2015年11月09日

サイクルモード2015

土曜日は幕張メッセで行われていたサイクルモード2015に行ってきました。
サイクルモードは最新モデルのスポーツ自転車をはじめ、パーツ、ウェアの展示、さらには試乗もすることができる日本最大のスポーツ自転車ショーです。

海浜幕張駅前では歓迎のフラダンスでお出迎え。
001.jpg
ではなかったのかなあ?
別のイベントかもね。

サイクルモードに来たのは数年ぶり。
前回来た時は、駅を出たところからスタッフの誘導や、案内標識があったりして迷うところはなかったのですが、今回は案内等は全くなし。
それだけこのイベントも周知されてきたということでしょうか。

そこで、記憶を頼りに、というか周りの人の流れに従って、会場に向かいます。
途中で人の流れが二つに別れるところがあって、どちらか迷ったのですが、結局自分の記憶を信じて進むことに。

あれ?
002.jpg
鉄道技術展だって?

さっきまで自転車好きの人たちだと思って付いてきた人たちが、急に鉄道好きの人たちのように見えてきました。
003.jpg

掲示板を良く見ると、11日からとなっていたので一安心。
まあ、鉄道技術展でも、それはそれでおもしろそうなので良かったのですが。

前回のルートとまったく違いましたが、とりあえず入場できました。
004.jpg

まずは今回来た一番の目的のブースへ。

これ、これ。
005.jpg
買う前に実車を見てからと思っても、このようなバイクはなかなか店頭には置いてありませんからね。

お察しの通り、冗談です。

メーカーまで冗談を?
005-2.jpg
005-3.jpg
カンマ1個足りないけど、もし395万円ならばきっとこの会場の最高価格でしょう。
コンポやホイールは普通のグレードなので、フレームがきっとものすごい合金で出来ているのかも。

本当はこれが見たかったのです。

木製自転車
006.jpg

木材はマホガニーで噂では260万円くらいするらしいです。
007.jpg

荒川で拾い集めた流木で作れないかと思って。

次はマジにいきますね。

MASIのブース。
008.jpg
本当の目的は、このような悪路でも走れるロードバイクが見たかったのです。

この手のバイクは以前はシクロクロス用のバイクが一般的でしたが、最近はグラベルロードといってグラベル(砂利道などの未舗装路)も走れるバイクを各メーカーが出しているとのこと。

MASIはイタリアのブランドらしく色遣いが新鮮です。
009.jpg
いずれもフェンダー、キャリア用のダボ穴付き。

イタリアのブランドがランドナーだって?
010.jpg
濃いブルーのフレームに赤いフェンダーがかっこいい。

MASI、良いですね。
値段もカーボンバイクに比べれば手頃。
もちろんイタリア国内で製造されたものではないでしょうが、今はごく普通のことなので、その辺はあまり気にしません。
いつ乗るか、とかは別にして、マジで欲しくなりました。


軽自動車のキャンピングカー兼トランスポーター
011.jpg
こういうのも良いですね。


また、感心したのはこちら。
東京サイクルデザイン専門学校という学校のブースで、そこの学生さんが制作した自転車が展示されてました。
テーマは「働く自転車、ワーキングバイク」

ファウンテンバイク
012.jpg
013.jpg
素晴らしいアイデアですが、おそらく現地の人でこれを買うことが出来るのは限られた人だけでしょうね。
誰でも簡単に手に入れられるようになれば言うことなしです。

シューシャインバイク
015.jpg
014.jpg
これなんかジロジロファームでも使えそう。
収穫した野菜の泥を落としたり、磨いたり。

ライド&シーク(Ride And Seek)バイク?
017.jpg
016.jpg
つまり、ジロジロバイクってこと?
これは良いねえ、これも欲しい。

他にもこのブースには何台かの自転車が展示されていましたが、いずれも溶接の跡などのできばえが見事で、学生さんが作り上げたとは思えない自転車ばかり。
自分の若いときにこういう学校があったら、進路のひとつに考えたかも。

他にサーリーなども見たかったのですが、出展してませんでした。
やはり、事前に調べておくべきでした。
そんなこんなで、2時間ほどの見学で会場を後にしました。

帰宅後にダイコンとレタスを収穫。
CIMG3086.jpg
マイワーキングバイクのファーマーズバイクです。


posted by tomochan at 18:25| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フレーム価格が395万円ですと?! 拙の小遣いと一緒じゃあないですか(10年分の^^)。
それ位、ポンと出せるAGEが乗る自転車というコンセプトなのかしら。

最後の写真自転車、どこぞのワインのラベルのようにファーマーの誇りを表現しているみたいで良いかも^^
Posted by 銀輪乗士 at 2015年11月09日 20:45
うーむ、フレーム価格で映画がつくれそう。

またもやまじめに読んでいたのに、流木で、のくだりでコーヒーを噴いてしまいました。ファウンティン記事。

ライド&シーク、かっこいい。

負けないくらいファーマーズバイクもかっこいい。箱入り娘のメイちゃん、リヤカー引いてくれないかなぁ。山羊さんバイクね。◎^@^◎
Posted by チョコ at 2015年11月09日 20:58
銀輪乗士さま
間違って395万円をポンと払ってしまうAGEを対象にした商品かもしれませんね。^^

チリワインのコノスルですね。
ウチの菜園のあたりは、おそらくブドウ栽培にも適した土質だと思うので、いつかはワイン用のブドウを栽培して、ワインの醸造をしてもうのが夢なのです。
その時のラベルはファーマーズバイクに決定。^^
Posted by tomochan at 2015年11月10日 09:01
チョコさま
流木自転車が完成したら寄付しますから、売って資金にして下さい。^^

ファーマーズバイク、整備してクロちゃんの代わりに使ってもらおうかな?
Posted by tomochan at 2015年11月10日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。