2015年10月02日

荒川で秘密の撮影会

当ブログの写真はというと、だいたいが野山に咲く花や、遠くの山、はたまた最近では送電線の鉄塔であったりと、どうも地味な被写体ばかりです。

今回も近所で咲いていたツリフネソウの写真から。
CIMG2015.jpg

先ほど見た葉原峠の夕日
CIMG2394.jpg
写真を撮っていたら件のキツネがジロジロファームの方に走っていきました。
物置をねぐらにしているのでしょうか。


こんな写真ばかりではなく、たまには違った趣向の写真でも撮りたいものだと思っていたところ、先日、良いモデルさんと出会うことができたので、荒川の河原で秘密の撮影会と洒落込んでみたのでした。

そこは、周囲を夏草で覆われた、ほとんど人が訪れない、まるでプライベートビーチのようなところ。
河原だからプライベートリバーかな?
とにかく、雨上がりのその日も河原にある足跡は、自分のものと動物のものだけ。
CIMG1773.jpg
ここなら他人の目を気にせず、思いっきり撮れるというものです。

この日のモデルはしなやかな体が魅力のマリリンちゃん。
m001.jpg

マリリンちゃんは、この、まるで渋谷のスクランブル交差点のような雑踏の中から発掘したのです。
CIMG1992.jpg
おそらく秩父あたりで生まれて後、何の理由か、ある日突然、奔流に身をまかせ、流れに翻弄され、浮き沈みを繰り返しながら、寄居にまで流れ着き、この雑踏に紛れ込んでいたのでしょう。
何も言わないけど、人に言えない苦労をしてきているのですよ、きっと。
それにしても、結構、スカウトの腕が良いというか、目が良いというか、このカオスのようなところから良く見つかったなあと自分でも感心します。

それでは、まず岸辺で横たわってもらいましょう。
m002.jpg

いいよ、いいよ。

今度は雌豹のポーズね。
m003.jpg

よし、決まったー。
m004.jpg

これ以上やるとGORO(懐かしい!)の篠山紀信になってしまいそうなので、激写風はこの辺にして、ちょっと違った方向の写真を撮ることに。

「成蹊」
a003.jpg
(桃李ではないようですが)

「原始心母」
a002.jpg
(なんのこっちゃ)

「縄文のこころ」
a004.jpg
(土偶っぽい)

「平穏」
a001.jpg
実にいい加減なタイトルばっかりです。^^

ここまでは、新しいモデルさんでしたが、せっかくの機会なので、もう何年も我が家でポーズをとってくれている別のモデルさんにも登場願ったのでした。
m005.jpg
このモデルさんの同じ場所でスカウトしたので、きっと秩父の方で生まれたのでしょう。
ちなみに、お立ち台も荒川で見つけた木片ですが、柿渋を塗ってみたら結構立派に見えるようになりました。

ボーリングをしている女の人に見えるので、ミカンのボールを持たせてみました。
m006.jpg
お笑い芸人でひざが伸びきった「ひざ伸」さんがいましたが、このモデルさんも「ひざ伸」さんですね。

ところが、このひざ伸さん、意外と芸達者でこんなこともできるのです。

「壁ドン」
kabe.jpg
その後、マリリンの回し蹴りが炸裂?

下らない、実に下らない!
そんな声が聞こえてきます。

では社会派の作品を。
「Help!」
help.jpg

マリリンと一緒に
「自由への脱出」
free.jpg

最後です。

「崩れ落ちる兵士」
CIMG2319-2.jpg
どこかで聞いたことのあるタイトルと見覚えのある構図。

さっきまで幸せそうにボーリングをしていたと思ったら、裏面は大変なことに。
幸と不幸は表裏一体ということですかね。

禍福は糾える縄の如し

久しぶりに良く締められました。
ではまた。
posted by tomochan at 18:52| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ジロジロ物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「下らない、実に下らない!」

こんなもの

大好きです。
Posted by 慎サク父 at 2015年10月02日 22:41
実に面白いです。それにしても、川には良いものが随分流れ着くんですね。それをこうして楽しむという余裕が竹林の七賢を思わせます。
新人も良いですが、「縄文の心」、「崩れ落ちる兵士」が秀逸ですね。
Posted by はる at 2015年10月03日 10:08
いや〜すみません、たくさんの芸術作品を前に、
爆笑の嵐になってしまいました。

GiroGiroさんにこんな才があるとは!

マリリンちゃんの色っぽさに、
キャパさながらの崩れ落ちる兵士。

自由への脱出は向こうに太陽パネルがあって、
脱原発ともとれます。

いいものをたくさん見させていただきました。
Posted by チョコ at 2015年10月03日 12:17
慎サク父様
下らないのがお好きで良かったです。
もっとも何か有益な情報を得るべくして、このブログを訪れる人もいないでしょうが。^^

Posted by tomochan at 2015年10月03日 13:10
はる様
竹林の七賢とは褒めすぎです。
豚が木に登っているような流木探さなくては。^^
増水が引いた後の河原の流木や石ころ拾いは楽しいですよ。一度いかがですか。
Posted by tomochan at 2015年10月03日 13:19
チョコさま
才能ってギャグの才能ってことですか?
太陽光パネルは、、脱原発に転換したドイツにみたてて、困難の中そこを目指す人たちを表現したのです。
というのは、こじつけで撮影地にたまたまあっただけなのです。^^

モデルを使うときは言って下さい。有料ですが派遣しますよ。
Posted by tomochan at 2015年10月03日 13:28
まさに芸術の秋^^
枯れ木に命を吹き込む芸術家としてデビューなさったのですね。
個展を開かれるなら見に行きたいものです^^
Posted by 銀輪乗士 at 2015年10月05日 06:07
銀輪乗士様
枯れ木が枯れ木に命を吹き込むのです。^^

もうお忘れかもしれませんが、銀輪さんにいただいた「P」の木が、もういくつか集まったら、個展でも開こうかな。^^
Posted by tomochan at 2015年10月05日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427119059

この記事へのトラックバック