2017年05月27日

ジロジロポピー祭り

♪こぶた たぬき きつね ねこ♪

むかし、ウチの子たちが小さい頃、良く歌っていた童謡の世界が、ジロジロポピー祭りで繰り広げられることになるとは。

♪こぶた
♪ぶーぶーぶー
こぶたはすぐ近くにたくさんいるのですが、外出はできないとのことなので、声のみの出演です。

♪たぬき
tanuki .jpg
♪ぽんぽこぽん

♪きつね
kitune.jpg
♪こんこんこん

♪ねこ
neko.jpg
♪にゃあにゃあにゃあ


♪こぶた
♪たぬき 
♪きじ
kizi.jpg
♪けんけんけん
と、特別出演のきじ

あ、もう一匹いた
CIMG8943.jpg
と思ったら、隣の麦畑に種がこぼれて咲いたポピーでした。

「み」はないのかしら?
hati.jpg

hati2.jpg
「み」ではつながらないけど特別に許可
♪みつばち
♪ぶんぶんぶん

以上、客は動物や昆虫だけという、ジロジロポピー祭りの会場の様子でした。
posted by tomochan at 18:19| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ジロジロポピー畑

天空のポピー畑から種をもらってきて始めたジロジロファームのポピー栽培も今年で2回目を迎えました。
今回は種まきから開花までのまとめ記事です。

昨年の7月初めに1リットルほどの種を採取
001.jpg

その後、10月15日にトラクターで畑を耕して種を播きました。
1015.jpg
本当は畑の全面に播きたかったのですが、コスモスがまだ咲いていたので、そこの部分を除いて播くことにしました。
理想は同じ畑で、春はポピー、秋はコスモスの二毛作なのですが、どちらかを犠牲にしないと難しいようです。
次回は試しに一部の区域だけ、コスモスが枯れるのを待って晩秋に種を播いてみようかなと考えています。
それから、今までは全くしていなかった土壌の酸度調整と肥料も施してみようかとも。

種まきから1週間ほどで発芽
1026.jpg
今回は種を播くのも2回目ということもあり、初回よりも良く発芽したような気がしました。
種が偏らないよう砂と混ぜて播くということと、好光性の種子なので覆土はしないという知識をどこかで仕入れて実践した結果かな。

記録的な11月の降雪を乗り切った、昨年末の様子
1229.jpg

その後、新しい年になり、更に厳しい寒さに見舞われながらも、2月にはここまで成長しました。
0210.jpg

ただし、3月になると、以前記事にもしましたが、ペンペン草など他の植物の勢いに押され気味になり、ちょっと心配に。
0330.jpg

4月は降雨が少なく、成長も滞り気味
0419.jpg

それでも4月の末になるとポツポツと咲く花が見られるようになりました。
panelimg.jpg


そして、5月。
0504.jpg

0503.jpg
咲き出したポピーに負けじと葱坊主

もうコスモスの芽が出てきました。
0507.jpg

そして5月の中旬を迎えた頃、ささやかではありますが、ジロジロのポピー畑の完成。
0521-2.jpg

0521-1.jpg
電車からは見えないだろうな

彩雲とポピー
0522.jpg

次回は、過日行われた「ジロジロポピー祭り」の様子をアップしましょう。
posted by tomochan at 18:51| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

春のジロジロファームだより

001.jpg
今回は久しぶりのジロジロファームだよりです。

最近は横着をしてバイクで行ったりします。
b01.jpg

バイクの音に驚いて逃げるキツネ
002.jpg

メイちゃんもバイクは苦手なようで、近づくとメイメイ鳴きます。
b02.jpg

でも、タヌキは逃げないでじっとこちらを見てたりします。
003.jpg
化かされて、変なものに乗って家に帰ったりしないよう注意しないと。

さて、この時期になるといろいろな野菜が出回るようになりますが、この春のジロジロファームの野菜の出来は、全く良くありませんでした。
種まき後、雨がほとんど降らなかったので、芽が出なかった作物が多かったのです。
それでもいくつかの作物は順調に育って、花をつけたり、実をつけたりするようになりました。

