2012年02月25日

路上探検隊in騎西・加須

先日、もう一度読みたい本があったので探していたところ、山積にされていた本の中からこんな本を見つけました。
b01.jpg
『路上探検隊 新サイタマ発見記』
宝島社から1993年に発行されている初版本です。(重版があったかわかりませんが^^)
20年も前にこのような本を買ってると言うことは、私もそろそろ筋金入りのジロリストの仲間入りでしょうか。

冗談はさておきこの本、執筆陣がすごいです。
b02.jpg
今は亡き杉浦日向子さんも名を連ねていますね。

探していた本のことなど忘れて、すっかり読み耽っていたところ、最近仕事でよく行く騎西や加須の物件も何点か紹介されているのを発見。
そこで先日、仕事のついでに見学をすることに。
路上探検隊in騎西・加須(隊員ひとり)

まず、南伸坊氏が「思春期」と命名した木を探しに騎西の街へ。
その木は楠の大木で撮影地は騎西ということしか情報はありません。
でも楠の大木と言えば神社や公園と相場は決まっています。そして騎西で神社と言えば藤で有名な玉敷神社。
ちょうど仕事先に行く道の端なので探索してみることに。

駐車場に車を置いて神社の横の藤棚のある公園に足を踏み入れたらいきなりそれはありました。
k103.jpg
20年前に思春期だったとすると今や中年。どんなふうになっているのだろうと期待していたら、逆に退化した様子。でも木の様子からして南伸坊氏が撮影した木に間違いありません。
「騎西の楠」という情報だけで一本の木を探し当てるなんて、俺って天才?
いやいや、騎西だけに奇才だ。なんて。^^

あのそうそうたる探検隊のメンバーがこの木を見て、なんやかんや言ってる姿を想像すると何か楽しくなってしまいます。興味のない方にはどうでもいいことですけど。^^

騎西は昭和の香りのする街
k00.jpg

ki01.jpg

ki02.jpg

仕事先の牛重(うしがさね)に向かいます。

すると道端に巨大な巻物が。
ki05.jpg

牛のフン?しかも二つ重なっている。
ki04.jpg
変わった地名のいわれはこれだったのかと、妙に納得。
違いますね。しかし見事な巻き方だこと。

牛重で仕事を済ませた後、やはり先ほどの本に紹介されていた加須の龍宮寺へ。
加須市の大室というところなので牛重から車で5分と近いのです。

立派な山門
ryu1.jpg
でもこの山門少し変わっているのです。

どこが変わっているのか分かりますか?

山門の2階部分に鳥居が組み込まれているのです。
ryu2.jpg

山門の傍らにはお宮も
ryu3.jpg

こちらは神様も仏様もいっぺんに拝めてしまうといういかにも日本的なお寺なのです。
昔の神仏混淆の名残でしょうね。


このあたりの地図を眺めていたら、龍宮寺の近くでこれまた気になる名前の神社を発見。
zyo2.jpg
女体神社?

なるほど、その名にふさわしく色あでやかな屋根の色ですな。
zyo1.jpg

神社の扉はガラス戸になっていたので期待を込めて中を覗くとそこにはなんと・・・

zyo3.jpg
如体神社とありました。

女と如、どちらの字も使うようですが、にょたい、じょたい、どう読むのでしょうか。
ちなみに「にょたい」とは「じょたい」の老人語だそうです。知らなかった。

地図を見ると女体神社のすぐ近くはに如體寺というお寺もありました。
また、南に少し下ったところにはなにやら微妙な地名も。
女体神社との関連やいかに。
探索したいのは山々ですがなにぶん仕事中の身の故、このあたりは同好の士の報告を待つことにいたしましょう。そんな人いるかな?


ここのところ仕事が行田、騎西、久喜と県の北東部が良く続くなと思ったら、木曜日はついに栗橋までやって来ました。それも依頼主は全部違うところなので不思議なものです。
RIMG3329.jpg

このぶんで行くと利根川を渡り茨城県に進出する日もそう遠くない?
そしたら利根川中流ジロジロ日記にタイトル変えなくてはいけないかも。^^


posted by tomochan at 15:55| 埼玉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 珍日本紀行(珍地名) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お見事な起承転結ですね。
内容もジロジロ日記に相応しい記事ですね。
別に明日、なにか奢ってもらおうとして褒めているのではありませんよ。

牛重のトグロは蛇?ウ〜ン違いますね、何だろ^^
山門の鳥居、こうなっていたのですな。
実物を拝みたくなってきました^^
Posted by 銀輪乗士 at 2012年02月25日 16:44
こんばんは
騎西市は昭和の香りが
して行きたくなります。
Posted by hayazou2002 at 2012年02月25日 19:45
銀輪乗士さん
そういえば1週間前に買った騎西の味噌まんじゅう、どうもひとつ少ないと思ったら冷蔵庫と壁の隙間に落ちてました。
それから、忘れてましたが冷蔵庫にまだ、天女の水がありました。明日両方御馳走しますね。^^

hayazouさん
騎西は加須市と合併して加須市になったのですよ。
興味がお有りのようでしたら、皆さんで行きますか。
Posted by tomochan at 2012年02月25日 20:21
20年も前からジロリストをされていたとは、
驚きと同時に尊敬です。
旧騎西町、何だか味のある街ですね。
女体神社も是非行ってみたいです(^^ゞ
Posted by ZERO at 2012年02月26日 21:58
ZEROさん
もっと早く褒めていただければ昨日は何か御馳走したのに。いや、梯子に登っていたかも。^^
ジロジロするだけで何の役にも立たないところが玉にきずです。
いつか騎西・加須ポタ、敢行しましょう。
Posted by tomochan at 2012年02月27日 18:29
奇才というより天才ですよ。凄いなあ。
「思春期」って何でなんでしょうね。にきびのようなこぶが沢山あったのでしょうか。「牛重」、秀逸。
Posted by はる at 2012年02月29日 22:16
はるさん
あまり褒められると木に登りたくなるからやめて下さい。^^
「思春期」は写真を逆さにしてご覧下さい。
当時は草がチョボチョボと生えていたのですよ。^^
Posted by tomochan at 2012年03月01日 08:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。