2016年11月18日

山羊に紅葉



今朝の当地は初霜でした。
1.jpg

特にそれほど冷え込んだような気はしなかったのですが。
2.jpg

日記を見ると去年の初霜は11月28日ですから10日も早いことになります。

ジロジロファームの紅葉もいよいよ色づいてきました。
3.jpg

「メイちゃんもっとこっち、こっち」
写真を撮ってやろうと思って指示を出してもしかと
ヤギだからヤギとか?

花札で10月の札はそっぽを向いた鹿と紅葉なので、相手を無視することをしかと(鹿10)と言うようになったんだそうです。
5.jpg

この札の起源は「奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」という百人一首にも納められている歌かと思ったら、近松門左衛門の「十三鐘」という浄瑠璃から来ているのだそうです。
調べてみたらとても悲しい物語でした。
それに比べたらこっちのヤギはの脳天気でいいなあ。

あ、動くな!そのまま、そのまま
4.jpg
ちょっと似た写真が撮れました。^^

posted by tomochan at 20:22| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

びっくりぽんや!

びっくりぽん、その1

ヤギのメイちゃんの小屋でのこと。
メイちゃんは、ここのところ寒くなってきたので、寝るときは木の箱のようなベッドで寝ています。
今朝もいつものように世話をするためにヤギ小屋に入ると、メイちゃんはもう起きて外にいるのに、箱の中でごそごそ音がします。
なんだろうなあと、恐る恐る入り口の方に回ってみると・・・

出たー!
001.jpg
なんと、キツネが一匹飛び出してきました。
びっくりして、カメラがブレてしまいましたがどうにか、撮影には成功。
きっと、以前物置のワラの山の中に棲んでキツネに違いありません。

でもどうして、メイちゃんは外にいるのにキツネだけ寝ていたのでしょう?

やはり「君のベッドはこっちだよ」とか上手くだまされて外で寝かされていたんでしょうか。
それとも仲良く一緒に寝ていたのでしょうか。
深まる謎。
いずれにしても、びっくりぽん、な出来事でした。

草かどうか良く見て食べなさいよ。
002.jpg



びっくりぽん、その2
ヤギ小屋へ行くときに、電車が通る音がしたので、何気なくそちらに目をやると、見たことのない電車が通り過ぎて行きました。
終点に近い場所で見たので、折り返してくる時間を計算して待ちかまえているとやって来ました。
005.jpg
東上線では初めて見る青い電車にびっくりぽん。

ショボいカメラなので、ヘッドマークまでは撮れませんでしたが、なんとか全体像の撮影には成功。
006.jpg

007.jpg

008.jpg

009.jpg

家に帰ってネットで調べてみたところ、「フライング東上号」という特別列車なのだそうです。
「フライング東上号」とは、1949年春から1967年冬までの間、主に春・秋の休日に運転された行楽用の臨時列車で、その復刻版が11月28日から走り始めるのだそうです。
そういえば、子供の時に何度か見た記憶があるような気がします。
この記事を読んだとき、「フライング」だけに一日早く見られたと喜んだのも束の間、今日が11月28日だとわかって、少しがっかり。
いずれにしても、この青い列車はかっこいいので人気が出そうです。

10分後に通過したこの列車
010.jpg
こちらも記念列車なのですが、最近は見慣れてしまい、自分的には影が薄くなってきたところに、今度のニューフェース。
散歩のときの楽しみが増えました。



ちょっとだけびっくりぽん

初霜が降りました。
003.jpg

004.jpg

霜くらい、この時期なら当たり前、というか、今年は遅すぎてびっくりぽんでした。



びっくりぽん、番外編

安くて美味しいとの評判を聞きつけて訪問した、小川町の史(ちか)という店でのこと。
CIMG3220.jpg
この日は水曜日だったので、定休日かもしれないと心配しながら行ってみると、営業はしていたものの、予約客で一杯とのことで、一度は入店を断られました。
小さな店なので、仕方がないかとあきらめて帰ろうとすると、入り口に一番近い席の人が、こちらは若い女の子との二人連れにもかかわらず、相席で良ければと申し出てくれたので、運良く入店することが出来ました。