ソラマメ
CIMG8891.jpg
空に向かってそそり立つように実をつける様子から、ソラマメと言うらしいのですが、一部そうでもないのがあったりして、親しみを感じます。

お彼岸頃に植えたジャガイモの花が早くも開花
f03.jpg
あまり早く咲いては肝心の芋が大きくならないのではと、ちょっと心配。

ナスとキュウリも開花
f01.jpg
f02.jpg
こちらは種から育てたのではなく、近所のプロの農家からいただいた苗を植えただけ。
本当は種から自分で育てる方がおもしろいのですが、毎年苗をいただくので、それに甘えさせてもらってます。

早春に植えたポウポウの木
CIMG8898.jpg
木の芽時になっても、いっこうに芽が出ず、一時は枯れてしまったかと心配しましたが、やっと芽が出て、葉が茂ってきました。
でも今年は花が咲かないだろうな。

環境負荷低減自然農法
CIMG8921.jpg
そんな農法あるかわかりませんが、休耕地対策に播いたヘアリーベッチという豆科の植物が、繁殖しすぎて休耕地でないところまで押し寄せてきたのです。
今年は種まきを少しセーブしないと。

こちらもヘアリーベッチに覆い尽くされた第3ジロジロファーム
CIMG8895.jpg

去年の秋にポピーの種をまいておいたのですが、完全にヘアリーベッチやられてしまいました。
それでも何輪かのポピーは、健気にも絨毯のようなヘアリーベッチを突き破って、顔をのぞかせてくれました。
CIMG9004.jpg

花をつけたシュンギク
f04.jpg
採らずにそのままにしておいたら、こんなふうになりました。
黄色いマーガレットみたいで意外ときれいです。

シュロの花
f05.jpg
山数の子といってこの地方では珍重されます。
嘘です。食べないで下さい。

こちらは食べられます。
kamo2.jpg

ハチではなくてカモミール
kamo1.jpg

花を切り取って
kamo3.jpg

食べるというか、ハーブティーとして飲むのです。
kamo4.jpg
買った乾燥させたハーブティよりも味が濃いです。

最後は当ファームの管理者、メイちゃんの話題。

メイちゃんは部屋はたくさん持っているのですが、庭がなかったので、廃材を利用して作ってやりました。

喜んで走り回るメイちゃん
m01.jpg

喜びすぎて金網に突進したあげく、頭が抜けなくなったメイちゃん
m02.jpg

仕方がないので、金網を切断して救出
m03.jpg

金網の上に、害獣よけのネットをかけて一安心。
m004.jpg

メイちゃんは相変わらず、おばかなしろやぎさんなのでした。
posted by tomochan at 19:36| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

土と心を耕した日

日曜日、忙しくてなかなかできなかったジャガイモの植え付けをしました。
001.jpg
当地では、ジャガイモの植え付けはお彼岸までに済ませるのが良いと言われているようなので、ぎりぎりセーフです。
まあ、彼岸過ぎても大丈夫なのですが、早いに越したことはありません。

箱から出してみると、芽がけっこう伸びていました。
002.jpg
JAに注文するといつも12月頃には配達されてしまうので、毎年のことですが、植える頃には芽が出てしまっています。
この芽はそのままにして良いのか、取り除いた方が良いのか、いつも悩むのですが、そのまま植えることにしました。

大きめの種芋は半分に切って、切り口が腐らないよう、たき火で出た灰をまぶしてから植えます。
003.jpg

連作障害を避けるため、毎年違う場所に植えるのですが、今年はここに植えます。
004.jpg

さくを切って種芋を30cm間隔に置き、芋と芋の間に堆肥と化成肥料を置きます。
006.jpg

5kgの種芋を植えるとこんな感じ。
005.jpg
用意した区画だけでは植えきれなかったので、実際にはちょっと離れた場所にもう一列植えました。

今年は梅が咲いているうちに終えることができました。
007.jpg
収穫できるのはこの10倍から15倍くらいでしょうか。
ジャガイモには気の毒だけど、できすぎても収穫するのが大変だから、ほどほどに育てば良いと思ってたりして。
そんなこんなで、お昼前には何とかジャガイモの植え付けを終わらせることができました。

さて、土を耕した後、今度は心を耕すために、昼飯を摂る暇もなく一路秩父へ。

ミューズパークの音楽堂ホールにやって来ました。
008.jpg

ちちぶ夢創りフィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会なのです。
010.jpg

文化や教養を意味する英語の「culture」って元々はラテン語で「耕す」を意味することばに由来していて、その後、心を耕すという意味で使われるようになったのだとか。

心を耕す前に、体にも栄養を与えないと枯れてしまいそうなので、途中で買ってきたコンビニ弁当を食べることにします。
ベンチで弁当を広げようとしたら、目の前に楽器の練習をする方が。
009.jpg
ちょっとステキな光景だったので失礼してパチリ。
邪魔しては悪いので、別の場所で食べることにしました。

さて、いよいよ、本番。
このコンサートは、ご家族が二人もメンバーとして参加されている友人から誘われて、来たのですが、パンフレットを見てびっくり。
なんと友人の家族の一人が、コンサートマスターだったのです。
○○が○○を生んだ?
友人には内緒。

コンサートは、テーマがウイーンということで、私のようなクラッシク音楽にはほとんど縁がない人間でも楽しめる内容となっていました。

中でもフランツ・フォン・スッペ作曲の「詩人と農夫」序曲という作品の演奏には感銘を受けました。
高らかなファンファーレから始まり、それがきわまったところで一転して今度は静かなチェロのソロになり、それが終わると次は、軽快な曲に変わり、その後は優雅なウインナーワルツになるというように、紙芝居の場面が変わるように音楽の内容がどんどん変わってゆくのです。

まさに、午前中に農夫をやってきたあと、午後にはこのような場所にいる自分を現したような曲なのでした。
題名も「詩人と農夫」でぴったりだし。
わたくしの場合、「詩人」ではなく「痴人」でしたね。

最後は、今や卒業式の定番の曲、秩父が発祥の「旅立ちの日に」を全員で合唱してコンサートは終了。

アンコールはおなじみの「ラデツキー行進曲」
観客が演奏に合わせて手拍子を打つのですが、指揮者がそのタイミングを指示したりして、まるでテレビで見るウイーンフィルのニューイヤーコンサートのようでとても楽しかったのです。

コンサートの後、ミューズパーク内の「旅立ちの丘」に行ってみました。
011.jpg

012.jpg
この歳になって「旅立ち」なんて、他の意味になってしまいそうです。

もう一つの展望台にも行ってみました。

絶景、絶景
CIMG8225.jpg

段丘ファンは喜びそう
CIMG8223.jpg

帰りは地場産センターで買い物
今夜はこれで身と心を耕すことにしよう。
CIMG8245.jpg
秩父ファーマーズファクトリー(兎田ワイナリー)のワインを初めて買ってみました。

秩父製の箸も購入
CIMG8242.jpg
斧折棒といって堅さ日本一だそうです。
これなら畑も耕せそうですが、箸にとどめておきたいと思います。
posted by tomochan at 20:49| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

秋のジロジロファーム便り

昨日は朝の散歩で久しぶりにキツネを見かけました。
001.jpg
ジロジロファームの小屋に時々寝泊まりしていた、例の見返りキツネだと思います。
画像が悪くてよくわからないかもしれませんが、相変わらず振り返ってこちらを見ています。

なぜ最近ジロジロファームの小屋に寄りつかなくなったのか、心当たりが一つあります。
これも画像が悪くて良くわかりませんが、キツネが飛び出してきた小屋に赤く写っているのはトラクターです。
002.jpg

このトラクターが、この夏から青色に変わったのです。
003.jpg
赤いトラクターが壊れてしまったので、中古ですが青いトラクターに替えたのです。

一時期はトラクターの右の藁の中に寝ていたようでしたが、トラクターを替えたあたりから寄りつかなくなったような気がします。
やはり、キツネは赤が好きなのでしょうか。
緑のトラクターだったらタヌキが来たのでしょうか。うーん、わからない。

さて、ジロジロファームでの野菜の栽培ですが、ナスやキュウリなどの夏野菜はほとんど終わりました。
今年は多雨と日照不足の影響で、どの野菜もうまくいきませんでした。

メイちゃんも葉物があまりなかったので毎日ナスとキュウリが中心のサラダ。
panelimg2.jpg
「ゆうき野菜を使ったシェフのきまぐれサラダ」と言い聞かせて食べさせました。
ゆうき野菜といっても「有機」じゃなくて、食べるのに「勇気」がいるってことなんですがね。^^

そして、今は秋、冬の野菜の準備が終わろうとしているところ。
1回目の種まきが終わり、白菜やブロッコリーの苗の定植もしばらく前に終わりました。
RIMG2269.jpg

panelimg3.jpg

ところで、種をまいて土を平にしておくと、必ずその上を歩くものがいるのです。
RIMG2386.jpg
この足跡は、例のキツネ?

それとも時々やって来るガン見のガンちゃん?
RIMG1458−2.jpg
ガンちゃんはメイちゃんが近くにいてもとてもリラックスして香箱座り(リラックスした状態の猫の座り方と銀輪乗士さんに教わりました)でくつろいでいます。

誰だかわかりませんが、とにかくやめてもらいたいものです。


秋、冬野菜の準備が一段落したところで、昨日は第2ジロジロファームでポピーの種播きをしました。
RIMG2392.jpg
コスモスの向こう側の畑に播きます。

種は一昨年、天空のポピーとして有名な秩父高原牧場からもらってきたものを昨年の10月に播いて、この春に咲き終わったあと採取して保管していたものです。人間でいえば天空のポピーの孫ですね。

昨年の種まきは、知らないで種をそのまままいてしまったので、極端に厚播きになってしまって、畑全体に播くには種が足らなくなってしまいました。
そこで今年は、いろいろ勉強して種に砂を混ぜて撒く方法を覚えました。
panelimg5.jpg

種の容積の2倍ほどの砂を混ぜて撒きましたが、少し余ったので第3ジロジロファームにも播きました。
RIMG2387.jpg

さて、どうなることやら。
来年の春が楽しみです。

この春はジロジロポピーの様子をアップする機会を逸してしまったので、時季はずれですが、ここで公開することにします。(もしかしたらすでに公開しているかもしれませんが、その際はご容赦下さい)
IMGP8582.jpg

IMGP8585.jpg

IMGP8603.jpg

RIMG1533.jpg

RIMG1571.jpg

RIMG1575.jpg
posted by tomochan at 18:03| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

アホが芽ばえた

アホがやっと芽ばえてきました。
えっ?芽ばえたどころではなく、立派な実を結んでいるのではないかですって?
そっちは阿呆。
今回のアホはスペイン語でのニンニクのこと。
001.jpg

この秋、ニンニクの玉をバラして一粒ずつ植えておいたのです。
002.jpg

順調にいけば来年の初夏には食べられるはず。
収穫したら「バカのアホ炒め」にするのです。

「バカのアホ炒め」は料理愛好家、タレント、シャンソン歌手というような現在の肩書きよりも、私としては、中学生の頃聞いていたラジオ番組のレポーターとしての印象の方が強い平野レミさんが考案したレシピです。

「男が出るか、女が出るか・・・」
若かりし頃の久米宏さんがパーソナリティで平野レミさんが現場のレポーター。
二人の掛け合いが楽しくて、土曜日の午後、夢中で聴いてたっけ。

平野レミさんと言えば、夫は和田誠さん。
昔、和田誠さんのこんな本を買いました。
『お楽しみはこれからだ』
005.jpg
映画の名セリフを集めたエッセーですね。
だいたい買ってもどこかへいってしまう我が家の本ですが、どういうわけかこの本だけは大事にされていたようで、今でもすぐに本棚から取り出せるのです。

きっとこんなセリフを一生懸命覚えようとしたからかも。

「ゆうべどこにいたの?」
「そんな昔のことは憶えてないね」
「今夜会ってくれる?」
「そんな先のことはわからない」

結局、せっかく覚えたセリフですが、使う機会は一度もありませんでしたが。^^


アホの話に戻します。^^

ニンニクができる来年の初夏までに、アホだけにきっと忘れてしまうと思いますので、「バカのアホ炒め」を作ってみることにしました。

「バカのアホ炒め」はバカ(スペイン語で牛のことです)をアホで炒める料理なのですが、平野流ではトマトとバジル、サワークリームが必要でした。
真夏ならともかく、今は我が家の冷蔵庫に入ってなかったので、あり合わせのもので作ってみることに。

「バカのスカスカアホ炒め」
003.jpg
トマトの代わりに「頭がピーマン」の中身スカスカ、ピーマンを使いました。
中華料理に「青椒牛肉絲」という似たような料理がありますけど。

違う植物の芽ばえ
006.jpg

007.jpg
この夏、秩父高原牧場で採種して、先日やっと畑に播いた、ポピーです
いや、ポピーかどうかまだわかないぞ。
花が咲くまでは油断できないので、注意して観察して行きたいと思います。
でも、アホではないことだけは確かです。
生まれが牧場だけにバカだったりして。^^
posted by tomochan at 19:40| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

すいか、甘いか塩っぱいか

ジロジロファームでは変わった野菜を栽培しているということは以前にも書きましたね。
今度は、ミニスイカができたのでご紹介します。
ミニスカではありません。ミ・ニ・ス・イ・カ。
CIMG1224.jpg

大きさがわからないので枝豆と並べてみますね。
CIMG1225.jpg


今度は、誤って切ってしまった成長途中のスイカと比べてみました。
CIMG1227.jpg
だいたい、小さいスイカは完熟してない場合が多いので、切っても中身が白いのですが、今回、開発に成功したミニスイカは小さくても中身は赤いのです。
ちなみに、完熟してないスイカは、捨てないでぬか漬けなどの漬け物にするとおいしいです。

すいか、すいか、
酢いか 甘いか 塩っぱいか。

結果、けっこう甘かったです。
商品として売れるくらいの十分な糖度を有していました。
お一人様用スイカ。
来年の夏までにネーミングを考えておかなければ。

こんなところで栽培しています。
CIMG1216.jpg
雑草が繁茂して何が何だかわからなくなっております。
かえってそれでカラスなどの被害から守られているのです。

ただ、自分もどこにスイカがあるのかわからなくなるので、スイカのある場所には目印として青い棒が立ててあります。
CIMG1221.jpg
すいか、すいか、
そが上に青き棒を立て 
スイカを作るは
その男の ならひなり

なんちゃって。^^


雨上がりの先日の空
CIMG1295.jpg
スイカにかわり、秋刀魚の季節がすぐそこまで来ているような予感。
posted by tomochan at 19:47| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

ジロジロファーム便り「高付加価値野菜」

普通の野菜を栽培してもおもしろくないので、我がジロジロファームでは高い付加価値の付いた野菜作りに挑戦しています。

ピノキオナス
001.jpg

ボーナス
002.jpg
ピノッオナスに似てますが、突起が大きく、棒状になっているのが特徴。
来年夏のボーナスシーズンに合わせて、大量に生産してどこかの経営者に売り込もうと考えています。
来年支給されることがあったら、きっとそれはウチのものです。

文字どおり宙に浮いたボーナス。
RIMG3179.jpg

たねあかし
RIMG3182.jpg

orzナス
CIMG0185.jpg
ナスすべもなく、くずれ落ちるナス
それともお盆の飾り用としての方が売れるかなあ?

このようになっています。
CIMG0181.jpg


角が5本になったメー
CIMG0211.jpg

キューリング
CIMG0782.jpg

お化けスイカ
CIMG0796.jpg
肝試しの時など吊しておくと良いかも。

尺ものキュウリ
RIMG3115.jpg
右の普通サイズのキュウリに比べるとかなり大きい。
最近は写真のものより更に大きなものができるようになりました。

他の野菜と共に小さく切って、軽く塩もみして
CIMG0723.jpg

メイちゃんのごはん
CIMG0724.jpg

カナダ産の牧草よりもおいしいそうです。
CIMG0172.jpg

この6月、ジロジロファームから旅立っていった梅が、昨日になって梅干しになって帰って来ました。
CIMG1032.jpg
しかも大きなカメに入れられて。
スリッパと比べると大きさがわかります。

CIMG1033.jpg
猛暑続きのこの夏、大活躍間違いなし。
posted by tomochan at 19:44| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

みんな大好きトウモロコシ


いたずら天使たちが集まってくるとはわかりながらも今年も播いたトウモロコシ。

去年の「未来」は頼りない未来だったので今年は「ハニーバンタム」
001.jpg

ちょっと時期的には遅かったのですが、5月の初旬に種蒔きをしました。

すると、さっそくやって来た黒い影
002.jpg

去年と同じキジだろうか?
003.jpg

権兵衛さんの役回りをさせられてはかなわないので、とりあえず防虫ネットを張ることに。
004.jpg

そして、2ヶ月後。
種蒔き後は雨がほとんど降らず、やきもきしましたが、なんとか命の山、登谷山よりも高く見えるまで成長しました。
005.jpg

そして、まもなく収穫という先日。
006.jpg
幹が押し倒されて、実が食べられてしまいました。
全体の半分程度の被害です。

菜園の回りには今年もネットを張ったのですが、2箇所ほど食い破られた穴があいていました。
007.jpg

この手口はキジやカラスではなく、4本足の動物のもののようです。
いくらコーンといっても例のキツネではないでしょうね。
近所の人の話では、この辺りはハクビシンの被害が多いととのことなので、きっとそれかも。

とりあえず穴をトタン板で塞いでみたところ翌日からは被害がなくなりました。
008.jpg

動物に食べられる前に、こっちも食べておこうと思って、食べてみたところ、去年作った「未来」ほどおいしくはありませんでした。
ぱたっと動物が来なくなった訳がわかったような。^^

二本足や四本足の動物はやって来なくなりましたが、変わってやって来たのがミツバチたち。
009.jpg

ある朝、トウモロコシのところに行ってみると、幹の先に付いたトウモロコシの花にミツバチが群がって大変な騒ぎ。
010.jpg

さすがハニーバンタム。
名前の由来はハニー万come?
011.jpg

012.jpg

013.jpg

014.jpg

015.jpg

016.jpg

CIMG0247.jpg

CIMG0253.jpg

CIMG0285.jpg

ご近所さんのミツバチだと思うのですが、みんな興奮しているように夢中で蜜や花粉を集めていました。
こちらも夢中で写真を撮りまくり。

みんな、巣に帰ったら飼い主のおじさんに言うんだよ。
ジロジロファームで蜜をごちそうになったって。
そうすれば、また天使の分け前のおすそ分けあるかもしれないから。
でも、トウモロコシの蜜ってうまいのかなあ?
それがちょっと心配。
posted by tomochan at 18:39| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

ジャガイモの実はポマト?


ジャガイモが土に中でイモを実らせるのは普通のことですが、土の中ではなく地上の株の先端に実をつけたのです。
pm01.jpg

よく見るとトマトにそっくり。
pm02.jpg

こちらがミニトマト。
pm03.jpg

ジャガイモを栽培して2年(つまり2回目ということ)になりますが、こんな事は始めて。
ポテトにトマトがなったのだからポマトだろうか?
新聞社に写真を送ったら記事にしてもらえるだろうか?

さっそく、家に帰ってネットで調べたら、ジャガイモに実がなるのはそれほど珍しいことではないのだとか。
一大スクープかと思ったのに、がっかりです。
それにポマトという野菜はすでにあると言うし。

ケーン、ケーン。
ジャガイモ畑から去って行くキジ
RIMG2395-2.jpg
記事はキジと共にさりぬ


今日の御荷鉾山
RIMG2909.jpg

釜伏山と紫陽花
RIMG2919.jpg

posted by tomochan at 20:08| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ジロジロファーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする