2013年06月13日

山居・栃谷地区をジロジロ

稚児岩をジロジロした後は、せっかくなので五の坪の隣の地区にあたる山居(さんきょ)地区に行ってみました。
隣の地区といっても、この辺りの集落は人間の手でいえば、ちょうど広げた手の指にあたるので、隣の集落に行くには一度手のひらのところまで戻らないとなりません。

五の坪を親指としたら中指に当たる道を進むことにします。

おっぱい山が見えてきました。
RIMG9881.jpgRIMG9885.jpg
月見草ではなくてオオキンケイギクのようでした。

おや、こんなところに革靴がそろえて置いてあるぞ。
RIMG9886.jpg
太宰の後を追った人がいるのか。
いくら何でもU字溝では無理ですね。
そういえば、間もなく桜桃忌だなあ。
奇しくも今日が入水した日だというし。

一度来たことがあるのだが、どこに続く道なのか忘れてしまったので行ってみた。
RIMG9887.jpg
20%はあろうかという激坂の最後は個人のお宅でした。
どこかへ抜ける道があったと思ったのですが、すっかり勘違いしてました。
(写真は激坂に耐えかねて足をついて下を見たところです)

『愛する会ソバ畑』ですって。
でも今は麦畑。
RIMG9891.jpg
何を愛する会かわかりませんが、ソバ打ちの愛好会でもあるのでしょうか。

Y字路に来ました。
RIMG9896.jpg

擁壁の上に道標がありました。
panelimg1.jpg
左大内沢居用経て坂本方面
(右)大内沢井戸方面ニ至ル
とあるので、とりあえず右の道をたどることに。

牛石があった。
panelimg2.jpg
運動公園のところにもあるので、折原には牛石が二つあるのですね。
天満社というのは牛石の奥にあった小さな社のことなのでしょうが、階段を登った先なのでパス。

牛石の反対側には明善寺というお寺があり、入り口には蓮池がありました。
RIMG9901.jpg


先ほどの「愛する会」というのはこちらのグループのことなのでしょうか。
RIMG9897.jpg
長い名前なので略したわけですね。
無難な略称ですな。^^

お寺の辺りが最後の人家で、しばらくすると山道になります。
そして、とうとう倒木により通行止め。
RIMG9902.jpg
ここから先は、MTBかハイキングの世界のようです。
冬枯れの時にでもまた来ることにしましょう。

先ほどのY字路まで戻り、今度は左の道に。

すぐに東側が開けた斜面の開放的な場所になりました。
RIMG9907.jpg
お花畑に蜜蜂の箱が置いてあります。

花は休耕地の雑草対策などに良く使われるヘアリーベッチかな。
RIMG9931.jpg

一軒だけ人家があり、そこを過ぎると針葉樹の美林が広がります。
RIMG9915.jpg

RIMG9918.jpg
針葉樹の植林地なのに手入れが行き届いて日が差し込むのでヤマユリなどの下草がたくさん生えてます。

どうも見事な林だと思ったら、コンクールで入賞したのですね。
RIMG9917.jpg
ここに来る前に道のことを教えていただいた初老の方の林なのでしょう。
またお話を聞かせてもらおうかと思ったら、もうどちらかに行かれた様子。残念。

この後すぐ道は採石場に突き当たって消えてしまいました。
panelimg8.jpg
この採石場は、特撮ヒーローもののロケ地として有名な所。
ダイナマイトで吹っ飛ばされないうちに引き返すことにします。

偶然入った道でしたが、なかなかすばらしいところでした。
panelimg9.jpg
この雰囲気を一軒のお宅だけで独り占めとは羨ましすぎると思うのです。

この後、またいったん手のひらに戻り栃谷地区に向かおうとしたら、携帯が鳴ってでてみると用事ができ、敢えなくポタも終了。

この日見たその他の折原かるた。
panelimg6.jpg
もう一つ「留守何とかの山居の笠踊り」というのがあったのですが帰りに撮ろうとしてすっかり忘れました。



posted by tomochan at 20:40| 埼玉 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | ご近所ポタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味深い里山ポタですね。
おっぱい山は、どこから眺めるのが一番美しいか調べてみたいです^^
折原かるたは全部でいくつあるのでせうか?
内容は釜と寺関係が多いのかしら。
Posted by 銀輪乗士 at 2013年06月13日 21:56
「愛する会」今すぐ入会したいのですが・・・(笑)
あの山は印象的ですよね〜^^

先程コースを地図で確認しました。
指の形を出たり入ったり。
全部の指を回れば結構なボリュームですね^^
Posted by ZERO at 2013年06月14日 00:35
こんにちは。
寄居の南の方もいろいろな所があるのですね。
やたら余所者が入り込むと怪しい目で見られやしないかとドキドキです。
ヤマユリが咲いた頃にうろうろすると見事そうですね。

おっぱい山は2度登ったことがあります。
西ノ入仙元山が正式名でよいのでしょうか。
自分がベストビューポイントだと思うのは、車山山頂から西にプチ縦走していくと保育園の裏山なのかブランコとか整備している所に出ますが、その辺りです。

先日のバラのブログで見ましたが、hayazouさんがMTBで寄居方面に向かっていくところを見かけました。
ブログの記事で一致しましたです。
Posted by hiro at 2013年06月14日 08:22
銀輪乗士さん
おっぱい山はあまり近い付いて見るよりも遠くから眺める方が良いですね。個人的には宗像神社の脇の踏切辺りから見るおっぱい山が気に入ってます。
折原かるたは何枚あるかわかりませんが、今度皆さんでかるた取りやりますか。
私は読む係やりますから、皆さんは自転車で走って探して下さい。^^
Posted by tomochan at 2013年06月14日 17:27
ZEROさん
新入会員はまず山裾の清掃から初めて、上の方の担当になるまでには数年かかるそうです。^^

指の形のところを出たり入ったり、秩父の方の大きさに比べれば楽ですね。
Posted by tomochan at 2013年06月14日 17:51
hiroさん
こんにちは。
基本的に公道だと思うのですが、それでもこういうところを訪れる時は地元の人への挨拶は欠かせませんね。それと訪問目的も。皆さん親切に教えてくれます。

車山のプチ縦走路、葉っぱが落ちたら行ってみたいです。

バラの見学に来られたのですね。
hayazouさんが来た日は確か日曜日。
でも、どんな方が来られたか思い出せないです。^^
Posted by tomochan at 2013年06月14日 18:02
hayazouです。
私って人気者!?
hiroさん次見かけたら
声を掛けてくださいね。

昔は鉢形村って言っていたのですね。
勉強になります。
Posted by hayazou2002 at 2013年06月14日 21:03
いいポタコースですね。
折原カルタも味があって楽しいです。
「あ」から「ん」まであるのでしょうか?
おっぱい山。てっきりtomochanが勝手に名づけた名前だと思ってました。失礼しました(^^ゞ
育林コンクールなんてあるのですね!一等賞に納得です(^^
Posted by toropi at 2013年06月15日 17:39
hayazouさん
寄居辺りではちょっとした有名人だったりして。どこで見られているかわからないので行動には注意しましょう。
品行方正なhayazouさんなら心配ないとは思いますけど。^^
Posted by tomochan at 2013年06月16日 18:25
toropiさん
「あ」は「汗だくで 登る中間(ちゅうげん)Mのひと」だったような。^^
「ん」は何だったかなあ。今度見つけて見ます。

勝手に名前を付けてたら、町中変な名前だらけになって地元から苦情が来ます。^^
Posted by tomochan at 2013年06月16日 18:47
昨年のバラのオープンガーデンには行ったのですが、今年は行けませんでした。
昨年はtomochanさんに会っているかもしれません。
以前花園地区で緑のフレッタに乗っている人を見かけたことがあります。
遠目だったので緑のBD−1かと思ってましたが。
ご本人だったのでしょうか。

hayazouさんを見かけたのは車で信号待ちしていた時です。
県道を寄居方向に向かっていくところでした。
自分も数年後の年式の、フルサス機構が変わった後のi-driveを持っていますので。
それで記憶に残ったのです。

車山から西に向かった所がベストなポイントだと誰かから教えられました。
実際、笑えるくらいの形です。
折原のゆずの木保育園の保護者ブログに写真が出ているのがネット上で見られます。
Posted by hiro at 2013年06月16日 21:13
hiroさん
ますます行きたくなりました。
これはもう絶対見に行くしかないですね。^^
情報ありがとうございました。
Posted by tomochan at 2013年06月17日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。