いちばん食べたかったカキフライは、前のお客さんで品切れになってしまったので、これも評判の金目鯛の煮付けを注文しました。

料理を待っている間も、何組かのお客さんが来ましたが、先ほどの理由で皆、残念そうに帰って行きます。

そして、数組目かの客がまた来たようです。
その客が入り口を開けて店内を見回し、連れと目があったとき、私は入り口に背を向けて座っていたのでわからなかったのですが、連れの目が点に・・・

トントンと背中を突かれたので、振り返ると、何と我が妻。
「ふーん、ここにいたんだ」
とニヤニヤ。

店の人から事情を聞いて、あきらめて帰ってくれましたが、本当にこんなところで鉢合わせするなんてびっくりでした。

帰りしな、代金を払うときに、お店の人から先ほどの人は知り合いかと尋ねられました。
「ウチのお母さんです」
と連れ。
「え、あなたのお母さんだったの。だったら、あの時そう言ってくれれば、席なんか何とかしたのに」
と店の人。

そうなんです。
家内が友だちとランチのために外出してしまったので、こちらは帰省中の娘と二人でここに昼ごはんを食べに来たのです。
家内の方は知人が寄居町牟礼に最近出した店でランチをする予定だったのですが、行ってみたら定休日だったので、意外と近いこちらの店にやってきたということだったようです。

いずれにしても、本当にびっくりぽんでした。

「史」、味も値段も評判通りで、店の人の対応もとても良い店で、気に入りました。
posted by tomochan at 14:05| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

白山羊幻想

今日は満月ですね。
知らなかったけど夕方外に出て初めて気がつきました。
001.jpg

ススキもいつの間にか惚けそうになってきましたね。
002.jpg
なんだかちょっと身につまされるのです。

そのような感慨に耽っていると、一頭の白い馬が、私の風景の中に、ためらいながら小さく姿を見せたのです。

「白馬幻想」
003.jpg
なんとなく東山魁夷の世界。

なんだ山羊か。^^
004.jpg

満月と言えばミカンもいよいよ良い色になってきましたよ。
005.jpg
今年は全国的にミカンのサイズが小さいんだそうです。
我が家は手入れをしないので小さいのかと思っていたら違いました。

朝露に濡れておいしそうなのです。
006.jpg
でもまだ酸っぱかった。
食べ頃はもうちょっとですね。

セイタカアワダチソウとイヌタデ
007.jpg
posted by tomochan at 20:20| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

メイちゃんの新しい友達?




山羊のメイちゃんにはまっくんという友達がいると言うことは以前にも書きましたね。
f01.jpg

「別にー。何それ?」
f02.jpg
まっくん、毎日来ているのでメイちゃんの威嚇には慣れてしまったようです。
マダムの方が驚いているようです。^^

ところで、最近もう一匹友達?が出来たようなのです。

最近夕方になるとメイちゃんの食べ残しや水を飲んでいる動物をよく見かけるので何だろうなと思っていたところ、先日その姿をしっかりと目撃しました。
f03.jpg

薄暗い中、ISO1600で撮ったので画像がかなり荒いのですがタヌキの姿が写ってます。
目を合わせたまま数十秒じっとしていたのでなんとか撮れました。
f04.jpg

いよいよタヌキが我が家のまわりにも現れるようになったか。

そういえば、お彼岸に食べたぼた餅、あれは本物だったのかなあと今になって一抹の不安を覚えるのでありました。^^
これからはお風呂に入る時にも気をつけないといけませんね。



梅は咲いたが
RIMG0037.jpg

桜どころかまた氷です。
RIMG0040.jpg
今朝は寒かったー。
posted by tomochan at 13:48| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

みかん狩りをしたよ




みかん狩りのシーズンなのでヤギのメイちゃんもみかん狩りです。
mikan1.jpg

園内はみかん食べ放題なのでパクパク。
mikan2.jpg

mikan3.jpg

お土産も2つもらいました。
mikan4.jpg

どこ?どこ?ってここですよ。
mikan5.jpg

みかん狩りの次は柿取り

柿はミカンの木よりも高いので道具がないと取れません。
kaki1.jpg
このような伸縮式のハサミは便利ですが、柿を取るのにはイマイチ。
なぜなら、切った後に実がぽとんと落ちて傷ついてしまうから。

やはり柿の実は昔ながらの竹の竿で取るに限ります。
割れ目を入れた竹竿の先端で柿の木の枝を挟みます。
kaki2.jpg

そして竹竿をくるっとひねって枝をパチンと折ります。
kaki03.jpg

ほーらこの通り。
kaki4.jpg
枝が竹竿の割れ目に挟まって落ちません。

この子は傷が付こうか何でも食べてしまうのですが。
kaki5.jpg

いろいろな花がゆく秋を惜しむかのように咲いていますが
panelimg.jpg

結構食べられてしまいます。この日の餌食は紅白のサザンカ。
panelimg2.jpg

エンゼルトランペットはさすがに食べませんでした。
hana1.jpg

11月12日追記
上の記事で高枝切りばさみで柿の枝を切ると実が落ちてしまうと書きましたが、kacさんがコメントでハサミの使い方を教えて下さいましたのでさっそく実践。

刃に付いているプラスチックのカバーみたいな部分を実の方にして切ってみるとあら不思議実は落ちませんでした。
panelimg.jpg
あのプラスチックはただの補強部品か何かだと思っていましたが、枝を掴むものだったのですね。
柿の実は落ちませんでしたが、目からうろこが落ちた思いです。(^^)






posted by tomochan at 18:22| 埼玉 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

山羊にひかれてゆきたいの

「お腹減ったよう」
RIMG5277.jpg
小屋に上って訴えています?

家のまわりには草が少なくなって来たので道草を食べに行くことにしました。

♪山羊にひかれて ゆきたいの♪
RIMG5311.jpg
なんて言ったって誰も知らないと思いますが。

メイちゃんはナズナが好物のようです。
RIMG5333.jpg

レンギョウは好きな花です。(私が)
RIMG5346.jpg

きれいな夕日でした。
RIMG5347.jpg
もう何日かすると御荷鉾山に夕日が沈みそうです。


posted by tomochan at 20:23| 埼玉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

メイが我が家にやって来た






朝起きてコブシの木の下に来ると何やらブ〜ンというかウオ〜ンというか異様な音が。
いかん、耳鳴りがしてきた、と思って見上げてみるとミツバチがたくさん飛び回っていてその羽音でした。
01.jpg

02.jpg

妻にそのことを話すと「私の車のまわりもハチミツでいっぱいだったよ」だって。
思わず車がハチミツでべとべとになった図を想像しましたが、「ミツバチだろ!」ってツッこんで二人で大笑いしました。

そんなバカなことをやっているうちにその子は唐突にやって来ました。

そんな近づいたら何だかわからないだろう
05.jpg

カメラ舐めちゃだめ!
04.jpg

瞳が一文字なのね
03.jpg

ヤギさんでした
06.jpg

お兄ちゃんにご挨拶
07.jpg

さっそくおいしそうに草を食べ始めました。
08.jpg

うまそうな色している自転車だメー
014.jpg

急なことでまだ小屋の用意ができてなかったのでとりあえず犬小屋へ
09.jpg

中古物件のためあちこちチェックをしています。
10.jpg

まあいいでしょう
11.jpg

気に入ってくれたようで安心しました
12.jpg

今年の2月に折原で生まれました。お手紙をくれた白ヤギさんのキャサリンちゃんの妹です。
名前はいろいろと考えましたがメエメエ鳴くから「メイちゃん」がいいのではと(そのまんまやないかい!)

またひとりというか1頭家族が増えたのでお父さんとしては頑張らなくては。
と思いましたが、「食べものは自分で見つけるよ」ということなのでちょっぴり安心しました。


posted by tomochan at 18:10| 埼玉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | ヤギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする