2020年08月09日

こういう密なら許される?

壇蜜以外の密、たとえばいわゆる3密などは避けなければならないと、日ごろから注意をしていたつもりだったのですが、昨日、図らずも密接の過ちを犯してしまいました。

むこうから迫まってこられたのですから、仕方がないといえば仕方がないのです。

しかも、かわいい姿をした上に甘えてくるような態度をとる相手だったということならば。


東松山市郊外の宅地と農地が入り混じった場所を歩いていたときのことです。

歩くたびに何か足元にまとわりついているような気がしました。

立ち止まって足元を見るとなんと小鳥のひな。

001.jpg

種類はわかりませんが、スズメではなさそう。

親鳥が近くにいる場合もあるので、周囲を見まわしましたが、親鳥どころか鳥の姿はまるでなし。

こちらが歩くたびに、両足の間に入って一緒に歩くものだから、歩きにくくて大変。

002.jpg


あらあら、股の間をくぐったっりして。
003.jpg


黄色い靴が鳥っぽく見えるのかと思い、赤い作業靴に履き替えてみました。
004.jpg

005.jpg
結局、同じでした。

同じどころか、ますます図に乗ってきて、靴の上に上がって休みはじめる始末。
006.jpg

いくらかわいくても、このまま、まとわりついていられたら、いつか踏んでしまうかもしれないので、かわいそうだけど近くの竹やぶに連れて行ってそっと置いてきてしまいました。


一方、こちらは密は絶対に許さないという強硬な姿勢のハチ。

007 (2).jpg

5月頃でしたが、道の真ん中でクマバチ(当地方ではクマンバチと言ったりします)と思われる黒い大きなハチがホバリングしてました。

そこを通り抜けたいのですが、2mくらいまで近づくとこちらを威嚇してくるのです。

おそらく近くに巣か何かがあったのでしょうね。

まっすぐ行っても刺すことはないとは思いましたが、ハチの世界のソーシャルディスタンスを尊重して迂回して進みました。


posted by tomochan at 17:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: