2018年01月28日

スッキリしました

先日たまたまネットで観た動画に、煽り運転や信号無視などやりたい放題で、さんざん他人に迷惑をかけた挙げ句、ついにパトカーに発見されご用になるといった内容のものがありました。
「メシウマ動画」とか「すっきり動画」とか言うらしいですが、観た後、飯はうまくならないまでも、確かにスッキリしたような気にはなれました。

実は私も自動車の運転にかかわることで、先日はスッキリした気分に浸ることができました。

ある自動車免許の技能試験に合格したのです。
doc01933120180128110509_001.jpg
ずっと気にかけていた試験で、当日はドキドキ、ヒヤヒヤの連続でしたが、一発合格(二回目の受験はまた一からやり直し)で超スッキリ


それは今から遡ること2ヶ月半前。

合格目指してここの門をくぐったのです。
CIMG0648.jpg
自動車教習所ではなく熊谷市にある埼玉県農業大学校。

昨年の11月から週に1回こちらに通い、大型特殊自動車(大特)の免許取得を目指していたわけです。


でも、なぜ農業大学校で大特免許が取れるの?

それは、大特免許と言っても農業用だからなのです。

座学の教科書
CIMG0649.jpg

農業用の大型特殊自動車というと代表的なのがトラクター。

今まで知りませんでしたが、道路交通法上では農業用のトラクターでも最高速度が時速15kmを超える車両は大型特殊自動車に該当するのだというのです。

今時のトラクターで時速15kmを超えないものなんてあり得ないと思いますから、自分も含めて知らないで無免許で公道を走っている人が多いんでしょうね。

知らなかったこととは言え、何かのきっかけでお巡りさんのお世話になって、それこそ私が皆さんをスッキリさせるところでした。

それにしてもなぜ大特免許をというと、別に私は農業を専業にしているわけではなく、むしろ農業についてはジロジロファームで自家用野菜を栽培する以外はほとんど関わり合いがなかったのですが、ここへ来て集落農業のオペレーター等を頼まれるようになり(そこでは若手なので^^)無免許ではまずいだろうと言うことで、このたびの免許の取得に至ったわけなのです。

試験合格でスッキリした翌日。
気分も軽やかに早朝の中間平へ。

スッキリした筑波山の姿。
20180126-_IGP5066.jpg
古河市のタワーマンションまで良ーく見えました。

当日、マイナス9.8度を記録したさいたま市方面
20180126-_IGP5068.jpg
こちらから見ると、何やら靄のようなものに覆われていたように見えましたが、どうだったのでしょう。
いずれにしても記録的な寒さで、あちらにお住まいの方は頭もスッキリだったのでは。
posted by tomochan at 17:48| 埼玉 ☔| Comment(2) | 遠くの山をジロジロ(山岳遠望) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土曜日現在ですが、大宮駅周辺では場所によっては歩道が
凍結したままで大変危険な状態です。
積もった当日に除雪した店舗前は問題ありませんが…。
今回は関東南部の方が積雪が多かったようですね。
Posted by masa at 2018年01月28日 19:29
masa様
ニュースで知りましたが県南の方は30cm位の積雪だったようですね。
我が家のあたりは、15cmくらいでした。
それもビルなど日光を遮るものがないので、雪かきもしないうちにすぐに溶けて楽でした。
Posted by tomochan at 2018年01月29日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: