2017年01月02日

正月の夜空

あけましておめでとうございます。

新年最初の記事にふさわしい写真は何か。
IMGP1952.jpg
正月というと日の出の写真ばかりなので、ここは趣向を変えて敢えて月が沈むところの写真にしました。
というのはウソで、本当は日の出の写真が撮れなかったからなのです。

一応、日の出の写真を撮りには行ったのですが、この日の中間平から見る地平線は雲がかかっていて、あまり良い写真が撮れそうもなかったので、日の出を待たずして早々に引き上げてしまったのです。
IMGP1897.jpg

本当はもう少し早い時間の地平線付近の空が漆黒の闇から紫色に変化してゆく瞬間が好きなんですが、寝坊して間に合いませんでした。
IMGP1891.jpg
それでも、明けてゆく関東平野を一望するのは気持ちがよいものです。
この下に何十万、何百万人もの人が暮らしているんだなあと思うと感慨深いのです。
「この世界の片隅で見つけてくれてありがとう」
映画のセリフを思い出したりして。

日の出は見えませんでしたが、山の上の亀を見ることができました。
IMGP1895.jpg
小川町の官ノ倉山と石尊山あたりですが、なるほど、樹木が亀の形になっています。
中間平までマウンテンバイクで上って来ていた元気なおじちゃんが教えてくれました。
いつか、この亀の上に昇る月を写真に納めたいものです。

冒頭の月は満月のように舞えますが、実は三日月です。
IMGP1913.jpg

そして、今日の夜空
IMGP1991.jpg
月と金星の今年最初のランデブー
仲が良さそうで羨ましいですね。


posted by tomochan at 19:39| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 空をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
月と金星のランデブー、拙も昨日撮影していて、その仲の良さに初地団駄を踏みました。
山頂の亀、面白いですね。探せば鶴もいたりして。
亀の上に昇る月を撮影なさる時は是非とも美女と同行して頂きたいものであります^^
本年も宜しくお願い致します。
Posted by 銀輪乗士 at 2017年01月03日 08:32
銀輪乗士さま
今年もよろしくお願いいたします。
ランデブーと書きましたが、今はあまり耳にしない言葉になりましたね。
我が身にとっては完全に死語の世界になりましたが。^^

亀の後ろ(どっちが後ろかわかりませんが)には馬もいるのだそうです。
私にはわかりませんでしたが、想像力の豊かな銀輪さんのこと、きっと見つけられると思いますので、ポタのついでにでもご覧になって下さい。
Posted by tomochan at 2017年01月04日 09:37
初月沈み、珍しいですね〜今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

「この下に何十万、何百万人もの人が暮らしているんだなあと思うと感慨深いのです。」

にゃにゃんと、次回の主演が中間平の夜景を眺める心情とシンクロしていました〜

三日月でも丸い月の形がよく見ると映っていますね。
Posted by at 2017年01月04日 10:30
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。
月と金星が綺麗に写ってますね。
Posted by hayazou2002 at 2017年01月04日 13:46
チョコさま
今年もよろしくお願いいたします。

大勢の人の暮らしが感じられるのは、やはり、火ともしころ、家々にぽつぽつと灯が点ってゆくさまを見たときなどいっそう感じるでしょうね。

三日月も写真で撮ると、見えない部分も写るなんて私も知りませんでした。
Posted by tomochan at 2017年01月04日 18:25
hayazouさま
おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

月の写真はピントをマニュアルにして撮ったのですが、後で大きくしてみたら、掲載した写真を含めてほとんどピンぼけでした。
年が明けた途端、視力の劣化を思い知らされてしまいました。^^
Posted by tomochan at 2017年01月04日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。