2018年01月19日

雉初めて鳴く

今朝ラジオを聞いていて知ったことですが、小寒の末候に当たる今の時期は、七十二候でいうと「雉初めて鳴く」だそうです。
雄の雉が牝を求めて「ケーン、ケーン」と鳴き始める季節なんだそうです。
そういえば私も昨日、今年初めて雉の声を聞いたところだったので、妙に納得してしまいました。

ジロジロファームの緑肥と風よけのために植えたソルゴーの茂みから雉が飛び出して行ったのです。
002.jpg
ただ、今思うと「ケーン、ケーン」という鳴き声ではなくて「ギャッ」というような驚きの鳴き声だったような。
ということは「雉初めて鳴かす」だったのでしょうか。

そんなジロジロファームですが、今日はそこの野菜が悲惨なことになっていました。
CIMG1249.jpg
ホウレンソウの葉っぱの部分が何者かに食べられて全滅です。

ブロッコリーも葉っぱが食べられてしまってこんな有様に
CIMG1250.jpg
こんな食べ方をするのはおそらく鳥でしょう。
鳥の糞も落ちていたし。

ファームでは防犯や動物除けのためにいつもラジオを流しっぱなしにしているのですが、まさか雉も七十二候についての同じ放送を聞いてこの行為に及んだとか。
「雉初めて菜食う」

でもやっぱり雉ではなくてヒヨドリかな。

葉っぱがすっかりなくなってしまったホウレンソウ(手前のさく)
CIMG1254.jpg
野菜の値段が高騰している折にがっかりです。
「爺初めて泣く」

メイちゃんの食べる分もなくなったんだからな。
「山羊初めて鳴く」

いいもん、菜の花があるから
CIMG1252.jpg
菜の花が咲き出しましたが、まだこれは食べさせるわけにはいかないのだよ。

家に帰ろうとすると大きな鳥がやって来て近くの木に留まりました。
白っぽかったので初めはシラサギとも思いましたが、動きが機敏だし、背中が白くないので別の鳥とわかりました。
CIMG1268.jpg

鳥だけにトリミングしてみました。
CIMG1268-2.jpg
オオタカかなあ

この後、ヒヨドリくらいの大きさの鳥を追い回していました。
最近よくファームの近辺で野鳥の羽が大量に落ちているのを見かけるのですが、この鳥の仕業だったのかな。

野菜を食べるヒヨドリを鷹が食べるという図式ですが、と言うことは野菜を作る自分は食物連鎖の底辺にいるってこと?
やれやれ。


posted by tomochan at 20:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。