2011年06月21日

釜伏ポタ2 CX2玉淀に散る

釜伏峠で金髪美人を含む若い二人連れに秩父高原牧場への道を尋ねられた。
考えていた予定を急遽変更して牧場まで道案内して行くことになるのか。
今日はその続きであります。

二本木までの激坂もルンルン気分で軽く越えみんなで仲良くソフトクリーム。

そんな姿を夢見ていた私を現実の世界に引き戻したのは「どうもありがとうございました」という太い声。そうです。皆様のご想像の通り二人はカップルだったのです。

でも別れ際に彼女に「ドウモアリガトウゴザイマシタ」とニコッとされて、またまた妄想の世界にそれだけでも満足でした。

さて、金髪美女とのときめきサイクリングも夢と消え、この先どうしようと考えます。
基本的に一日一山主義の私は山登りはもう十分ということで下ることにします。
ただ下るにも梅雨時の今は道によっては晴れていても路面が濡れていることもあるので、ここはなるべく交通量の多い道ということで風布に下ることにします。

いつもの湿原風水たまりで。
01.jpg
hana.jpg

この後塞神峠を経て日本水の先を左折してみかん畑の上の方に向かいます。

途中の針葉樹林
02.jpg
昼も暗いむ。路面も濡れているのですべらないよう気をつけないとね。

風布のみかん畑の一番上の方。
03.jpg
良く見るとフェンスが開くようになっているのですね。開けても道はなく垂直の擁壁になっています。下の方に民家が見えます。

みかんが1cm位のかわいい実を付けていました。
04.jpg

この時期に山でよく見かける白い葉っぱですが何という木なのでしょうね。
happa.jpg

そのまま下に降りずに風布集落の上を巻く道を行来ます。
05.jpg
ここにも塞神様が祀られていました。

そして玉泉院というお寺の手前で下におります。
下りきったところは「風のみち」という遊歩道になっています。

「この橋渡るべからず」との注意書きが。
06.jpg

良く見たら「橋の中央を渡って下さい」でした。
07.jpg
一休さんが書いたのでしょうか?

そのまま釜伏川沿いの道を下って金尾地区に到着。
子どもの頃、従兄弟と良く釣りに行った場所があったので行ってみることに。
kanu.jpg
今は「カヌーリゾート玉淀」というカヌー関係の施設になっていました。
民有地ですが管理者の方に入って見ていっても良いですよと言われたので見学させていただきました。
09.jpg

地元とは思えない素敵な場所でした。
08.jpg

寄居橋の袂に来た時に、銀輪乗士さんが見つけることができなかったという名泉のことを思い出したので白髪神社に行ってみました。
神社の奥で案内板はすぐに見つけることができました。
10.jpg
しかしこの看板は崖っぷちに立てられていて、矢印の通りに進んだら玉淀湖に転落します。

もうちょっと下流側の下の方に一段低い土地が見えたので行ってみました。
hasidume.jpg
井戸もありましたが、まさかここではないですよね。
確かここは橋詰医院(漢字は不明)という医院があった場所。今は廃墟となっています。

それではきっと看板も向きが変わってしまったのだろうと思い神社の裏から上流に続く道があったのでそちらへ行ってみることに。
11.jpg

竹林の中で奇妙な物件を発見!
12.jpg
3方向からの雨樋が中央の縦のパイプに集合しています。もしや名水製造装置?それとも水早女命様が流しそうめんを楽しんだ跡?
13.jpg

結局「獅子舞の名泉」は見つかりませんでしたがこの道の奥で良い景色を見ることができました。
tamayodoko.jpg
人工の船着き場みたいなところです。遠くに見える寄居橋とバスクリンみたいな水の色が印象的でした。

この後は象ヶ鼻を経て宗像神社へ。その前の踏切で八高線に遭遇。
14.jpg

ノン子橋に移動したら今度は上り列車がやって来ました。
15.jpg

かんちゃんさんのブログにあったとおり宗像神社の玉垣が工事のため撤去されてました。
16.jpg
確かに間が抜けたように見えますが撤去されてみると前の玉垣がどんなだったか思い出せません。

そして玉淀へ。
古い建物ですが情緒豊かな宅が何軒かありました。
ie.jpg
画家の安井曾太郎が戦時中に疎開していたと聞きましたがこのあたりなのでしょうか。

この後、愛用のリコーのCX2に思わぬ悲劇が。
DCF00092.jpg
「メモリー書き込み中」と言うメッセージを残して逝ってしまったのです。しかもレンズをびょーんと出したまま。
電源ボタンを押してもウンともスンともいいません。バッテリーを出したり入れたりしてもダメでした。仕方がないのでこのままジャージのポケットに入れて帰りました。

思い起こせばCX2の前に使っていたR6も同じ状態で逝ってしまっていたのでした。
DCF00093.jpg

2台続け同じ状態で壊れるなんて。これは何かの因縁を感じざるを得ません。
ワタクシも気をつけよっと。











posted by tomochan at 16:34| 埼玉 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釜伏峠への登り、お疲れさまでした。ブロンドの美人は・・・良い機会でしたね。
下りの湿原、良いですね。実にみずみずしい。
カヌーリゾートも実にいい感じですね。実は私、かわせみ河原と長瀞で何回かカヤックをしたことがあるのですよ。そこも良いですね。
八高線の橋を渡ってからのカーブの曲がり具合なんて鉄道ファンなら垂涎のシーンですね。

カメラはお気の毒さまでした。修理は効かないんでしょうか。レンズの伸びるコンデジは私は一つしかかったことが無いのですが、3年くらい使って大丈夫でした。カシオでしたが。でも、まあ、また新しい出会いが生まれる機会となるということでしょうか。
Posted by はる at 2011年06月21日 21:44
ブロンドの美女。少しだけでも一緒に走れただけでもヨシとしなくては^^
獅子舞の名泉は何処なのでしょうね?
続報お待ちしています。
デジカメは残念でしたね。
同じ状態で故障するなんて何かあるのでしょうか? 
Posted by ZERO at 2011年06月21日 22:20
デジカメは修理ですかね。
私もパナソニックのルミックスを一度、修理してもらいましたが、新しいのを買うよりは安かったですよ☆
Posted by hayazou2002 at 2011年06月21日 22:40
何故「口では説明し難いので御一緒しますよ!」と咄嗟に言えなかったのでしょうか?
我が事のように悔しい想いです^^
カヌーリゾートは何度か玉淀湖に浮かぶのに利用したことありますが、今は大分綺麗になっているようですね。

獅子舞の名泉は謎のままですが、医院廃墟は、ちょっと怖い(何科かによる)です。
ノン子橋は踏切から見上げると風情あり好きです。
Posted by 銀輪乗士 at 2011年06月21日 23:42
謎めいた場所が沢山あって楽しませて頂きました。
レンズ故障は山の神からの新しいカメラを買いなさいというお告げでしょうか?
Posted by きーじぇい at 2011年06月22日 08:37
はるさん
オヤジがブロンドの美人にお近づきできるなんてあるわけないですよね。
カヌーはせっかく良い場所が近くにあるのだからいつかやってみたいですね。
カメラは修理代が結構高いと思うので考え中です。

ZEROさん
ブロンドの美女は一言二言お話しただけですよ。
カメラはなぜあのような状態で故障するのか?男としてはちょっぴりうらやましかったりして。

hayazouさん
コンデジ安い・修理費高い
というイメージがあったので修理もどうかと思いました。
でもモノを大切にと言う気持もあるので一度カメラ屋さんに診てもらおうかと思います。

銀輪乗士さん
「着いてきなさい」といったものの若い人に置いていかれ、後ろから「そこ右、そこまっすぐ」とか指示して嫌がられる姿が目に浮かびます。(^^)

銀乗さんもカヌー経験者ですか。皆さんやられているのですね。

医院廃墟はカメラの感度を上げて撮ったのですが実際は薄暗くて不気味でしたよ。
一度訪問されてはいかがですか。

Posted by tomochan at 2011年06月22日 08:59
きーじぇいさん
皆様に見向きもされないような隙間スポットばかりで失礼しました。(^^)
カメラは調べたら3年保障が付いてました。
19,000円まで保障の対象だそうなので
ウチの山の神に怒られないように修理に出すつもりです。
Posted by tomochan at 2011年06月22日 13:00
竹やぶの雨どいは何のため?
tomochanさんは変な所に目が効く(汗)
もとい、隙間スポットの名人ですね(^^)
デジカメ私も同じ症状で直しに出しました。
でも、戻ってきてもすぐに、びょーんとなったまま動きません(-_-;)
Posted by Refresh at 2011年06月22日 13:57
Refreshさん
竹藪の中でジロジロ。これがホントの「やぶにらみ」なんちゃって。
カメラの症状の件はノーコメントです。変な方向に振れそうなので。(^^)
Posted by tomochan at 2011年06月22日 15:03
そういえば忘れてましたが、白い葉の木は蔓性だったら「マタタビ」であります。
うちの末っ子に今度獲って来てくださいな。
Posted by 銀輪乗士 at 2011年06月22日 20:44
銀輪乗士さん
情報ありがとうございます。
蔓性だったかまでは観察しませんでした。
ジロリスト失格ですね。
折原あたりの山にもあったと思うので今度再調査に行ってみます。
Posted by at 2011年06月23日 07:59
(カメラの症状の件はノーコメントです。変な方向に振れそうなので)Refreshサンのコメントを受け手…じゃ私が、延びたままなら羨ましいです、私は ↘ に...ままです。(謝)。  

カメラくらい経費でバンバン落とせるはずです、、儲かって無いフリしないで下さいネ。
Posted by at 2011年06月23日 10:20
匿名きぼおさん
お名前を忘れたようですが、どなたかすぐわかります。
でも決して<↘ に...まま>だからではないですよ。
Posted by tomochan at 2011年06月23日 15:31
アレー、、
Posted by のっぽ at 2011年06月23日 16:43
あなたはちゃんと適正な年収を得ているでしょうか?この適正年収チェッカーであなたの能力に見合った年収を教えます!あなたはきっと、もっと年収を得られるハズ!
Posted by 適正年収 at 2011年09月17日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。