2017年04月04日

清明の日のフォト日記

散歩をしながら聴いていたラジオで、今日は二十四節気のうちの清明だと言うことを知りました。
清明とはあまり聞き慣れない言葉ですが、万物に清新の気がみなぎる時節とのこと。

確かに木々の梢の色が変化してきたような気もします。
CIMG8453.jpg
写真で見るとあまり変わりないですね。

清明とはいうものの空気の方はぼんやりと霞がかかったようで、御荷鉾山がかろうじて見えます。
001.jpg

当地でもソメイヨシノが咲き出しました。
002.jpg

散歩の途中、ニワトコの若芽を採集。
003.jpg

ニワトコ、といっても日本のニワトコではなくて、セイヨウニワトコという種類のニワトコの花はエルダーフラワーといってハーブやシロップとして利用されるのだとか。

日本のニワトコは、とてもじゃないけどうまそうには見えないのでメイちゃんの朝ご飯にします。
004.jpg
外に離しておくと自分からニワトコの木に寄っていって食べるほど大好物なのです。

ヤギといえば今日伺った家もヤギを飼っていました。
005.jpg
メイちゃんよりも可愛いくて、交換したいほど。

午後、鉢形城の近くの家に訪問した帰りに城跡に寄ってみました。
諏訪神社横の駐車場に車を置き、エドヒガンザクラの方まで歩いて行くことにします。

神社と鉢形城址の間の大きな谷
006.jpg
自然の谷のように見えますが、壕の役目を果たしていたのでしょう。

子供の頃、鉢形城の埋蔵金が隠されていると信じていた池です。
007.jpg

埋蔵金探しをするなら、水が少ない今しかない?
008.jpg
またひとつ、不思議な話が生まれてしまうかもしれないのでやめておいた方がいいですね。


009.jpg

深沢川の対岸の鉢形城歴史館
012.jpg
かつて母校があった場所なのですが、当時より手入れが行き届いてきれいになったみたい。

011.jpg

エドヒガンの近くまで来ましたが、混んでいたのと、カメラのバッテリーが残りわずかになってきたので遠くから一枚だけパチリ。
010.jpg
遠目にですが、木の上の方が枯れているように見えたのが気になります。
ライトアップの影響でなければ良いのですが。

帰り道、友人のお兄さんがたった一人で手入れをされている山のカタクリを見せてもらいました。
013.jpg

すぐ近くを電車が通るようなところなのに見事なカタクリの群落です。
014.jpg

016.jpg

015.jpg

ジロジロファームからの夕日
017-1.jpg
今日の太陽は、てっぺんだけちょこっと見えている西上州の赤久縄山に沈んでいきました。
posted by tomochan at 19:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メイちゃんの顔も穏やかだと思いますが、このお宅の山羊さんは輪をかけて穏やかですね。角が小さいから、大人になったばかりかな。

カタクリ、きれいですね。町の花ですよね。
だれかが人知れず手入れしているのですね。ぱちぱち。

エドヒガン、この前通りかかったとき、樹勢が少し気になりました。姥桜ともいわれているみたいですが、共に元気に、って感じです。
(^0^)/
Posted by チョコ at 2017年04月05日 14:34
チョコ様
可愛いヤギさんはメイちゃんとは種類が違うのかもしれません。
メイちゃんはザーネン種(たぶん)なのでザンネンなヤギさんなのです。

もし枯れはじめてきたのなら大変ですね。
樹木医さんに診てもらわないと。
Posted by tomochan at 2017年04月05日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック