2020年07月26日

夏の夜は湯あがり娘にみどりとアイコ

ここのところ毎晩のようにボン キュッ ボンでプリップリッの湯あがり娘を楽しんでおります。

本当はボン キュッ ボン キュッ ボンが理想的な形なのでしょうが、ボン キュッ ボンが多いのです。

なかにはボンだけなんていうのも交じってたりしますが、それはそれで楽しめるのです。

他にも、さつきみどりやアイコなども夏の夜には欠かせないものとなっておりますが、とりあえず、最初は湯あがり娘なのです。


湯あがり娘
006.jpg
一つのさやに3粒入ったきれいな形のものは少ないのですが、とりたて、茹でたての湯あがり娘は、お店で買った枝豆とは別物のようです。
特に冷凍ものとは比較になりません。
生産者(大げさな)だからこそ味わえる至福の時です。


5月6日に種をまきました。
002.jpg


湯あがり娘は見かけによらず力持ち
005.jpg
重い土の塊も力を合わせて エイ、やあ


その後キジにも食べられず約70日、形は悪いけど立派に育ってくれました。
001.jpg

今年は、播種前の畑に溶リンを施したのが功を奏したのか、これでも例年より出来が良かった方です。


それから、冒頭のさつきみどりとアイコ
これらも、ビールのお供に欠かせません。

それにしても、野菜の種ってどうして女性の名前のようなものが多いんでしょうか。
008.jpg

007.jpg

「さつきみどり2号」ってことは1号があったんでしょうね。
1号の時点でよく五月みどりさん側からクレームが来なかったですね。
2号になったら更に苦情が来そうなものですが。

そういえば、以前、乗用草刈機に「草刈りまさお」というのがあったのですが、現在は違う名前になっているようです。
どうでもよいことですが。

ジロジロファームのブルーベリーが色を付け
IMG_20200721_072553.jpg

自宅の庭ではキツネノカミソリが咲きはじめました。
IMG_20200722_163538.jpg
posted by tomochan at 14:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: