2019年04月30日

平成限定地元の秘境

先日の秘境訪問で思い出しました。

我が地元には他にも秘境があることを。

秘境といっても、正確に言うと数年前に一旦、誰の目にも触れるようになり秘境ではなくなったのですが、その後また秘境になりつつあるという場所なのですが。

数年前のこと。

荒川の段丘崖の森が数百mに渡って伐採され、丸坊主にされてしまいました。
001.jpg
(伐採されたといってもまだ秘境感たっぷり?)

それまでは森の他にも工場などがあって立ち入りが困難な場所だったのですが、それらが取っ払われてしまったのでどこからでも自由に入れるようになったのです。

その結果、荒川に流れ込む小さな沢に滝があるのを発見することができたのです。
002.jpg

003.jpg
落差2m程のナメ滝でしたが、既に関東平野に含まれている地域なのに、小さいとはいえ滝があったのでびっくりしたのでした。

昔からあったのだから発見と言うのも変ですが、少なくとも私はその時初めて見たので、発見したような気になってしまったのでした。

そういえば、このあたりには「滝ノ上」とか「滝坪」と言う小字名があるのを思い出し、その「滝」というのはここのことだったのかと納得したのでした。

もう少し上流に行ったところにある崖。
004.jpg

このあたりでは珍しい大きな岩が岬のように荒川側に伸びています。

このあたりの小字名は「立岩」

ということは、この岩の名が立岩?
006.jpg
近くに住む人に岩の名前を聞きましたが、知らないとのこと。

切り立った崖の上には質素な祠が建てられています。
005.jpg

崖の上の様子。
007.jpg
日本人は、と言うか日本人以外も同じようですが、このような巨石や巨樹、滝や淵、洞窟、磐座などに何か神聖なものを感じてしまうようで、祠を建ててしまうのもわかる気がします。

以前も取り上げたことがある馬頭観音。
090.jpg
かつての村はずれに建つこの石碑。
以前はうっそうとした雑木林のなかにあったため、忘れられたような存在で、近づくのも容易でなかったのですが、件の伐採で姿が顕わになったのです。

側面には文化十二年と刻まれています。
010.jpg
文化年間に建立されて以来ずっと暗い森の中で建ち続けてきて200年余。
平成の世になり、突然明るい日の光を浴びることに。

そして、平成が終わりを迎える今、滝も岩も、そして、この馬頭観音も、伸び始めた樹木により再び森の中に埋没させられようとしています。

平成の世限定の地元の秘境、いつか書こうとは思っていましたが、平成最後の日に書くことができて良かったです。

新しい年号はメイワなんだって?
P1020700.jpg
posted by tomochan at 18:25| 埼玉 ☔| Comment(2) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

平成最後の秘境探検

今日は平成最後の日曜日(もうなんでも平成最後です)というのに朝から仕事。
訪問先は深谷市だったので、行きながら関越の渋滞チェック。
001.jpg
これで渋滞でもしていれば、どういう訳か仕事にも張り合いがでるのですが、けっこうスムースに流れているようで、ちょっとモチベーションが上がりません。

それにしても朝から天気が良く、空気も澄んでいて谷川連峰始め遠くの山々がよく見えました。
002.jpg

帰ってからは、地元地区の役員の役目で意外なところに行くことになりました。

我が地元の地区は、そこだけぐるっと山や川に囲まれ、チベットにたとえる人もいるくらいの、人も風景も昔からまったくと言って良いほど変わってない土地柄なのです。

そのような地域にあって、今日は、さらに人気のないところに行ったのです。
住民でもおそらく95%以上の人は足を踏み入れたことはないでしょう。
チベットの人も行かないとなると、もうチョモランマ並ということでしょうか?

ただ、チョモランマと違って当地区の秘境は平地なので、この時期なら意外と簡単に行くことはできます。
003.jpg
さすがに夏は来ようと思いませんが、たぶんジャングルのようになっているはずです。

秘境とはいえ、木にロープがかけらていて、さすがに人間が活動した痕跡はあります。
004.jpg
かけらたロープが成長した木に食い込こまれてしまってます。
Y字形の木をコレクションしている江南の例のところへ持って行けば世界遺産に認定してもらえるかなあ?


森を抜けると荒川の流れ。
IMG_20190428_114437.jpg
上の写真の崖は地元では立岩と呼ばれているのですが、私が子供の頃には廊下のような出っ張りがあって、そこを伝って行き来ができたのでよく遊んだことを覚えています。
今はそれもほとんど削られてしまったようですが、今思うと、良くあんなところで遊んで無事でいられたものだと我ながら感心してしまいます。

崖の上の方には牡蠣の化石の層があります。
006.jpg
「貝がら渕」といって地学ファンには結構有名なところらしいのです。
このあたりの家庭には荒川で拾った貝の化石が庭先にゴロゴロと置かれていたりしますよ。(もちろんウチにもあります)
そういえば、「タモリ倶楽部」のタモさんもこの上流数百mのところまでおいでになりましたが、さすがにここまでは来ませんでしたね。残念でした。


こちらは荒川の対岸の様子
007.jpg
写真では良くわかりませんが、秘境感満載のこちら側と違って、大型電気店、直売所を兼ねたお菓子工場、外食チェーン店、ビジネスホテル、と何でも有りの賑わいよう。

夜間、こちら側から見る対岸の様子はこんな感じ。
009.jpg


これを見て、口の悪い人が言いました。
「どこかの国の国境地帯のようだ」と
008.jpg

まあ、そういうところが好きで住み続けている訳ですから、全然気にはならないのですけどね。
でもやっぱり、橋があったら便利かな。^^

今回の秘境訪問、平成最後に良い記念になりました。


posted by tomochan at 19:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

タモリ倶楽部に「かわはく」が登場

先日、録画しておいたタモリ倶楽部を夕飯でも食べながら見ようと再生してみたら、オープニング見てびっくり。
「毎度おなじみ流浪の番組・・・今回は埼玉県寄居町の荒川に来ています」
なんとタモリさんが寄居町の荒川、しかも毎日のように眺めている(橋の上から)カワセミ河原に立っていました。

オープニングのロケ地はこのあたりでした。
IMGP5085-2.jpg
流木などが散乱していて、決してきれいとは言えませんが、この方がタモリ倶楽部っぽくて良いのでしょうか。

この後、タモリさん一行はいったい何をするのだろうか?
流木拾いだったら、あのあたりには最近行ってないから、先に拾われたらまずいなあと思っていたところ、そうではなく、目的は埼玉県立川の博物館、通称「かわはく」なのでした。

「かわはく」の「荒川大模型173」
000.jpg
荒川の源流域から東京湾の河口までの173kmを千分の一に忠実に縮小した日本一の立体模型だそうです。
最近は入場料が必要になってしまったので、訪れることも少なくなってしまいましたが、数年前、まだ、ここまでは無料で入れた時期に撮った写真がありました。

「すごいね、これは。こんなもの作るの良く許されたね。」
タモリさんもびっくり。

荒川源流域
001.jpg

雁坂峠付近
002.jpg

ここは滝沢ダム
RIMG6465.jpg

三峰口駅付近
003.jpg

かわはくのある寄居町
RIMG6485.jpg
タモリさんも言ってましたが、河岸段丘がきれいです。

等高線を忠実にたどって板を造り、それを貼り合わせたのかなと思いますが、確かにすごいです。


番組を見た翌日、朝の散歩で「かわはく」まで歩いて行ってみました。

途中で見かけた皇帝ダリヤ
CIMG3504.jpg

にっぽんで二番目?くらいに大きい水車
CIMG3514.jpg

番組で聞くまでまったく知りませんでしたが、来年3月いっぱいまで改装のため休館だそうです。
CIMG3511.jpg
4月のリニューアルオープンが楽しみです。

カワセミ河原まで足を伸ばしてみました。

あ、お尻
IMGP5116.jpg
タモリ倶楽部と言えばお尻。
タモリさんに見てもらいたかったなあ。
ウチのマリリンほどではないけど。^^




posted by tomochan at 20:38| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

我が町からも世界遺産を

長崎県の端島、通称軍艦島がイコモスの登録勧告を受けたことにより、その世界遺産入りが大きく前進した。
しかし、一部では反対運動も起こっており、世界遺産委員会で勧告が覆されることは原則的にないというものの、最終決定までは予断を許さない状況だ。

巷にこんなニュースが飛び交っている昨今、万が一の場合の二番艦としてこのような軍艦島を用意しておくのはどうだろうか。

寄居町荒川上流に浮かぶ軍艦島
001 (2).jpg
全長約3,000o
周囲約8,000o
面積約3,000,000平方ミリメートル(東京ドームに15,585個分入る大きさ)
人口0人

無人島だからといって領土問題やその他のややこしい問題はまったく存在しない。(もう少し下流に行くと江戸時代には荒川を挟んでの村同士の境界争いがあったらしい)
g001.jpg

g003.jpg
無人島どころか、もしかしたら人類が一度も上陸したことさえないのかもしれない。
なぜなら、以前のこのあたりの荒川は砂利が豊富で、水量も現在よりも多く水面が高かっため、この岩を含めてこのあたりにはほとんど岩が見あたらなかったからだ。

船首にあたる部分の樹木は平和の島を象徴しているかのようだ
g004.jpg


この島だけでは足りないようであるならば、近くに存在する珍石、奇石なども含めてはどうだろうか。

穴あき岩
005.jpg
この岩は本来アナーキーで撮影が難しいのだけど世界遺産登録のためにがんばって、なんとか写真を撮ることに成功した。

ヨルダンのペトラ渓谷にも似た切り立った渓谷
007.jpg
インディージョンズが向こうからやって来そうな気がしないでもない。


これは岩の形を見れば説明不要であろう
007.jpg
岩の形が鯛に似ているのである。
惜しむらくは前のいまいましい黒い棒のような石が鯛のエラの部分を隠してしまっていることだ。
それがなければ色といい形といい、申し分がなかったのだが。
しめ縄張って「めでたい岩」として売り出せたのに。

もしや恐竜の目玉では?
panelimg.jpg

と思ったが、柔らかい岩に固められた石が水の力で外に出ようとしているところのようだ。
RIMG1892.jpg

鯨岩
RIMG1917-2.jpg
鯨が海中から顔を出したところに似ている。

これらはすべて半径50mの範囲内に存在するので、まとめて「軍艦島を含む珍石奇石群」として世界遺産に推薦してもらったどうだろうか。

これが太田市ならばシャレで太田遺産くらいにはなるかもしれないが、やはり寄居ではどうにもならないだろう。

こうなったら世界遺産を飛び越して宇宙遺産に推薦してもらうというのはどうだろうか。
さっそく江南の宇宙遺産認定委員会に連絡してみよう。
江南の宇宙遺産認定委員会の活動の様子はこちら


「江南以外はダメ」なんて断られたりして。
あちらも宇宙遺産といいながら選出されてる地域は狭いからなあ。
posted by tomochan at 17:23| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

深谷の鉱泉水を汲む 

昨日のポタで溜飲が下がったと書きましたが、実は一部、溜飲が下らないところがあったので、今日仕事のついでに車で再訪してきました。

以下は昨日の出来事。
赤口川公園というところの脇を走ったと書きました。
RIMG0010.jpg

赤口川は小さい川ですが、鯉が泳げるくらいに水量も豊富で平地の川にしては水もきれいです。
RIMG0009.jpg

この水はいったいどこから流れてくるのだろうと思い、上流に行ってみました。

川の流れはいったん道路をくぐって
RIMG0012.jpg

アガノというイタリアンレストランの裏から関越のインターの方に向かって続いているようでした。
RIMG0015.jpg
水はきれいなのですが、ゴミが散乱しているのが気になります。

そういえばその先にはウォーターなんちゃらとかいう水にまつわる名前の建物があるのですが、あそこは水を汲み上る施設なのでしょうか。
そのあたりを調査してみたいところなのですが、違う気もしますので、事情通の方の意見を聞いてからにしましょう。

そこでこの日は、左岸(北)の方からも本流に負けないくらい水が流れてきているので、そちらの方の調査をしてみることに。
RIMG0014.jpg

上の道に出て北に向かうとすぐに「赤口稲荷 仁恵の鉱泉水」という看板を発見
RIMG0016.jpg
看板の下には水道の蛇口があります。

だいぶくたびれてしまってますが注意書きが
RIMG0019.jpg

なに、温泉水ですと!

でも近くにノートはなく、所有者と思われる設備屋さんの事務所も休日で閉まっていたため、この日は見学だけにとどめておきました。

蛇口の先にパイプが続いています。
RIMG0018.jpg

それをたどって行くと源泉らしき井戸とポンプ、そしてお稲荷さんが。
RIMG0017.jpg

残念ですが、この日はここまで撤収。

そして今日再訪したところ、事務所の人がいらっしゃったので汲ませていただいたのでした。
あまり利用されている様子もないのでパイプに滞留している分くらいは流させてもらうことに。
するとどうでしょう、辺りに異様な臭いが。
異様ではない、硫黄だ。温泉臭だ。
びっくりして、また事務所に行って話を伺ったところ、先代の社長さんが掘り当てたものなので詳しいことは分からないがとのこと。
ただ、汲んだときは泡が立って、時間が経つと消えるのが特徴の水なのだとか。
と言うことは炭酸とか含まれているのでしょうか。
飲用できるか訪ねると、これしか飲まないと言う方もおられるとのことなので大丈夫なのでしょう。

泡が見えるでしょうか。
RIMG8837.jpg

こんなこととは思わず、小さい瓶しか持って行かなかったので、2本だけいただいて帰ってきました。
1本は飲用にして、もう一本はお風呂に持っていき、臭いを嗅いで温泉気分です。^^

これでやっと溜飲が下がったのでした。

道端にありますが、個人の所有物ですから利用される場合は、設備屋さんの事務所で許可をいただきましょう。
posted by tomochan at 20:54| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

仕事のついでに深谷市をジロジロ

春の香りってするものですね。
今朝は玄関を開けて外に出た瞬間それを感じました。

この時期の朝の散歩は気持ちがよいものです。
002.jpg

柔らかな朝日を浴びてホトケノザが輝いています。
001.jpg

梅に雀
RIMG7530.jpg

満開の梅の木の下では梅に負けずとナズナが大繁殖。
003.jpg


仕事で深谷に行くと目的地の手前で新井橋が掛け替え工事のために通行止め。
寿命なのでしょうが趣のある橋だったので残念です。
005.jpg

適当に回り道をして行くと備前渠鉄橋の近くに出ました。
見たことないので見学して行くことに。
006.jpg

新井橋の工事のためか、水がないので川に降りてみました。
007.jpg

河床には煉瓦がゴロゴロ転がってました。
008.jpg
東京駅の煉瓦と兄弟かもしれないのでいくつか拾ってきました。
皆さんもこちら方面へのポタリングの際には拾われてはいかがでしょうか。
ひとつ2kgくらいでしょうから体力増強にもなるでしょう。^^

仕事先でパチリ
004.jpg


深谷市内の別のところに移動。

こちらでは砂漠化が進んでいるのでしょうか。
010.jpg

あちこちに砂丘が出来ています。
011.jpg

♪月の砂漠を はるばると
009.jpg

砂漠というよりも延々と続く万里の長城ですね。^^
012.jpg
先日の砂嵐の置き土産です。

ヤシの林には星条旗が立った。
013.jpg

何でもありの国際色豊かな深谷市でした。

変わって我が町。
東上線沿いの山の斜面を東武鉄道が下刈りをしていました。
015.jpg
ここは友達のお兄さんがカタクリを増やそうと孤軍奮闘している場所の隣接地。
今でもかなりの数のカタクリが見られますが、数年後にはもっとすごいことになるのではと今から期待に胸がふくらみます。

鉢形城跡のエドヒガンザクラ
暖かい日が続いたので開花したかと思い行ってみましたが、まだまだの様子。
RIMG7523.jpg
それでも先端の方はうっすらピンク色になっているようにも見えるので暖かい日が続くと一気に開花するかも。

葉原峠に沈む夕日
014.jpg
posted by tomochan at 20:19| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

週末のジロ

先週末は世間では金土日と3連休のようでしたが、こちらはすべて仕事でどこにも行けず。
それでもジロジロまでは無理としてもジロくらいはなんとかと思って、仕事の合間を縫って出かけたのでありました。

11月23日(金曜日)
この日は朝から天気が悪かったので、天気が回復しかけてきた午後3時過ぎから、仕事を兼ねて自転車で出かけてみました。

正喜橋からの鉢形城址
001.jpg
色がくすんでいます。
カメラのせいか一層くすんだ感じ。
最近こういうシーンで、画像がつぶれてしまう感じが気になり始めました。
寿命かな。

京亭のブロックの穴から紅葉を見せてもらう。
003.jpg

先日ZEROさんはこの玉淀川原で気を静めたとおっしゃってましたが、対岸の岩を見て逆効果にならないかと、地元民ならではの心配をしたものでした。
004.jpg

このあと近くの仕事先で用事を済ませUターン。

正喜橋近くの雀宮公園の紅葉がきれいだったので入ってみる。
005.jpg
昔はもっと広くて開放的だったのに、今は小さくなってしまって訪れる人もあまりいないようです。

この公園も確かこの辺まで続いていたと思ったけど、今は私有地なので(昔もそうだったのかな)塀の外から見るだけです。
006.jpg

007.jpg

008.jpg

写真を撮っていると犬を散歩中のマダムに話しかけられる。
ここの紅葉はすばらしいと思うのだが入れないので残念だとのこと。
それから寄居町の観光に対する取り組み方などのご高説をお聞きしているうちに暗くなってきたので帰ることに。

24日(土曜日)
この日は朝から良い天気。
午前中仕事をして、午後から1、2時間程度のつもりで出かけました。

まずは鉢形城址
013.jpg

城址内を流れる深沢川のお気に入りポイントへ。
009.jpg

010.jpg

011.jpg

014.jpg

015.jpg

鉢形城址の次は玉淀ダムの紅葉はなんかはどうなんだろうと思って行ってみることに。

ダム湖の左岸の道をたどってみます。
016.jpg

017.jpg

うっそうとした森を抜けるといきなり開けたところへ。
018.jpg

開けているように見えたのは、落ち葉で覆い尽くされた水面でした。
危ない危ない。
019.jpg

入り江のようになっていて、奥に橋が見えたので探検気分で行ってみました。
020.jpg

ちょっと頼りない青い橋を渡ってみると意外な発見。
021.jpg

なんと滝があったのです。
022.jpg
高さは1.5mほどですが、上にもう一つ見えましたから2段の滝のようです。
(上に見える白いちょろちょろは滝ではなく排水パイプのようです^^)

024.jpg

寄居町にこのような滝があるとは知りませんでした。
金尾の夫婦滝の次ぐ規模かも。
ただし、水がお世辞にもきれいと言えないのが難点。
そのあたりが有名にならない理由なのでしょうか。

滝の下流はちょっとしたゴルジュ。
025.jpg

地元の人には知られている存在なのでしょうが、私にとっては資料でも見たことのない初めての滝。
それがちょっとした探検の結果、見つけられたのですからちょっとうれしいのです。

この日はレディも参加という楽しそうなポタには参加できなくなってしまったけど、こういう発見ができたので全然うらやましくなんかないぞ。
意気揚々と帰ることにしたのでした。

帰り道、玉淀に「真実の口」があったので手を入れてみることに。
027.jpg

うう、手が・・・
posted by tomochan at 20:39| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

地元の珍百景


先日、あるお宅で見せたいただいた植木はすごかった。
何がすごかったって、ナニコレ珍百景というテレビ番組に取り上げられて10万円ももらったんだそうだ。
その様子はこちらの珍百景No.989
http://www.tv-asahi.co.jp/nanikore/contents_pre/collection/110615.html

現在はこんななっちゃっいます。
3101.jpg
まだ一万円分くらいはあるでしょうか。^^

たかが木、といっては失礼なのですが、それにして10万円とはいいなあ。
MTBかツーリングバイクが買える。^^

地元の珍百景?
3100.jpg
釜伏山が二つ。
もう何日かでもっと近づくはずでしたが、見るのを忘れてしまいました。
この写真はちょっと前に撮ったものなので、今の夕日はずっと南(写真左)に行ってしまっています。

これは何でしょう。
3102.jpg

昨晩の十六夜に光る瓦屋根でした。
3103.jpg

何か見つけて、狙うぞMV珍!
posted by tomochan at 19:59| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

週末はリハビリ走

先日、私、熊谷市民でもないのに、このようなシャツを着せられるハメに着る栄誉に浴することができました。
001.jpg

ある職能集団の埼玉県のボーリング大会があり、熊谷市民じゃないけど他にいないからと言うことで熊谷の代表として参加したのです。
熊谷地区代表12人、みんなこの「あついぞ熊谷」のあつべえがプリントされた暑苦しーいポロシャツを着ての参加でした。
よその地区の人で「良いですね」とおっしゃる方がいましたが、こちらとしては「ホントかよ」と言ったところでしたが。^^

大会当日、まず3分間の練習が始まりました。
私の番になり第一投。

アドレス、プッシュアウェイ、ダンスイング、バックスイング、フォワードスイング、

ズルッ!!
ズキン!!
痛ててて!

そうなのです。練習ボールの第一投から投球動作中に滑ってコケそうになり、踏ん張った結果、大腿二頭筋を痛めてしまったのです。
「ヤバイ、しばらく自転車に乗れなくなる」
この不安が真っ先に頭に浮かびました。^^

大事を取って私は見てるだけとすることにし、その結果我がチームは優勝は逃したものの、見事ベスト何とか賞を手にすることができたのです。^^

そんなわけで週末はリハビリ走となったのです。
決して200km走った後のリハビリ走とかではないのですよ。^^

ビアンキのフレッタ君でまずは埼玉川の博物館へ。

この日は何日か続きの猛暑日だったのでウォーターアスレチックが大賑わい。

お姉さんも童心に帰ってでっかい水鉄砲を撃ったりして。
002.jpg
甘酒かけられるのは勘弁でしたが、このような水だったらかけられても良いかな^^

前日秩父で降った大雨のせいで、普段はビアンキの色みたいな荒川の水の色もこの日はガンジス川のように茶色。
003.jpg

河原まで降りてみると
004.jpg
やはりガンジス川だ。
茶色の水で沐浴してるもん。^^

中にはシャンプーしている人も。
005.jpg

いずれも地元の人間にはまったく理解できないのです。^^

この後は調べ物をするために寄居の図書館に。
探していた資料はある程度見つけることができましたが、まだ不完全。
次は熊谷の県立図書館だな。

資料調べの後、寄居にかつて存在したという氷屋さんを探しに街中をグルグル、ジロジロ。
006.jpg

お年寄りに尋ねてやっと見つけた。
007.jpg

その後は大人しく帰宅しオリンピック観戦に備える。

10kmくらい


今日の夕方、西の空に彩雲が見えました。
008.jpg
posted by tomochan at 18:58| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

ドロンジョ様に引っかかっちゃったポタ。

とても蒸し暑かった木曜日。
夕方6時近くから夕涼みを兼ねて自転車活動。
特に行くあてもなく東の方角に向かって乗り出しました。
なるべく交通量の少ない道をたどろうとすると、どうしても行き先は限られてしまうのです。

そこで、やって来たのは熊谷市板井の出雲乃伊波比神社。
神社の前の小川の岸辺にはいつもいろいろなモノが置かれているのですが、この日も何かが置かれてました。001.jpg

濃い緑の中、赤く目立っていたのは真っ赤な布を持った日本人形なのでした。
002.jpg
独特の空気を醸し出していました。

石橋風の八雲橋
003.jpg

「橋下のせせらぎ はしくぐり」
004.jpg
子どものはしかを避けるまじないとして昔から橋くぐりが行われていたとのこと。
と言うことは「橋下」は「はしか」と読むのですね。
そう言えば寄居の折原かるたにも「はしか橋くぐればなおる言い伝え」というのがあったなあ。
どこでも考えることは同じなのですね。
今の世はくぐらないでググった方が早く治ったりして。^^

近くには「ちょうの舞う菜の花の丘」がありました。
005.jpg

菜の花の時期も過ぎたので当然、ちょうもいないものかと思っていたら、代わりに八頭身(十頭身?)の美女の舞う姿が。
006.jpg

もしや、あなたは・・・
007.jpg

ドロンジョ様!
008.jpg

このようなところでいったい何をされているのでしょうか。
またインチキ商売でも考えついたのでしょうか。

「おまえのような、もの好きを引っかけて見せしめにするのさ」

ビヨーン、ビヨーン、パチリ、パチリ。
ビヨーン、ビヨーン、パチリ、パチリ。
そんなことをしているうちに、ふと振り返ると散歩のマダムがすぐ後ろに。
さっそく引っかかって見せしめに。

「この人形が自由に動き回る粒子だとすると、ヒッグス粒子はその動きを・・・」
訳のわからぬことをつぶやきながら立ち去る私でありました。^^

ドロンジョ様の他にも
「日本一のギョウギシバ自生地」
009.jpg
という日本一にしてはやや控えめな看板や

「昇り藤」
010.jpg
などもあって興味深い場所でした。
ちなみに以前とりあげた「青竜」はすぐ近くです。

ヒメコウゾの実
011.jpg

トラノオ
012.jpg
などの自然のいっぱい。

また来てみよっと。
20km
posted by tomochan at 20:09| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする