2015年05月04日

お使いポタ

連休初日の土曜日、久しぶりの休みなので何をしようか数日前から楽しみに考えていたのですが、前日になり家人から薬が終わってしまったので掛かり付けの医者のところでもらってきてくれるよう頼まれてしまいました。
仕方がないので、寄居町の市街地にあるクリニックまでポタを兼ねて自転車で行くことにしました。

国道を行ってもおもしろくないので裏道をたどって行くことにします。
河原に降りる階段を自転車を抱えて下ったところは、荒川と登谷山と東武東上線がセットで望めるお気に入りの場所。
001.jpg
こうなると、もはや裏道とは言えないかもしれませんね。

運良く電車が通りかかりました。
002.jpg

このあたりは単線なので近くの鉢形駅で交換してすぐに次の電車がやって来ました。
003.jpg
ラッキー、今度は記念列車です。
開業100周年記念列車が今年もまだ走っているのですよ。
今年は101年記念。^^

去年の秋はここでツートンカラーの車両も見ました。
撮ったままお蔵入りになっていたのですが、良い機会なのでアップしておきます。
004.jpg
ちなみに、この列車もまだ走ってます。

さて、この後荒川沿いを正喜橋へと向かったのは良いのですが、途中で崖に行く手を阻まれてストップ。
久しぶりなので道がつながってないことを忘れてしまいました。
仕様がないので急坂を登り上の道路に復帰。

その後正喜橋を渡り市街地へ。

正喜橋を渡ったところにある雀宮公園へ。
入り口の看板には七代目松本幸四郎別邸跡地とあります。
秋には見事な紅葉が見られる場所ですが、今の時期も若葉と荒川の清流がすがすがしくて、なかなかのものです。
005-1.jpg

季節はずれですが、電車と同じ、出番を失っていた秋の写真をアップしておきます。
5-2.jpg

さて、この後はこれまた久しぶりの路地裏巡り。
panelimg2.jpg
一応公道だと思うのですが、近隣に配慮して自転車は押して歩きます。


以前は歩く度にコトコトと蓋が音を奏でるメロディロードだったのですが、側溝が新しくなっていました。
005.jpg
それでもまだ音は少ししますので、音を立てないよう静かに歩きます。

どなたも住んでないようでしたが、趣のある家がありました。
どのような方かわかりませんが、きっと風流な方だったのでしょう。
006.jpg

名前は忘れましたが、トイレの後に手を洗う水を入れるタンクのようなものが軒先につるしてありました。
007.jpg
このまま朽ち果てさせてしまうのはもったいないと思える建物でした。

古い建物の壁に残る看板の跡
008.jpg
「寄居服飾専修学校」と読めるようです。
かつてはここにうら若き乙女らが通っていたのでしょうね。

「ライオンは寝ていた」
009.jpg

と思っていると、目を開いてキッと睨まれてしまった。
009-2.jpg
こういうところを歩かせてもらうときには、住民への挨拶は欠かせませんね。

山笑う
010.jpg
実際には山の笑いはこの時期ほとんど収まったかもしれませんが

マンホールも笑う
011.jpg
一応対と言うことで。

マンホールのある路地を抜けたところが和菓子の上野屋さんだったので、柏餅を買って帰ることに。
012.jpg

本当に帰ってしまうところでしたが、薬のことを思い出して急いでクリニックへ。

途中、買い物中のバラ族仲間にあった。
バラ族といっても薔薇族のことではなく、西ノ入のバラ園に集まる仲間です。しかも女子。
今年も5月末の週末にオープンガーデンを開催するのだそうだ。

その後、今度は踏切の近くの公園で旧知のサクラ族に会いました。
その人は寄居町のあちこちにサクラを植えまくっている会の会長なのでサクラ族なのです。
公園でサクラを植える場所を探していたのだとか。
お休みのところご苦労様です。

最後のクリニックでまた知り合いに会いました。
その方は数年前まで近所に住んでいて、同じソフトボールのチームに入っていた人です。
昔はかなりのやんちゃだったように見受けられます。
もしかしたら、若い頃あの族に入っていたかもしれません。

2時間ちょっとのポタでしたが、いろいろな場所や人に会えて良い時間が過ごせました。


posted by tomochan at 14:11| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
橋と電車、いい写真ですね〜

わたしも町内をママチャリで散策していますが、GiroGiro日記の影響か、目の付け所が似てきました。

昨日はとある場所であの花の群生を見つけ、コーフンしてガラケーで写真を撮ろうかと思いましたが、それを目撃されてあるじにつけ狙われるのではないかと妄想が広がりました。

ちょうど昨日、秩父鉄道沿線を自転車で走ったこともあり、寄居は山と川にくわえて鉄道の町、と思ったところでしたよ〜(^o^)

Posted by チョコ at 2015年05月05日 10:09
チョコさま
鉄橋が見える場所は餅つきをした場所から50m位の所ですよ。遊歩道みたいになってますので一度行ってみてはいかがですか。

ジロジロのお仲間が一人増えたようでうれしいです。でも妄想の件は当方の影響ではないと思いますよ。^^


Posted by tomochan at 2015年05月05日 19:45
良い裏道ですね。素晴らしい。
そしてまた次々に面白いもの綺麗なものが出て来るではないですか。寄居ってこんな良いところだったの?という気になってしまいます。もっとも、寄居の町域の外れに住んでいる私には関わりのないことなんですけど。
Posted by ぱるる at 2015年05月05日 22:01
ぱるる様
私も町の中心部に住んでいるわけではないので写真のような路地は、こんなときでもないと通ったりしません。だから余計新鮮に見えてくるのでしょうね。
一度出向いてみてはいかがですか。ご案内しますよ。でもすぐに終わってしまいますが。
Posted by tomochan at 2015年05月06日 08:49
寄居の辺り、まだまだ趣のある路地や建物、水辺の風景があったりで飽きませんね。

五月末、tomochanさんも、また薔薇族になるのでせうか?
Posted by 銀輪乗士 at 2015年05月06日 20:48
銀輪乗士さま
薔薇族ではなくて、バラ族って呼んでちょうだい。^^
Posted by tomochan at 2015年05月07日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。