2011年02月20日

入試に落ちて芥川賞を読む

乳楽私見シーズンまっさかりの今日この頃。
ボキも新宿区、いや世界でも妻何貫と言われるバカ田大学の私権をうけてみたのだ。

我こそはと思う人は受けてみるといいのだ。
バカ田大学入学試験

ボキはこんなに本を読んでいるので地震があったのだ。
02.jpg
2回は痛読しているし、1巻目などは2冊も買ってまで勉強下のだ。

でもみごとに落ちたのだ。
一郎してまたうけたのだ。
でもまた落ちたのだ。

早く受かって坂本龍一先牌や浅野忠信先廃やみうらじゅん先敗のようになりたいので、この参考書を買うことにしたのだ。
05.jpg

掲載されている問題の例:好きな女の子とふたりでいるとすぐにたってしまうモノは?

答えは一番下なのだ。

これがとどくまでは普通のバカに戻るのだ。

本当の受験生をお持ちの方には不謹慎な内容で失礼しました。
でも、気分転換とかにはいいのでは。でもバカ田大学でも落ちると縁起が悪いのかな?

普通のバカに戻ったところで今日は文藝春秋を買ってみました。
01.jpg

芥川賞の二作品が掲載されていて860円と破格の値段だからです。何しろ単行本は1冊1260円ですからね。ハードカバーではなくてはイヤだと言う人もいますが、気に入ったらまた買えばいいのですしね。(といっても私の場合はブックオフになるのですが)

今回の受賞作は20代の女性の朝吹真理子さんの「きことわ」と西村賢太氏の「苦役列車」の二作品です。
芥川賞といっても普段は純文学とはまるで無縁の生活をしていて、ほとんど読む機会もないのですが、今回の受賞者に興味があって読んでみようという気になったのでした。
若い女性の朝吹真理子さんではなく「苦役列車」の西村賢太氏の方ですよ。

放送作家の高田文夫さんが西村賢太氏のことを激賞するものですから、その気になって買ってみました。あの方が薦める人は大体ブレークしますからね。お笑いが専門ですけど。(^^)
ラジオにゲストで呼ぶと言ってました。

さて、内容。
「曩時北町貫多の一日は、」という出だし。
いきなり辞書を引く始末。「曩時」(のうじ)・・・先の時。昔。とのこと
最初から難しい語句を持ってこられましたが、この後は文章にリズムがあって読み易く好感が持てます。
まだ3ページ位しか読んでませんが、早く続きが読みたいのでブログはこの辺でおしまいにしましょうね。

最後に残念な写真
03.jpg
今朝、せっかく鷹が撮れたのに曇り空でシルエットに。


問題の答え:時間なのだ。








posted by tomochan at 18:42| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入試ですか?レレレのレー!
問題例で思いついた答えは、ここにコメントするとタイホされそうなので自粛するのだ。
文藝春秋・・・敷居高過ぎであります。
拙はオール讀物が上限ですわ。
Posted by 銀輪乗士 at 2011年02月20日 20:05
曩時北町貫多の一日は・・
この出だしだけで
読むの辞めようかなあと
思ってしまいます☆
Posted by hayazou2002 at 2011年02月20日 21:22
鷹?・・・カラスだったのでは?、アレ 失礼な事いっタカ?
Posted by のっぽ at 2011年02月20日 22:55
私も出だしでつまづき、転倒、撤退しそうです。
バカ田大学の入試、面白いですね〜
でもムリそうです。
問題例の答えが銀輪乗士さんと同じでしょうから^^
Posted by ZERO at 2011年02月20日 23:31
銀輪乗士さん
「時間」の他にも「たつ」ものはいろいろ有りますが、真っ先に浮かぶのはあの言葉。でも当ブログの品格(有ったのですね)からするとそれを口にしたら即タイホです。
読み物はエンターテイメントが一番ですね。

hayazouさん
書き出しはそうですが、意外と後は普通に読めます。
まだ、冒頭の方だけですがなかなかおもしろそうな予感がします。

のっぽさん
こんな写真でも闇夜のカラスよりはマシですね。

ZEROさん
ZEROさんだったら合格間違いなし。と言っていいのやら悪いのやら、このバヤイ。

Posted by tomochan at 2011年02月21日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。