了。

06.jpg

と、簡単そうに書いてますが、終わった後に革の手袋を取って手のひらを見てみると、真っ赤でした。
なんだかんだでやっぱり、最後の瞬間は結構力が要ります。

タイヤも交換できた、明日か、あさってどこかに行けるといいんですが。


追記
シーラント注入シーンの画像を忘れたので最後にアップしておきます。

まず一旦エアーを抜いて、バルブのコアをはずします。
h01.jpg

23Cのタイヤですと40ccと言うことなので20ccずつ2回に分けて注入します。
h02.jpg
針をバルブに刺し、少しずつ入れていきます。

癖になりそうです。
h03.jpg

フーッ。
h04.jpg
終わった。
posted by tomochan at 17:55| 埼玉 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

自転車小技・ウエストバッグをフロントバッグに。

いつまでたっても自転車に関しては初心者のままで、その上心配性ときているので自転車で遠出の時はあれもこれもと何でも持って行きたがります。
そのくせ、使っているサドルバッグは見栄を張って480mlと小さく、チューブと携帯ツールくらいしか入りませんので、入りきらない物はウエストバッグに入れて携帯していました。

しかし、ウエストバッグは動いているうちにだんだんとズリ降りて来るし、だいたい鮎川のサイクリングの時みたいに、体から離した時にどこかに置き忘れてしまったりする心配があるので、何かいいバッグはないかと探してみました。

でも、なかなかぴったりの大きさの物が見つからないので最近ではこんなことをし始めました。

ちょっと小さめのウエストバッグ
b01.jpg

ベルトをハンドルバーの水平の部分に巻き付け上に回してカチッっと止めます。
b02.jpg

フロントバッグの出来上がりです。
b03.jpg
シフトケーブルにちょっと触れてますが変速などに問題はありませんでした。

ベルトに余裕があればこんなことも出来ます。
b05.jpg
ウィンドブレーカーなど軽い物なら上に乗せても大丈夫。

いいことを発見したと喜んでいましたが、先日みたいに肝心な中身を入れるのを忘れてはどうにもなりませんね。


今日の御荷鉾山
mikabo.jpg


posted by tomochan at 19:11| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

初wiggleで秋の準備

いくら暖かい日が続いていても、いつかは来るであろう本格的な秋に備えて、自転車のウェアー(小物)を用意することにしました。
今回は初めて海外通販のwiggleで買い物してみました。一応今までも登録はしてあったのですが、注文してもクレジットカードが使えないとのメール(以前は英文だったのでおそらくそういう内容だと思います)が来てショッピングが出来なかったのです。
あきらめきれずに今回再挑戦してみたらやはり同じメールが来てしまいました。(今度は日本語のメールでした)
そこで登録内容を良く見てみると、登録した私の住所がunited kingdomになってました。どうりでクレジットカードが使えないわけです。
1週間後、住所を日本に訂正して再度注文したら、今度はバッチリうまく行きました。まあ、これが普通なんですが。
でも、怪我の功名と言うのでしょうか、1週間前の金額よりも円高のためか同じ商品なのに合計金額が15%も安くなっていて超ラッキーでした。

まずはこんなもの
Orcaのコンプレッションカーフ
RIMG4920.jpg
早い話がふくらはぎを保護する靴下のない靴下?みたいなものですね。
私はこの時期は膝下までのレーパンをはくのですが、もう少し寒くなるとやはり露出しているスネあたりが冷たくなるので前から欲しいなと思っていたのです。
さっそく着用してみました。

このコンプレッションカーフはずり上がらないように足の甲で止めるタイプなのですが、足の甲の締め付けがきつすぎてずっと履いてると、足の甲が痛くなりそうでした。
やっぱり2XUみたいなストラップのないものの方が良かったかなと後悔していると、試しに履いてみた妻からこんな申し出が。
「私にはぴったり。私のスキンズが少しサポートが弱くなってきたからこれと交換してあげるよ」

かくしておニューのOrcaは妻の足に。少し伸びてくたびれたSKINZが私の元に。
RIMG4927.jpg
ストラップのほつれた糸がそこはかとなく哀愁を漂わせています。
SKINZはストラップが土踏まずにくるので全然痛く無いし、私の足にはまだサポートが効くようなのでいいのですが。

アームウォーマー
RIMG4926.jpg
今までナイキのランニング用のものを使ってましたが、自転車は肘を曲げて乗ることが多いので自転車用ならば多少付け心地はいいのかと思いアソスのものを買ってみました。
結果は、付け心地はランニング用と一緒でした。考えてみればランニングも肘を曲げて走りますしね。
でも、さすがアソス。安いアームウォーマーとは言え品質はいいですね。
でも、何もこんな大きいタグを付けなくてもいいと思いますが。どうせ見えないんだから。少し邪魔です。

X−Socks
RIMG4923.jpg
自転車用ソックスですが履く時のためのものなのかストラップが着いてます。でも無くても普通に履けます。
日本円で千円くらいですがシリアルナンバーが付いていてウェブで登録すると2年間の保障が付くと書いてありました。履き心地は普通ですが、なんだかそっちの方に感心しました。

ベスト
RIMG4931.jpg
今までベストは持ってなかったので買ってみました。薄いのでコンパクトに収納でき、背中はメッシュなので秋に活躍しそうです。
これは国内通販で買いました。ノースウェーブ。

一応、秋用にそろえてみましたが、冬までに自転車に何回乗れるかどうかの方が問題です。
昨日も、今日も仕事でしたからねー。


posted by tomochan at 18:16| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

コバトン号誕生

交通安全の関係でいただいた「コバトン」のキラキラ反射シール。
せっかくいただいたのですが使い道もないので机の隅でほこりをかぶっていました。
01.jpg
大1枚、小4枚。良く見ると全部表情が違います。

そのコバトンにやっと出番がやってきました。
02.jpg
ロードのバーエンドキャップがいつの間にかなくなっていました。

エンドキャップに貼り付けてみました。
03.jpg
ジャストフィット。
ちなみにバーエンドに付いているのはゼファールのSPYミラーという商品でなかなか便利です。

全体
04.jpg
反射シールなので夕暮れが早くなるこれからの季節にぴったりです。

フレッタのグリップエンドにも付けてみました。
05.jpg
こちらにもぴったり。これで横からの車にも安心です。

更にこんなところにも。
06.jpg
これは下のPちゃんマークが邪魔をしてすき間が出来てしまいます。

やっぱりこっちかな。
07.jpg
ぴったし。コバトン号の完成です。

シールを持ってない人にはどうでもいいような小ネタでした。

コバトンと言えばシラコバト。
その天敵の鳥を先ほど見かけました。
08.jpg
たぶん鷹の一種だと思います。車で花園橋の下の荒川沿いの道を走っていたら道路の脇から急に飛び立っていきました。体長は50cmくらいで結構大きかったです。

悠々と飛んでいきました。
09.jpg

コバトン号が襲われなくて助かりました。
posted by tomochan at 17:43| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

富嶽三景

近頃は富士登山がブームだそうで大変な賑わいだと言います。
私は登ったことはありませんが、遠くから眺めるのは大好きです。
ただ、残念なことに私の住んでいる町からは富士山は見えないので、似たようなものを見て我慢しています。

たとえばこれ。105冨士。
12-27.jpg
頂上にくらべて広大な裾野が堂々とした印象を与えてくれます。
しかし、裾野が広くて堂々としているということは、使う人は逆に堂々としてなく、貧弱な人の場合が多いです。私です。
12−27T。この味を覚えたら、これなしではもう山に登れなくなると言う貧脚御用達のスプロケットです。
最近、シマノから更に軽い11−28Tというものが売り出されたようですが、28Tを必要とする人がトップ11Tがなぜ必要なのか。謎です。

アルテグラジュニア冨士。
こちらは裾野が広くなく頂上までほぼ一直線です。
13-25-02.jpg
ロードバイクを購入した時、最初に付けたギヤです。
ショップのオヤジさんが気を利かせてアルテグラのジュニアカセット13−25Tを付けてくれたのでした。ジュニアというかシニアまたはそれ以上(なんて言うのか知りません)なんですけどね。
これはトップの13Tから19Tまで1段刻みのクロウスレシオになっていて初心者の私にはとても使い勝手が良かったのですが、前述の通りの貧脚故に27Tにしてしまったのと新しいホイールでは使えないので今は棚の飾りになってます。

クロウスレシオの快適さが忘れられないのでこんなものを導入してみました。
またもアルテグラ冨士。
12-23.jpg
12−23T。
105にくらべるとやはり仕上げは美しいです。12−27Tは105なのですがその差は一目瞭然です。
これがデュラエースになるとどうなんでしょう。見たこともありませんが。
このスプロケ、12Tから19Tまでクロウスレシオになっているのですが、何とローが23Tなので平地でしか使われないと思います。

さて今日はこの新スプロケを付けて夕方、また1時間ほど乗って見ました。
結果はやはり上々のものでした。
今日もケイデンス85位で22kmほど走りましたが、信号機0、県道横断3カ所のコースを選びましたのでほとんど足を止めることなく走れました。
気温も涼しくとても快適でした。ただし、もう6時を過ぎると暗くなるのでその辺は気を付けなくてはなりませんね。

今日のコース。


posted by tomochan at 20:39| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

自転車保険

今日ヤホーに「自転車も自賠責保険の対象に」という内容の記事が有りました。
詳しくはこちら

この記事にもあるように、自転車には車検のような機会がないため保険料の徴収が困難、などの理由で実現は難しいと思いますので当面は任意で保険に加入するしかないのでは。

と言うことで、私も先月末、民間の自転車保険の更新をしようと思ったところ商品そのものがなくなってしまったため、更新が出来ず、どうしたものかと思っていたところ、モッチーさんから協会の保険に入っているとのコメントをいただきました。

ただ「協会」としか書いてはなかったのですが、たぶんこの協会だと思いこちらの協会に加入してみました。
SKMBT_C20310081716311.jpg
違う協会だったらイヤだな。

財団法人日本サイクリング協会(JCA)の会員になると自動的に自転車総合保険に加入できます。
やっぱりこの協会で間違いなかったみたいです。

会員カード
cardのコピー.jpg
会員番号は冗談です。

実は私、もう一つサイクリングの時に保険を掛けているのですが、それは実際に保険を使用した時にご紹介します。
posted by tomochan at 20:16| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

日本一高い石けん水?

仕事場のエアコンが壊れてからというもの、今までブログのアップ用に使っていた仕事場のパソコンも朝と夕方の涼しい時間しか使えなくなってしまい、おかげですっかり朝晩のパートタイム・ブロガーになってしまいました。(みんなそうか?)
酷暑の昼間、仕事はどうしているかと言いますと、パソコン1台だけ持って自宅に避難し、そこの片隅でやらせてもらってます。(ワンコだけには喜ばれています)
自宅にもネットにつながっているノートパソコンがあるのですが超遅くて、とてもブログのアップなどしてられないので、どうしても更新は朝晩になってしまいます。

そんなわけで、だいぶ前のことになってしまいましたが、7月31日土曜日、
前橋のタキザワへ行ってきました。
この酷暑の中、自転車では命も危ないので(命知らずの方がお一方いらっしゃいましたね)友人のk氏のプリウスに乗せてもらって行きました。
さすがプリウス、静かで快適でした。

さて何を買ったかと言いますと
これです。
01.jpg
IRCのチューブレス・フィッティング・ローションなるものです。
1本785円なり。
先日、浦和に行く用事があり、帰りにワイズロード志木店で見つけたのですが置いてなかったのです。

何に使うものかと言いますと
03.jpg
このように自転車のチューブレスタイヤのビード部分から空気がシュワシュワと漏れるのを防ぐためです。

実は、この春から、タイヤをチューブレスに替えたのですが、最近空気漏れがひどくなってきたので試して見ようと思ったからです。

チューブレスタイヤは基本的にタイヤレバーを使わずに手だけでホイールにはめるので、そのあまりの大変さに、やれ脱糞しそうになっただとか、少しちびっただとか、流血の惨事になっただとか恐ろしい話を聞いていたので、私もそれなりの覚悟と準備をして事に及んだのですが、最初の1本目こそは約30分くらいかかりましたが、2本目は10分くらいで入れられました。
もちろん汗のほかは体からは何も出ませんでしたが。

そうやってやっと組み込んだチューブレスタイヤなのですが、上にも書いたように最近、空気漏れがひどく、一晩でぺちゃんこになってしまうほどなので、これでは遠くに行く時心配なので直すことにしたのでした。

空気を抜いて、一度ビードを落とし、ホイールとビードをきれいに拭き取りこのローションを吹き付け、規定より少し高めに空気を入れ直しました。

結果は、バッチリでした。5日たった今日でもほんのわずか柔らかくなった程度でこのままでも乗れそうです。

でもこのローション、成分は
04.jpg
なんと石けん水!
50ml、785円の石けん水です。

いや、私も最初の組み付けの時はタイヤに付属の石けん水がすぐ終わってしまったので、石けん水くらい自分で作れると思って、自分で作った石けん水を使ったのですが、この時から空気漏れがしていて、その後何回か、同じ事を繰り返したのですが、改善しなかったのです。

そうしたところがこの石けん水、一発で空気漏れが治まりました。
でも、表示が石けん水ではねー。もうちょっとなんか気の利いた○○化○○化合物みたいな表示をすればとおもいますけどね。
IRCってまじめな会社なんですね。きっと。

タッキーの次は高崎のヨシダにも行ってみました。
これに伊勢崎とかまわれば北関東ゴールデンルートですね。

05.jpg
zefalのスパイミラーという商品です。
先日、花園のフォレストで倒したはずみに壊してしまったので買い換えました。
我が家の周りは、ダンプが多く抜かれる時怖いので、結構役に立ちます。
それから、早い自転車が来た時サットよけるのに使います。(こっちの方が多い?)

タキザワやヨシダで買ったものではありませんが後輪をもう一つつけてみました。
06.jpg
倒れなくて安全です。


posted by tomochan at 20:25| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

自転車車載スタンドを自作

今までは自転車を車に積む時はカーゴルームにごろんと転がしておけばすんだのですが、今度2台積むことになったので、急遽、1台分だけですが車内用スタンドを作ってみました。

モデル
vergoexcels-02.jpg

実際
RIMG3510.jpg

RIMG3513.jpg

ただ、板に金具をつけて輪行用エンド金具をつけただけ。
材料費はしめて1500円ほど。
モデルにしたミノウラのスタンドは6000円ほどでした。
あまり高くはないですが、手作りでも見せるものでもないからまあいいかと。

ただ私の車、初めて自転車を立てて入れてみたのですが、サドルを一番下までおろさないと立てられないことが発覚し、ちょっとがっかり。
posted by tomochan at 19:12| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車アクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする