2016年12月19日

コミック「この世界の片隅に」

映画「この世界の片隅に」がとても良かったので、amazonで原作の漫画も買ってしまいました。
原作を読んでから映画を見ることは、これまで何度かありましたが、逆のパターンは初めてかも。
RIMG2757.jpg
困ったねー。3冊セットで買うたのに2冊しか入っとらんなんて。どうしたもんじゃろうねえ。じゃけぇ、第1巻があるからええかあ。そのうち来んさろうから。

のんさんが発するすずさんの声が聞こえてきそうです。
まあ、でたらめ広島弁ですから、そうは言はないと思いますが。

本の方は、A5判で普通のコミックスよりも大きめで、装丁などもしっかりとしています。
2016年12月1日 第14刷ということは、この映画が話題になってから急遽刷られたものでしょう。
でも、のんさんが帯に印刷されていて、逆にうれしいのです。
のんさんのすず役は本当によかったから。
アニメの中のすずさんが、本当にしゃべっているような不思議な感覚がしてくるほどでしたよ。

原作の漫画には、時間の制約がある映画では描ききれなかったエピソードもいろいろあるということなので、読むのが楽しみです。


映画と言えば現在、深谷シネマにて先行上映中の「花の兄」ですが、先日、大きな幕絵を持ってきてくれた方がいました。
CIMG7332.jpg

かっこいい!
CIMG7339.jpg
ありがたいですね。

深谷シネマの夜
IMGP1860.jpg

IMGP1826.jpg

IMGP1839.jpg

同じ敷地内の居酒屋さんから良い香りが漂ってきます。
IMGP1842.jpg
「今そこでアルコール度数20度の菊泉の生原酒を飲んできた」
上機嫌のお客さんがシネマに来ました。
そんな話をされたら、モギリをやっているどころではなくなるではありませんか。
その日は、車だったので我慢して帰宅しましたが、昨日は日本酒を楽しみました。

CIMG7362_1.jpg
「天然美発泡プレミアム純米にごり酒」
アルコール度数は生原酒に負けますが、名前の長さでは上をいってます。
甘くてフルーティで我が家の女性陣には好評でした。
以前記事にした「女なかせ」の埼玉版といったところかな。

小川の帝松ですが、ラベルのデザインもしゃれてますね。
CIMG7364_1.jpg

映画の話が、いつもの間に日本酒の方にいってしまいました。
発砲されないうちに元に戻してと。

「花の兄」先行上映会
来年1月17日まで毎週火曜日(12月20日はお休み)
詳しくは公式Webサイトをご覧下さい。
http://www.hananoani.com/
posted by tomochan at 20:14| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 花の兄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

「花の兄」先行上映会始まる

11月8日から映画「花の兄」の先行上映会が始まりました。
会場は深谷市にある深谷シネマ
001.jpg
元々は「七つ梅」という蔵元の酒蔵だった建物を改築したものだとか。

花の兄という言葉は梅の花の異名ですから不思議な縁を感じます。
IMGP1432.jpg

会場のホール。
002.jpg

出演した熊谷真実さんが駆けつけてきてくれました。
監督と感激の再会。
004.jpg

熊谷さんは飾らない人柄なので周りには自然と人の輪ができていました。
003.jpg

さる紳士に名刺を渡されてます。
IMGP1185.jpg

「え、町長さんでいっらしゃいますか」
IMGP1189.jpg
と、おっしゃていたのかわかりませんが、とにかく表情の豊かな方です。

表情と言えば、同じく出演いただいた桐原三枝さんも見事でした。
IMGP1336.jpg
素人の私が言うのもおこがましいですが、今回の桐原さんの演技を近くで見せていただいてその演技力には驚かされました。

出演者の舞台挨拶です。
IMGP1278.jpg

「花の兄」三大美女の挨拶。
IMGP1228.jpg
左から桐原三枝さん、秋月三佳さん、熊谷真実さん。
秋月さんと熊谷さんはこの映画が初共演とのことでしたが、このあと11月24日放送のドラマ「科捜研の女」で共演をされたそうです。しかも親子役。
これもまた不思議な縁を感じます。

寄居町の花輪町長から花束と特産の風布のミカンがプレゼントされました。
IMGP1284.jpg
撮影拠点だった風布の分校の裏山で採れたミカンですね。

上映後は記念写真の撮影タイム。
花輪町長と出演者の皆さんと寄居フィルムコミッションの大橋代表。
IMGP1364.jpg
前の晩に大急ぎで作った看板が役立ちました。

あちこちで写真を撮られまくったあと、やっと開放された熊谷さん、皆さんに見送られてお帰りになります。
IMGP1416-2.jpg

この時、ある方が思いがけない行動を・・・
IMGP1413.jpg
ほのぼのとしたとても良いシーンだったのですが、詳しくお見せできないのが残念です。
熊谷さんの表情を見て想像して下さい。^^



IMGP1427.jpg
この後、夜の部には出演した子供たちとその家族のみなさんなどが訪れてくれて盛況のうちに終了したのでした。

受付のもぎり役のおねえさん。
IMGP1455.jpg
最後にひとこと言わせて下さい。
「もぎりよ、今夜もありがとう」
結局これが言いたかっただけだったりして。^^
posted by tomochan at 20:07| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 花の兄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

右肩上がり

先日、ここのところ忙しさにかまけてサボりがちだった朝の散歩に出てみました。

西の空にはまだ月が残っていました。
RIMG2394.jpg
セイタカアワダチソウに近づいたりしてクシャミが出るかとあせりましたが、セイタカアワダチソウは花粉症の原因ではないことを思い出して一安心。

ところで、何故また朝の散歩を再開し始めたと申しますと、次のような書類が送られてきたからなのです。
RIMG2416.jpg
証券会社から送られてきた株価の推移?
だったらうれしいのですが、そうではなくて、先日受けた健康診断の結果の一部。
ほとんどの検査項目はいつもの年と変化はなく、生活習慣には気をつけましょうというBランク。
そんななか、驚いたことに、肝機能と尿酸値だけはAランク。
普段の生活習慣から考えると、驚異的です。検体を間違えてるのではないかと思うほど。

さて、問題のグラフ。
推移を注目してみると、数値は平成24年から低下し始め平成25年に底を打ち、その後は今年にかけてグーンと跳ね上がっています。いわゆるV字回復、いや、V字回腹といった方が良いのかな?
いずれにしても平成24年、25年というと、確か週末ごとに自転車活動にいそしんでいた頃。
その後、主に仕事が忙しくなったことが原因で自転車活動から徐々に遠ざかった結果が、右肩上がりのこのグラフ。
肩でもないのに右肩上がりとはこれ如何に。

気を取り直して散歩を続けます。

遠く秩父谷に朝霧が立ちこめるようすが見えました。
RIMG2400.jpg

月はいいなあ。
RIMG2407.jpg
満月から何日も立ってないのにもう減りかけているんだから。
まあ、リバウンドもあるけどね。

この後、この日例の「花の兄」の記者会見の結果が埼玉新聞に掲載されたことを知らされました。
さっそく購入して記事を読んでみると、ほとんど雑談だったような記者会見の内容が、見事なまでに記事にまとめられていて、「新聞記者ってすごいんだなあ」とすっかり感心してしまいました。

夕方には幻日を見ました。
CIMG6831.jpg

早朝、朝霧を見たところと全く同じところです。
CIMG6835.jpg

映画の評判が右肩上がりに上がってゆくという吉兆であれば良いのですが。
確かに翌日は朝日新聞にちょこっと掲載されました。

そういえば、この日は仕事で赴いた荒川の縁でこんなものを拾いました。
CIMG6825-2.jpg
これもまた自由の女神のたいまつみたいで縁起良くないですか。
え?同じようなものを行田の方で見たことあるですって?(意味不明ですよね)
posted by tomochan at 20:08| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 花の兄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

映画「花の兄」プロモーション活動いろいろ

以前、このブログで少し触れたことのある映画「花の兄」のチケットやポスターができあがりました。

ポスター
posuta.jpg
スタッフの手作り。
ただし、題字は書家の中澤希水さんだそうです。

チラシ
doc01031120161013131448_001.jpg
こちらも同じく手作り。

公開への準備が着々と進んでいる最中の先日、「花の兄」の新聞社に向けての記者会見があると聞きつけたので様子を探りに行って来ました。
記者会見というとテレビのニュースやワイドショーでよく見る、ずらっと並んで頭を下げているシーンをつい連想してしまいますが、今回は制作発表の記者会見なのできっとそうはならないのでしょう。^^

