2011年02月14日

熊谷から寄居まで 荒川左岸ポタ その3

もう飽きたかもそれませんが、これを書かないうちは心残りなので最後まで書かせていただきます。






さて、玉淀河原を出て、またしても川沿いの道を上流へと進みます。
しばらくの間、荒川をチラ見しながら進みます。
RIMG3994.jpg

数年前、野生の熊の子が木の上に登って籠城したことで有名になった宗像神社
RIMG3998.jpg
熊が登ったのはこの木どうかはかわかりませんが。

荒川に架かるJR八高線の鉄橋です。

♪鉄橋を渡ると君の○○がみえる〜♪
RIMG4000.jpg
○○に「いえ」と入れた方はかなりのお年を召したお方、別の語句を入れた方はかなり妄想癖のあるお方と拝察いたします。

つまらないことを言ってないで次行ってみましょう。

RIMG4002.jpg
象ケ鼻というところで荒川の流れがこのあたりで90度近く曲がっています。川の方から見るときっと象の鼻の様に見えるのではないでしょうか。写真では何のこっちゃわかりませんが、ここがその象の鼻の崖の上の先端部。

象ケ鼻を過ぎるとすぐに140号の旧道とバイパスが合流する地点に出ます。
バイパスは高速道路状態で危険すのでここは歩道を利用させていただきました。

歩道を進むと地下道がありました。
RIMG4004.jpg
このまま歩道を数百メートル進めば、スタート地点の折原橋の北の末野の交差点に出るのですが、せっかくだから地下道に入ってみました。

当たり前ですが、出たところはバイパスの反対側。
道路が出来ていたので行ってみました。
RIMG4005.jpg
が、すぐに秩父鉄道の線路で寸断。

せっかくだから線路を渡ってみます。この辺も遮断機、警報機がない踏切が多いので渡る時は要注意です。

すごい狭い砂利道になってしまいました。
RIMG4006.jpg
よそのお宅に入ってしまうのではないかと心配になりましたが、散歩の方に尋ねたら通り抜けできるというので行ってみました。

予想どおりですが県道広木・折原線の末野交差点の北側に出ました。
RIMG4007.jpg
機関車の向こうに折原橋が見えるのですが。

これで寄居〜熊谷間を荒川の両岸の裏道を利用して1周して来たわけなのですが、せっかくだからもう少し上流までいってみたいと思います。

このまま、秩父鉄道の北側の道を線路に平行して進みます。

末野神社のあるT字路
RIMG4008.jpg
右に行くと円良田湖、まっすぐ行くと140号に合流しますが、今回は真ん中に見える細い道を行きます。

その細い道を行くとすぐに西行戻り橋という橋があります。
RIMG4017.jpg
その昔西行法師が秩父に向かう途中、この逆川にかかる土橋にさしかかった時のこと。村の子にある質問をしたところ禅問答のような答えを返されたため、己の未熟さを恥じてこの橋から来た道を戻ったとの言い伝えが残っているそうです。

今はコンクリートの橋ですが、何やら立て札のようなものが立っています。
問いかけでも書いてあるのでしょうか。
RIMG4050.jpg
なになに、「ゴミを捨てないで下さい」
う〜〜ん、深い!
参った、私も戻って出直してこよう。チャンチャン。

っていう落ちでしめようと思いましたが、ここまで来たらせっかくなのでもう少し先の未踏査部分の探索をしてみたいと思い行ってみることに。

かんぽの宿寄居への進入路を横断し、線路伝いに進みます。
ここからが未踏査部分なのです。
実は、国道140号を通らないで長瀞・秩父方面に行けないものかと前々から考えていたのです。

その140号の裏道はかんぽの宿の入口から150mほど秩父方面に行ったところで行き止まりでしたが、波久礼駅構内の踏切を渡って波久礼駅に出られるのでした。

そんなことをしていると寄居方面から貨物列車が。
RIMG4024.jpg

秩父方面からはこちらの列車が。
RIMG4031.jpg
にわか鉄度ファンになってパチパチ写真を撮ってしまいました。

ファイナルランとヘッドマークに書いてありました。
RIMG4032.jpg
何か別のカラーに塗り替えるのでしょうか?(^^)

踏切を渡って波久礼駅に行ってみます。
RIMG4035.jpg

昭和の香りの波久礼駅
RIMG4040.jpg
RIMG4046.jpg

現在は使われてないようですが、昔は駅舎の横にあるここが出口専用の改札でした。
RIMG4049.jpg
この近くに親戚の家があるので、幼少のころ母に手を引かれてよくここを通ったものでした。
SLではありません。電車ですよ。突っ込まれる前に先に言っておきます。

まあ、ともかく今回は、国道140号を通らないで秩父方面に行く裏道が確認できたので、収穫がありました。
もうとっくに陽は山に隠れてしまっているので帰るとします。
来る時は2時間近くかけて来たのに、帰りは20分ちょっとで自宅へ到着。
どんだけフラフラしてるんでしょうね。

今回のルート





posted by tomochan at 20:18| 埼玉 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 勝手に観光協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
ファイナルランとは
貴重な写真撮れましたね☆
Posted by hyazou2002 at 2011年02月14日 21:29
本当に廃車になってしまうのなら惜しいことですね。せっかくの山手線カラーだったのに。
でも、次の車両もどこから持ってくるのか楽しみでもあります。
Posted by tomochan at 2011年02月14日 22:11
鉄橋の先に見えるはあのお山^^
別の語句を入れてしまいました。

長瀞・秩父方面の行き帰りにR140を通らないですむ道は助かりますね。
長瀞からの波久礼駅手前はチョット怖いですからね。
対岸は坂道だし・・・
Posted by ZERO at 2011年02月14日 22:17
鉄橋の背景が素敵ですね。
冗談は置いといて、西行戻り橋は、記事からすると140号線を秩父に向かって右側にあるということでしょうか?
橋ということで荒川と国道の間を彷徨って未だ辿りついたことないのであります。
Posted by 銀輪乗士 at 2011年02月14日 22:32
ZEROさん
田舎育ちで怖がり+排気ガスアレルギーのため国道をなるべく通らないようにしています。坂道と同じくらい苦手です。

銀輪乗士さん
あの角度から見ると例のお山もディテールまで良く表されていますね。
地図を貼るのを忘れていましたので貼っておきました。参考までにどうぞ。
Posted by tomochan at 2011年02月14日 22:58
もっと大きい「おやま」が好きです。
Posted by のっぽ at 2011年02月15日 09:09
のっぽさんはあの星の住人だったのですね。
大英興業に頼んで大きくしてもらいますか。
ついでにもうひと山作ってもらうとか。
Posted by tomochan at 2011年02月15日 12:55
のっぽさん、tomochanさんの会話。ローカルルールがあるのか、
私には意味不明。
また、くだらな・・   高尚なダジャレでもお聞かせくださいな。
Posted by モッチー at 2011年02月15日 20:39
モッチーさん
ローカルな話題で失礼しました。
あのお山はおっぱい山と言いまして、大英興業とはその横で山砂利を採掘している会社です。ヒーローものの特撮などによく使われていますよ。
Posted by tomochan at 2011年02月16日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。