2017年02月12日

危険を察知する能力




メイちゃんに与えようと外に置いておいた水。
RIMG3151.jpg

その日の外気温はマイナス4℃。
それまで水だったのにフタを取って容器に移そうとしたところ、あっという間にシャーベットのようになってしまいました。
RIMG3152.jpg
何とか絞り出すように水飲みの容器に移し、他の諸々の世話をしてから、いつものように荒川の白鳥の様子を見に行ってみました。

この日は、藪こぎがちょっと大変でしたが、白鳥に気づかれないうちにすぐ横に出て白鳥を強襲する観察するルートを開拓しました。
狙い通り、白鳥から50m近くまで接近できました。
しかも、白鳥との間にはヨシの茂みがあり、こちらの姿には気づいてない模様。

ところが、やっぱり
001.jpg

逃げられました。
002.jpg

何と敏感な白鳥たちだこと。
危険を察知する能力が高いのね。

というか、もしかしたら、この時間は餌を求めてどこかへ移動する時間なのかな。
白鳥の出勤時間。
現に逃げずに残っているグループもいるし。
003.jpg
こちらは遅番なのかな。

危険を察知する能力といえば、先日は我が家の上空でこんな飛行機を見かけました。
004.jpg

今時珍しいプロペラ機。
005.jpg

自衛隊の輸送機でしたらプロペラ機も時々見かけますが、どうも輸送機っぽくありません。
ネットで調べたら、どうやらあの懐かしいYS11を改装した電子飛行測定機YS−11EBという日本に4機しかない航空自衛隊の航空機らしいことがわかりました。(自信はないけど)
各国の電波を収集して、危機管理に役立てるのだとか。

もしまた来たときは、こちらも危機を感じて、口をあんぐり開けて見とれたりしないようにしなければ。
何しろ電子飛行測定器ですから、きっと地上の様子なども手に取るようにわかって、アホ面下げてたりすると乗員に笑われてしまうでしょうから。


posted by tomochan at 18:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。