2019年07月07日

錦糸町で大人の愉しみ

大人になってからでないとできないことなのだけれど、大人になって久しいというか、大人を超越したような歳になったというのにまだあまり経験がない。
それならば、そのような愉しみを共に味わおうではないかと、同じ思いの男どもが集って錦糸町へと行ってまいりました。

錦糸町がその方面では有名な場所なのかどうかは知りませんが、錦糸町にしたのは、たまたまそこに縁がある店があり、そういう店なら気兼ねなく安心して愉しめるだろうと思ったからなのです。

予約の時間までまだ間があるので、近くの東京スカイツリーまで歩いて行ってみました。

スカイツリーに向かうおっさんども
IMG_20190706_112729.jpg

七夕飾りに彩られたスカイツリー
IMG_20190706_114156_BURST001_COVER.jpg

ほとんどのおっさんがスカイツリーには登ったことがないというので登ってみることに。
もちろんこのおっさんも初めて。
まあ、わざわざ来るような場所でもないと思っていましたからね。
孫でもいて、一緒に行ってくれとせがまれれば別ですけど。

埼玉方面の眺望
IMG_20190706_124236.jpg
あいにくの曇り空で埼玉方向は川口くらいまでしか見えませんでした。

展望台を1周してもまだ1時間くらいあるので、電車で浅草に行ってみることにしました。

スカイツリー駅のホームに出ると幸運なことに特急スペーシアが停車していました。(写真は浅草に着いてからのもの)
IMG_20190706_131705.jpg
IMG_20190706_131749.jpg

乗って良いものかと一瞬ためらいましたが、特急料金は不要とわかったので発車寸前に飛び乗りました。

終点の浅草まで一駅だけの旅気分。
IMG_20190706_131454.jpg

浅草寺でお参りをするメンバーを待つ間にパチリ。
IMG_20190706_133217.jpg
「これぞ道具」という感のあるお寺の仕事用自転車。

サイドカー?付きでした。
IMG_20190706_133136.jpg

浅草からは地下鉄で押上まで行き、そこからは徒歩でお店に向かいます。

駅からは時間も押していたこともありますが、この後のことを考えてか、メンバー全員早歩きです。

歩くこと10分近く、やっと到着しました。

そば処大菊
IMG_20190706_170046.jpg


真っ昼間から蕎麦屋で一杯。
これがこの日の愉しみというわけだったのです。

浅草近辺ならば名だたる蕎麦の名店も数多くあるのではないかと思いますが、なぜこちらの店にしたかというと、中学校の同級生が経営している店だからなのです。

IMG_20190706_141930.jpg
店の入り口から振り返るとスカイツリーが見えるというロケーション。


初めて寄らせていただいたのですが、かしこまった店ではいやだなあと思っていたのですが、幸いにも街の蕎麦屋という風情の店だったので安心しました。

しかも貸し切りにしれくれました。
IMG_20190706_141927.jpg
たぶん、他の客の迷惑になると思ったからでしょう。

その店主の判断は正解のようでした。

午後2時に入店し、大盛り上がりのまま5時くらいまで飲み食いしていたのですから。
蕎麦屋で1杯どころか2杯、3杯・・・・
結局1杯がいっぱい。

そのようにみんなが愉しむのをただ見るだけの私。
なぜならハンドルキーパーだったから。
でも、みんなが愉しんでいる様子を見るとこちらも愉しくなってくるから不思議です。
ただ、暗くならないうちに慣れない首都高が抜けられるかどうかだけは不安でしたが。

ドアを開けると店内からスカイツリーが。
IMG_20190706_171712.jpg
この店こそ「スカイツリー丼」がふさわしいような気がします。


昼下がりの蕎麦屋で蕎麦を待つ間に焼味噌や板わさを肴に冷酒か何かを一杯飲む。
飲み終わる頃を見計らって出された蕎麦を手繰り、ほろ酔い気分で店を出る。

そのような大人の愉しみは次回の持ち越しになりました。


posted by tomochan at 19:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。