2014年05月12日

風布花山のヤシオツツジ

もう1ヶ月前のことなのですが、忘れないうちに書いておくことにします。
その日は土曜日で、翌日のイベントのために運動公園でグランド整備の要員に駆り出されて、終わったのが三時くらい。
帰って仕事をしようかとも思ったのですが、近くに秋山から釜伏に続く秩父往還の山道りが残っているという書物を読んだところだったので探しに行くことにしました。
明治時代に作られた地図と現在の地形図とを重ね合わせて、およその場所はつかんでいたので、それらしいところはすぐに見つかりました。
本に書かれているとおり、古い石仏もあり、道路状の土地の両脇には石積みもあります。
ここに間違いないと思い、舗装道路から山道に入り歩いて行くと、何と百メートルも行かないうちに行く手に砂防ダムが。
当然道も消えてしまっているので、いったん舗装道路に出て車でこの区間を巻いて、再び山道に入り直そうと考えもう少し上ってみたのですが、今度はどこもヤブばかりで山道の入り口が見つかりません。いつの間にかだいぶかけはなれた高いところまで来てしまったようなので、あきらめてそのまま釜伏方面に上ってみることにしました。

釜伏山にあると言われていますが、私はまだ釜伏では見たことのない風鈴ツツジ(シロヤシオ/ゴヨウツツジ)の時期ではないかと思い出したからです。
昨年も見に来て空振りしたところです。
その時の記事
ただし、今年はきちんと情報を仕入れてきているので、もうヤブこぎはしないで済みそうです。ただし、開花時期に関する情報は得られなかったので咲いているかどうかはわかりませんが。
 
ここからやっと本文になります。

釜伏峠の駐車場に車をおいて、まずは釜山神社の参道から釜山神社の脇を抜けて釜伏山を目指します。
002.jpg
ちなみに釜伏にあるのになぜ釜山神社というのかというと、この神社がもう少し下の関所のあった場所の近くからこちらの方に移転してきた際、戦時中だったので伏せという字は降伏につながるので縁起が良くないということで変えられたとのことです。(本で読んだうろ覚えの知識なので間違っているかもしれません)

釜伏山は全山蛇紋岩でできているとの案内板のとおり、登山道にも蛇紋岩がゴロゴロ。
003.jpg
といっても歩きにくいというほででもなく、変化があってかえって楽しい。

釜伏山山頂
004.jpg

山頂には下界から運び上げられたものと思われる石が置かれているのでした。
panelimg.jpg
これは山頂の標高を少しでも高くしようという運動ではなく、きっと何かの願掛けなのでしょうね。

山頂の展望は木に遮られてあまり良くありませんが、もう少し北に進むと展望の開ける場所が現れます。
赤城山や谷川連峰などがよく見えます。
005.jpg

本庄の板東大橋
006.jpg
新しいデジカメは望遠だけは結構使えます。

このあたりからミツバツツジが現れ始めます。
007.jpg
ミツバツツジよりもヤシオツツジの方が少し開花時期が早いのではないかと思うので、これは期待が持てます。
 去年ヤブこぎをした果てに到達した地点を通り越し、更に下って行くと、前方にピンク色の花が見えてきました。
008.jpg

アカヤシオでした。
009.jpg

010.jpg

城峰山とアカヤシオ
011.jpg

手前がミツバツツジで奥がアカヤシオ
012.jpg

「埼玉県指定天然記念物ゴヨウツツジ自生地」と刻まれた石碑があるピークに到着
P1010238.jpg
隣には「釜伏名所花山」と刻まれた大正13年に白鳥村青年団風布支部の有志によって建てられた石碑があったことから、ここが花山であることがわかりました。
それにしてもこの石碑、今は無残にも一部割られ、しかも倒されたままになっているのですが、何とか元通りにできないものでしょうか。

014.jpg

眼下に日本水(ヤマトミズ)の汲み場直下のあの忌まわしい激坂が見えます。
015.jpg

自転車で上るときは憎々しいあの坂もこうして見るとなかなかのもの。
016.jpg

017.jpg
けっこう険しい岩場なので同じようなアングルでしか撮れません。

ところでゴヨウツツジ自生地であるはずなのに、肝心のゴヨウツツジ(地元では風鈴ツツジ)が見あたりません。平成22年の埼玉県の調査では一本だけですが確認できたとのこと。その後枯れてしまったのか、開花時期が違うのかわかりませんが、残念です。

五時近くなったので、とりあえずこの日は帰ることにしましたが、結構夢中で下って来てしまったので、登り返しは運動不足の身には応えました。

一週間後
P1010320.jpg
この記事には関係ないのですが、ダイヤモンド御荷鉾だったので。


そして二週間後の4月19日。
もしかして風鈴ツツジが咲いているのではとのかすかな希望を抱いて、今度は風布側から花山に登ってみました。

登山口は、風布から釜伏に自転車で登る場合、私なんか必ず引き返したくなる急道の途中です。
P1010517.jpg
この日も夕方近かったので、自転車で上る人が見られなくて残念でした。

山はもうアカヤシオも散り
P1010541.jpg

ミツバツツジも散って
020.jpg

ヤマツツジの時期になりかけていたのでした。
019.jpg



結局、この日もやはり風鈴ツツジを見ることはできませんでした。

それでも、今年はかわいらしいアカヤシオの花を見られたので大満足でした。
アカヤシオといえば、両神や西上州まで行かなければ見られない思っていたのに、町内の身近なところで見られたのですから。

10年前に西上州烏帽子岳で撮ったアカヤシオ
IMG_0225.jpg
背景の山のスケールこそ違いますが、風布のアカヤシオだって花そのものは遜色ありません。

風布のアカヤシオも風鈴ツツジのようにならないようにみんなで守っていきたいものです。


posted by tomochan at 18:07| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋山から釜布への秩父往還の山通り道ですって?!!
今度、連れて行ってください。
Posted by 銀輪乗士 at 2014年05月12日 20:14
銀輪乗士さん
泥ーディの銀輪さんなら自転車で走れるかもしれませんね。^^
いずれにしても山の葉っぱが落ちてからですね。
Posted by tomochan at 2014年05月13日 18:40
アカヤシオというのも綺麗ですね。この前、釜伏峠に登ったときは、ツツジの満開を迎えていましたが、こういうツツジには気がつきませんでした。自生種が生き延びるは難しいのでしょうか。
Posted by ぱるる at 2014年05月18日 23:10
ぱるるさん
岩場でしか育たないツツジのようですから、峠付近にはないのでしょう。
塞神峠への道の方から登れば20分程度で着きますよ。来年行かれてみてはいかがですか。
Posted by tomochan at 2014年05月20日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。