2016年10月13日

映画「花の兄」プロモーション活動いろいろ

以前、このブログで少し触れたことのある映画「花の兄」のチケットやポスターができあがりました。

ポスター
posuta.jpg
スタッフの手作り。
ただし、題字は書家の中澤希水さんだそうです。

チラシ
doc01031120161013131448_001.jpg
こちらも同じく手作り。

公開への準備が着々と進んでいる最中の先日、「花の兄」の新聞社に向けての記者会見があると聞きつけたので様子を探りに行って来ました。
記者会見というとテレビのニュースやワイドショーでよく見る、ずらっと並んで頭を下げているシーンをつい連想してしまいますが、今回は制作発表の記者会見なのできっとそうはならないのでしょう。^^

会場は某市役所内の記者室というところですが、記者会見に臨む前にその市役所に同級生が働いていることを思い出したので、昼休みでまだ時間もあることだし、訪ねてみることにしました。

職員課で所属を教えてもらい訪ねてみると、うまい具合に本人に会うことができました。

映画のことを話すと、とても興味を持ってくれて、記者会見の進め方などアドバイスをしてくれました。
管理職なので記者会見とかは慣れているみたいです。

会見に参加する人達にとってはとても心強い助言になったことでしょうが、見学者の私としては今回の映画にも登場するおっぱい山の話の方に食いついてしまいました。^^
彼はおっぱい山にかなりの縁がある人で、私たちと違って子供の時からおっぱい山を知っていたおっぱい山フリーク?だったのです。
今は木が大きくなって形が変わってしまったけど、昔はもっと美乳、いや、美山だったらしいのです。
IMGP0687.jpg
もっとその話を続けたかったのですが、市の部長ともあろう人が役所内で声高におっぱいの話をしていると思われては気の毒なので、お暇して会見場に向かうことにしました。

記者室での会見が始まりました。
IMGP1006.jpg
まだ、頭を下げていません。^^

この日の会見には全国紙3紙と地方紙1紙、計4紙の新聞記者さんが集まってくれました。
この他、この日来られなかった新聞社の取材が別の日にあるようです。

初めは緊張気味だった制作スタッフでしたが、時間の経過とともに、多弁(雄弁かな?)になり、最後の方はけっこう笑いを取っていました。コメディ映画と勘違いされなければ良いのですが。

そんなこんなで、約一時間の会見が終わり、最後に1社ずつ写真を撮ってもらって終了。
傍で見ていた感じでは、各紙とも興味を持ってもらえたようで、良い会見ができたのではないかと思いました。
さてさて、結果は如何に。

制作者側のマスメディアを巻き込んだプロモーション活動に対し、私もささやかですがぼちぼちと活動を始めています。

ポスター貼り
CIMG6738.jpg
あきちゃんのたい焼きはもちろんうまいけど、私はここの焼きそばが好き。

ポスター貼り&チケットの訪問販売
CIMG6799.jpg
家内の友達が牟礼というところで自宅を改装して始めた店なのですが、我々が着いたところで、急用のため閉店ガラガラ。
CIMG6797.jpg
カレイの煮付け食べたかったよー。また来ます。

富田に移動してR254沿いの喫茶店ミルトンでランチ。
CIMG6800.jpg
少し食べてしまったけど相変わらずのボリューム。
この他にスープとコーヒーがついて830円だったかな?
大きいポスターがなくなってしまったので、小さいチラシを貼ってもらうことに。

居酒屋で酔客にチケット販売
CIMG6739.jpg
ほろ酔い加減の時に売るのが肝心。
あまり酒が進んでからですと、こっちが酔っぱらってしまうからです。

ニャンだ、オミャーは飲んだり食ったりばっかりダニャー
CIMG6723.jpg

ミーみたいに目の色を変えてとっかからなっくちゃだめニャ
CIMG6698.jpg

まあ、果報は寝て待てとも言うがニャ
CIMG6725.jpg

本庄市宮戸在住のしろニャンさんのお言葉でした。



ポスター等では見にくいと思いますので以下に「花の兄」の上映スケジュールを記しておきます。
 
2016年11月 〜2017年1月  深谷シネマ (詳細は下記)
 
2016年2月11日(貸切)     深谷市民文化会館
 
2017年1月22日         寄居中央公民館
 
2017年2月24日 彩の国さいたま芸術劇場映像ホール
ほか順次公開予定
 
※上 映 時 間 ( 作品の長さ ) 94分

上映スケジュール詳細 

特別上映会(招待)11月8日(火)会場:深谷シネマ 
@10:00 〜 11:35     
A13:00 〜 14:35                                        B16:00 〜 17:35    
C19:00 〜 20:35
 
先 行 上 映 会  会場:深谷シネマ   
2016 年 11月 15日(火)
              22日(火)
              29日(火) 
      12月   6日(火)
          13日(火)
          27日(火)
2017 年  1月  3日(火)
               10日(火)
                17日(火)

深谷シネマの上映時間 
@10:00 〜 11:35     
A13:00 〜 14:35                                        B16:00 〜 17:35    
C19:00 〜 20:35 
 
2017年1月22日(日) 会場:寄居中央公民館  
@13:00 〜 14:35  
A16:00 〜 17:35  
B19:00 〜 20:35
 
2月24日(金)会場:彩の国さいたま芸術劇場 (映像ホール)
@19:00 〜 20:35  
                                   
先行上映鑑賞券
前売1000円(当日1200円)
チケットのお求め 寄居町観光協会 深谷シネマ 八木橋プレイガイド 彩の国さいたま芸術劇場 大橋理容店
大黒屋商店 ブティックシャルル 静高園 
チョコレートボックス小島美惠子(090−3339−6051) 

ジロジロファームでも売ってますよ。
運良く場所を探し出せた方には、メイちゃんのスタンプ付き(蹄ともいう)ポスターをプレゼント中です。


ラベル:花の兄
posted by tomochan at 17:25| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 花の兄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介記事ありがとうございます!
某市役所の部長さんのおっぱい山の変遷のお話、ほんとうに面白かったですね。

うん、コメディ映画と思われたかもしれないにゃ。

メイちゃんの蹄スタンプ付きのポスター欲しいです。行く先々に美食あり。これも地産地消ですね。期間限定、ジロジロファーム屋外レストランも夢じゃないかも。
Posted by チョコ at 2016年10月14日 08:43
チョコ様
次回作はおっぱい山を巡るコメディ映画にしましょう。
おっぱい山に惹かれて登った老人たちが道迷いをしてしまう・・・
あれ?どこかにあったかな^^
Posted by tomochan at 2016年10月14日 17:54
「滝を見に行く」から「おっぱい山を見に行く」
ガイドはトムさん?
Posted by チョコ at 2016年10月14日 18:18
チョコ様
おっぱい山の谷間でも撮影しますので「おっぱい山バレー(valley)」
間違って観に来る人がいるかも^^
Posted by at 2016年10月15日 08:39
芸術の香り漂う冒頭から、男の憧れの象徴?である仙元山へと続き、にゃんとも愛嬌ある白猫で〆る構成がナイス^^
「目の色を変える」、いつかニャン辞苑で使わせて頂きたいと思います^^
Posted by 銀輪乗士 at 2016年10月15日 20:38
銀輪乗士様
ニャン辞苑を引かせいただきましたが「目の色を変える」はなかったので、勝手な解釈をしてしまいました。
「香箱座り」は次の記事で引用させていただきました。^^
Posted by tomochan at 2016年10月16日 18:10
いよいよですね。
楽しみです。おっぱい山と
プロモーションとかけて
閲覧数アップでしょうか。
Posted by hayazou2002 at 2016年10月16日 22:18
hayazou様
その節はお世話になりました。
新聞記者からどんなロケ地があるかと聞かれて監督は、しっかりおっぱい山のことをあげていました。^^
Posted by tomochan at 2016年10月17日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。