2018年07月16日

4丁目のダム

最近の猛暑がまだ全く想像できなかった6月のこと。

群馬県桐生市の或る事業所の仕事を引き受けることになりました。

必要な書類のやりとりはメールや郵送で行いましょうという先方の申し出を丁重にお断りして、「大事な書類ですから」と、こちらから出向いて直接お預かりすると申し出たのでした。

もちろん大事な書類には違いないのですが、もう何年も桐生には行ってないし、久しぶりに桐生の街を見て、あわよくばB級グルメでも堪能してみたいというのが本音だったのです。

それから、所在地が梅田町4丁目ということだったので、桐生の市街地だろうから1時間ちょっとで行けるのではないかと考えたからなのです。

当日は深谷市にいたので血洗島から向かいます。
CIMG8452.jpg
デジカメの設定がどういうわけかHDRになっていたので、写った写真がそれっぽくなりました。^^

久しぶりに来たらいつの間にか上武大橋が新しくなっていました。
CIMG8453.jpg
こうしてみると、今までの橋はずいぶんと狭かったのですね。

群馬県道69号線
CIMG8459.jpg
ここの道は、交通量も多く、まっすぐな上に、この先徐々に標高を上げて行くので気づかない内に疲れしまうという、貧脚の自転車乗りにとってはイヤな道なのです。


道が以前来た時と違っていて、カーナビも道なき道を走って、良くわからないうちに桐生大橋までやって来ました。
CIMG8460-2jpg.jpg
ここを渡れば桐生の街のようです。
深谷からちょうど1時間くらいでした。
カーナビで目的地までの距離と時間を確認すると、
え!まだ11.9Km、20分も残っているだと!

この日は次の予定もあったので、この時点でB級グルメは断念。
昼は藤屋のひもかわうどんでもと思っていたのに残念です。

腹を減らしたまま進むことにします。

走ること20分、いつの間にか山道にさしかかっていました。
CIMG8461.jpg
こんな山深い4丁目ってある?

しかも、でっかい池のようなものもあるみたいだし。
CIMG8465.jpg
標高も市街地よりも110m以上高い!

目的地付近に着いてびっくり。
CIMG8467.jpg
池どころか、ダム。
本物のダム。

4丁目のダム。

このあたりでやっと思い出しました。
このダム湖は以前自転車で来たところだと。
もっとも、その時は逆コースで、ダムサイトにもよらなかったので気づかなかったのです。

梅田町4丁目というと、なんだか市街地のような気がしてしまいますが、大きなダムもあるようなところなんだとすっかり感心してしまった次第です。
もっとも一般的な地図の表記では4丁目となっていますが、正式な所在としては四丁目なので、大字名みたいなもので住居表示のそれとは違うのかも。
良くわかりませんが。


せっかくダムに来たので、用事を済ませた後、見学することに。
CIMG8470.jpg


CIMG8469.jpg

人生初めて、ダムカードというものをもらいました。
CIMG8471.jpg
4丁目のダムは正式名所を桐生川ダムというものでした。

ダムカード裏面
damu2.jpg


藤掛屋を横目に次の目的地に向かうのでありました。
CIMG8473.jpg



posted by tomochan at 16:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | 珍日本紀行(珍地名) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。