2012年10月14日

江南スタイル探索ポタ その2

今回も熊谷市の旧江南地区でよく見かける独特の様式、いわゆる江南スタイルの看板・張り紙の類を探索するポタの続きなのですが、一つ残念なことを書かなければなりません。
それは、ヒモに吊されたドロンジョ様がいなくなってしまったのです。
役目が終わったので持ち主が自主的に回収されたのならば良いのですが、そうではなくいたずらとかにあったのではと考えると心配です。
まさかそれほどの影響力はないとは思いますが、このブログを読んで興味を持ち、事に及んだなんてことでなければ良いと思っているのですが。
いずれにしても、これからは何かを紹介する時などは慎重にいかなければ考えている次第です。

それでは続きを。

またもや日本一の物件を発見!
001.jpg
踊る埴輪、ギョウギ芝、風草に続いて、これでこの地区4件目の日本一です。

切り株の上にはうやうやしく紫色のしめ縄が張られております。
002.jpg

「心の散歩道」の次は「たぬきの散歩道」
003.jpg
狸に化かされて川で入浴なんてことになっては大変なので今回はパス。^^

ある建物の壁に張り紙が。
004.jpg
『平安時代か旧石器時代』ってずいぶん離れてますが、とにかく女の霊石と男の霊石ですって。
『ここより5m位東にあるという』
『あるという』って言い方にロマンを感じます。^^
まあ、とにかく5mくらい東を探してみることにします。

立て札でも立てられているかと思いきや、それらしきものは何にもなし。
というのも立て札を立てたら、つまづいて危ないと苦情が出そうな場所なのです。^^

これかなあ?
005.jpg
女の石の方は似ているのですが、男の方が違うような。

あった、あった。この石に違いない。
006.jpg
女の方はともかく、男の方はどの辺が男の霊石の所以なのか凡人の私にはわからなかったのです。

他にもここには引き延ばされてパウチされた心霊写真のようなものがカゴ一杯置いてあって自由に見ることが出来るようになっています。
007.jpg

008.jpg
興味がお有りの方はどうぞ。

ジロリストにとってはワンダーランドのようなところで夢のような時間を過ごした後、次のポイントへ移動することに。

『一兆億光年前の河原の地層』などを見学しつつ
009.jpg

東に向かう途中、『マル火秋の極秘情報』をゲット!
010.jpg
このような極秘情報をブログに載せても良いものかと思いましたが、立て札で公表しているのだから良いのでしょう。
H社というと来年に操業を開始するあの新工場でメスプレイは作られるのでしょうか。^^

こちらは江南スタイルとは関係ないが、珍しいものを発見。
011.jpg

012.jpg
恐る恐るハンドルを回してみると、ウーって大音量が、しませんでした。

この後は、先日のポタでは雨のため引き返して伺えなかったあのお方の元へ。

ジャーン。
013.jpg
いらっしゃらない。

こちらの竹藪におわした時のお姿。
014.jpg
どなたか存じ上げませんがきっと名のある武将に違いありません。

ここにいらっしゃらないと言うことは、やはりリサイクル、いや再出陣で道の駅おがわにお出かけになったという噂は本当なのでしょうか?
いつか確認に行かねば。
そういえばしっかり見たわけではないのですが、長瀞でも同じようなお方をお見かけしたような。

この後は旧江南町の中心部の方に戻っていよいよあれの見学です。


posted by tomochan at 17:38| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 看板・張り紙をジロジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本一の夫婦杉なんてのもあるんですね。
一体、幾つの日本一があるのかしら。
いつか散策地図とか出たりして^^
  
最後の武将像、金色に塗れば道の駅おがわで見た道灌像にそっくりです。
Posted by 銀輪乗士 at 2012年10月14日 21:10
あの石が男と女の霊石?とは想像力豊かな方ですね^^
そして、よく見るとツッコミどころ満載ですね〜
『光年』は距離の単位だし、極秘情法に重体行列(笑)
ネタなのか本気なのか・・・^m^
Posted by ZERO at 2012年10月14日 22:08
銀輪乗士さん
まだまだあるかもしれませんので、発見した方にマップをお願いしたいですね。
小川の武将像はまだ見たことないので、近いうちに見に行きたいと思います。
でも、なぜ金色なのか気になります。^^

ZEROさん
まず河原の地層が誕生し、その後、今から46億年前に地球が誕生したということなのでは。^^
ネタなのか本気なのか?
そう考えている人を見て密かに楽しんでたりして。^^
Posted by tomochan at 2012年10月15日 08:05
tomo様
すごいですね。こちらの紹介で、
場所がわかるのが、藪の像と秋の極秘情報だけですね。
よろしかったら、場所のヒントでもいただけたらと
思っております。
たくさんの未知があって困惑してしまいますね。
百舌。
Posted by mozu at 2012年10月15日 17:14
mozuさん
竹藪の像以外はみんな近くにまとまってありますよ。
それくらいしかここでは申し上げられませんが、それを探すのもまた、楽しみのひとつかと。^^
Posted by tomochan at 2012年10月15日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。