2017年01月31日

接待はこんにゃくパークで?

昨年の夏、家族にさいたま市の二木屋という、国の登録有形文化財でもある料理屋に招待してもらいました。
CIMG6445.jpg

先日は、そのお返しとして何かをごちそうするために家族を群馬県の西毛地区に連れて行きました。

向かったのは、甘楽町にあるこんにゃくパーク。
001.jpg

初めて来てみましたが、これがこんにゃく工場?と思えるほどの明るくポップな感じ。
002.jpg

panelimg3.jpg

まずは工場見学。
003-1.jpg
寄居の大黒屋さんのバタ練りとはちがって、こちらは撹拌して練るようです。

糸こんにゃくとシラタキを製造中の機械。
003-2.jpg
こんにゃくを糸状に切ったのが糸こんにゃく。最初から糸のように成形してできたのがシラタキ。
と、このように思っていましたが、現在は同じ製造工程なんだそうです。
「じゃあ、どっちがどっちだかわからないのでは?」と家族の間で問題になりかけましたが、みんな的外れなことを言うばかり。
これが本当の蒟蒻問答。
なんちゃって。

工場見学の後は、待望の試食コーナーへ。
004.jpg

ショッピングモールのフードコートのようになっていて、20種類近くあるいろいろなこんにゃく料理をバイキング形式で自由に取って食べられるのです
005.jpg
「好きなものを食べなさい」
と言ってみたものの、遠慮がちな家族を尻目に、私だけがパクパク食べていました。
初めて食べたこんにゃく焼きそばは特に美味でした。

外にはリゾート地風の足湯もあるし
006.jpg

「だいぶ楽しんだから、もう帰ろうか」

私一人なら、本当にそうしたかもしれませんが、そんな事を言ったら、お土産のこんにゃくを投げつけられてしまうかもしれませんので、心にとどめて次の目的地に向かったのでした。

つづく


posted by tomochan at 19:57| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 御馳走帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にゃにゃんと、こんにゃくパーク!
しかもフルコース!

最近、糖質ゼロ麺として、ラーメンにこんにゃくが採用されていると聞いていましたが、やきそばもあるんですね。

おなかも結構ふくれるし、ダイエットによさそう♪
Posted by チョコ at 2017年02月01日 13:30
チョコ様
こんにゃく工場に客を集めるなんて、すごい発想です。
こんにゃくだけに頭が柔らかい人が考えたのでしょうね。

お土産のこんにゃくいつ食べるの?
今夜食う

なんて言ってちゃだめですね。^^
Posted by tomochan at 2017年02月01日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。