2018年08月04日

希望的観測は常に裏切られる運命にある

これは、高校に入学したとき、希望と不安に満ちた顔の生徒たちを前にして、担任の先生が開口一番、発した言葉です。

年端も行かない、中学出たての子供には強烈だったようで、今でもよく覚えています。

今、改めてこの言葉を調べてみると、昭和の最後の相場師と言われた是川銀蔵(1897〜1992)という人の言だったようです。
国語の教師だった担任が、どうして相場の言葉を教訓めいて使ったのでしょうか。
自分も相場で痛い目に遭っていたりして。

それはともかく、私の人生においても、確かに希望的観測は裏切られ続けてきたような気がします。

最近もまた、裏切られました。

「ツクツクホーシが鳴くと秋が近い」
当地では昔から良くこのように言われています。
確かに子供の頃、この蝉が鳴くと、夏休みの残りの日数と宿題の残りの量を比べて、悲愴感にくれたことを思い出します。
日曜日のサザエさんと同じ?

さて、そのツクツクホーシ、今年はなんと7月の16日に初めて鳴くのを聞いたのです。

IMGP3279.jpg

今年は秋が早い!

子供たちよ、急げ!
(あ、でもまだ夏休みもまだ始まってなかったか)

ところが、その日の最高気温は37〜38℃
秋が近いどころか、その後も最高気温はどんどん上がり、一週間後には観測史上最高を記録する始末。(近くの熊谷市が41.1℃、当地では39.9度を記録)

ちなみに去年の我が家の近くでのツクツクホーシの初鳴きは7月28日。(一昨年は7月30日)
その後、曇りがちの日が続き旧盆の頃はだいぶ涼しくなったような記憶があります。

ということで、今年も涼しくなるという希望的観測を持ったわけなのですが、大きく裏切られる結果となったという次第。



それでも、ビールと酒は裏切らない

ビールとか酒がなかったら、夏バテでとっくにダウンしていたかも。

IMG_20180801_193527.jpg
以前、群馬県太田市に行ってまでして手に入れられなかった群馬泉の淡緑が近くのスーパーで買えました。


CIMG8895.jpg
このあたりではほとんど目にしないイチローズモルトのウイスキーも秩父の酒屋では普通に売ってました。

ワインもね

IMG_20180802_191516.jpg

IMG_20180802_191547.jpg
緑色っぽい白ワイン

ということで、今晩も待たせているビールを裏切ってはいけないので、この辺で失礼。


posted by tomochan at 18:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ、イチローズモルト普通に売っているんですか?
時々行く近所の酒店では置いてないんですよねえ。
今度秩父に行く時には、酒屋を覗いてみます。
Posted by masa at 2018年08月04日 20:48
masa様
もう一ヶ月以上前のことですから、まだあるかわかりませんが、寺尾(国道299尾田蒔交差点近く)の八木商店という酒屋で買いました。
この店は通販でも買えるようですよ。
市内では馬場町の朝日屋という店や駅前の地場産センターにも置いてあることがありますね。
Posted by tomochan at 2018年08月05日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。