2019年11月24日

保険で安心ときがわポタ

10月のある日のこと。
友人のk氏から、職場の人にときがわ方面のサイクリングの案内を頼まれたのだけど、一人では道が不安なので一緒に行ってくれないかとの相談を受けました。

確かにk氏は高速道路で新潟方面に行くのに反対の東京方面に行ってしまうような無類の方向音痴。
かく言う私も渋川から帰宅する際に同じことをやってしまいましたが。^^

そんな二人がサイクイングの案内をいきなりやったらどんなことになるかもわかりませんので、予行練習をやろうじゃないかということになって、11月のある日行って来ました。

私が心配だったのは地理のことよりも自転車と自分の体のこと。
何しろ自転車に乗るのは今や数百m先のジロジロファームに行くときくらいなのですから。

もっとも、たいへい号(林家たい平さんサイン入りビアンキフレッタ)には近所の用足し等に時々乗ってはいましたが、ロードバイクの紫電一閃鈦号(今思うとお笑いぐさの名前ですがオーダーの際にフレームに書いてもらいました)ときたら、ここ数年乗るのはおろか、埃除けのカバーをはずすことさえしたことがありませんでした。
当然このブログにも自転車カテゴリーの記事は書いたことがなく、検索してみたら2015年1月13日の「新春シャンソン走」が最後でした。^^

そういうわけなので、今回のポタは不安が一杯なので安心のために各種保険を取りそろえて万全の体制で臨んだのでした。
000.jpg
チューブや工具と行った通常の装備に加えて今回用意したのは
右から
1.チューブレスタイヤ用瞬間パンク修理材(チューブレスタイヤのパンク修理は至難の業なので)
2.消炎剤(筋肉や関節が痛くなったときのため)
3.輪行袋(薬では処置ができないほど痛くなったとき電車で帰るため)
4.商品名エチケットパンツ(しばらく使用してないレーパンが破れた際に上から履くため)

そのほかビンディングシューズの底がいつかの登山靴のように途中で剥がれでもしたらどうしようかと思いましたが、さすがに靴の予備は持って行けないので、そちらの方は運を天に任せることにし、集合場所に向かったのでした。

集合場所にてk氏を待つ間に数年ぶりにパナチタンをパチリ。
IMG_20191110_095028.jpg
家を出てまだ数分もしてないというのに、既にギヤはファイナルロー寸前。

集合場所に行くには数百mの坂道(勾配は6〜7%程度)を登らないといけないのですが、その坂でさえこの体たらく。
こんなことでときがわまで行って帰って来られるのか、本当に不安になりました。
まあ、県外まで行くのでもないし、いざとなったらと保険を使い切って帰ってくればいいかと、自分に言い聞かせ出発したのでした。

案内する方は二人で、お二人とも学校の教員で、そのうちの一人は高崎市にお住まいの社会の先生と言うことなので、高崎市にもつながっている旧鎌倉街道など興味があるのではないかと思い、なるべくそれに沿って進むことにします。

塚田の普光寺脇の鎌倉街道跡
IMG_20191110_101647.jpg

本来ならば、ここに来る前に鎌倉街道の荒川渡河地点の川越岩あたりも是非見学していただきたいところですが、一人の方の膝の具合が良くないということで、その先の激坂を登るのは無理だろうと言うことになり、当日は案内しないことにしました。
本当は、自分たちの都合ですけどね。^^

その後、今市を抜け高見で小川町に入り伊勢根ではピザのこのこの前を通り、鎌倉街道の遺構へ。
IMG_20191110_104112.jpg
時間がないので中まで入らないのでここでパチリ。

鎌倉街道はここまで。

あとは普通の県道を行き、高谷では武藏ワイナリー入り口でパチリ
IMG_20191110_104719.jpg
小川町にワイナリーができたとは知っていましたが、ここだとは知りませんでした。

この後は赤十字病院の前を通って道の駅おがわまちにて休憩
IMG_20191110_110456.jpg
数年ぶりのロードバイクでうまく乗れるか心配でしたが、ここまでは順調そのもの。
ただし、坂道になるとちょっとした勾配でも急にスピードダウン。
これはもう一朝一夕でどうなるものでもないのであきらめるしかありません。

道の駅から槻川沿いの道に出ようとしたら、裏の広場には先日の台風で浸水して廃棄されたと思われる家具などがうずたかく積み上げられていました。このあたりの被害もそうとうなものだったのですね。

この後、下里から嵐山町の遠山経由でときがわに向かうつもりだったのですが、槻川を渡る橋にときがわ方面には抜けられない旨の案内がありました。
遠山の手前の崖でも崩れたのかと思いましたが、自転車くらいなら担いだりすれば何とか通れるのではと思い、そのまま進むことにしました。

次のチェックポイントは下里分校
IMG_20191110_112402.jpg
校舎の一部がカフェになっていましたが、当日もたぶんお茶を飲んだりする余裕はないと思いますのでこの日もパス。

群馬の方もこのあたりのディープな埼玉の風景には驚くかも
IMG_20191110_113051.jpg

通行止めになっていたのは槻川沿いの崖ではなく、遠山とときがわ町田黒を結ぶこちらの橋でした。
IMG_20191110_114200.jpg

IMG_20191110_114328.jpg

IMG_20191110_114509.jpg

恐る恐る通過して、次に向かったのは豆腐工房ワタナベ。
当日は豆乳アイスでも食べるとして、この日は試食品のピザをいただく。
ピザ生地の代わりに油揚げのようなものを使用したピザです。
結構うまかったので車で来たときは買わせていただくことにして次に向かいます。

八高線明覚駅はゲストのリクエストなのだそうですが、しょっちゅう来ている場所なのでこの日はパス。

そろそろお昼の時間なので、ランチの場所を見つけることにします。
私の事前の計画では、大附のいこいの里で蕎麦に舌鼓を打っていただいたあと、弓立山に登って大展望を堪能してもらうというものだったのですが、ゲストの脚の具合とここまで走ってきた後の私のメンタルの具合(どちらかというと後者)を鑑み却下することにしました。

では、どうするかと言うことになり、蕎麦だったら「とき庵」で良いのではと言うことになり、西平へと向かったのでした。

とき庵にて
IMG_20191110_124753.jpg
蕎麦が少ないような感じがしますが、これは器が大きいからなのです。
もっとも、普段運動らしいことはほとんどしてないのでたまにはこういうのも良いのです。

さて、この後の予定としては小川町経由で寄居に向かうつもりです。
西平からだと松郷峠を越えて行くのが一番近道なのですが、前述のような問題がありますので、ここでも平地を選択。
そこで松郷峠に比べればだいぶ楽な県道飯能寄居線で小川町に向かうことに。

楽とはいえ小川町までの間にはピークが二つあり、それを越えるのさえも大変で、数年間のブランクの影響の多さをしみじみと感じたものでした。。

なんとかそこも越え、この日3度目の槻川を渡り、小川町に入ると武蔵の小京都と呼ばれるこのあたりの風情(個人的にはちょっと大袈裟だと思うのですが)を愉しんでもらうために裏道をたどって晴雲の醸造元に。
IMG_20191110_134155.jpg

さて、ここからは寄居に向かいます。

小川の市街地を抜けたあたりで国道を右折して旧道に入ります。

そのまま道なりに竹沢駅の裏側まで来たところ
IMG_20191110_140825.jpg

この後は寄居の鉢形城跡に向かうのですが、予定では林道梨ノ木線の峠を越えてというものでしたが、近道とは言え良くもそんな無謀な計画を立てたものです。
身の程知らずとはこの事です。
普通の自転車乗りだったら何でもないんでしょうが、こちらは普通ではないので。

ということで普通にR254を通り鉢形城へ向かうことに。

途中、ホンダの工場の前で毎年恒例のクラシックカーパレードらしき車列に遭遇。
IMG_20191110_142550.jpg
あわててスマホを取り出した頃には最後尾のシビックタイプRが工場構内に入って行くところでした。残念。

鉢形城歴史館に到ちゃこ。

IMG_20191110_144549.jpg
当日は中に入って見学する時間の余裕があればよいのですが、ない場合に備えて違うプランを考えることにします。

そこはk氏も私も、昔ここにあった中学校の卒業生。
勝手知ったる何とかとやらで、当時の面影のある坂道を下って建物の裏に移動。
IMG_20191110_144845.jpg

当時自転車置場があった場所で考えました。
IMG_20191110_145109.jpg

中学生の気分になって、あのころ良くやっていたように、あの道を自転車を担いで学校から脱出するというのはどう?
IMG_20191110_145332.jpg
今でこそ、階段等で整備されていますが、当時はでこぼこの山道。
そこを今のスポーツバイクと違って鉄製の重いチャリを抱えて、お濠の役目を果たしていたほど深い谷をなしている深沢川を渡ったのですから。
昔から中学生のころはおバカなことをやる年頃なのでしょうかね。

まあ、そんな事をしたっておもしろがるのは私たち2人だけでしょうし、それにゲストは学校の先生なので、そんな事はやめて普通の道で対岸に行くことにします。

普通と言ってもとても自転車に乗っては行けないような急坂の道ですから普通とは言えないのかも。
IMG_20191110_150047.jpg

IMG_20191110_150232.jpg

新名称「氏邦桜」に出ました。
IMG_20191110_150501.jpg

そこからは田山花袋の碑と本丸跡を見学。
IMG_20191110_150914.jpg

IMG_20191110_151148.jpg

ここで予行演習は終了。

当日はこの後、「あきちゃん」で鯛焼きを買って、雀宮公園の紅葉を愛でながら食べて締めるという計画にしました。


保険を付けての不安いっぱいのポタ。
何か一つくらい使うのがこのブログらしかったのでしょうが、何一つ使うことなく無事帰ることができてしまい、うれしいような残念なような。
特に保険4を期待した向きには申し訳なく思います。^^

ともあれ、こんな機会でもないとなかなかロードバイクに乗ることもなかったと思うので、その機会を与えてくれたk氏に感謝です。

実際、当日はどうなるかわかりませんが、愉しいポタになりそうな予感がします。

決行はもうすぐです。


posted by tomochan at 16:13| 埼玉 ☔| Comment(2) | サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
是非もっと自転車に乗っていただきたいなあ(笑)
11月17日にときがわの田黒方面から走った時もやはり
通行止めでしたが、谷川橋のときがわ側だけは舗装が
新しくなっていましたよ。 masa
Posted by masa at 2019年11月25日 21:23
masa様
本当に楽しくてまた乗りたくなりました。
平地だけですが。^^

谷川橋と言うんですか、あの橋周辺のことは、その後masa様のブログを拝見して知りました。
その記事がアップされたのに気がつくのが遅かったため、コメントもせずに失礼してしまいましたが。

Posted by tomochan at 2019年11月26日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。