2016年08月22日

台風の置き土産

今日の朝から午後にかけて関東地方を通過した台風9号。
被害の出た地域の方にはお気の毒ですが、当地には大した被害ももたらさずに通り過ぎてくれたようでした。

夕方、雨がやんだのでジロジロファームの様子を見に行ってみました。

田んぼの水路の水はだいぶ引いたようですが、それでも深さ1m位はありそう。
IMGP0933.jpg

途中の畑では、行く手をふさぐかのように、大きな株がなぎ倒されていました。
IMGP0936.jpg
オオブタクサと言って花粉症の原因にもなる植物だからかえって良かったのです。

ファームではナスが倒れかけていました。
IMGP0937.jpg

最近植えたキュウリは、バッタリと倒れていました。
IMGP0940.jpg

オクラも傾いていました。
IMGP0939.jpg

低いところの畑は水没して池のようになっていました。
IMGP0945.jpg
この畑は大雨のたびに水没するので作物が作れないのです。

このあと自宅に帰ってから、ナスのしば漬け用に刈り取った赤シソを忘れてきてしまったことを思い出し、もう一度ファームに向かいました。

シソとバジル
RIMG1987.jpg
バジルはオリーブオイルと松の実を使ってバジルソースにします。

自家製しば漬け
RIMG2036.jpg
原料:ナス、シソの葉、塩、以上
今年は何回か作りましたが、この時は上手にできました。

ファームに向かって行くと東の空に虹がくっきりと。
RIMG2039.jpg

しかも2重で。
RIMG2049.jpg

倒れた野菜を引き起こすという作業のことを考えて、げんなりした気分になりかけていましたが、ちょっとホッとした瞬間でした。


posted by tomochan at 19:42| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

中秋の名月とスーパームーン

昨日は中秋の名月だったのに、すっかり忘れていて、気づいたときには月がかなりの高さになっていました。
地上の物と合わせて撮りたかったのですが、仕方がありません。
月だけパチリ。
001.jpg
満月に見えますが、今日が満月でした。

今日の月は、同じ満月でも特に大きく見える、スーパームーンということだったので、中間平に見に行ってみました。

月の出の時刻の5時40分前には、すでに何人かの先客が。
002.jpg
皆さん、すごい機材をお持ちで、少し気後れしましたが、おしゃべりをしながら月の出を待ちました。

地平線付近はあいにくの雲で、月が見られるか心配しましたが、5時50分過ぎ、赤い月が昇ってきました。
003.jpg

月と街の灯りとを一緒に撮りたかったのですが、両立させるのは難しいですね。
004.jpg

シャッタースピードや感度をいろいろ変えて100枚以上撮りましたが、ほとんどゴミ箱行きでした。トホホ。
005.jpg

自宅に着くと、月の周りに雲が出ていて、また違った雰囲気になっていました。
006.jpg

今回はこの冬に安く買った、タムロンのSPAF70−200F/2.8というレンズを使ってみましたが、なんだかんだいって、以前コンデジで、しかも手持ちで撮った写真の方が良かったような気が。^^
008.jpg
(既出の写真です)

そうそう、昼間撮ったこの娘を忘れてました。
CIMG2295.jpg
毎年恒例の交通安全の人形。
今回はかぐや姫だそうです。
いつもは話題の人物などが多いのですが、今なぜ、かぐや姫?
スーパームーンだから?
良くわかりませんが、交通安全のためにがんばってもらいましょう。
posted by tomochan at 20:33| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

朝の壮大なドラマ

朝の壮大なドラマといっても、まっさんとエリーのドラマが今週から壮大な北海道編になったということではないのです。
まあ、それも楽しみであるには違いないのですが。

私が家事全般を引き受けることになってからというもの、毎朝5時に起きるようになりました。
それでも要領が良くなってくると、時間が余る日も出てくることもあります。
そんな数日前の早朝のこと。
ある本を読んで興味を持った福島の八溝山地がこのあたりからでも見えるか確認したくなり、日の出の観察も兼ねて中間平に登ったのです。
寒いのでもちろん車です。
中間平へ登っている途中、真っ暗な山道で一人のローディを追い越した時は、ちょっとびっくりしました。

中間平ではドラマの始まる兆しが
001.jpg

カーン、カーンと槌音が聞こえて来るような、映画か何かで見たシーンを彷彿とさせます。
002.jpg

筑波山
003.jpg

八溝山系はこの方角か。
004.jpg

そろそろ日の出のようです。
太陽が出る辺りが明るくなり始めました。
005.jpg
(以下少々水平が狂っているようですが、時間がなくて修正できないのでそのまま載せますのでご容赦下さい)

太陽が顔をのぞかせ始めましたが、上でなくて下が丸い。
006.jpg

おお、四角い太陽だ!
007.jpg
写真では見たことがありましたが、肉眼で見るのは初めて。

今度は巨大なスペードだ!
009.jpg

008.jpg


別のカメラで撮った写真
010.jpg

011.jpg

サービスでちょっと大きめにしました。
012.jpg

東京スカイツリーも上の方だけですが
013.jpg

さいたま新都心のあたりでしょうか
014.jpg

最後にロウバイを写して撤収
015.jpg

あまりにも見事な朝のドラマ。
今回はつまらないオチなど付け加える必要はないでしょう。
やはり日が落ちるときだけにした方が。^^
posted by tomochan at 19:21| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

昨夜の月

今日の早朝、西の空に月が残っていた
P1050458.jpg
今日見た月といっても昨夜に出た月だから昨夜の月か?
昨夜のものでも味わい深いのは昨夜のカレーと同じようだ。

P1050462.jpg
明日はパンにするか。
(意味不明)
posted by tomochan at 19:50| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

黄色い月と赤い月




昨日見た月は黄色
P1050402.jpg
満月と思ったら一夜前の月のでした。

そういえば満月という品種の蝋梅もあると思ったので月と一緒に撮ろうとしたのですが
P1050415.jpg
ピントの合ってない白い月になってしまいました。
イメージしたのは一枚目の月を2枚目の月に持ってきた感じだったのですが、なかなか難しいのです。

あまりにきれいな月なので・・・
皆まで言うまい。

家に帰ってからイメージしたようなに撮れる方法を思いついたので、いつかやってみたいと思います。


そして、今日の月。
P1050428.jpg
散歩の途中だったので、三脚を持ってなかったのが残念でした。

ホテル満月ってなかった?
P1050426.jpg
あれはホテル三日月か。
posted by tomochan at 18:56| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

幻日と現実





今日の夕方、西の空で幻日が見られました。
001.jpg
右が本物の太陽で左が幻日。太陽には飛行機雲がかかっています。
写真ではわかりにくいですが、虹色に光って幻日はとてもきれいなのでした。

一方の現実。
明日は仕事なので、連休の日曜日か月曜日、久しぶりに休みをとって高原の方でも行こうかと考えていたのですが、またしても台風が接近中とのこと。
現実はキビシーイ。

その後、ジロジロファームでレタスの苗を植えたりしていて、ふと振り返ると西の空が真っ赤な夕焼けでした。
002.jpg

ちょっと気づくのが遅かったようですが、それでもけっこうきれいでした。
御荷鉾山
003.jpg


こちらは数日前の写真
011.jpg
西日に照らされた電線が印象的でした。
posted by tomochan at 18:27| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

朝の虹に「じぇ、じぇ」

毎日ではないのですが、朝早く起きた朝などはラジオ体操をやることにしてます。
といってもラジオに合わせてやるのではなく、自分勝手に適当に体を動かしているだけなので他人が見ると体操に見えないかも。^^
今日も体操もどきの事を初め、体を前にかがめ、その後体を大きく後ろに反らし、空を見上げた時。

「じぇ、じぇ、虹!」
001.jpg

ちなみに「じぇ、じぇ」とはこの四月から始まったNHKの朝の連続ドラマ「あまちゃん」で驚いた時に使われる東北の言葉です。
毎日見ているのでうつってしまったようです。

朝食の準備をしていた家内にもおしえてあげたら、空を見上げて
「じぇ、じぇ、じぇ、虹!」
我が家では大流行中なのです。^^
ちなみに「じぇ」が多いほど驚きの具合が大きいとのことなので、驚きの最上級ですね。

違うアングルで撮ろうと場所を移動すると
「そっちにもあるの?」
そんなにいくつもないでしょう。^^

002.jpg

003.jpg

004.jpg

じぇ、じぇ、じぇいあーる!
005.jpg

006.jpg


4月10日追記
hiro様からコメントをいただいて虹のような現象は「環天頂アーク」だと追うことを知りました。
「上部ラテラルアーク」も見られたとのこと。
確かに「環天頂アーク」に接続して下にもう一つ虹のようなものが見えました。
鮮明でないのでそれかどうか分かりませんが、もう一枚写真をアップしておきます。
RIMG8386.jpg

posted by tomochan at 18:57| 埼玉 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

ひこうき雲

ちょうど2年前の今頃、こんなことがありました。
2年前の記事

そして、先日はこんなことがありました。

朝、ガラス戸にコトンと何かがぶつかったような音がしたので外に出てみると、小鳥が1羽地面に落ちていました。
RIMG5510.jpg

メジロでした。
RIMG5509.jpg

大きな鳥にでも追われて逃げて、窓ガラスにぶつかってしまったのでしょうか。
失神しているのか、目がピクピクしていました。そのうちまた意識を取り戻して飛んで行くかも知れないので、猫に襲われないよう金網でガードしてしばらくそのままにしておきました。

1時間ほどして見に行ったら相変わらずぐったりしたままです。
どうやらそのまま死んでしまったようです。
きれいな鳥なのに可哀想ですね。
RIMG5512.jpg

♪メジロの命はひこうき雲♪
RIMG5221.jpg

RIMG5223.jpg

RIMG5225.jpg

RIMG5232.jpg

この後、庭の片隅に葬ってやりました。

ここまでは2年前と全く同じ展開なので文章も同じでいいやと再利用。^^

ただ、唯一違うのは惰眠をむさぼるワンコの姿がもう見られないこと。

ワンコの命もひこうき雲だったかとしみじみ。
posted by tomochan at 17:45| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

哀愁の駅に霧を見に行くのだ

昨日は法事のため昼間は自転車に乗る時間がないので、久々に早起きして朝の散輪へと出かけてみました。

この日も秩父盆地には盛大に霧が発生していました。
002.jpg

そして、またこの山。
001.jpg
欲望好奇心にはキリがないのです。^^

この日は前回よりも早い時間で、しかもより近くの鉢形城址から観察できたので、なかなか見応えがありました。
003.jpg

反対側に目をやると日光の男体山のシルエット。

004.jpg
早起きはやはり良いものだとちょっと得した気分。

この後は鉢形城址から釜伏入口に移動。
005.jpg

釜伏に登って雲海に覆われた秩父盆地を眺めようという作戦。
以前一度、それを見に釜伏に登ったことはあるのですが、その時は時間が遅く、消えかかった雲海しか見られなかったので、今回はそのリベンジを果たそうと思ったのです。
ここに到着するまでは。

この時点で既に5時45分。日も昇りまわりもすっかり明るくなってしまいました。
最近、早起きしたことがなかったので、日の出の時間がわからなかったのです。^^
ここで
「まだ6時前。今からでも遅くはない。登ろう。」
「もう遅い。せっかくだったら夜明けの秩父盆地が見たい。それに平地の霧の様子を確かめるのも悪くないではないか」
という二つの考えが頭の中をよぎり、どちらかに決められないままとりあえず釜伏方面に進んで行ったのですが、次の十字路にさしかかった時、体が勝手に?反応してサッと右折。
平地に決定したのでした。^^


平地と決まったらもう、話は簡単。
あの霧の下まで行ってみるのです。

玉淀ダムへ。
006.jpg
霧の玉淀湖を期待していたのですが、まったく霧はありませんでした。

ダムを渡るのは苦手なので折原橋に戻り、対岸の末野から波久礼に向かいます。
霧が見えてきました。
007.jpg

なかなか見事な霧です。
008.jpg

そそっかしい人が火事と間違ったりして。^^
009.jpg

哀愁漂う波久礼駅に到着
RIMG3673.jpg

その先に霧が立ち込め哀感もひとしお。
010.jpg

駅の反対側、霧をバックに金太郎
011.jpg

秩父盆地を覆い尽くす霧の端っこがあった。
012.jpg

来た道を振り返る。
013.jpg

この先、霧の中まで行くとはぐれてしまいそうなので葉暮橋で引き返すことに。

帰って来てしばらく経ってもまだ、秩父の霧は消えずに残ってました。
014.jpg

哀愁の街に霧が降るのを見るのはいつのことになるやら。

おまけ
哀愁の写真
RIMG3637.jpg
posted by tomochan at 17:30| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

上から落ちる白いもの2つ



ミカンの花の時期も間もなく終わりを迎えようとしているのに結局今年も風布や大内沢のミカン山に見に行けなった。
仕方ないので近所のミカンでお茶を濁すことに。
001.jpg
好き嫌いはあろうかと思いますが、私はこのミカンの濃厚な香りがたまらなく好きなのです。

柿の花にもたくさんの蜜蜂がブンブンと羽音を立てて集まっていたのですが、こちらの蜜蜂はじっとしてないので撮れず。
002.jpg
じっとしている虫のようなものがあると思ったら、タンポポか何かの綿毛のようでした。

近くの里山でかわいらしい花を見つけたのでパチリ。
003.jpg

調べて見たらコアジサイのようでした。
004.jpg

道路に白いものがたくさん落ちていました。
005.jpg

見上げるとエゴの木に花がたくさん。
006.jpg

この日もう一度白いものが落ちて来るのを見るなんて、この時は思いもしませんでした。

それは午後1時ちょっと前のことでした。
空が急に暗くなって雷鳴と供に雨がポツポツと。
降りだしたかと思うと、あっという間に水たまりができ、そこに機銃掃射のような大粒の雨が。
007.jpg

しばらくすると今度は白いものがバラバラと落ちてきます。
008.jpg
パチンコ玉大のヒョウでした。

10分程降り続いてやっとやんでくれました。

穴だらけになったフキの葉。
009.jpg

葉の下にはヒョウが融けずに残ってました。
010.jpg

先日ランチを食べた食堂でいただいたマリーゴールドもこんなに。
011.jpg

後でネタにしようと思っていたこの植物も地上50cmくらいの所でポキリ。
012.jpg

私のネタはともかく農産物とか大きな被害が出てなければ良いのですが。
posted by tomochan at 19:43| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。