2018年01月25日

4シーズンタイヤの実力テェック

去年の秋の記事で、中古で買ったスズキのエブリーに冬用タイヤとしてスタッドレスのスノータイヤではなく、グッドイヤーのベクターというオールシーズンタイヤ(メーカーの呼称は4シーズンタイヤ)を履かせてみたと書きました。

自分としては珍しく秋のうちに早々に履き替を済ませて、冬の到来を待ちかまえていたわけですが、先日の積雪により、ようやく雪道での性能を試す機会が訪れたのでした。
20180123-_IGP4932.jpg

20180123-_IGP4937.jpg

独特のパターンをしています
20180123-_IGP4931.jpg


まずは勾配が12%(国土地理院の地形図による計測)程度の舗装された坂道にアタック
(あたりが真っ暗ですが、何もこんなことをするためにわざわざ早起きしたのではなく、ちゃんとした用事があったのだと言うことは申しあげておきます)
_IGP4906.jpg

坂道の途中で停止してからの再発進。

坂道の名前はわかりませんが、我が家に来た車は、雪が降ると必ず受けなければならない洗礼です。

私にとってエブリーは9台目の4WD車ですが、今までこのチャレンジに失敗した車はありません。

ということで、エブリーも難なくクリア。
もっとも夏用タイヤで登れた車もありましたからね。

続いて地元でニケッ坂(ツァカ)と呼ばれる坂にチャレンジ。
20180123-_IGP4934.jpg
平均勾配が14%程度のこの坂は、未舗装路なのでマウンテンバイクでも後輪がスリップして登るのに少々テクニックが必要というような坂です。

坂の途中からスタートした1回目のチャレンジでは坂の後半の急になる部分(20%くらいか)でストップ。
20180123-_IGP4936.jpg


やむを得ずいったん坂の下の方までバックで下がってそこから再スタート。
20180123-_IGP4939.jpg
少し路面を削ってしまったので後で直しておきました。(自分もほぼ毎日利用しますので)

2回目の挑戦で最後まで何とか登り切ることができました。
20180123-_IGP4940.jpg

登り切った後は「雪の進軍」状態
20180123-_IGP4977.jpg
右側の土手の下には小さな堀があるのですが、本当に「どこが川やら道さえ知れず」

結論
4シーズンタイヤは登坂の際は結構使えると思います。(4駆車以外はわかりませんが)
もっとも登坂能力よりも大切なのは制動の性能の方かもしれませんが、そちらの方はあまり試せないうちに雪が溶けてしまったのでお預け。

それから、燃費ですが純正タイヤより径と太さがそれぞれアップしたせいか、1割ほど悪くなってしまいました。
ハンドリングについてはほとんど変わらずと言うか、純正タイヤがチープだったせいか、かえって良くなったような。

ということで普通の道を普通に走っている限りは4シーズンタイヤというのもひとつの選択なのではと思った次第。
以上、いい加減な個人の感想でした。
posted by tomochan at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
埼玉は大雪だったそうですね。
スズキのエブリーと4シーズンタイヤで
どこでも行けそうですね。
関西にも少し離れて、tomochanさんのところに
訪問出来ました( ´艸`)
Posted by hayazou2002 at 2018年01月26日 21:42
hayazou様
お久しぶりです。
4WDと言ってもエブリーのは本格的なものではないでしょうし、それに歳も歳ですから無茶はできません。^^

映画の撮影が3月から始まります。
またご一緒したいものですが、今度は平日だけなので無理でしょうね。
Posted by tomochan at 2018年01月27日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: