2015年05月18日

寄居でロケハン(後編)

寄居でのロケーションハンティングの途中、思いがけずにお祭り会場でB級グルメに遭遇。
急遽、ロケハンからロケ飯に路線を変更した一行であったが、しばしの休憩の後、ロケハンに戻ることになった。

寄居の商店街や路地裏を見てみたいということなので市街地の方に歩いていってみた。

途中、旧秩父往還の商店街を北條祭の武者行列が練り歩くのが見えた
008.jpg

路地裏を巡って古風な建物などを見て歩く
009.jpg

武者行列が通り過ぎた後の旧秩父往還は人っ子ひとりいなくて
IMGP2923.jpg

ロケハン隊の独り占め状態
010.jpg

そしてまた、路地に入る。

珍しい錠前を見つけて観察中
011.jpg

イメージが膨らんできたのかな?
012.jpg


以前は病院だった建物
013.jpg
ある趣向の映画にはぴったりかも

また、路地に入ってみる
IMGP2940.jpg

014.jpg
なかなか興味深い路地であった。

鉢形城歴史館に戻るため正喜橋を渡っていると、玉淀川原の方から大きな音がしたので、目をやると白煙が上がっていた。
どうやら大砲による砲撃戦が始まったようだ。
時々大砲の弾のかけら?が降ってくるなかを進む。
015.jpg

歴史館近くの深沢川にかかる橋を渡る
016.jpg
「トリック」のなかで阿部寛と仲間由紀恵も渡った橋では?
歴史館近くの立派な門の家を見学してから「かやの湯」へ向かう。

「かやの湯」は見たい場所のリストに民宿があったので案内した。
017.jpg

「かやの湯」からは玉淀ダムに移動
018.jpg

ミステリアスな雰囲気の映画のようなので神秘的なところと思って案内した。
しかし、前日の雨で水が濁っていたのと、午後の光線のせいか、神秘的とは言えなかったのが残念だった。

でも、これはちょっとミステリアス?
019.jpg

駅はリストにはなかったが波久礼駅が近いので案内してみた。
020.jpg
駅前に緑の公衆電話があるところなんて今時珍しいのでは。

運良くSLが通過する時間だったので見学することにした。

SLに向かって手を振ることを条件に構内に入れてもらった一行は、駅員さんにいわれたとおり盛んに手を振るのであった。
021.jpg


さて、探している場所のリストにあった崖を探さなくてはならない。
「なるべく人家等が写らない崖」との要望を満たすようなロケーションを寄居あたりで見つけるのは不可能ではないかと思うのであるが、とりあえず波久礼駅の近くなので金尾のツツジ山(要害山)に行ってみることにした。

思いっきり人家が写ってるではないか
022.jpg
崖ではないが、一部切り立ったように見える場所があったのに残念。

こうなったら山に上るしかないと思い、風布から釜伏に向かうことにした。

途中、風布の姥宮神社に寄ってみた。
023.jpg
前の道は良く通るが、境内に入るのは初めて。
薄暗い神社の裏手には自然の岩が組み合わさってできた胎内くぐりなどあって、なかなか神秘的なところだった。

大人が何人かで手をつないでやっと囲めるような太さのご神木を一匹の蛇がまっすぐ上に登って行ったのを目撃した。
IMGP3039-2jpg.jpg
写真には写ってないのでご安心を
しかし、蛇がまっすぐに木登りするところなんて初めて見たので驚いた。

荻根山のパワースポットを熱心に見学する一行
024.jpg
荻根山が宇宙遺産に選定されていたとは知らなかった。
ところで、ここは江南の宇宙遺産群と何かのつながりがあるのではと思うのは私だけだろうか?

釜伏山には眺めがいい崖があって、そこならば写し方によっては人工物は映らないかもしれないのだが、学生さんたちが撮影機材を持って行くのは難しいかと思って案内するのはやめた。
代わりに車で手軽に行けるところを考えているうちに、登谷山の山頂付近まで来てしまった。

強風で巻き上げられた埃か黄砂かわからないが、とにかく遠くが霞んで、人家があるのかないのか、それさえわからない始末。
025.jpg

この辺で下に下りることにしよう。

その前にマムシ草をチェック
026.jpg

遊歩道というリクエストもあったので帰り道に中間平の緑地公園を案内
027.jpg
ここから見る南側の眺めは送電線以外は人工物が見えないのでなかなか良かった。

夕暮れ近くなったので、ここを最後にこの日のロケーションハンティングは終了。
男衾の国道254号まで道案内し、そこで手を振って別れた。

立派な態度の学生さんたちだったので、良い映画ができることを願いつつ家路についた。


posted by tomochan at 16:35| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 勝手に観光協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロケハン、お疲れさま。

自然景観だけじゃなくて、古い建物や路地も面白いですね。
東京は立て壊しのサイクルが早いから、きっと新鮮に映ったことでしょうね。

みーみー蝉の検査結果、胃潰瘍だったよう。きっと唐辛子山ほどぶっかけ生活が祟ったんだね。でも、治りかけているとのことですので、ご安心を。(^-^)
Posted by チョコ at 2015年05月19日 06:47
こうみると
寄居は素敵な街ですね。
Posted by hayazou2002 at 2015年05月19日 06:50
チョコさま
東京でも1軒だけ古い家がポツンとあるというの風景は見られるかもしれませんが、軒並みというのはないのでしょうね。

胃潰瘍というのは主に精神的なストレスが原因なのに変だなと思っていましたが、やはり唐辛子が原因でしたか。
これで納得しました。
ホントかよ。^^
Posted by tomochan at 2015年05月19日 09:30
hayazouさま
寄居に限らずこのあたりの街はどこもおもしろいですね。
普段生活していると気づかないのでしょうが、よそから来ると新鮮に見えるのでしょうね。
Posted by tomochan at 2015年05月19日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。