2017年02月16日

秒速40センチメートル

秒速40センチメートル。

「君の名は。」(我が家のパソコンでは-君の縄-と変換される)で話題の、あの新海誠監督が2007公開のアニメーション映画「秒速5センチメートル」の続編を作った?

当たり前ですが、違います。

ちなみに「秒速5センチメートル」は桜の花びらが舞い落ちる速度とのことです。
では、秒速40センチメートルって何?
牡丹雪?
それだったらきれいでけっこうなのですが、そうではないのです。

もったいぶらずに検証をすることにしましょう。

この日も新規開拓したルートで朝の散歩。
001.jpg

ほんのり赤く染まった御荷鉾山
002.jpg

波ひとつなくまるで鏡のような荒川
003.jpg

ここから先は、水際までびっしり生えている竹藪を約100メートルほど突っ切っていかなければなりません。
004.jpg

最初の関門は倒木越え
005.jpg

そこを過ぎると、竹と竹の間を縫って、比較的スイスイ行けます。
006.jpg

竹藪を抜けると今度は長さ50mほどのヨシ原を突っ切ります。
007.jpg
ヨシは大水の時の水流で下流方向に倒れていますから良いものの、逆に進もうとしたら剣呑です。

途中には小さな支流が流れ込むところがあり、クレソンやセリが生えています。
009.jpg

ヨシ原を抜けると岩床帯。

昇ってきた朝日を浴びる獅子岩(勝手に命名)
010.jpg

獅子岩の裏面はどこか愛嬌のある顔
011.jpg

泥岩地帯
012.jpg

恐竜の足跡や化石がないかと探すことにします。

やや、恐竜の卵がこんなに?
013.jpg
そんな感単に見つかるはずありません。
泥に石が埋まって、その後岩になったのでしょうか。

岩場を抜けると石ころの河原です。

014.jpg
以前深谷の利根川の石を見たことがありますが、黒っぽい石ばかりだったような気がします。
その点、荒川の石は色とりどりできれいです。
歩きながらも何か珍しい石はないかとつい探してしまいます。

探すといえば、このような場所には流木が多くひっかかっていることが多いので、そちらもチェック
017.jpg
いつか機会があったら紹介しますが、この日は実際、けっこうな掘り出し物(本当に砂の間から掘り出した)を見つけました。

白鳥のいる河原にたどり着く前に、この日も白鳥が上流に向けて飛び立って行くのが見えました。
015.jpg
やはり、この時間は出勤時間だったようです。

出勤しない白鳥
016.jpg

白鳥を見たあと、河原から出ることにします。

河原の際でヤドリギを発見。
019.jpg
幸せになりたいカップルに教えてあげたい。
ここだったら誰もいないからいいんじゃない?

立岩の上の祠に朝日が当たる
018.jpg
あの祠は空っぽなので、以前ここで拾ったごもっとも様みたいな流木を奉納するつもりだったのを忘れていました。

太陽が嫌いなソーラーパネル
021.jpg
ここのソーラー発電所のパネルは時間になると太陽のある角度に動くのですが、ギコギコと音を立てながら動くのを見ていると、いつも太陽と反対の角度に動くのです。
日焼けを気にしている?
それとも反抗期?
規模が大きいだけに、だいぶ発電量をロスしているのでは。
人ごとながら心配してしまいます。

この後はジロジロファームに到着して散歩は終了。

では、また。


あ、そうだ、「秒速40センチメートル」を忘れるところでした。

もう、お分かりかもしれませんが、「秒速40センチメートル」とは私の散歩の速度なのです。
ルートラボで調べたら、この日の歩いた距離は1100m。
かかった時間は45分だったので、秒速に換算すると40cmになるのです。

もっとも、いつもこんなに遅い速度で歩くわけではないことはいうまでもありません。
だいたい、秒速80cm以下で歩く人は、認知症に要注意なのだそうですから。

でも、あんまり遅いと家族が心配するかもしれないので、これからは気をつけないと。
散歩ではなくて徘徊と間違われてもおかしくない年になってきたもので。
posted by tomochan at 20:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日



この道は、これから歩いてゆく道であろうか、それともこれまで辿ってきた道であろうか。
001.jpg
希望と絶望が織り交じった道。


クロスロード
002.jpg
出会い、愛し合い、憎み合い、そしてまた、それぞれの方向に分かれゆく。
人生の交差点。

唐突にスミマセン。
柄にもなくこのようなことを書いてしまって、きっとキツネに騙されたのかもしれません。

実は、この道ジロジロファームの周りに生息しているキツネなどの野生動物が作った獣道なのです。
004.jpg
キツネの足で作った道なのでコン足道路?

野生動物たちは何をしにやって来るかというと、
ダイコンを横からガブリ
005.jpg

更に芯までガブリ
006.jpg

もうこうなると、道と言うより、トンネルを掘ってしまうかの勢いです。
008.jpg

寒い日にはベッドを借りに来ることも。
007.jpg
メイちゃんの部屋の横に藁を積んでおいたら、ある朝キツネが寝てました。
メイちゃんが騙されないか心配ですが、それよりも病気を移されないか心配なので、すぐに藁は焼却処分にしましたが。
こうやってジロジロファームに向かう道が着々と造られています。

「山羊もの言わざれども下自ずから蹊を成す」


このような足で作られる道はイヤだ。
009.jpg
イノシシらしき足跡です。
ファームの50m近くまでやって来たようですが、それ以上はまだ近づいてはないようです。


このように田舎においては動物たちの道は増えつつあるようですが、逆に人間が歩く道は失われつつあるようです。

荒川へ続く道
010.jpg

先日、白鳥たちを見に行くために、ひさびさに通った道です。
荒川に下りる坂道になると、かつてははっきりしていた道筋も、ほとんど道も消えかけていました。
011.jpg

荒川の河原に降りると、全く道は消え失せて、一面の竹藪になってしまっていました。
012.jpg
荒川で魚釣りをする人もいなくなった今、誰も通らなくなったので、当然の帰結でしょうか。
真竹だけど河川敷だから春になったらタケノコ掘りに来ようっと。

竹藪をくぐり抜けたら、思いがけず良い景色が待っていました。
013.jpg
荒川の川面に映る御荷鉾山。
利根川水系の御荷鉾山があたかも荒川の上流の山のように見えます。
posted by tomochan at 20:40| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

春の香漂う雨のあと

今朝の当地は雨でした。
6時を過ぎると雨もやんできたので、いつものように散歩に。

中間平より高い場所は雪景色でしたので、当然御荷鉾山も真っ白。
RIMG3136.jpg

寒い寒いといっても、セリも出てるし
RIMG3129.jpg

梅も咲くはで
RIMG3132.jpg
この時期の雨は、どことなく春のにおいが感じられます。
梅の香りではないと思うのですが、この時期に雨が降ったあとは本当にいい香りがするのは気のせいでしょうか。

今年になってから雨がほとんど降ってないので、ポピーにとっても恵みの雨だったことでしょう。
RIMG3141.jpg

秋に種まきをしたあと、順調に育っているようですが、ポピーに混じって、自然に生えたホトケノザも同じくらい順調に育っています。
RIMG3146.jpg

ポピーが負けないかちょっと心配。
RIMG3148 (2).jpg

雨が降る前によく我が家の庭に水を飲みに来ていたオナガ。
IMGP2424.jpg
野鳥にとって冬の乾燥した時期は、水を飲む場所を見つけることが、餌を見つけるよりも難しい場合があるのだとか。
それを聞いてから、冬の時期はなるべく雨水も捨てないようにしています。
ただ、面倒なだけとも言えますけど。
posted by tomochan at 20:34| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

今週の出来事

オッサンの周りに何が起きても誰も関心がないとは思いますが、日記代わりに書いておきます。

高蔵寺のヤドリギはシンメトリー
ここのところ所用で高蔵寺というお寺に良くいきます。
高蔵寺はかつては宿場町であった寄居町今市のほぼ真ん中あたりにあるお寺です。
P7290940.jpg

その高蔵寺ではヤドリギまでもお寺を中心にシンメトリーに生えているのでした。
CIMG7774.jpg

「八」のうどん初体験
CIMG7811.jpg
鉢形駅前の「八」のうどんを初めて食べました。
麺は讃岐うどんのようなコシがあり、汁は醤油ベースの関東風でうまかったのですが、なによりもそれを我が家の食卓で味わうことができたのが驚きでした。


一月往ぬる二月逃げる
この言葉どおり、二月に入った途端、白鳥が逃げました。
IMGP2396.jpg

IMGP2401.jpg
朝の散歩のときに見に行く白鳥たちですが、川岸までもう少しあるからと、そっと近づいていったところ、飛んでいってしまいました。
一月中は、こちらが近づくと、すーっと泳いで遠くに行く程度だったのですが、この日は一斉に飛び立ってしまいました。
人間の心情も理解する白鳥たちなのでしょうか。
ちなみに、翌日行くと、みんな戻って来ていました。

白鳥堂々、緊縛
IMGP2409.jpg
白鳥ではなくて白昼か。
なんて冗談を言っている場合ではないのです。
川本の飛来地に、新聞で報道されていた、首に釣り糸が絡まってしまった白鳥がいました。
このブログでは、いろいろアホらしい縛られ写真をアップしてきましたが、これはシャレになりません。
命に別条はないとのことですが、なんとか解いてやりたいものです。

白昼堂々と餌やりをする人
CIMG7827-2.jpg
どうりで白鳥がみんな人慣れしていると思いました。
そうでなければ、おそらく人が来たら逃げるでしょう。
自分だけ白鳥に嫌われているのではないとわかって少し安心。

深谷地方の砂嵐
今週は北風が強い日が多かったですね。
そんな時は深谷市あたりはすごいです。
CIMG7819.jpg
まるで砂嵐。

林家たい平師匠の後援会に入会
林家たい平さんの講演会の役を20年以上されている方とお近づきになりました。
CIMG7812.jpg
以前からたい平さんのファンだったので、夫婦で後援会に入会することにしました。
今年の春の総会は、新築なった秩父宮記念市民会館でのこけら落とし公演だそうで、今から楽しみです。

以上、今週の出来事でした。
posted by tomochan at 18:30| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

埼玉でエアレース?




今日の夕方、高空をジェット機が2機、前後して並んで飛んでいました。
001.jpg

2機と思ったら、あとから追いかけるように更にもう1機
002.jpg

拡大してみると旅客機のように見えましたが、民間機がこんなエアレースのようなことはしないですよね。
春節で大忙しのLCCだったりして。
飛行機雲がピンク色ならばピーチなんだけどね。
参考写真↓
007.jpg
冗談です。^^

それにしても、真ん中の飛行機、エンジン調子悪くないかい?
003.jpg
轟音を響かせていたから大丈夫ですね。


今日は八高線と男体山や上越の山が一緒に見えるところにしばらくいたので、八高線が通るたびにパチリ。
004.jpg

パチリ
005.jpg
やるべきこともあまりはかどりませんでした。
ま、こんな日があってもいいか。
posted by tomochan at 18:39| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

大局的見地に立つ

遠くの山を眺めるのが好きなので、常に遠くの方の見え具合を気にしています。
IMGP2100.jpg

今朝は、空気が澄んでいそうだったので、筑波山が見えるところまで散歩に行きました。
IMGP2296.jpg

このように風景を見るときだけは遠くに目をやることができるのですが、仕事や日々の生活においては、目先のことばかりで、なかなか大局的な見地に立って物事をとらえることができません。

そこで、身近なところから改めようと思って、まずはカーナビの設定を変えてみました。

n.jpg

IMGP2118.jpg
今まで気にもしていませんでしたが、近所のコンビニや郵便局の先は秋田や神戸に通じていたのですね。

また、30分くらい走ったのでは、ほとんど絵が変わらず、まるでモンゴルあたりの大平原を走っているかのような気分?

三宅島や佐渡島まで登場して、不思議な気分に浸れます。
IMGP2110.jpg

CIMG7623.jpg

日が暮れると一段ときれい。
CIMG7634.jpg

これに慣れてきたら局部、もとい、局所的なことでちまちましていることがばからしくなってきたかどうかはわかりませんが、カーナビに頼らなくなったことだけは確かです。
posted by tomochan at 20:27| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

散歩写真




昨日の朝の月
002.jpg

陣見山のあたりにゆっくりと沈んでいきました。
001.jpg
もう少し南(写真の左)の御荷鉾山の方角に沈んでくれると良いのですが、なかなか思った通りにはいかないものです。

梅の花はまだ堅いつぼみをつけたまま
012.jpg

でも、地面には気の早い梅の花が
panelimg.jpg

道路の陥没箇所を発見
009.jpg

やはりこれも、地下のトンネル工事の影響でしょうか
010.jpg


そして、今朝の西の空。
003.jpg

朝はこのように晴れていましたが、お昼前から急に北風が強くなり、空が雪雲ですっかり覆われてしまいました。
005.jpg

西の方から降り始めた雪が、こちらにも押し寄せてきて、あっという間に道路が白くなってしまいました。
006.jpg

雪の中を走るロードバイク。
007.jpg
無事にやり過ごせたでしょうか。
すぐにおさまったから大丈夫だったでしょうが、あわてたでしょうね。

こんな寒い日は、たき火で暖まるに限ります。
008.jpg
「火をおこして焼き肉?ジンギスカン鍋って羊だよね?」

ちょっと不安そうな顔のメイちゃんでした。
posted by tomochan at 19:52| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

七草粥


赤城や榛名、さらにはその向こうの上越国境の白い峰々を見ながらおこなう早朝のラジオ体操は気持ちがいいなあ。
RIMG2895.jpg


東の空にバラ色に染まり水平に広がる雲のようなものが見えました。
良く見える場所まで移動しているうちにバラ色はかすんで色が霞んでしまいました。
RIMG2915.jpg

今日のバラ色の雲の発生装置はセメント会社の煙突?
RIMG2912.jpg


数キロにもわたって煙がたなびいていました。
RIMG2913.jpg

今日は七草粥の日なのでメイちゃんも七草サラダ?
RIMG2885.jpg

野菜はベラドゥーラで出されるサラダと同じだよ。
RIMG2887.jpg
ただし、賞味期限切れだけど。

今朝の気温は七時を過ぎてもマイナス3.5度でした。
RIMG2916.jpg

さて、こっちも帰って七草粥でもいただくか。
と思って帰宅してみると、七草はパックに入ったまま。
RIMG2917.jpg

作るのを忘れて普通のご飯を炊いちゃったのだとか。

おかげで七草をよく観察することができました。
RIMG2918.jpg

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すじしろ

順番に並べたつもりですが、せりとずずな、すずしろ以外は良くわかりません。

何だかよくわからないけど、これから夕ご飯でいただくことにします。
これが本当の七草が夕
なんちゃって。
posted by tomochan at 19:02| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

荒川上流びえんナーレ

ブログ用に使おうと思って項目ごとのフォルダーを作ってデスクトップに保管していた写真。

諸事情によりブログ更新がままならず、結局使われなくなり放置されたままになることが多いのです。

そして、諸事情がどんどん積み重なり、年末にはデスクトップが写真のフォルダーでいっぱいになる羽目に。

そこで今日は、少しでもパソコンを軽くするためにいくつかの写真をアップして、デスクトップの大掃除をしようと思うのです。

まあ、なんだかんだ言い訳をつけてますが、毎年この時期に行っている恒例企画ですね。


さて、今年は、夏の「越後妻有アートトリエンナーレ」、秋の「さいたまトリエンナーレ」、「くまがや碧空アート巡り」と、屋外のアートイベントが各地で開催されました。

私も妻有のイベントにはオープニングの前々日に行って雰囲気だけは味わってきましたが、他の2つは県内で行われたのに、やはり諸事情で鑑賞に行けませんでした。

ところが、実は、この春先に当地で密かに開催されたイベントは楽しんでいたのです。
題して「荒川上流びえんナーレ」
ビエンナーレとはイタリア語で2年に一度という意味ですが、このイベントの場合、春先開催なので鼻炎で鼻水を垂らしながら鑑賞するところから命名されたのだとか。

「オルカ?」
head04.jpg

「ヨキ」
RIMG1295-2.jpg
ヨキとは斧のことでもあり、映画のスケキヨが逆さまにされたので「ヨキ」という意味でもあるそうんなんです。


「白日下の愛」
IMGP8042.jpg

熊谷市押切におわす「白日下に男女が愛情を表現する」と解説されている双体道祖神がモチーフです。
1806-1457f.jpg


元々はこんなだったのですが。
IMGP5140.jpg

RIMG1026.jpg

二つを並べて立てようとすると、曲がっているため、どうしても1体の腰つきがビミョーになってしまうのです。
IMGP8051.jpg

これ以上接近させると秘宝館からお呼びがかかりそうなので一体づつに分けました。
IMGP8068.jpg
桃の木に寄りかかって、うなだれているようにも見えます。

「Oh my God!」
IMGP5156.jpg

というよりか、あほらしくすぎてガクッ!
posted by tomochan at 20:03| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

なかなか当たらんもんじゃねえ


ここのところ夕方になると毎日のように飛行機が夕日に輝いて見えます。
000.jpg

このまま行けば、折しも天高く上って来た月と重なるのでは?
0000.jpg
残念。

次の日
001.jpg

当たれ、当たれ!
002.jpg

はずれた!
003.jpg

そして、今日。
005.jpg
はずれた。

なかなかうまく当たらんもんじゃんねえ。(すずさんの広島弁風?)

当たらないと言えばこちらもなかなか当たりません。
RIMG2738.jpg

今日は良いカブに当たったんですけどね。
007.jpg

008.jpg
お尻ではなく、ハートの形です。
二つがくっついて一つになったようです。

これが本当の株だったら良かったんですけど。

ここのところ続いている強い北風を受けてもまだ落ちない我が家のモミジ。
IMGP1796.jpg
なんか縁起が良いような。

年末ジャンボは黄色い袋に入れて部屋の西側に置いておくことにしましょう。


今日はこの冬初めて北の山がきれいに見えました。

雪をまとった谷川連峰
IMGP1798.jpg

009.jpg
posted by tomochan at 19:11| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする