2013年03月16日

仕事のついでに深谷市をジロジロ

春の香りってするものですね。
今朝は玄関を開けて外に出た瞬間それを感じました。

この時期の朝の散歩は気持ちがよいものです。
002.jpg

柔らかな朝日を浴びてホトケノザが輝いています。
001.jpg

梅に雀
RIMG7530.jpg

満開の梅の木の下では梅に負けずとナズナが大繁殖。
003.jpg


仕事で深谷に行くと目的地の手前で新井橋が掛け替え工事のために通行止め。
寿命なのでしょうが趣のある橋だったので残念です。
005.jpg

適当に回り道をして行くと備前渠鉄橋の近くに出ました。
見たことないので見学して行くことに。
006.jpg

新井橋の工事のためか、水がないので川に降りてみました。
007.jpg

河床には煉瓦がゴロゴロ転がってました。
008.jpg
東京駅の煉瓦と兄弟かもしれないのでいくつか拾ってきました。
皆さんもこちら方面へのポタリングの際には拾われてはいかがでしょうか。
ひとつ2kgくらいでしょうから体力増強にもなるでしょう。^^

仕事先でパチリ
004.jpg


深谷市内の別のところに移動。

こちらでは砂漠化が進んでいるのでしょうか。
010.jpg

あちこちに砂丘が出来ています。
011.jpg

♪月の砂漠を はるばると
009.jpg

砂漠というよりも延々と続く万里の長城ですね。^^
012.jpg
先日の砂嵐の置き土産です。

ヤシの林には星条旗が立った。
013.jpg

何でもありの国際色豊かな深谷市でした。

変わって我が町。
東上線沿いの山の斜面を東武鉄道が下刈りをしていました。
015.jpg
ここは友達のお兄さんがカタクリを増やそうと孤軍奮闘している場所の隣接地。
今でもかなりの数のカタクリが見られますが、数年後にはもっとすごいことになるのではと今から期待に胸がふくらみます。

鉢形城跡のエドヒガンザクラ
暖かい日が続いたので開花したかと思い行ってみましたが、まだまだの様子。
RIMG7523.jpg
それでも先端の方はうっすらピンク色になっているようにも見えるので暖かい日が続くと一気に開花するかも。

葉原峠に沈む夕日
014.jpg


posted by tomochan at 20:19| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 近所のジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
月の砂漠を はるばると〜
笑ってしまいました。深谷らしい
風景だと思います。
Posted by hayazou2002 at 2013年03月16日 21:17
備前堀、ぬかるみに嵌るかと期待してしまいました。
マンホールの蓋、カラフルなのが色々あるのですね。
「おすい」ひらがなだと柔らかい感じになるのですね^^
Posted by 銀輪乗士 at 2013年03月16日 21:46
おっ、鉢形城址のエドヒガンザクラですか。
いつもシーズンが過ぎてから思い出すので
花の時期にはまだ見たことがありません。
今シーズンは見てみたいなあ…。
Posted by masa at 2013年03月16日 23:01
あのフカフカの土。
強風の後は我家の玄関にも砂漠が・・・
良い土だから売れませんかね〜?

春はもうすぐそこに、
エドヒガン楽しみですね^^
Posted by ZERO at 2013年03月16日 23:05
hayazouさん
新居の方ではこのような光景は目につかないでしょうから懐かしいでしょう。
砂漠探検ポタなどいかがですか。^^

銀輪乗士さん
確かに、水が干上がって乾いているように見えてもゆるい地盤のところもあって、ズボズボって靴が嵌ってしまいました。
でも、こんなときのために車には長靴を常備してありますので、残念ながらへっちゃらでした。^^
岡部のマンホールの蓋は地元の故事か人物にちなんだものなのでしょうが、何でしょうね。

masaさん
そうですか、咲いた姿をご覧になったことがないのですか。
では今年はチャンスですね。
今度の週末くらいが見頃なのではないでしょうか。
Posted by tomochan at 2013年03月17日 09:04
ZEROさん
私もあの土の使い道について同じことを考えました。^^
市か県の費用で回収することになると思うのですが、いったいどのくらいの量にになるのでしょうね。
サラサラで粒もそろってきれいなのでで本当に売れるのでは。
吹けば飛ぶような軽い土ですけど。^^
Posted by tomochan at 2013年03月17日 09:12
岡部のマンホール蓋のデザインは、中宿遺跡で発掘された正倉院と同じ造りの高床式倉庫だと思います。
道の駅おかべの隣の公園に復元された倉庫群がありますから、機会あればご覧ください。
元深谷市民より^^
Posted by 銀輪乗士 at 2013年03月17日 17:08
銀輪乗士さん
なるほど。
これで、建物の前の煙りのようなものの正体がわかりました。米俵を担ぐ人だったのです
ね。^^
あの公園、時々トイレを利用させてもらってますが、そのような建物があるとは知りませんでした。
今度はトイレだけでなくそちらの見学もしてみたいと思います。^^
Posted by tomochan at 2013年03月18日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。