2017年06月04日

家族のヒストリー「珍行さんを探して」

家族の歴史を徹底取材し、今まで知らなかった家族の歴史とそのルーツをひもとくドキュメンタリー「家族のヒストリー」。
今回は埼玉県北部にお住まいのtomochan家についての取材記録です。
さて、今回も驚き有り、感動有りの内容となるのでしょうか。

tomochan家(以下t家)は、今の処にいつの頃からか住んでいるのか正確にはわかりませんが、宝暦年間の位牌があると言うことなので、まずは「埼玉苗字辞典」という辞典の調査から始めました。
この辞典は4巻に分かれていて、全巻買うと84,000円なのですが、ネットでも閲覧できたので、予算がないMHKとしては大助かりでした。

さて、その辞典にはt家の苗字に関する事柄が7ページにわたって記載されていました。
その冒頭部分を要約すると次のようなものでした。

t家の苗字○○は海洋民であること。
その苗字は日本書紀に記載があること。
古代氏族系譜集成にも同様の記載があること。
佐渡国にその一族の居住地があり、山背国(山城)には氏神の神社がある。
壱岐国○○郡○○村も○○族の居住地である。

ここまで読んだだけでは、日本書紀だ、佐渡だ、壱岐だ、とすごい話で、同じ苗字でもとてもあのt家とつながりがあるとは思えません。
ところが、このあとから彼の家になじみのある語句が出てくるのです。

以下要約
男衾郡××村壱岐天手長男神社は園明王壱岐○○神社と称し、往古壱岐国一の宮より勧請した。また、当村には○○氏多く存する。

これは、t家のある地区のことを現しています。

辞典はこのあと、埼玉県内の古文書や碑文に記載されている○○という姓をもった人の記録が延々と90件続きますが、その中でt家のある地域が、真っ先に紹介されたということは、○○姓の居住地としては県内でも最も有名なところというわけなのでしょうか。

もっとも、江戸時代に武士以外に苗字を使うことが許されたのは特別なことらしいので、ごく普通の庶民のt家が江戸時代から○○姓を名乗っていたとは考えられないのですが、t家の本家にあたる家には、天正年間の○○姓を持った人の記録が残されていると同辞典にはありましたから、少なくともt家も○○一族の一系には違いないのでしょう。

さて、辞典にはt家がある地域の○○一族のことが、冒頭部とは別にもう一項記載されていました。
t家のある旧××村の○○姓について古文書や碑文を調査した結果なのですが、それを読み進めていくうちに、とても興味深い名前を持った人物を見つけました。

○○珍行伝山

○○はt家の苗字。

近くの嵐山町からは、江戸時代に元木網(もとのもくあみ)という狂歌師も出ていますが、それに通じる粋な名前なように思えます。
珍行さんも狂歌とか川柳をたしなんでいて、その雅号だったのでしょうか。

いろいろ想像は膨らみますが、とにもかくにも、我々取材班はその名が刻まれた明治十三年の仙元碑があるという用土地区に向かうことにしました。

用土地区といってもかなり広いので、仙元碑も数多く存在すると考えられます。
そこで、まず初めに用土地区の入り口にあり、大きくて、とてもよく目立つ仙元碑に行ってみることにしました。

001.jpg
写真のクオリティがいつも以上に低いのは、ロケなのにカメラを忘れてしまってスマホで撮影したからです。


ここの仙元碑は仙元山と言っても良いほど立派な山の上に立っています。
002.jpg
渦巻きのような登山道があるのかと思ったらそうではありませんでした。

石段の先には「仙元大日神」と刻まれた畳1枚半ほどの大きな石碑があります。
003.jpg

果たしてこれが、珍行さんの名前があるという石碑なのでしょうか。

裏にまわってみます。
004.jpg
まさしく明治十三年の建立

心を躍らせて珍行さん探しを始めましたが、施主やら土工など、数名の名前が刻まれているだけで、いくら探しても珍行さんの名前はありませんでした。
005.jpg

少し気落ちして、石段を下りると、山の麓にもう一つ石碑があるのに気づきました。
006.jpg

もしかしてこっちかもと、同じように裏面の探索を始めると、何と、すぐに珍行さんを見つけることができました。
007.jpg
旧××村の○○珍行傳山さんほか××村の面々

珍行さんは本当にいたのです。

さらに、埼玉苗字辞典には載っていないもう一つの珍名さんも見つけることができました。
それは「弥次さん」に対する「喜多さん」のように「珍行」さんの相方にふさわしい名前。
(残念ながらMHKでは紹介することはできません)

これらの事に満足してしまい、取材班は、珍行さんが何をした人なのかを調査せずに、その場を去ってしまうという、大失態をやらかしてしまったのでした。
この件については、新しい珍名さんのことと併せて、追跡調査することにします。


さて、取材班が仙元碑で見つけたものは、二人の珍名さんの他に、もう一つありました。
008.jpg
石碑の裏にそっと置かれていた本

これもまた、MHKではアップで写せない内容の本でしたが、珍行さんが見たら喜んだかもしれません。
もしかして珍行さんの子孫がお供えしたものとか?
その辺のことは、t家の当主に尋ねてみることにしましょう。

珍行さんが住んでいた旧××村の現在の様子
CIMG9064.jpg
posted by tomochan at 17:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック