2017年12月05日

冬の使者到来




今朝の西の空は見事な残月でした。
20171205-_IGP4494.jpg

その後、日が高くなってから、車で植松橋を通りかかったとき、何気なく荒川に目をやると上流側に白鳥らしき姿を発見したので、用事を済ませてから見学に行ってみました。

こちらも今年始めての白鳥だし、白鳥にしてもまだ人間に慣れてないかもしれないので、まずは遠くの方から観察することにしました。
20171205-_IGP4509.jpg

でも、すぐにこちらに気づいて、白鳥が下流の方から遡って来ました。
20171205-_IGP4515.jpg

20171205-_IGP4517.jpg

水辺の石ころに腰を下ろしている私の前、2m程までやって来ました。
20171205-_IGP4521.jpg

20171205-_IGP4522.jpg

20171205-_IGP4523.jpg

20171205-_IGP4524.jpg

20171205-_IGP4527.jpg

近くで見ると可愛いものです。

この子なんか羽繕いでいろいろなポーズをとってくれました。
panelimg.jpg
全く警戒するそぶりもなく。

ここの河原からは両神山がよく見えます。
20171205-_IGP4547.jpg

魚?
20171205-_IGP4551.jpg
と思ったら流木。
さっそく拾って魚型流木のコレクションに追加しました。


冬の使者と言えば、先日我が家にも「ししゃ」がやって来ました。
やって来たというか、発生したというべきか。

20171130-_IGP4438.jpg
例によって仕事場のガラス戸に体当たりして死んでしまった野鳥。
これまでの犠牲者はこちら

今回の犠牲者はメジロではなく、ムクドリのようでした。(ヒヨドリに訂正)
冬の使者ならぬ冬の死者。

気の毒なので裏庭に葬ってやりました。

こう毎年毎年、小鳥に死なれては、「小鳥の墓場」などと変な噂が持ち上がらないとも限らないので、何か対策を立てようかと思います。

某宅のようにハデハデに飾ろうか。
CIMG9288.jpg

CIMG9286.jpg

CIMG9290.jpg

CIMG9291.jpg

まあ、あちらの場合は玄関を汚されないための対策のようでしたので、趣旨は違いますが。

某宅の様子はこちら


ラベル:植松橋の白鳥
posted by tomochan at 20:39| 埼玉 ☔| Comment(6) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒヨドリのようですね。masa
Posted by masa at 2017年12月05日 21:48
白鳥、かわいいですね。
危害を加えない人はわかるんでしょうか。
近くでいい写真がたくさん♪

野鳥の衝突事故が起きないように、対策よろしくですm(_ _)m

魚のような流木、見事です。
河原が背景だといっそう引き立ちますね。

Posted by チョコ at 2017年12月06日 13:39
masa様
ご指摘ありがとうございます。
間違ってはいけないと、わざわざ図鑑で調べて確認したのに、記事を書く段になってムクドリと書いてしまったようです。
最近はこのようなことが多くなってきて心配になってしまいます。^^

Posted by tomochan at 2017年12月06日 18:20
チョコ様
特製の白鳥のかぶり物をまとって近づいていったからだと思います。

と言うのは冗談で、たぶん餌をくれる人と間違えたんでしょう。
いずれにしても、ここの白鳥たちは人懐こいですよ。
Posted by tomochan at 2017年12月06日 18:26
白鳥を近くで見ることなかったわ〜
やっぱり美しいね。
自分が美しいっていうことがわかっているのかな
(・・?

美しいものはより美しく。
そうでないものは  それなりに・・・😭

Posted by ピロリ at 2017年12月07日 17:15
ピロリ様
最近は加工技術が進んだので「美しい方はより美しく。そうでない方も美しく」ではないですか?
まあ、ピロリさんは要らないかも知れませんが。^^

Posted by tomochan at 2017年12月17日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。