2012年07月01日

東へ西へ、夕方ポタ

今日も夕方ポタのお話。

この日の夕方ポタは西の方向へ。
まずは川の博物館からスタート。
001.jpg

かわせみ荘の前の荒川の坂を上り
002.jpg

荒川の河岸段丘の坂を上り
003.jpg

水道タンクのある丘に。
004.jpg

西側に下り
006.jpg

愛宕山の下へ。
007.jpg

久しぶりに300段以上ある階段を歩いて登ってみた。
008.jpg
自転車以上に疲れました。^^

西の空に幕のような雲が出てきたところでこの日のポタも幕引き。
009.jpg

距離13km
獲得標高131m


翌々日、この週3度目の夕方ポタ。
この日は東に。

先週に引き続きまた来てしまいました。
0001.jpg

しかも昼間に車だけど一度来てるというのに。

荒川大橋から見るとハルシャギクだろうか、河原に見事な群落が。
002.jpg

夕暮れの荒川で投網を打つ人。
004.jpg

今日は金曜日、あの網を拝借して一網打尽に・・・
005.jpg
いけない、いけない、変な妄想にとりつかれてしまった。

うちわ祭りの証拠写真を撮って撤収。
007.jpg

この時間の街中のポタは刺激が強くて困ります。
006.jpg
ラーメンや焼き肉の良い香りがお腹を刺激してたまらないのです。
時々他の良い香りも。

距離37km


posted by tomochan at 14:38| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

夏休み自由研究的ポタ2





弁天池からさらに西に100mほど移動したところに水量の豊富なところがありました。
先ほどの弁天池の案内板に弁天池の水が枯渇してきたため明治20年に代次郎ヶ池を掘ったとありました。代次郎ヶ池は地図によるとこの辺らしいのですが、案内板もなく、近くに人もいなかったので真偽のほどはわかりせんでした。
017.jpg

下流側を見ると水路は先ほどの弁天池に続いています。
016.jpg

農家と水路に挟まれた道を西にまた100mほど移動。この道は土地改良でも付け替えられずに残った道のようです。

柳出井池です。
019.jpg
大きさは10m四方で東側には道祖神や庚申塔、水神等が祀られていて昔から大切に守られてきた池のようです。

「永田地区涌水池池下図」と書かれた案内板
018.jpg

拡大図
yanagi3.jpg
この図のとおり140号バイパスのところの清水池(写真左)からこの柳出井池までは一本の水路で結ばれていたのです。(柳出井池が上流で清水池が下流)
その間に全部で7つもの池があったのですが、この日確認したのは4つだけ。
他の池には気が付きませんでした。

yanagi 4.jpg
昭和50年に県営ほ場整備事業で用水路が整備されるまでは、これらの池の涌き水で合わせて19.8ヘクタールもの水田を潤してきたと言うから驚きです。日照りの時とかはさぞかし大変だったかと思います。

現在は玉淀ダムからの水なのでしょうか、水は用水路をとうとうと流れ水田に引かれています。

役目は終わったとはいえ、今でも近隣の住民の癒しの空間になっているようではありました。
020.jpg
「君たち、のんきにザリガニ取りなんかしてるけど、夏休みの自由研究は終わったのかい?おじさんはもうすぐ終わるよ。いいだろう。」
「今時そんな研究、小学生でもしないよー」返されそうなので言うのを止めた。

水温チェック忘れてました。
022.jpg
意外と高くて20℃でした。

ここで秘密兵器登場。と言っても3年前に入手して子どもに貸していたのがやっと帰って来た。危うく秘密兵器のまま終わるところでした。
yanagi1.jpg
水中でも使えるカメラ。

yanagi06.jpg


中央付近で砂が吹き上がっているのがわかりますか?
yanagi 07.jpg

泡がブクッっと出た瞬間が撮りたくてしばらく粘りましたが、やはりノーファインダーなので決定的瞬間を撮るのは難しいです。
でも見ることだけはできたのでここらで帰るとします。

荒川の右岸に渡り自宅の近くまで来た時東上線の線路の脇から水がわき出ているのを思い出しました。
023.jpg

水温は17℃でした。
024.jpg

なんだかんだ言ってここがいちばん冷たかったのでした。(黒田の豊栄神社の蕎麦の湧水と同レベル)


今日、たまたま小鹿野町在住の仕事の仲間を車の助手席に乗せてこの最後の湧き水を通りかかったのですが、その方はめざとくこの湧き水を見つけ褒めてました。
その方曰く、「最近ではこれだけ水量のある涌き水は秩父でも少なくなった。何かに使用しないともったいない」とのことでした。そんなものかなと思いましたが、確かに捨ててしまうのはもったいない。飲用した場合の体への影響を調べていただける方はいないものでしょうか。







posted by tomochan at 21:18| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

夏休み自由研究的ポタ1

熊谷地方が38℃の最高気温を記録した日曜日の昼下がり。
001.jpg

涼を求めて近場を自転車でグルグル、ジロジロ。

まずは花園橋の下の工場の前で。
002.jpg
以前も紹介しましたが荒川右岸の段丘崖の崖下から地下水が湧き出しています。

水温20℃
003.jpg

なぜこんな夏休みの自由研究みたいなことをするかというと、先日の暑い日花園インターチェンジ近くの黒田地区の涌き水に手を入れてみたら、あまりの冷たさにびっくり。いったい何度くらいあるのだろうかと疑問に思ったからです。

以前も紹介したことがあったと思いますが、ここがその黒田の豊栄神社のすぐ近く涌き水。
004.jpg
水路の先の道路の反対側が小さな段丘崖になっていてそこが水源になっています。

水源と言っても水量は少ないので下流の洗い場に溜めて使用しているようです。(上の写真)
005.jpg

水温は17℃でした。
006.jpg
手をずっと水につけておくと冷たくなるほどです。
山の中の涌き水でもないのに不思議なものです。

荒川の左岸沿いに2kmほど下り六堰頭首工近くの不動の滝へ
007.jpg
ここも以前紹介しました。写真はその時のもの。

不動の滝の水温は
008.jpg
ピンぼけですが18℃でした。

今度は荒川から離れて北に向かい永田地区へ。

国道140号バイパスのファミリーマート近くの清水池
009.jpg

うっそうとした森の中にありますが、周囲は新しい石組みで保護されているのでじめじめしたところがなく快適でした。
010.jpg
ここも荒川によって作られた小さな段丘崖から水が湧き出しているようでした。池の大きさは6畳間程度。水温は18℃でした。

次はバイパスののアンダーパスを通って西の方に数100m移動した永田の八幡神社。
012.jpg

境内に宮下ノ池がありました。
013.jpg
大きい鯉が泳いでいました。

この池は先ほどの清水池と違って近づくのはちょっと気味が悪いので水温測定はなし。(^^)

さらに西に数百メートル移動。

弁天池
ben.jpg
天正年間に掘り当てられたという歴史のある弁天池ですが土地改良事業で埋められてしまって今は小さな公園になってます。

015.jpg

つづく
posted by tomochan at 20:50| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

荒川の首長竜

ウィーグルにオーダーしてあったハッチンソン様ご一行の来日が遅れ、結局週末に間に合わなかったので今日は近場をグールグル。

荒川の首長竜
01.jpg
って、これかよ。

コマツザウルス
05.jpg

私が子どもの頃は荒川に船を浮かべて川砂利を採っていたものですが、上流にダムが出来て以来、上流からの砂の供給も止まり荒川の砂利の採取も禁止になりました。

現在は、山で採掘した岩を砕いて人工的に砂を作るのですが、砕いて細かくなった砂の原料を山から運んできて、荒川の河川敷にあるこのプラントで洗い、粉塵などの余分なものを取り除いているのです。
04.jpg
近所なので良く散歩に行くのですが、皆さんには砂を噛むような味気ない話題で失礼しました。

今日はいい天気でしたが北風が強かったですね。
02.jpg

近場でウロウロしていて正解だったかも。




posted by tomochan at 17:19| 埼玉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

上り坂?下り坂?

世の中には上り坂と下り坂、どちらが多いか知ってます?

先日、テレビを見ていたら、下り坂でボールを転がしてみると、ボールが逆に坂道を上り始めてしまうという坂道を紹介していました。
いわゆる「お化け坂」です。関東近辺だと赤城山中の坂が有名らしいです。
それを見ていて、私にも心あたりがあると、先日釜伏峠に行ったついでに確かめに行ってみました。

場所は釜伏峠の十字路を登谷山や二本木峠の方向に向かい最初の坂を登り切ったあたりです。
RIMG3434.jpg

峠の十字路からいきなり10%以上はあろうかと思われる急坂の登りです。
ただ、100mくらいと短いのですぐに頂上が見えてきます。そこから先の道路の状況は見えないからおそらく下り坂だとつい思ってしまいます。
RIMG3435.jpg


へろへろになりながらもやっと頂上に着き、さあ、今度は下り坂で楽させてもらおうと思って足を止めると(アスリートではないので下りは休みます(^^))、あれれ、進まない。自転車が止まってしまいそう。
自転車でここを通るたびにいつも感じていました。

では今度は逆方向から見てみましょう。
先ほどの頂上に向かって、逆方向から見たところ。
RIMG3436.jpg
私の目にはどう見ても向こう側に登っているように見えるんですけど。

同じく逆方向から頂上を見たところ。
RIMG3437.jpg
やっぱり頂上に向かって登っているように見えます。

上り坂に見えても実際は下り坂であったり、また逆に下り坂に見えて実際は登りであったりと、これは錯視という目の錯覚から起こる現象らしいです。

私の人生も下り坂、これも錯視であって欲しいものです。

と言うことで、今日はちょっとしたお化け坂体験の話でした。
でも、たいしたことないのでわざわざ確かめに行くことはないですよ。(特に車ではまったく気付かないと思います)
つまらなかったとクレームをつけられても困りますので。

しかし、今まで下り坂だと思っていたのに、これでまた私の好きな下り坂がひとつ減ったのが残念です(そんなわけないか)

RIMG3539.jpg
本庄市内で。
ラベル:おばけ坂
posted by tomochan at 18:03| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

緊縛写真

緊縛・・・きつく縛ること(大辞泉)
そのきつく縛られた姿の写真が少したまってきたのでヒマネタにアップしようと思います。

ピンクの館
RIMG0125.jpg
続きを読む
posted by tomochan at 18:08| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

緑のトンネル

今日はめずらしく5時に目が覚めたので、朝方ちょっとポタってみました。

緑の中を抜ける真っ赤なポルシェ。ポルシェ持ってないので自転車で。
RIMG1954.jpg

荒川の土手沿いの緑のトンネルを抜けて広々とした耕地にやって来ました。
RIMG1951.jpg
もうすぐ収穫の時期を迎える麦。その頃のことを麦秋とも言いますね。
花園橋と遠くの山は登谷山です。「命」の山と言いますね。(私だけか)

鎌倉街道の徒渉地点を示すと言われた「川越岩」
RIMG1955.jpg
ニセアカシアが咲いています。荒川の上流の方は霧が出ているようです。

こちらはニセアカシアのトンネルというかアーチ。
RIMG1961.jpg
昔はたくさんあってそれこそトンネルのようだったんですが。

何を撮りたかったのでしょうか?
RIMG1968.jpg
モニターのゴミを良く払って右上の空の方をご覧ください。
ニセアカシアの花びらです。(この前の金星と同じかい!)
本当は、花びらが風に舞ってすごくきれいだったんですが。

帰り道、赤浜というところにさしかかりふと思い出しました。
緑のトンネルと言えばこのあたりに以前このようなものがありました。
RIMG0109.jpg
緑のトンネルならぬ緑の庇。見事に四角くカットされてます。というか車の通過で自然にこうなったのですが。
残念なことに今は歩道工事のため消滅してしまいました。

こちらはまだまだ現役の緑のトンネル。
RIMG1979.jpg
東上線のガードですが、ここは夏場の憩いのオアシスです。
ここだけは当分なくなりそうもありません。

追記

午後3時過ぎに自宅の屋外の温度計をみたら33度になってました。
RIMG2014.jpg
暑いぞ、寄居!
posted by tomochan at 15:18| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

寄居にも有った?平城宮跡の高御座

先日から平城遷都1300年祭が始まったようです。
今日は、さっそくNHKの昼の番組が中継をしてましたね。
大極殿から前の広大な広場にかけての眺めは映画「ラストエンペラー」の中の紫禁城を彷彿とさせるスケールの大きいものでした。

帝の座る高御座(たかみくら)なども紹介されていました。
takamikura.jpg


これを見た時、あれ?どこかで見たことがあるなと思ったらこれでした
RIMG0799.jpg
写真ではわかりにくいかと思いますが、二股に分かれた木の上5メートルくらいの高さに椅子が据え付けてあります。はしごもかけてあります。


椅子の様子。
RIMG0750.jpg
椅子の周りは季節の草花で荘厳に飾られています。
東を向いているのは、やっぱり日出ずる方を仰ぎ見るためでしょうか。


通るたびに何のために作ったんだろうなあとずっと思ってましたが、こういうことだったんですね。
違うか。









posted by tomochan at 19:38| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

朝の散輪

今日は、午前中仕事、午後は地元のソフトボール部の飲み会(試合はもとより練習さえしないのだが、飲み会だけはしょっちゅう)なので、朝の内だけでもと散輪へと出かけました。

朝6時の外気温、何と3℃。



車の屋根も霜で真っ白。せっかく咲いたライラックが枯れなければいいのですが。
RIMG1022.jpg

どうやら無事のようです。
RIMG0876rairakku.jpg

さて、先日しまい込んだ、ウィンドストップジャケットをまた引っ張り出して出発です。


近所に毒ガスの発生源があったとは知りませんでした。
RIMG1024.jpg
「クロールピクリン」怖そうな名前だこと。

鉢形城の断崖
RIMG1030.jpg
ミツバツツジは終わって、山ツツジに変わろうとしてます。崖の中程の白い花見たいに見えるのは何だろうかと気になりましたが、300ミリで寄ってもよくわかりませんでした。白ヤシオってことはないでしょうね。


ツツジを見たら金尾のツツジ山はどうなったかと気になったので、見えるところまでやって来ました。
RIMG1031.jpg
まだやっと咲き始めたところのようです。
奥に陣見山が見えます。両方とも小学生の時、遠足で行ったのを思い出
し、昔の子は強かったなあと自分でも感心してしまいました。


秩父線の下り電車がやって来ました。
RIMG1033.jpg
ちょっと電柱がはいってしまいました。通り過ぎるところを撮るのは難しいものです。

キティちゃんのゴミ集積所
RIMG1034.jpg
きれいに使ってくれそうです。

もう交代?
RIMG1039.jpg
早く撤去しないと、このようにブログのネタにされちゃいますよ。


そして誰もいなくなった。
RIMG1047.jpg
葉桜もいいもんですがね。


ついでに仕事に使う写真もパチリ。
RIMG1058.jpg

7時半には帰宅。久しぶりに抜けるような青空の下、約18キロの朝の散輪でした。
posted by tomochan at 14:39| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

またまた雪

今朝は、この冬5回目の雪。
そのたびに喜々として自転車で乗り出して写真を撮ってます。
変なやつだと思われないよう、なるべく人のいない方へ行くことにします。

でも、結局いつものところへ行って、代わり映えのしない写真を撮ってしまいます。

玉淀大橋と鐘撞堂山
RIMG0331_1.JPG

今日の積雪は少ないです。
RIMG0336_2.JPG

早く咲いてしまった梅はかわいそう。
RIMG0341_1.JPG
梅の実の付きに影響しなければいいけど。

梅の木のサルノコシカケ
RIMG0343_1.JPG

水滴がみんな凍ってました。
RIMG0346_1.JPG

しかし、雪が降るたびにいちいち写真撮ってたら、雪国の人はどうするんだろうと思う今日この頃です。
posted by tomochan at 19:45| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。