2017年02月16日

秒速40センチメートル

秒速40センチメートル。

「君の名は。」(我が家のパソコンでは-君の縄-と変換される)で話題の、あの新海誠監督が2007公開のアニメーション映画「秒速5センチメートル」の続編を作った?

当たり前ですが、違います。

ちなみに「秒速5センチメートル」は桜の花びらが舞い落ちる速度とのことです。
では、秒速40センチメートルって何?
牡丹雪?
それだったらきれいでけっこうなのですが、そうではないのです。

もったいぶらずに検証をすることにしましょう。

この日も新規開拓したルートで朝の散歩。
001.jpg

ほんのり赤く染まった御荷鉾山
002.jpg

波ひとつなくまるで鏡のような荒川
003.jpg

ここから先は、水際までびっしり生えている竹藪を約100メートルほど突っ切っていかなければなりません。
004.jpg

最初の関門は倒木越え
005.jpg

そこを過ぎると、竹と竹の間を縫って、比較的スイスイ行けます。
006.jpg

竹藪を抜けると今度は長さ50mほどのヨシ原を突っ切ります。
007.jpg
ヨシは大水の時の水流で下流方向に倒れていますから良いものの、逆に進もうとしたら剣呑です。

途中には小さな支流が流れ込むところがあり、クレソンやセリが生えています。
009.jpg

ヨシ原を抜けると岩床帯。

昇ってきた朝日を浴びる獅子岩(勝手に命名)
010.jpg

獅子岩の裏面はどこか愛嬌のある顔
011.jpg

泥岩地帯
012.jpg

恐竜の足跡や化石がないかと探すことにします。

やや、恐竜の卵がこんなに?
013.jpg
そんな感単に見つかるはずありません。
泥に石が埋まって、その後岩になったのでしょうか。

岩場を抜けると石ころの河原です。

014.jpg
以前深谷の利根川の石を見たことがありますが、黒っぽい石ばかりだったような気がします。
その点、荒川の石は色とりどりできれいです。
歩きながらも何か珍しい石はないかとつい探してしまいます。

探すといえば、このような場所には流木が多くひっかかっていることが多いので、そちらもチェック
017.jpg
いつか機会があったら紹介しますが、この日は実際、けっこうな掘り出し物(本当に砂の間から掘り出した)を見つけました。

白鳥のいる河原にたどり着く前に、この日も白鳥が上流に向けて飛び立って行くのが見えました。
015.jpg
やはり、この時間は出勤時間だったようです。

出勤しない白鳥
016.jpg

白鳥を見たあと、河原から出ることにします。

河原の際でヤドリギを発見。
019.jpg
幸せになりたいカップルに教えてあげたい。
ここだったら誰もいないからいいんじゃない?

立岩の上の祠に朝日が当たる
018.jpg
あの祠は空っぽなので、以前ここで拾ったごもっとも様みたいな流木を奉納するつもりだったのを忘れていました。

太陽が嫌いなソーラーパネル
021.jpg
ここのソーラー発電所のパネルは時間になると太陽のある角度に動くのですが、ギコギコと音を立てながら動くのを見ていると、いつも太陽と反対の角度に動くのです。
日焼けを気にしている?
それとも反抗期?
規模が大きいだけに、だいぶ発電量をロスしているのでは。
人ごとながら心配してしまいます。

この後はジロジロファームに到着して散歩は終了。

では、また。


あ、そうだ、「秒速40センチメートル」を忘れるところでした。

もう、お分かりかもしれませんが、「秒速40センチメートル」とは私の散歩の速度なのです。
ルートラボで調べたら、この日の歩いた距離は1100m。
かかった時間は45分だったので、秒速に換算すると40cmになるのです。

もっとも、いつもこんなに遅い速度で歩くわけではないことはいうまでもありません。
だいたい、秒速80cm以下で歩く人は、認知症に要注意なのだそうですから。

でも、あんまり遅いと家族が心配するかもしれないので、これからは気をつけないと。
散歩ではなくて徘徊と間違われてもおかしくない年になってきたもので。
posted by tomochan at 20:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447063294

この記事へのトラックバック