2020年07月06日

秩父と川崎はつながっていたけど

先日、所用で太平洋セメント熊谷工場の近くに行った際、秩父鉄道の引き込み線の踏切を渡りながら、ふと思い出したことがありました。
 
 それは2、3年前にネットの記事で知ったことなのですが、この内陸部にあるセメント工場には、川崎市の港から燃料用の石炭がトラック輸送ではなく、列車で送られて来ているとの内容でした。そしてそこは明治以来各地に存在した石炭列車の日本で最後の路線だったらしいのです。

熊谷と川崎が線路で結ばれていたとすると、山深い秩父も鉄道で川崎の海と結ばれ、最終的には石炭の生産地オーストラリア?とつながっているんじゃないかと、その記事を見たときは、ちょっとした感銘を受けたことを思い出しました。
まあ、線路というものは、会社が違ってもどこかで他の路線とつながっているものかもしれませんけど。(鉄道ファンでないので良くわかりません)

このようなことを思い出しましたので、ちょこっと線路をジロジロしてみることにしました。
鉄道には全く詳しくはないので、鉄道ファンの方からする噴飯ものの内容になるかもしれませんが、そこのところは大目に見て下さい。

太平洋セメント熊谷工場のあたり。
IMG_20200701_140934.jpg
セメント工場に隣接している秩父鉄道貨物支線三ヶ尻線三ヶ尻貨物駅付近と思われます。
左にカーブして行った先がセメント工場で、右にまっすぐ伸びている線路の方向がJR高崎線方面です。
JR高崎線方面に向かう線路の180度方向は秩父線の武川駅方面です。
と言うことは、武川駅から来た線路はセメント工場に入らなければ、ほぼ直線でJR高崎線方面に出られるわけです。

川崎で積み込んだ石炭をセメント工場で降ろした後、貨車(空車)は、三ヶ尻線でJR熊谷貨物ターミナルからJR高崎線に入り、大宮操車場〜新座貨物ターミナル〜JR武蔵野線西国分寺駅〜同府中本町駅〜梶ケ谷貨物ターミナル〜JR南武線浜川崎支線尻手駅〜JR鶴見線浜川崎駅〜同扇町駅へと向かうらしいのです。(間違っていたらごめんなさい)
その間、何と二日間かけての輸送だそうです。

セメント工場を出て川崎方面に少し行ったところの踏切。
IMG_20200701_135651.jpg
撮る人が撮れば「工場萌え」的な写真になるのでしょうが・・・


三ヶ尻線がJR高崎線と並走を始める地点には行ったことがなかったので今回初めて行ってみました。
IMG_20200701_134828.jpg


写真の右後方から来た三ヶ尻線がここでJR高崎線と並走して熊谷貨物ターミナルに向かい、最終的に川崎の埠頭に出るののですね。
IMG_20200701_134712.jpg
運良くJR高崎線の列車がやって来ました。


話はそれますが、家に帰る途中に三ヶ尻の観音山の下を通った際、時期的にキスゲが咲いているかもしれないと思ったので、寄ってみることにしました。

山の中腹に黄色い花の群落が見えたので、近くに行ってみることにします
IMG_20200701_141300.jpg

IMG_20200701_141923.jpg


以前はなかった看板が立てられていました。
IMG_20200701_141501.jpg
「人生100年階段」
看板に書かれているとおり一段ずつ数えながら登りました。
頂上が見えるあたりに達したとき、このまま行ったら自分の年に達する前に階段が終わってしまうのではないかと焦りましたが、そこは頂上でなくて一旦平になるところでした。やれやれ。

その平場に生えているキスゲに見えた花はよく見ると、何やらカンゾウに似ていました。
そこで、スマホで「熊谷観音山のキスゲ」で検索してみると、10年くらい前の拙ブログが出て、カンゾウをキスゲと間違えた当時の記事が出て来ました。
ここのキスゲは5月に咲くらしいのです。
全く進歩してない自分にあきれてしまいました。

閑話休題。
更に家に向かって行くうち、今度は秩父線の本線と三ヶ尻線が別れる場所もじっくり見たことはなかったので、寄って見ることにしました。
IMG_20200701_143611.jpg
ここでも運良く、秩父から石灰石を太平洋セメント熊谷工場に運んで、帰ってきた石灰列車(空車)を見ることができました。手前の直線の線路が秩父線の本線です。

ここまで来たら、三ヶ尻線の出発点である武川駅にも行ってみないといけない、というか、帰り道なので武川駅に行ってみました。
今度は秩父から来た石ちょうどセメント工場に出発したところでした。
IMG_20200701_144212.jpg

三ヶ尻線の貨車は1日何本くらい走っているのかわかりませんが、この日は1時間くらいの間に2本も見られてラッキーでした。

おまけ。
次の日も武川駅の近くに行ったので、秩父に向かう石灰列車をパチリ。
IMG_20200702_165734.jpg

この後知ったことなのですが、この川崎から熊谷までの日本最後の石炭列車、今年の3月いっぱいで廃止されたとか。
それにともなってだと思いますが、太平洋セメントの熊谷工場から熊谷貨物ターミナルまでの三ヶ尻線もこの9月に廃止されとのこと。

古代は秩父は海だったらしいのですが、ここへ来てまた海と縁が切れてしまいました。


それから別の話ですが、車両の入れ替えに同路線を利用してきた東武東上線はどうなるのでしょう。

冒頭に書いたとおり、どこかで他の路線とつながっているのでしょうか。

気になるところです。


posted by tomochan at 19:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。