2016年09月20日

猫おろし

この記事を書くため久々にブログの管理画面にいったところびっくり。
2011年に書いた「天空のおやき&天空のちまき」という記事へのアクセスが、昨日だけで300近くあったのです。Googleの検索画面でも一番上になっているし。
どうしてだろうと思っていたところ思い出しました。
昨日か一昨日(そこは思い出せません)NHKのお昼の番組で天空のおやきが紹介されていたのでした。
5年も前の、しかもろくでもない記事がまた読まれていると思うと、ちょっと恥ずかしいのです。

では、本題に入ります。

先日の夕方のこと。
台所からサンマを焼く、何とも言えぬ良い香りが流れてきました。
「今晩はサンマか。では、とっておきの酒で一献傾けるとするか」

とっておきの酒と言ってもなにも高級な酒ではないのです。

先日飲んだ高級な酒(もちろん自分で買ったのではない)
    ↓
CIMG6451.jpg
味がわからない当方としては、酒よりも一緒にいただいた江戸切り子のペアグラスの方がうれしかったのです。

この日の酒は、上のような特別な酒ではなくて、地元の銘酒、「白扇」なのです。
CIMG6693.jpg
(獺祭一本で白扇は何本買えるるのだろう)
古くから地元の酒飲みに愛されてきたこの白扇がなんと、製造中止になる(なった?)のだとか。
聞くところによると、醸造元の藤崎ハ兵衛商店が蔵や店を引き払って近江の方に帰るのだという。
うろ覚えの知識ですが、確か近江からこちらに来たのが、200年ほど前。
それでもまだ、帰る場所があるというのがすごいですね。

いずれにしても、これから先、白扇を飲むのことはかなわなくなります。
私にとっては、これが最後の一本になるかもしれないので、良く味わって飲むことにしましょう。

焼き上がったサンマを前に、しみじみとこのようなことを考えていると、いつの間にやら、マイサンマにかぶりついているヤツがいました。
000.jpg

「何だ、こいつ?」
001.jpg

「猫おろしと申します」
003.jpg
「猫ひろしではにゃいです」

確かによく見れば、不細工きわまりないが、猫のようにも見えます。
004.jpg

シッポもあるし
005.jpg

にゃんだかんだでみんな食べられてしみましたとさ。
006.jpg

今話題?の猫おろしを作ってみました。
posted by tomochan at 19:07| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

タマノキノコ リターンズ

前回の記事で踏まれてしまったと書いたタマノキノコでありますが、また今日発見しました。
001.jpg
ジロジロファーム内ではありませんが、極近くの場所。
前回みたいに踏み潰されないように場所は秘密にしておかないと。
何しろ菌類とみると、とことん退治したくなるお方のようなので。
金類は大好きだったりして。^^

今度は3玉(?)
002.jpg

今回は結構でかいです。
003.jpg

場所が場所だけにシュールな雰囲気。
004.jpg

石塔がありますが、お墓ではなくて仙元様というところ。
今は平にされてしまいましたが、私たちが子供の頃は高さ3m程の塚になっていて、子供たちの遊び場だったところです。
今、考えると富士塚だったんでしょうね。

アングルを変えてパチリ。
005.jpg

お、ここにもボケモンが。
007.jpg

トゲノボール
008.jpg
サッカーボールのような模様をしていますが、トゲがあるので蹴ったら痛そう。

拳を握りしめたような形のニギリシメコブシ
009.jpg

ニギニギした赤ちゃんの手みたいです。
010.jpg

拳を握りしめるというと、どうしても吉田拓郎の好きだったあの歌を連想してしまいます。
♪流れる雲を追いかけながら・・・・♪ ^^

葉っぱの中でイボノネズミを発見。
012.jpg

全身がイボイボで覆われていて、小さいうちは緑色をしていますが、大きくなると黄色に変色します。
013.jpg

たまたま近くに飼育ケースがあったので、しばらく飼ってみることにしました。
014.jpg
しかし汚いケースだなあ。^^

これはこれは、イチジクウではありませんか。
015.jpg
花が咲かないのにどうして実を付けるの?と不思議がられているヤツです。

イチジクウを見つけたところで、昼休みが終わり偶然にも午後の一時となりました。(1分過ぎましたが^^)
016.jpg

一個食してから午後の仕事に励んだのはいうまでもありません。
posted by tomochan at 19:32| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

バケモン!ゲットだぜ

ポケモンGOが日本でプレイできるようになってから早一ヶ月。
今ではほとんど熱も冷めてしまいましたが、私もその時はトレンドに乗り遅れまいと配信直後にさっそくダウンロード。
そして、最初のポケモンサンデーにはポケモンを捕まえにというか、ゲームに熱中する人を見にゆくというか、とにかくスマホを携えて自転車で外出までしたのでした。
ただし、いい大人がゲームに夢中になっていると思われるのもなんなので、プレイするときはこっそりとね。

荒川の橋の上でさっそくポケモンを発見
001.jpg
川の中にいるようなんだけど、どうすればいいのだろう。
まさか、川の中に入って捕まえるんじゃないだろうな?
実は、ダウンロード直後に自宅の敷地内で2匹のポケモンを捕獲した(自宅が広大というのではなくて初心者に対するサービスみたいなものではないのでしょうか)以外は、まだ全然捕ってないので、捕まえ方が良くわからないのです。
橋の上でスマホを振り回すのも恥ずかしいので、あきらめて進むことにします。

公園ではポケモンがたくさん出るのか、大人も含めて大勢の人がスマホを見ながら歩いていました。
002.jpg

そんな時流に流されずに外でバドミントンに興ずる子供たち
003.jpg
ある意味大人たちより健全ですね。

なるべく人がいないところでスマホを出したせいか、結局一匹もゲットできず。
004.jpg

あきらめて帰宅してジロジロファームでやってみることにしました。
005.jpg
看板ができました。^^

さっそく、一匹ゲットだぜ。
006.jpg
ポケモンというよりバケモンのようですが、こいつは紙が大好きでほうっておくと紙をむしゃむしゃ食ってしまう「カミクイーン」

もう一匹ゲット。
007.jpg
カミクイーンの頭にそっくりな「リューボック」

かわいい「タマノキノコ」
008.jpg

見る人に夢と安らぎを与えると言われる「タマノキノコ」でしたが、夢のない大人に踏みつけられてこんな姿に。
009.jpg
ベルギーワッフルにして食べようとしたのか?

こちらはバケモンではなくてほんもののキツネ。
010.jpg

最近、またファームのワラ小屋で寝泊まりするようになりました。

朝、小屋に近づくと人の気配を察して逃げて行くのですが、一目散に逃げるのではなく、かならず一度足を止めてこちらの方を振り返ります。
011.jpg
あまり目を見ないようにしないと。

キツネの件を家内に話してから、ファームから持ち帰る野菜のチェックが厳しくなったような気が。^^
012.jpg
こんな野菜を持ち帰っていては、チェックも厳しく成るのも当然かな。
「タマキュー」と「ハナス」

posted by tomochan at 19:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

「大地の芸術祭」の里を訪ねて

久しぶりの投稿です。

今週の水曜日と木曜日の両日、新潟県の南魚沼から十日町、津南町のあたりを旅してきました。
なぜ今、新潟なのか。
しかも海ではなくて、山間部。

それは、十日町市、津南町の越後妻有地域が、今や国際的にも有名になった「大地の芸術祭」の舞台だからなのです。

というのは、同伴の家内に言った表向きの理由で、本当は安くて良さそうな宿が見つかった場所が、たまたま南魚沼市だったからなのですが。

そんなわけですから、今年の大地の芸術が、私たちが訪れた2日後から始まるなんて、宿を予約した時点では全く知りませんでした。
「開催期間中よりも人が少なくてゆっくり見て回れるから」ということにしておきましたが、もう1週間ずらせば良かったなとちょっと後悔しました。
でも、越後妻有は一度は訪れてみたいと思ってはいた場所なのでこの際良しとすることにします。

それから、越後妻有地域はツールド妻有という自転車のイベントがある場所なので、私としては自転車を車に積んで、自転車でゆっくり廻ってみたかったのですが、「この暑さのなかで自転車はないでしょう」という同伴者の一言で却下となり、普通に車で行くことになりました。

サイクリングなしのドライブだけなので、一日目は奥只見シルバーラインで奥只見湖に行ってみました。
そこに至る国道352号は会津駒ヶ岳や平ケ岳登山の行き帰りに何度か利用したことはありますが、奥只見シルバーラインを通るのは初めてです。
全長22kmのうちトンネル区間が18km。
トンネルといっても、もともとダムの建設工事用に作られたトンネルなので、中は薄暗く、しかも、所々素堀の区間もあり、天上からは水滴がぽたりぽたり落ちてくるものだから路面は水浸し。
気温が13°Cと低いせいか途中で霧が発生している区間もありました。
シルバーラインに入る前に先に行ってもらった地元ナンバーの車(あのトンネルの中を60km以上で走ってました)について行ったから良いようなもの、一人だったら本当に怖かったでしょうね。

息苦しくなるようなトンネルを抜けてやっとの事で奥只見ダムに到着。
奥只見湖遊覧船を待つ間に地元名産の八色スイカを食します。
001.jpg
自分もスイカを栽培するので、どうしたらこのように甘いスイカができるのだろうと気になりました。
一切れ100円だからスイカ一玉で一体いくらの売り上げになるんだろう?
そっちはもっと気になりました。

流木も気になります。
001-2.jpg

001-3.jpg
もちろん一本いただいて帰りました。

シルバーラインと言う名前の割には年寄りに優しくない道なので、帰りは途中からトンネルを出て国道352号で枝折(しおり)峠経由で帰ることに。
002.jpg
国道352号は一時は「酷道」とも揶揄されたような道ですが、閉所恐怖症の気のある我が身にとってはシルバーラインのトンネルに比べれば、ススキやオミナエシ、フジバカマなど、秋を告げる草花が咲き乱れて天国のような道でした。
003.jpg

枝折峠といえば、今度の日曜日に自転車のヒルクライムレースが開催されるとの表示がありました。
狭い上に激坂の連続、所々土砂が流出している箇所などもあり、小出の方に下りながら「本当にここがレースのコースなの?」と思えてしまうような道でありました。
自転車にとっては今も酷道のようです。

「八海山」で有名な八海酒造の酒蔵がある「魚沼の里」を見学
004.jpg

魚沼の里から下を見下ろす。
005.jpg
周囲は申し分のないロケーションなのですが、奥只見湖でデジイチのバッテリーが切れて、予備も忘れて、散々です。

宿では天然の岩ガキが食べられて、予想外の喜びでした。
007.jpg
でも、なんと言っても主役は魚沼産のコシヒカリでしょうか。

7人くらい一度に入れそうな大きな露天風呂が付いた部屋に格安で泊まれました。
012.jpg
ちなみに寝るところはここではなくて階上のロフトです。

ここは変わった宿で、駄菓子屋さんや射的コーナーがあり、食べ放題、遊び放題でした。
008.jpg
009.jpg
010.jpg
子供連れには良いサービスですね。

明くる朝、起きて部屋から出てみると、部屋の入り口にかかっている牛乳箱にコーヒー牛乳が配達されていました。
011.jpg
ただの飾りの箱かと思っていたので驚きました。
アメニティには靴下なども用意されていて、値段の割には至れり尽くせりで感心しました。
おまけに支払いの時に予約した料金から2000円値引きしてくれました。

2日目は魚沼から峠を超えて、いよいよ越後妻有へ。
013.jpg

014.jpg
芸術祭期間前でもこのような常設展示のアート作品が見られるのです。

015.jpg

016.jpg

このあたりは松代の農舞台という施設の近辺です。
017-2.jpg

017.jpg

014-2.jpg

ラッキーなことに、ほくほく線の列車も見ることができました。
017-3.jpg

田や畑のなかにアート作品が何気なく置かれているのを見て回るのですが、そのうちに働いている人や道端で休んでいる農家の人など、何でもアートに見えてきてしまったり。
019-2.jpg

018.jpg

019.jpg

これは作品です。
020.jpg
言わなくてもわかりますね。車の上に檻を積んでいる人はあまりないですからね。

星峠の棚田
022.jpg

このあたりはどこを見ても絵になるようなところばかり。
023.jpg

024.jpg
関東地方というか、太平洋側は、どこへ行っても家の造りなど皆一緒のように思えてしまいますが、やはり雪国は違いますね。

「美人林」という名のブナ林。
026.jpg

027.jpg
赤い物体はアート作品ではなくて、「美人林」の林という字を手で隠して何かを訴えようとしている観光客のようでした。

ツールド妻有のコース
025.jpg

津南町の台地にあるひまわり畑
028.jpg

ひまわり畑も確かに良いですが、個人的にはそこに至るまでに見た信濃川の河岸段丘のスケールの大きさの方が驚きました。
運転中で写真は撮れませんでしたので、別の所の写真をつけますが、実際はもっとすごかったのです。
029.jpg
我が家近くにも荒川の河岸段丘があって、せいぜい10数メートルの高低差ですが、坂を上がるときなどはママチャリの人などは押して歩きます。
それに比べたら津南町の河岸段丘は10倍くらいの高低差はありそうです。
崖と言うよりちょっとした山ですね。
ヒルクライムレースができそうです。

越後妻有、とてもすばらしいところでした。
次回は自転車を持ち込んで、あちこちゆっくり廻って見たくなりました。
そうなると妻有とはいえ、妻無で来たほうが良いかもしれませんね。
posted by tomochan at 18:04| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

埼玉県西部の桜便り

今日は所用で坂戸方面に出かけたついでに、各地の桜の様子を見て参りました。

その前に朝の様子。
panelimg.jpg
22日は「菜の花や月は東に日は西に」状態だったのに数日で「菜の花や月は西に日は東に」状態に。
蕪村が菜の花を見るのがあと何日か遅かったら、あの名句は生まれなかったと言うことですね。

今日の訪問先は坂戸市中小坂。
訪問先の人から慈眼寺という桜の名所のことを教えてもらったので、すぐ近くなので帰りに寄ってみました。
IMGP7464.jpg

IMGP7467.jpg

IMGP7473.jpg
ここはいろいろな方のブログに登場するところだと、すぐに思いました。
へー、こういうところだったんだという感じ。

樹齢260年以上のウバヒガン桜の一変種だそうですが、まだ咲き始めたばかりのようでた。
RIMG1220.jpg

枝垂れ桜なので、風で揺れてなかなかシャッターを切らせてくれません。
RIMG1216.jpg

明日からの桜祭りの準備をしていた方に伺うと、こんなに遅く咲くのは珍しいとのことでした。

同じ訪問先の方に「にっさいの桜まつり」のことも教えてもらったので、帰り道なので見に行くことに。

カーブした越辺川の堤防沿いに植えられた安行寒桜が見事です。
IMGP7494.jpg

こちらは慈眼寺と違って祭り開催中で、花の盛りは少し過ぎた感じ。
IMGP7492.jpg

植えられてまだ10年ちょっとのようですが、これから年を重ねてますます良くなって行くのでしょう。

小川のおっぱい山、笠山
IMGP7483.jpg

次はときがわ町田黒の日枝神社。
IMGP7507.jpg

こちらは三部咲きくらいでしょうか。
IMGP7501.jpg

ここは静かで周り景観もとても良いので好きなサクラのひとつです。
IMGP7521.jpg

IMGP7509.jpg

最後は、遠山から下里へ出て小川町角山の東昌寺へ。
このお寺の下に知人が住んでいるので、このあたりには時々来るのですが、サクラのシーズンに来たのは初めてかも。
IMGP7523.jpg

ここのサクラは八部咲きとくらいかと思っていたのですが、居合わせた地元方によるとまだまだ五部咲きくらいだそうでした。
IMGP7527.jpg

満開になったら見事でしょうね。
IMGP7537.jpg

IMGP7529.jpg

IMGP7534.jpg

埼玉県西部の桜情報でした。
posted by tomochan at 20:49| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

春の予感

ここのところ春のような暖かい日があったと思えば、次の日は真冬に逆戻りというように、天候不順の日が続いています。
その暖かだった8日、赤浜の昌国寺の桜がもう咲いているかもしれないので、いつもの散歩コースを変更して確かめに行ってみました。
000.jpg

001.jpg
何という種類の桜かはわかりませんが、すでに咲き始めていました。
前の日に桜の会長に会ったので、聞いておけば良かった。
ちなみに会長、一年中桜が見られる町ということで、その日の昼のNHKラジオの番組に出演してました。

昌国寺はもともとは徳川家康の従兄弟である水野長勝という人が築いた陣屋で、夫人は森蘭丸の実姉であると記された案内板もあったと思いましたが、見つかりませんでした。
間違いだったのでしょうか。
幼い頃からなじみのある寺なのですが、水野家の墓所の方まできたのは初めて。
025.jpg
かつては立派な墓所だったのでしょうが、現在はあまり手入れもされてないようで、家康の従兄弟の墓としてはちょっと寂しい感がありました。

昌国寺の近くの常楽寺には樹高が10m以上もありそうな立派なモクレンの木がありました。
004.jpg
間もなく咲きそうでした。

昨夜の雨で散ってしまった梅。
003.jpg

鶯の初鳴きも聞こえて、野山に何となく春の予感がします。
005.jpg

何だ、オレを撮ったんじゃニャイのか?
と、いつかの文学猫。
006.jpg

ジロジロファームによってみると、鳥避けに張ってあった春キャベツのネットの中にヒヨドリが。
023.jpg
内側から食べ放題されてしまいました。
そういえば今日の新聞広告で見たのですが、ヒヨドリは巣作りもメスがして、オスは何にもしないんだそうです。実に羨ましい鳥です。

日が昇ってきて、あたりがきらきらしてきました。
麦畑の麦
RIMG0983.jpg

RIMG0982.jpg

ホトケノザ
RIMG0980.jpg

春蘭
RIMG0991.jpg

株の中をのぞいてみるとジジババが咲いてました。
RIMG0990.jpg

フキノトウと菜の花のつぼみ
020.jpg

日中、更に気温が上がるとメダカも水面まで上がってきました。
RIMG0986.jpg

スプリング・エフェメラル
IMGP7308.jpg
ニリンソウが顔を出してきました。

春の到来を感じさせる一日でした。
posted by tomochan at 20:05| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

向井潤吉が描いた地を探せ

昔、向井純吉という洋画家がいて、我が家の一部が絵のモデルになったという話を以前このブログに書きました。

二年前に世田谷の世田谷美術館分館の向井潤吉アトリエ館に行ったときの写真。
P1000891.jpg

向井潤吉の旧宅を利用した美術館
P1000893.jpg

日本の民家を愛した画家らしい和風の庭が素敵でした。
P1000895.jpg

P1000896.jpg


その画家らしき方を子供の頃良く見かけたので、他にも我が家の近辺で描かれているのではないかと思い、画集を買ったり(ブックオフですけど^^)ネットで検索したところ、それらしき作品を二点ほど見つけることができました。

「冬閑」と「春閑」
どちらにもサブタイトルに「寄居在○○」と我が地元の地名が記載されていました。
「在」というのがすごいですけど。^^

絵は見つかったのですが、その「在」も今やすっかり風景が様変わりして(あまり変わってないという意見もあります^^)絵が描かれた場所がどこなのか良くわかりません。
大体推測はついていたのですが、実際に確かめるまでには至らず今まできてしまいましたが、先日モデルとなったと思われるお宅の裏の大木が伐採されると聞きつけ、今確かめておかなければと、検分に行って参りました。

まずは「春閑」の取材地と思われる場所。
IMGP6988.jpg
家の造りは違うもののほぼ同じ位置に建て替えられているようなので、家の並びは絵とそっくりです。
何と言っても中央の白い土蔵が、絵のとおりに当時のままに残っています。
それに、今まさに切られようとしている裏山の木。
杉や欅の姿が絵とそっくりなのです。

とか何とか言っても、その絵がないと、どこが似ているのかまるでわからないことでしょうね。
ブログには載せることはできませんが、気になる方は「向井潤吉風景画選集 懐かしき日本の風景 叙情編」52ページをご覧下さい。^^
ちなみに同作品の所蔵は同書によると福富太郎氏になってました。
こんなところでまた氏のお世話になるとは。^^

「冬閑」
この絵は、中央部分の桑畑と思われる冬枯れの畑の奥に赤い屋根の小屋を配し、左に二棟のわらぶき屋根。手前から右奥に向かって伸びて行く土の道が描かれています。
この絵はいろいろ候補地が浮かび手こずりましたが、最終的にここだろうということになりました。
IMGP7061.jpg

決め手は中央の小さな小屋。
IMGP7076.jpg
井戸の屋根ですが、これは私が子供の頃から有ったのを良く覚えています。

二作品とも、絵がないことには何が何だかわからなかったでしょうが、実は今日の8時からNHKeテレの日曜美術館で向井潤吉の特集が放送されるのです。
もしかして、この絵が取り上げられれば、納得してもらえると思うのです。
今から楽しみだなあ。
たぶんないと思いますが。^^
posted by tomochan at 18:18| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

トリにまつわるエトセトラ

男の家の戸口にメジロが落ちていたのは、これで4度目だった。

なにやら、書き出しだけで成立するという書き出し小説のような始まり。

実は先日の朝、仕事場の玄関でコトリと音がしたので戸を開けてみると、マットの上にメジロが落ちていたのです。
CIMG4049.jpg
4回目ともなると、いつもと同じようには書けないですからね。
2013年の記事
2012年の記事
2010年の記事
それにしても、なぜメジロばかりガラス戸に当たるのでしょう?
生きているメジロは滅多に見かけないのに。
不思議です。

いずれにしても、今回のメジロですが、もしかしたら一時的に気を失っているだけかもしれないので、そっとしておくことにしました。
仕事に戻り、しばらくしてからふと思い出して様子を見に行くと、もうメジロの姿はありませんでした。
最近は近くで猫をほとんど見かけないので、猫にさらわれたということはないと思いますが、篭か何かで覆っておけば良かったかなと少し後悔。
どこかに飛んで行ってくれたのであれば良いのですが。

空を見上げると以前と同じように飛行機雲。
CIMG4050.jpg

雅眉鳥(原産地の中国では画眉と表記するようです)がさえずり始めました。
CIMG4810.jpg
最初は良くても最後は「もういい、わかったから黙れ」
と言いたくなるのはいつものこと。

鳥に食べられたキャベツ。
CIMG4680.jpg
ヒヨドリだと思うのですが、芯を残してほとんど食べられてしまいました。

アホは元気に育ってます。
CIMG4685.jpg
鳥もアホには手を付けないようです。

こちらは人間に食べられた鳥。
CIMG2499.jpg
鶏肉で鳥ハムを作ってみました。
パサパサになりがちの鶏の胸肉がジューシーなハムになりました。
ラップに包んで茹でるのがポイントのようです。
作り方はいろいろあるようですが、わたしが参考にしたのは超簡単なこれ。
       ↓
http://cookpad.com/recipe/2856569

鳥のように動画や写真を撮る人にお会いする機会がありました。
ドローンでの撮影がお得意とのことでしたが、ドローンは収納ケースに収められていたので、他の機材を見せていただきました。

オズモという優れもののカメラ。
OZMO.jpg
どんなに動かしても水平を保ってブレずに撮れるととのこと。
4kの動画が撮れて、8万円くらいだそうです。
自転車用のアタッチメントもあるそうです。

そんなオズモも上下動には弱いそうなので、そういうときはこれに乗って撮るんだそうです。
IMGP6444.jpg

IMGP6439.jpg
平衡感覚がない私なんかは歩いて撮った方が良く撮れるかも。

トリ鉄
CIMG4767.jpg
CIMG4765.jpg
たまたま居合わせただけで、撮り鉄というほどではありません。
やはり、動くものの撮影は難しいですね。
コンパクトデジカメとなるとなおさらです。

トリを取るのは本物の鳥。
IMGP6740.jpg

IMGP6749.jpg

IMGP6761.jpg

IMGP6756.jpg

IMGP6785.jpg

IMGP6834-2.jpg
posted by tomochan at 18:05| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

白鳥ジロジロ日記余話

未だ白鳥おじさんにはなれてはいませんが、記事を書くことにします。
今回は白鳥に振られた日記です。

この日は早朝から出動。
001.jpg
日は伸びたけど、日の出はまだまだ遅く、6時を過ぎてもまだ暗いのです。

白鳥ではなくひよこのような雲
002.jpg

月の光が早朝の荒川の水面に映っています。
003.jpg

寒い中、早起きして見に来たとしても、毎回白鳥に会えるとは限らないのです。
014.jpg

013.jpg
上流にも下流にも白鳥の姿はなし。

白鳥は見つからなかったけど、氷が張った河原を歩くうちにエイリアンみたいなやつを発見。
004.jpg

005.jpg

イテテ、噛まれた!
006.jpg

丸い一部分だけが砂から出ていた流木があったので、掘り出してみたらこのようなものでした。
011.jpg

もしかしたら、上流のさるところで善男善女に崇められていた大切なものかもしれないので、自宅にお連れすることにしました。
このような話は昔から各地にあるようですからね。
30cm位の長さでしたが、大きさの割にはずっしりと重く、2kg以上はありそうだったので、片手で持ち上げて帰ることに。
012.jpg
「わっしょい、わっしょい」
一人だったけど、どういうわけか高揚した気分になり、つい、かけ声を発したくなってしまいました。
お祭りの起源がわかったような気が。

家に着くまで誰にも会わなかったので一安心。
この時間は、自転車通勤途中のフィリピンから来たお嬢さんとすれ違い、朝の挨拶をすることが良くあるのですが、この日は会わなくてよかった。^^

ホウノキの芽
008.jpg
宮沢賢治が童話の中で、封蝋細工と表現したとおり、ぬらぬらと光って見えて本当に蝋細工のようです。

崖の上の小さな祠に日が当たってきました。
009.jpg
河原に突き出たこの岩、名前はあるのだろうかと前々から気になっていたので、先日地元の人に尋ねたところ、立岩という名前でした。
ちなみにこの岩の周辺の小字名は立岩といいますから、ここからとったのでしょう。

日光白根山
007.jpg

河原に自生する柳の大木が妖しく光っていました。
IMGP6711.jpg

IMGP6728.jpg

IMGP6730.jpg

白鳥がいなくても、散歩の楽しみ方はいろいろ。

でも、やはり来なくなると寂しい。
そんなに深追いしたわけではないつもりですが、驚いてしまったのでしょうか。

IMGP6731.jpg

IMGP6734.jpg
荒川に流れ着いた杭を見て悔いてみたのでした。

posted by tomochan at 20:49| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

荒川ハクチョウジロジロ日記

1月28日
荒川の河原の方から、この冬初めての白鳥の鳴き声が聞こえてきたので行ってみました。

どこのどいつが捨てたのか・・・
CIMG4244.jpg
ジャックナイフではなくてピストル。
そして、その銃口の先には白鳥の姿が。
2801.jpg

全部で13羽ほどいましたが、そのうちの1羽だけ真っ白ではなくて灰色がかっています。
2802.jpg
まだ幼鳥なのでしょうか。

このあたりにも数は多くありませんが、毎年白鳥がやって来ます。
今シーズンは少し遅かったようですが、明日からの朝の散歩の楽しみが一つ増えました。
まあ、白鳥たちにしてみればえらく迷惑なことなのでしょうが。

1月30日
この日の朝は雪模様。
何の足跡だろう?
3001.jpg
おもしろい形の足跡。

ジロジロファームでたき火をして、暖まってから河原に行くことにします。
3002.jpg

いたいた。
IMGP6365.jpg
優雅に舞っていると思ったらハクチョウではなくサギ。
騙された。

ハクチョウも何羽かいましたが「後はサギさん、まかせるね」
という感じで、スイスイと遠くに行ってしまいました。
3003.jpg

白鳥とは関係ありませんが、早朝散歩の時の写真があることに採用されたので、この日薄謝が届きました。
2901.jpg
図書カード1000円分と本当の薄謝ですが、数年前にニッポン放送のサンデーヒットパラダイスに採用されて以来なので、うれしいのです。

1月31日
この日は荒川河原に白鳥の姿はなし。
たぶん、こんなことをしてる人がいるからではないの?
3101.jpg

3102.jpg
タイヤの下にはたくさんの生物がいるってことをわかってないのかね。

当地でも梅の花がほころび始めました。
3103.jpg

2月2日
この日も荒川に白鳥の姿は見られませんでしたが、日中に別の用事で荒川に行ってみたところ、頭上を飛ぶ姿を見ることができました。
202-1.jpg
着けていたレンズが標準ズームだったのが残念。

2月3日
この日も白鳥は空振り。
その代わりに河原で新種のパフォーマンス?を見物。

ゴロリ。
23-01.jpg

反対側にもゴロリ。
23-02.jpg


23-03.jpg

なに見てんだよ。
23-04.jpg

どこかで見た猫。
あ、ガン見猫のガンちゃんだ。
panelimg.jpg

ガンちゃんはジロジロファームにやって来ては、いつもこちらをじっと見つめている猫なのです。

この日もガン見しながら、つかつかとこちらに歩み寄ってきました。
ここは朝の挨拶をと思って「ミャオ」と言ったら、びっくりしたようで急に方向を変えて川の方に行ってしまいました。さっきまでの堂々とした態度は何だったのだろう。

2月4日
この日も白鳥は見られず。
代わりに猿?をたくさん見ました。
IMGP6503.jpg

なんだか踊っているように見えます。
IMGP6505.jpg

2月5日
この日、崖の上から荒川を望むと、水面が朝日に照らされて白く輝いているのでした。
IMGP6547.jpg

今日はたくさんいるぞ。
IMGP6556.jpg

そーっと音を立てないで近づいて行くと・・・
IMGP6575.jpg
一斉に顔を隠されてしまった。

やっぱり、迷惑がられているんだ。
ではなくて、餌の藻かなにかをついばんでいるのかな。

このあと白鳥たちは、またすーっと遠くの方に行ってしまいました。
今年の白鳥は警戒心が強くてなかなか近づくことができません。

帰り道、河原に自生している柳の木の上で、このあたりでは珍しい宿り木を発見。
IMGP6539.jpg
西洋には宿り木の下でキスするとそのカップルは結ばれると言うようなヤドチュー伝説があると聞いたことがあります。
近いうちこのあたりに恋の行く末に悩んでいる男が来ることになっているのですが、そのとき教えてあげようかな。

2月6日
前日と同じところに何羽かいました。
IMGP6622-2.jpg

驚かさないようにそーっと近づくと・・・
IMGP6632.jpg
やはり、行ってしまいました。
並んだ姿がカモメの水兵さんのようです。
なかなか白鳥おじさんのようにはいきませんね。
鳥類に近づくには鳥の格好をするのが良いと聞いたことがあります。
ドンキホーテとかに白鳥のかぶり物売ってないかな。^^

2月7日
この日は前夜に降った雪が朝まで残っていました。
IMGP6644.jpg

梅の花も凍った雪で冷たそう。
IMGP6661.jpg

この日も白鳥の姿はなし。

そして今日2月8日
今日はこれまでのところとは全然違う方角から白鳥の声がしてきました。
そちらの方に行ってみると、いつもと同じグループと思われる白鳥たちがいました。
(今日は白鳥はいないかと思ったので、コンデジしか持って行かなかったので画像がイマイチです)
CIMG4693.jpg
先日教えてもらいましたが、写真のように小滝が連続するような場所をカスケードというんだとか。
教えてくれた人は見かけによらず賢えど。

そのカスケードの上の白鳥たち、こちらが何をしたわけでもないのに、突然、羽ばたきをしたと思ったら、上流に向かって飛んで行ってしまいました。
CIMG4698.-2jpg.jpg

CIMG4705.jpg

と思ったら、どこかで引き返してきて、今度は下流の方に向かって飛んで行きました。
CIMG4719-2.jpg

一羽、群れから遅れ気味の白鳥がいましたが、例の灰色の子でしょうか。
北国に帰るまでにはまだ少し間があるでしょうから、それまでにはみんなと一緒に飛べるようになれば良いですね。

今のところ、なかなか白鳥に接近することができない状態が続いてますが、いつか白鳥おじさんと認めてもらえるようになったらまたご報告します。
posted by tomochan at 20:24| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする