2015年01月04日

やせ我慢ポタ

2日の午後、昼食の後片付けを済ませてから2日続けてのポタに出かけてみました。

料理や洗濯の家事をすることに負担を感じているのは確かなのですが、それを相方に悟られないようにしようとの思いやりからなのか、それとも、「私はその家事を何十年も続けているよ。私の大変さがわかった?」と思われるのが嫌だったのか良くわかりませんが、とにかく、さも簡単そうにささっと家事を終わらせ、余裕があるところを見せつけるかのように家から出たのでした。

近所の畑のロウバイが満開
001.jpg

よく見るとそこにはミツバチが
002.jpg
「正月早々よく働くねえ。女王蜂のためかい?お互いがんばろうな」
思わず声をかけたくなってしまいました。

000jpg.jpg

今日は遠くの山がよく見えるから、昨シーズンあたりから挑んでいる山をバックにした八高線の写真を撮りに行くことにしました。

これは去年撮った写真
005.jpg

昨年末に撮った一枚
004.jpg

いずれも待ちかまえて撮ったわけではなく、たまたま通りかかったところをパチリとしただけ。
ですから、鉄道ファンならばすぐにわかるのでしょうが、どちらも後ろ姿。
私は鉄道ファンではないので、走り去る列車の写真がどういう評価なのか良くわかりませんが、できれば正面から撮りたいところ。しかも、草などの余計なものが写りこまないように。
そこで今回はあらかじめ撮影ポイントを決めて待ちかまえて撮ろうという作戦にしたのです。(普通みんなそうだと思います)

撮影ポイントを探して線路沿いをポタポタ
003.jpg

田舎には遮断機がない踏切もまだあるので要注意です。
006.jpg
踏切に近づくとセンサーが働いて機械から声が出るので初めはびっくりしました。

雪化粧をした赤城の黒檜山をバックに1枚撮ることにしました。
007.jpg

時刻表も持参で来たので余裕で撮れると思いましたが、動くものを撮るのはやはり難しいです。
008.jpg
そして、上の写真もやはり後ろ姿です。
線路の敷地内ではないのはもちろんなのですが、正面から撮ると運転手さんが危険を感じてしまうのではないかと思って遠慮したのです。

次の列車は日光の男体山をバックで
009.jpg

反対側は寄居の山
010.jpg

ポイントを決め、構図も確認して、ちょっと離れたところで次の列車を待っていると近所にお住まいと思われる方が通りかかり、話しかけてこられました。
八高線などの話に夢中になっていると、近くの踏切の警報機が鳴り出しました。

あわてて駆けつけたのですが、間に合わなかったー
011.jpg

またしても後ろ姿を列車をパチリ
012.jpg

鉄道写真は難しいのだ。

次の列車までは1時間くらいあるので、鉄道写真はこれでおしまい。
どこかで正月らしい題材でも探そうかと、玉淀大橋を渡っていると、橋の下にしゃもじみたいな形の島があるのを発見
014.jpg
「そうだ、帰って夕飯作らなくちゃ」
急に現実に帰って、この日はご飯を炊きキムチ鍋を作ったのでした。



posted by tomochan at 17:41| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鉄道写真難しいですが
綺麗に撮れていると思います。
今の時期、山々が雪景色なので
絵になると思います。
Posted by hayazou2002 at 2015年01月04日 20:24
ハッハッハ(^-^)楽しい楽しい記事でした。
しゃもじ島とそしてオチが最高。
奥様のセリフといい、女王蜂へのたとえといい、喜劇の才能を感じました。
山を背景にしたいい鉄道写真のポイントがありますね。ロウバイとミツバチには春の気配が。
Posted by チョコレートボックス at 2015年01月05日 08:40
hayazouさん
お褒めいただきありがとうございます。
鉄道写真にはきっと撮り方のセオリーのようなものがあるのだとおもいますが、私は知らないので全くの自己流です。
谷川岳をバックに八高線が撮れる場所があるのですが、このときは雲で見えなくて残念でした。
Posted by tomochan at 2015年01月05日 16:21
チョコレートボックスさん
しゃもじ島を見て、にわか鉄ちゃんからにわか主夫に変身なのでした。^^
Posted by tomochan at 2015年01月05日 16:42
雪山をバックの八高線。いいですね。線路の近くにいると列車って結構速くて撮るの難しいです。
Posted by Yomotan at 2015年01月06日 20:01
Yomotanさん
八高線も寄居以北に行くと雪山をバックにした写真が撮れますね。
動く被写体に追随するフォーカス方法もあるのですが、この時は昔の古い望遠レンズだったのでそれが使えずマニュアルフォーカスだったので更に難しかったのです。
いずれにしても八高線は良い被写体です。^^
Posted by tomochan at 2015年01月07日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。