2015年10月16日

愚劣登トラバース その3

ここから読んだ方は「愚劣登トラバース」といっても、何のことやらさっぱりわからないと思います。
要は、グレートトラバースをもじった単なる暇つぶしの記録です。

さて、いよいよ最後の山、仙元山に登ります。
仙元山というくらいだから、仙元名水から登るのだろうと、特に深く考えもせず、仙元名水にやって来ました。
000.jpg

すぐに小さな案内板を発見。
002.jpg
やはりここで間違いないようでした。
仙元山は別名おっぱい山。
よく考えたら、仙元名水はおっぱい山の山懐から湧き出しているんですね。

仙元山に登るのは初めてですが、この山は先ほどの広葉樹林の明るい雰囲気の車山と打って変わって、うっそうとした針葉樹の森でした。
訪れる人もそれほど多くはないでしょうが、しっかりとした踏み後が付いていたので、地図がなくてもなんとかなりそうです。

それに時々現れるこの案内板が何とも言えぬ安心感をもたらしてくれるのです。
004.jpg
003.jpg
005.jpg

登り初めて10分くらいだったでしょうか、早くも頂上らしきピークが見えてきて、意外に小ぶりなのねと思ったのも束の間、そこは頂上ではなくて、頂上はまだ先の方であるのを知ったのでした。
前剣とか、ニセ巻機とか山に良くあるパターンですね。

針葉樹の中の最後の急登
006.jpg
滑りやすいところには真新しいロープが張られていて、降りるときには助かりました。

頂上に到着
007.jpg
たった15分の登りでしたが、運動不足の身には結構ハード。

頂上からの展望はほとんどなく、唯一開けていたのが、東の方角。
008.jpg
眼下に見えるのは山居の集落。

頂上のボッチ
009.jpg

おっぱい山はB99ではなくてNo.99
010.jpg
寄居町の基準点の番号です。

さて、登頂を果たした後、時刻は3時を過ぎていたので急いで帰ることにします。
もと来た道を辿って、仙元名水に着いたのが、3時20分。
暗くなるまでに、まだ少し時間があるので、帰りがけに三品の白髭神社に行ってみました。
畠山重忠にまつわる伝説の石があると聞いたからです。

白髭神社
011.jpg

これがその伝説の石?
012.jpg
情報不足でどれがひずめ石かわかりませんでしたが、なかなかどうして、どの石も立派なもの。
石というか、岩。
民俗学などで磐座(いわくら)といわれる地形ですね。
以前記事にもした、山向こうの五の坪の稚児岩と同じくらいの規模でしょうか。
014.jpg
昔の人は、こういう地形に神聖なものを感じて、崇めたのでしょう。
実際、そういうものを目の当たりにすると何となくわかる気がします。
今のことばで言えば、パワースポット。

ところで右の大きな岩、ひずめ石かもしれませんが、猿かゴリラの横顔のように見えるのですが。
013.jpg

いずれにしても、寄居にこんな立派な磐座があるとは、ちょっとした驚きでした。

帰り道、自転車で走っていると、田んぼの向こうに、またおっぱい山があるのを発見。
016.jpg
地元でも誰もこの山のことをおっぱい山なんていう人はいませんが、私が子供の頃は、丸いとてもきれいな形をした山だったのです。

当時は丸山と呼ばれて、遠足などで登ったものでしたが、今は登りたくても勝手に入れないのです。
017.jpg
「山の神採種園」
禁断のおっぱい山は山の神の生産拠点だった。
違いますね。

ともあれ、今回の愚劣登トラバース。
3時間しか時間がとれませんでしたが、おっぱい山の初登山をはじめ、車山、愛宕山と折原、鉢形の名山?を三つも登れて満足でした。
ちょっと残念なのは、三品の石尊山に登れなかったこと。
この山は、幸田露伴の「知々夫紀行」にも出てくる山で、いつかは訪れたいと思っていたのに、仙元山の近くにあるのをすっかり忘れていました。

愚劣登トラバース、またあるとしたら、今度は各地のおっぱい山を辿るというのはどうでしょう。
とりあえず、今回の仙元山から県南の方ではおっぱい山と呼ばれている小川の笠山を結ぶルーとかな。


posted by tomochan at 20:17| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むむむ、おっぱい山から湧く名水。

その水を飲むと美肌、美に〇うになり、ピロリ菌も退治してくれるのではないのでしょうか。

これぞまさに猿岩石ですね。
口をあけているように見えます。
Posted by チョコ at 2015年10月17日 10:27
チョコさま
「おっぱい名水」売り出して資金にしましょうか。
今のうちに商標登録しておかなくちゃ。^^
Posted by tomochan at 2015年10月17日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。