会場は某市役所内の記者室というところですが、記者会見に臨む前にその市役所に同級生が働いていることを思い出したので、昼休みでまだ時間もあることだし、訪ねてみることにしました。

職員課で所属を教えてもらい訪ねてみると、うまい具合に本人に会うことができました。

映画のことを話すと、とても興味を持ってくれて、記者会見の進め方などアドバイスをしてくれました。
管理職なので記者会見とかは慣れているみたいです。

会見に参加する人達にとってはとても心強い助言になったことでしょうが、見学者の私としては今回の映画にも登場するおっぱい山の話の方に食いついてしまいました。^^
彼はおっぱい山にかなりの縁がある人で、私たちと違って子供の時からおっぱい山を知っていたおっぱい山フリーク?だったのです。
今は木が大きくなって形が変わってしまったけど、昔はもっと美乳、いや、美山だったらしいのです。
IMGP0687.jpg
もっとその話を続けたかったのですが、市の部長ともあろう人が役所内で声高におっぱいの話をしていると思われては気の毒なので、お暇して会見場に向かうことにしました。

記者室での会見が始まりました。
IMGP1006.jpg
まだ、頭を下げていません。^^

この日の会見には全国紙3紙と地方紙1紙、計4紙の新聞記者さんが集まってくれました。
この他、この日来られなかった新聞社の取材が別の日にあるようです。

初めは緊張気味だった制作スタッフでしたが、時間の経過とともに、多弁(雄弁かな?)になり、最後の方はけっこう笑いを取っていました。コメディ映画と勘違いされなければ良いのですが。

そんなこんなで、約一時間の会見が終わり、最後に1社ずつ写真を撮ってもらって終了。
傍で見ていた感じでは、各紙とも興味を持ってもらえたようで、良い会見ができたのではないかと思いました。
さてさて、結果は如何に。

制作者側のマスメディアを巻き込んだプロモーション活動に対し、私もささやかですがぼちぼちと活動を始めています。

ポスター貼り
CIMG6738.jpg
あきちゃんのたい焼きはもちろんうまいけど、私はここの焼きそばが好き。

ポスター貼り&チケットの訪問販売
CIMG6799.jpg
家内の友達が牟礼というところで自宅を改装して始めた店なのですが、我々が着いたところで、急用のため閉店ガラガラ。
CIMG6797.jpg
カレイの煮付け食べたかったよー。また来ます。

富田に移動してR254沿いの喫茶店ミルトンでランチ。
CIMG6800.jpg
少し食べてしまったけど相変わらずのボリューム。
この他にスープとコーヒーがついて830円だったかな?
大きいポスターがなくなってしまったので、小さいチラシを貼ってもらうことに。

居酒屋で酔客にチケット販売
CIMG6739.jpg
ほろ酔い加減の時に売るのが肝心。
あまり酒が進んでからですと、こっちが酔っぱらってしまうからです。

ニャンだ、オミャーは飲んだり食ったりばっかりダニャー
CIMG6723.jpg

ミーみたいに目の色を変えてとっかからなっくちゃだめニャ
CIMG6698.jpg

まあ、果報は寝て待てとも言うがニャ
CIMG6725.jpg

本庄市宮戸在住のしろニャンさんのお言葉でした。



ポスター等では見にくいと思いますので以下に「花の兄」の上映スケジュールを記しておきます。
 
2016年11月 〜2017年1月  深谷シネマ (詳細は下記)
 
2016年2月11日(貸切)     深谷市民文化会館
 
2017年1月22日         寄居中央公民館
 
2017年2月24日 彩の国さいたま芸術劇場映像ホール
ほか順次公開予定
 
※上 映 時 間 ( 作品の長さ ) 94分

上映スケジュール詳細 

特別上映会(招待)11月8日(火)会場:深谷シネマ 
@10:00 〜 11:35     
A13:00 〜 14:35                                        B16:00 〜 17:35    
C19:00 〜 20:35
 
先 行 上 映 会  会場:深谷シネマ   
2016 年 11月 15日(火)
              22日(火)
              29日(火) 
      12月   6日(火)
          13日(火)
          27日(火)
2017 年  1月  3日(火)
               10日(火)
                17日(火)

深谷シネマの上映時間 
@10:00 〜 11:35     
A13:00 〜 14:35                                        B16:00 〜 17:35    
C19:00 〜 20:35 
 
2017年1月22日(日) 会場:寄居中央公民館  
@13:00 〜 14:35  
A16:00 〜 17:35  
B19:00 〜 20:35
 
2月24日(金)会場:彩の国さいたま芸術劇場 (映像ホール)
@19:00 〜 20:35  
                                   
先行上映鑑賞券
前売1000円(当日1200円)
チケットのお求め 寄居町観光協会 深谷シネマ 八木橋プレイガイド 彩の国さいたま芸術劇場 大橋理容店
大黒屋商店 ブティックシャルル 静高園 
チョコレートボックス小島美惠子(090−3339−6051) 

ジロジロファームでも売ってますよ。
運良く場所を探し出せた方には、メイちゃんのスタンプ付き(蹄ともいう)ポスターをプレゼント中です。
ラベル:花の兄
posted by tomochan at 17:25| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 花の兄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

映画の試写会に参加

8月13日は迎え盆の日。
基本的に仕事は休みだったのですが、仕事に使う写真で、盆でなければ撮れない写真があったので、それを撮りに深谷市の中瀬河岸跡へ。
CIMG6332.jpg

河岸跡のサイクリングロードには気持ちよさそう(それとも暑かったのかな?)自転車が行き交ってました。
CIMG6301-2.jpg

目的は写真を撮ることだけだったので、自転車で来ても良かったのですが、この後もいろいろとやることがあったので車で来て用を済ませてさっさと帰りました。
帰りに胡椒せんべいとスイカを買って帰ったので自転車では無理だったかな。

夕方、また深谷市にやってきました。
今度は市街地にある深谷シネマというところです。
CIMG6334.jpg
古びた場末の街角のように見えますが、ここは大小二つのスクリーンとカフェや居酒屋といった飲食店、古書店などが入った昭和レトロ?が売りの複合施設です。
いわば昭和のシネコン?
初めて来たので良くわかりませんが、とにかく下の写真の右側のレンガ造りの小ホールで、ある映画の試写会が催されたのです。
CIMG6336.jpg

内部は外見と違って快適そのもの。
CIMG6341.jpg

映画のタイトルは『花の兄』
オール寄居ロケの映画です。
詳しくはこちらの公式ウェブサイトでどうぞ。

この日は目的は、大方の編集が終わったので、内容の確認作業とのこと。
音声の調整もしてない、いわば試写の試写、あるいはそのまた試写?なのかも。
いずれにしても、ブツブツの途切れ途切れに撮った(ように思えた)映像を筋立てて、通して観るのは初めて。
感想は、映画造りにおいてはたかが自転車整備担役だった私などが言うのも片腹痛いのですが、すばらしいものでした。

この機会に映画での自転車担当の活動の一端をご紹介。

この日は、山の上の展望台に主人公の少年たちが乗るママチャリを2台用意しました。
RIMG1599.jpg
1台ならともかく、2台との要望だったので軽トラで運び上げました。

撮影が終わり、帰ろうとすると自転車を積んできた軽トラがありません。
一時的に借りてきたものなので、貸主が使いたいというので返してしまったとのこと。
赤い小さいほうの自転車は、なんとかワゴン車に積み込めましたが、黒い自転車(愛称クロちゃん)は積めません。
やむを得ず次のロケ地まで誰かが乗って帰ることに。
希望者を募ったところ、ダチョウ倶楽部のように何人かが手を挙げてくれたのですが、結局、自転車担当で、このあたりは自転車で走り慣れている私が受け持つことに。

クロちゃんでサイクリング。
RIMG1601.jpg

誰か自転車乗りが来ないかなと思いながら登ってきましたが、一人とも遭遇できず。
「こんなところにママチャリで」
と、びっくりさせたかったのに。
RIMG1602.jpg

中間平から風布に向かっていたわけなのですが、純粋に自転車を移動させることが目的だったので、なにも釜伏峠を越える必要ありません。
RIMG1603.jpg
この近道で風布に下りることにしました。

後は下るだけ。
ロードバイクのような自転車ならば快適なダウンヒルが楽しめたのでしょうが、この日はママチャリなので激坂を慎重に下ります。

RIMG1604.jpg
ブレーキを酷使しないように下りてきたつもりですが、それでも下に着いたらブレーキの熱の影響からか、後輪の回転が鈍くなっていました。


とにかく、どういうわけか撮影現場ではこのようなトラブルは日常茶飯事。
機会があったらまた書きます。
posted by tomochan at 20:45| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 花の兄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする