2019年04月19日

平成最後


コペンシリーズ最終回です。

泥道は走らないと決めたはずなのですが、ちょっとだけだからと入りこんでしまいました。
IMG_20190418_142522.jpg

鳩山町に芝桜のきれいなところがあったからなのです。
IMG_20190418_142019.jpg


結果は見事なドーナツのできあがり。
IMG_20190418_145414.jpg

平均燃費は最高で19.5kmを記録しました。
IMG_20190412_130927.jpg
スピードメーターが140kmしか刻まれてないのが軽カーらしいです。
もっとも、制限速度内で気持ち良く加減速できればよいと考えているので、最高速は低くても気にならないのです。
実際、コペンは車高が低いため、普通の感覚より5km〜10kmほどスピード感が増す感じがするので、メーターを見ると思ったより低い速度で走っていることが良くあります。
それと後方や斜め後ろの視界が良くないこともあって、今までの車以上に慎重に運転しています。

「平成最後のマイカー」をコーヒーを飲みながらしみじみ眺める。
IMG_20190406_102834.jpg


「平成最後のグミ」というのがコンビニで売られていたので一緒にパチリ。
IMG_20190409_173030.jpg


平成の自分専用乗り物
IMG_20190401_120254.jpg
左から古い順にパナソニックのチタンバイク、ビアンキの小径車、ホンダTL125、コペン。
こうやって並べてみると、年齢とともに堕落してきたのが良くわかります。

いろいろ「平成最後」を見てきましたが、これが「平成最後の記事」になってしまうのでしょうか。

ちょっと寂しい気かな。


posted by tomochan at 17:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | コペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

コペンであちこち

イニシャル「D」社のイニシャル「C」車であちこち行った話の続きです。

川越市郊外の桜
IMG_20190409_120853.jpg
気がついた時には通り過ぎてしまったついたのですが、桜と富士山が一緒に見られるなんて我が地元では不可能なので、わざわざ引き返して撮りました。

P1020011.jpg
桜と富士山を撮ろうとしてもどうしても携帯電話の電波塔が入ってしまいます。
もうこれはこれで、現代の風景ですから仕方がないですね。

県庁の桜
IMG_20190409_133745-2.jpg

この日の目的は県庁ではなくて、県庁の隣の埼玉県の文書館というところで昔の資料を探すことでした。

文書館に行くのは始めてでしたが、古文書や古地図などが閲覧できて、なかなか興味深いところでした。

ホールに張られていた昔の絵地図
IMG_20190409_134517.jpg
地元のあたりを撮ってみました。
昔の人は、この程度の地図で旅をしたのでしょうか。
今度、知らないところでやってみようかな。

帰り道は北本の石戸蒲桜へ
IMG_20190409_153921_BURST001_COVER.jpg
と言っても、駐車場からパチリ。
以前自転車で来たことがありますが、コペンの先に見える桜の内の一本が石戸蒲桜だったはずです。

駐車場の桜も見事だったので、それだけでも満腹。
IMG_20190409_154410.jpg

IMG_20190409_155204.jpg


吉見のさくら堤
IMG_20190409_160620.jpg

別の日、用があったので風布へ
IMG_20190413_143503.jpg

IMG_20190413_143947.jpg

懐かしの旧風布分校
IMG_20190413_144921.jpg
この桜の下で映画を撮ったのは、もう3年前?

既に用も終わったのですが、塞神峠まで来てしまいました。
IMG_20190413_145915.jpg
自転車が車になったとは言え、坂道を見ると登りたくなってしまうのは変わりません。
しかし、車がセカンドで上るような坂道を以前は喜んで自転車で来たんですからねえ。
今考えると、どうかしてたとしか思えないですね。

山に登ったついでに関東平野が見渡せる場所に行ってみました。
IMG_20190413_151728.jpg
とても気持ちが良かったのですが、その代償は大きいものでした。
写真ではわからないのですが、途中で湿った林道を走ったせいでボディーに杉や桧の落ち葉がびっしりとこびりついてしまったのです。
コペンでこういうところに来ては行けないと良い勉強になりました。

それにしても見晴らしの良いところです。
IMG_20190413_151923.jpg
手前の山と向こうの山に挟まれて、寄居町が扇状地であるのが良くわかります。

平地に下りて男衾へ。

このようにカーブが連続する道はコペンの得意とするところ。
IMG_20190413_164625.jpg
世の中から直線道路をなくして全部カーブにしてしまおうという運動でも起こしたいくらいです。

いや、やっぱり直線道路もないと時間がかかってしょうがないですね。
IMG_20190413_163606.jpg
posted by tomochan at 20:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | コペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

堅い、堅すぎる!

前々回の記事では、定峰峠で撮った頭文字(イニシャル)Dの写真をアップしました。
頭文字(イニシャル)Dといっても、定峰峠も舞台になった、あの人気漫画のことではなく、イニシャルが「D」の会社の車で定峰に言って写真をパチリとしただけというオチだったのですが。

そのイニシャル「D」社の車ですが、3月末に納車されて以来あちこち走ってオドメーターが500kmほどになりました。
その間、ちょうど桜の時期と重なって、幸運なことに各地の桜を見ながらドライブ(仕事なので運転という意味です)することができたので、今回は各地の桜の様子を車の印象などを交えて綴ることにします。

その車はAIHATSUのコペンという車です。
IMG_20190409_123558.jpg
2人乗りのK(軽)カーですが、仕事の時はいつも一人で移動なので、これで十分なのです。
車名の由来は買ってから知ったのですが、compactとopenをくっつけた造語とのこと。


購入に至るまで、試乗はおろか、近くで現物を見たことさえなく、あるのはネットで知り得た情報のみだったので、一抹の不安を抱きながらの決断だったのですが、その気持ちは納車の後、ハンドルを握ってすぐ吹っ飛びました。
それどころか、なにやらふつふつと喜びみたいな感情があふれてきて、思わずニヤニヤしてしまったのです。

この車の特徴は、なんと言ってもスイッチ一押しでルーフが自動開閉すること。
IMG_20190406_123015.jpg
熊谷次郎直実の伝承が残る美里町は熊谷地区の蓮生堂にて

IMG_20190406_123046.jpg

IMG_20190406_123309.jpg

IMG_20190406_123720.jpg

IMG_20190406_123526.jpg


オープンにして風を感じながら走ると、十万石饅頭のCMのあのフレーズが頭をよぎります。

風が語りかけます。
うまい、うますぎる。

コペンの走り。

そういえば、色も形も十万石饅頭に似てなくもないなあ。^^


しかし、10分も走るとこうなります。

腰が語りかけます。
堅い、堅すぎる。
コペンの足。


確かにコーナーでもほとんどロールはなく、タイヤもグリップは良い(と思う)けど、体に違和感を感じるほどの足回りの堅さは、さすがにやり過ぎなのではと思うのは私だけではないのでしょうか。
腰痛持ちの方は無理でしょうね。

ガチガチサスにタイヤはBSのポテンザ。
IMG_20190407_090647.jpg

そう思うのはオーナーだけではなく、一緒に購入したドライブレコーダーも同じ意見らしく、ちょっとした段差で「録画やめます」と言って、すぐに録画することをやめてしまいます。(感度を一番鈍くしても同じ)
そのたびにいちいち復帰させるのも面倒なので、衝撃を感じると自動で録画を停止する機能はオフにしてしまいました。

それでも最近は慣れたというか、シートにどっしり座らないで骨盤を立てるようにしてショックをうまくいなすような乗り方(自転車のそれと似てない?)を身につけてきたためか、以前ほど気にならなくはなってきましたが。
posted by tomochan at 20:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | コペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。